最終更新日:2024/1/4

社会福祉法人 びわこ学園

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
滋賀県
資本金
社会福祉法人の為、無し。
売上高
社会福祉法人の為、無し。
従業員
698名(男性:197名/女性:501名)
募集人数
6~10名

理想の未来を見つけよう!

いのちと暮らしによりそう支援(社会が求めるあなたの力を育てます!) (2023/07/05更新)

PHOTO

びわこ学園は重度の知的障害と身体障害をあわせてもつ方の支援を行っています。医療的ケアを必要とする利用者もたくさんいます。
医師、看護師、リハビリスタッフ、心理士、管理栄養士などの多くの専門職と一緒にチームで利用者の支援を行っています。対人援助スキル、支援に必要な幅広い知識と技術が身に付きます!
変則勤務、夜勤のある職場もありますが、ONとOFFを分けながら、仕事と自分の時間(生活)のバランスをとりながらお仕事ができます。
目の前の障害のある方と、向き合う気持ちがあれば大丈夫です。たくさん成長し、学ぶことができます。まずは見学・体験にお申込みください!!エントリーお待ちしています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
専門性のちがうたくさんの職員と一緒に仕事をする中で、キャリアアップがはかれます!
PHOTO
ひとりひとりの利用者のねがいによりそいながら、その人らしい暮らしを支援しています!利用者さんに向き合う中で自分も成長できます。

その人らしく輝く「ふつうの生活」をおくることができるように支援をしています。

PHOTO

一緒に歩みましょう!

施設や地域で暮らす重い障がいをもった利用者さんが「その人らしい生活」をおくることができるように支援する仕事です。
初めて出会う利用者さんの前では、誰もが「はじめまして」です。出会った人のことを知り、自分のことも知ってもらい生活が始まっていきます。支援される人、支援する人が、お互いの生活がより良く楽しいものになるために「笑顔と安心した生活が送れる支援について」一緒に考えていきましょう!

<主な仕事内容(一部)>
■重い障がいのある方たちの日常生活の支援・介護
■家族支援
■日中活動、余暇活動等の立案と支援
■個別支援計画の作成

当法人は、病院機能を持ち、看護師やリハビリ職員も複数在籍しております。
関連部門と連携をはかり専門知識を学びながら、障がいのある利用者さんの生活をチームで支援しております。
※福祉・介護に関する知識や技術は入職後に学んでいただける環境は充分にあります。

会社データ

プロフィール

びわこ学園は、重症心身障害児者、医療的ケアのある方の支援を行う事業所です。病院と福祉施設の両方の機能を持っています。福祉系のスタッフと医療系のスタッフとチームで利用者支援を行っています。多(他)職種連携は大きな魅力です!入所施設または通所施設のお仕事体験ができます。

事業内容
 社会福祉法人びわこ学園は重度・重症の障がいをもっている方への支援を行って、設立からもうすぐ60年となります。入所されている方や在宅の方の安心安全な暮らしを支えています。西日本初の「医療(=病院)」と「教育(=学ぶ場)」の両面を兼ね備えて、スタートを切ったのは約60年前。
 障害の重い人たちの生活の創出と幸福を追求してきたびわこ学園の創設者、糸賀一雄は「この子らを世の光に」と提唱しました。びわこ学園は、その意義を自覚し、障害の重い人たちが市民として生きる社会を目指しています。

★びわこ学園の特徴
「入所・通所」「相談」「入院・外来」「支援ネット」といった役割を担う拠点センターを展開し、行政の受託事業や県全体の福祉支援も行っています。また、日常生活をサポートする《生活支援員》だけではなく、医療面を支える《医師》や《看護師》や《リハビリ職員》など、さまざまな職種のメンバーが活躍中!
当法人であれば、関係する方々と連携をはかり専門知識を学びながら、障害のある利用者さんが「その人らしさが輝く生活」がおくることができるようにお互いの知恵を出し合って日々の支援に取り組んでいます。

PHOTO

利用者さんの作品にふれて、ほっこり^^

本社郵便番号 520-2321
本社所在地 滋賀県野洲市北桜978-2
本社電話番号 077ー587ー1154(採用担当直通)
資本金 社会福祉法人の為、無し。
従業員 698名(男性:197名/女性:501名)
売上高 社会福祉法人の為、無し。
平均年齢 40.4
沿革
  • 1953(昭和28)年
    • 県立近江学園にとくに医療を必要とする療育グループ「杉の子組」の編成
  • 1963(昭和38)年4月
    • 「第一びわこ学園」開園
      1968(昭和43)年3月 映画「夜明け前の子どもたち」完成
  • 1968(昭和43)年9月
    • 糸賀一雄氏(創設者の一人)死去
      1978(昭和53)年10月 創立15周年記念式、「びわこ学園の15年」発刊
      1983(昭和58)年10月 創立20周年記念式、「びわこ学園の20年」発刊
  • 1984(昭和59)4月
    • 滋賀県立身体障害者更生援護施設「むれやま荘」受託(~1994(平成6)年3月)
  • 1987(昭和62)年6月
    • 岡崎英彦理事長(初代園長)死去
      1987(昭和62)年11月 「抱きしめてBIWAKO」に26万4千人が参加
      1988(昭和63)年10月 創立25周年記念式典、「びわこまんだら」発刊
  • 1990(平成2)4月
    • 「滋賀県重症児通園モデル事業」開始
  • 1991(平成3)6月
    • 「第一びわこ学園」草津氏へ移転新築
      1997(平成9)年11月 「抱きしめてBIWAKO」10周年記念記念行事
  • 2000(平成12)年
    • 「知的障害児者地域生活支援センター」(大津市立やまびこ総合支援センターの一部)受託運営開始
      滋賀県から「要医療ケア児童等ケアマネジメント試行事業」を受託(現在の「重症心身障害者ケアマネジメント支援事業」につながる
  • 2002(平成14)年5月
    • 「びわこ学園長浜診療所」開設
      2003(平成15)年10月 創立40周年記念式典
      「いのち であい きずな―びわこ学園の40年ー」発刊
  • 2004(平成16)年3月
    • 「第二びわこ学園」移転新築
      2004(平成16)年10月 映画「わたしの季節」完成
  • 2005(平成17)年7月
    • 訪問看護ステーション「ちょこれーと」を野洲市に開設
  • 2006(平成18)年4月
    • 「びわこ学園地域支援ステーション」をびわこ学園医療福祉センター草津内に開設
  • 2007(平成19)4月
    • 二つの重症児施設を「びわこ学園医療福祉センター」とし、第一びわこ学園、第二びわこ学園を、それぞれ「びわこ学園医療福祉センター草津」「びわこ学園医療福祉センター野洲」と名称変更。ヘルプステーション「ちょこれーと」を野洲市に開設
  • 2007(平成19)年10月
    • 共同生活介護事業「ケアホーム大平」を大津市大平に開設
  • 2011(平成23)年9月
    • 共同生活介護「ケアホームともる」を大津市松が丘に開設(「ケアホーム大平」廃止)
  • 2012(平成24)年3月
    • 「びわこ学園長浜診療所」移転
  • 2012(平成24)年4月
    • 重症児者相談支援センター「びわりん」を野洲市に開設
  • 2012(平成24)年8月
    • 生活介護事業所「たいよう」を守山市石田町に開設
  • 2013(平成25)年4月
    • 「訪問看護ステーションちょこれーと」の出張所をびわこ学園医療福祉センター草津内に設置
      2013(平成25)年 創立50周年事業として、シンポジウム、記念式典、記念行事などを開催
      記念誌びわこ学園の50年「生きることが光になる」の発刊
  • 2014(平成26)年4月
    • 生活介護事業所「えがお」を長浜市小堀町に開設(同「たいこ」は廃止)
  • 2016(平成28)年4月
    • 共同生活援助事業「ケアホームえまい」を野洲市南櫻に開設
  • 2018(平成30)年2月
    • 多機能型事業所「ちょこらんど」運営開始 「訪問看護ステーションちょこれーと」本部を草津市内へ、出張所をびわこ学園医療福祉センター野洲内に設置
      4月「びわこ学園長浜診療所」新築移転
  • 2020(令和2)年4月
    • 生活介護事業所「かなえ」を草津市新堂町に開設
      3月 知的障害児者地域生活支援センター20周年記念誌「いっぱいの笑顔」発刊
  • 2022(令和4)2月
    • 初代園長岡崎英彦生誕100年
      6月 記念講演、著作目録「熱願冷諦」発刊
  • 2022(令和4)4月
    • 重症児者相談支援センター「てくてく」を長浜市小堀町に開設

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.9年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 3.0時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.3日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 14名 2名 16名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 20.7%
      (275名中57名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
有:【新任職員フォローアップ体制】
新任職員研修を、年5回実施。
基礎的理解・組織人基礎等、社会人としての基本から、
福祉に関する知識の修得、実技演習を行います。
自己啓発支援制度 制度あり
有:【キャリアアップ支援】
入職時だけでなく、法人全体で、中堅、リーダー、係長、管理職等
キャリアに応じた、法人内・外での研修が受講可能です。
メンター制度 制度あり
有:研修だけでなく、固定の先輩職員が、新任職員をフォロー。
また2年目以降も、頼れる先輩としてしっかりサポートしてくれるので安心です。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
資格取得支援制度
介護福祉士、社会福祉士、初任者研修等の資格取得を応援します。
費用25,000円補助。研修のうち9日間は出張扱いになります。

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
大阪学院大学、大阪人間科学大学、京都女子大学、滋賀県立大学、びわこ学院大学、佛教大学、立命館大学
<短大・高専・専門学校>
大阪保育福祉専門学校、京都医療福祉専門学校、滋賀短期大学、三重短期大学

採用実績(人数)        2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年(予)
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大卒       4名  2名   -    3名   -   1名
短大・専門学校卒 ー   ー   1名    -   4名   1名
採用実績(学部・学科) 社会福祉学部・産業社会学部・家政学部・人間科学部・教育福祉学部・商学部・生活科学学科・幼児教育学科・心理メディカル学科・保育科
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 2 3
    2020年 0 1 1
    2019年 1 1 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2021年 3
    2020年 1
    2019年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 1

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp108356/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

社会福祉法人 びわこ学園と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人 びわこ学園の会社概要