最終更新日:2022/12/29

社会福祉法人藤の実会

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
埼玉県
資本金
社会福祉法人のため無し
売上高
9億56万886円(2020年3月31日実績)
従業員
136名

新規施設開設に伴い採用枠拡大!#秋採用#選考直結#内定まで最短7日#年間休日120日以上#充実の福利厚生#和気あいあいとした雰囲気#先輩達の手厚いフォロー

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
歴史は50年以上前にさかのぼり、地域の障害者福祉に貢献している同法人。その歴史に甘んじることなく、利用者の方の生きる喜びを創造することを模索し続け、進化している。
PHOTO
染織、陶芸、紙すきなど自主製品づくりも盛んで、支援員は利用者の方のできることを伸ばし、できない部分をサポートする役割。利用者の方の成長が何よりもやりがいになる!

利用者の方も、働く職員も、幸せを実感できる場所を目指しています!

PHOTO

福井さんも大倉さんも、当初は保育士志望。大学での実習をきっかけに障害者福祉に興味を持ち、同法人へ入職した。「当法人は、一体感があり、長く働ける環境が魅力です。」

【就労支援を通じて利用者の成長を見守る】
私は、ところざわ学園の入所施設で支援員として約3年携わり、現在はかがやきという通所施設で主に利用者の就労支援に携わっています。ところざわ学園では、支援員として利用者の生活をサポートしてきました。そのため、一人ひとりの利用者により良い生活を過ごして頂くことを考えてきました。現在のかがやきでは個人の成長を見守ることはもちろん、地域社会の一員として過ごせるかという点も考えて動きます。そのため、企業との関係性、社外の交流イベントなど視野を広く持って運営に携わっています。ところざわ学園からかがやきに異動して驚いたことは、利用者一人ひとりが社会を見据えて行動していたことです。かがやきでは団子の製造販売を行っています。焼き加減など難しいところもありますが、食品を作り販売するということに責任感をもって臨んでいます。今では日々成長していく利用者、できなかったことができていく瞬間にやりがいを感じています。今後、利用者が施設を出ても社会の一員として生活し、成長していける環境を作り、利用者と社会をつなぐ役割を果たしていきたいです。
(かがやき 主任 福井健太さん)

【支援員から責任者になって】
現在、入所施設のところざわ学園で寮の責任者として働いています。入職して2年間は同じ法人内にある通所施設での勤務でした。ところざわ学園に異動して5年が経ちます。責任者になる前は、グループリーダーとしてグループをまとめてきました。今までは利用者と向き合い試行錯誤を繰り返し、信頼関係を築いてきました。しかし、責任者となった今は、利用者だけでなく、後輩とも信頼関係を築かなければなりません。この法人は、気さくな職員が多く、親しみやすい環境があるので質問や相談などしやすいのが特徴です。私が責任者になってもこの環境を大切にしたく、職員同士のコミュニケーションも自分から積極的に行っています。私自身、先輩からの何気ない一言がとても嬉しかったのでそういったことを行うようにしました。自分の立場も変わり、後輩に伝えること、やらなくてはいけないことも多く大変ですが、自分が後輩に伝えたことで、後輩がいきいきと働く姿を見てやりがいを感じます。今後も、職員にとっても利用者にとってもより良い環境になるように頑張ります。
(ところざわ学園 主任 大倉虹依奈さん)

会社データ

事業内容
障害者福祉業
本社郵便番号 359-0004
本社所在地 埼玉県所沢市北原町932-1
本社電話番号 04-2992-5096
設立 1985年10月21日
資本金 社会福祉法人のため無し
従業員 136名
売上高 9億56万886円(2020年3月31日実績)
事業所 ◆ところざわ学園(指定障害者支援施設)
 所沢市北原町932-1

◆所沢市立はばたき(指定障害福祉サービス事業)
 所沢市北原町924-3

◆所沢市立ゆきわり草(共同生活援助事業)
 所沢市北原町924-2

◆ケアホームふじのみ(共同生活援助事業)
 所沢市松郷265-10
 所沢市下富285-2

◆ほるん(所沢市障害児(者)日中一時支援事業)
 所沢市北原町932-1 ところざわ学園内

◆さぽっと(所沢市相談支援事業、埼玉県障害児等療育支援事業)
 所沢市北原町935-1

◆かがやき(指定障害福祉サービス事業)
 所沢市北原町935-1

◆きらめき(指定障害福祉サービス事業)
 所沢市下富626-1  ※2020年4月新設

◆ふじいろ(行動援護等移動支援事業)
 所沢市下富626-1  ※2022年4月新設
平均年齢 33.4歳(正規職員のみ)
沿革
  • 1961年11月
    • 国立秩父学園親の会より、「財団法人秩父会館」を設立。
      初代理事長に藤田 登氏就任。
  • 1966年5月
    • 児童施設「ところさわ学園」(定員20名)が認可・設置。
  • 1985年10月
    • 財団法人秩父会館を解散し、社会福祉法人 藤の実会を設立。
      資産および事業を継承する。
  • 1987年4月
    • 児童施設「ところさわ学園」を廃止し、更生施設「ところざわ学園」を新築、事業開始。
  • 1989年1月
    • 埼玉県心身障害者短期入所事業を受託。
  • 1989年4月
    • 所沢市心身障害児(者)緊急一時保護事業を受託 。
  • 1991年5月
    • 援助者付き就労実習所開設。
  • 1991年10月
    • 所沢市知的障害者一時保護事業を受託。
  • 1993年4月
    • 所沢市知的障害者グループホーム「所沢市立ゆきわり草」受託運営開始。
      所沢市心身障害者授産施設「小手指作業所」受託運営開始。
  • 1994年9月
    • 所沢市心身障害者授産施設「小手指作業所」を廃止。
  • 1994年10月
    • 所沢市知的障害者通所授産施設「所沢市立はばたき」受託運営開始。
  • 2001年4月
    • ところざわ学園増・改築、定員10名増(定員60名)
      4人部屋から2人部屋に移行。
  • 2001年10月
    • 埼玉県障害児(者)地域療育等支援事業受託。
  • 2003年3月
    • 所沢市知的障害者一時保護事業を廃止。
  • 2006年4月
    • 「所沢市立はばたき」及び「所沢市立ゆきわり草」指定管理者制度移行。
  • 2006年10月
    • ところざわ学園短期入所事業・所沢市立ゆきわり草・
      相談支援事業新事業体系移行。
  • 2008年3月
    • 法人新体系移行5カ年計画策定。
  • 2010年4月
    • 共同生活援助事業ケアホームふじのみ開所・ところざわ学園新体系移行。
  • 2011年4月
    • 所沢市立はばたき新体系移行。
  • 2012年
    • 3月 藤の実会経営理念再構築。
      6月 藤の実会行動規範再構築。
      12月 多機能事業整備用地取得
  • 2013年
    • 4月 法人第2次中長期計画策定。
      8月 共同生活援助事業ケアホームふじのみ増設整備用地取得。
  • 2014年4月
    • 指定障害福祉サービス事業所かがやき開所。
      ケアホームふじのみ れんげ草・つきみ草開所。
  • 2015年4月
    • 指定障害者福祉サービス事業所かがやき 就労継続支援B型事業開始。
      ケアホームふじのみ ふくじゅ草開所
      あんしんセーフティネット事業開始
  • 2020年4月
    • 指定障害福祉サービス事業所きらめき開所
  • 2022年4月
    • 行動援護等移動支援事業「ふじいろ」開始

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 5名 4名 9名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 5名 3名 8名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 40.0%
      (5名中2名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
◎新任職員研修
◎ビジネスマナー研修
◎中堅職員研修
◎階層別研修
◎メンタルヘルス研修
◎専門研修(自閉症トレーニングセミナー・強度行動障害支援者養成研修・発達障害に関する研修・意思決定支援ほか)
◎成年後見制度に関する研修
◎虐待防止・権利擁護研修 など
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得補助制度あり
※社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士、その他法人が補助を行うことを適当と
認めた資格について、養成講座等受講費用や国家試験受験手数料など資格取得にかかる費用を一資格につき上限50,000円まで補助します。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
早稲田大学
<大学>
日本社会事業大学、浦和大学、文京学院大学、東洋大学、淑徳大学、埼玉学園大学、城西大学、大正大学、武蔵野大学、大東文化大学、帝京大学、東海大学、東京経済大学、立正大学、東京家政学院大学、東京未来大学、白梅学園大学、西武文理大学、拓殖大学
<短大・高専・専門学校>
秋草学園短期大学、秋草学園福祉教育専門学校、浦和大学短期大学部、東京福祉専門学校、日本福祉教育専門学校

採用実績(人数) 2015年度 7名
2016年度 7名
2017年度 2名
2018年度 4名
2019年度 3名
2020年度 3名
2021年度 3名
2022年度 2名(予)
※上記人数は中途採用者含む
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 1 0 1
    2019年 1 2 3
    2018年 3 1 4
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2020年 1
    2019年 3
    2018年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2020年 0
    2019年 1
    2018年 0

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

社会福祉法人藤の実会と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ