最終更新日:2023/2/3

エムエス機器(株)

業種

  • 商社(精密・医療機器)
  • 商社(電子・電気機器)

基本情報

本社
大阪府
資本金
9,600万円
売上高
43億円(2022年9月)
従業員
97名(2022年12月)

ライフサイエンスの最先端を支える理化学機器の専門商社 エムエス機器

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
1966年の設立以来ライフサイエンスの最先端技術に特化した輸入専門商社として事業を展開。基礎研究に取り組む研究者のパートナーとして高度なニーズに応え続けています。
PHOTO
機器の提案・販売はもちろん、立ち上げからメンテナンスまで手厚くフォロー。他部署とも緊密に連携し、お互いにサポートし合いながらチークワークで仕事を進めています。

基礎研究の支援を通じて、人、生物、自然の共生と繁栄に貢献。

PHOTO

水上さん(右)と増子さん。「その分野のエキスパートから研究内容を直接解説いただけることも仕事の醍醐味。内容を理解するのに大学で学んだ様々な知識が役立っています」

◆大学や官公庁、製薬・食品系などの民間企業の研究施設向けに画像解析装置やサンプル前処理装置などの理化学機器の提案営業を行なっています。やり取りするのはライフサイエンス分野で最先端研究に携わる研究者の方々。お客様の研究内容を理解し、どんなお困り事があるかをイメージして商談に臨みますが、「こんな実験を始めたいがどれを使えばいいか」と実験内容にまで踏み込んだアドバイスを求められることも。そんな時は持ち帰って技術スタッフに相談し、正確かつ迅速お答えするようにしています。全ての部署が同じフロアに揃っているのでコミュニケーションが取りやすく、面倒見の良い先輩のおかげで自信を持って仕事に取り組めています。
(東日本営業部 バイオセールスグループ 水上渓/応用生物科学部卒 2018年入社)

◆ピペットマンをはじめとするギルソン社製の微量分注器をメインに取り扱い、大学や民間企業の研究者に販売を行なっています。心がけているのはお客様に新たな視点をご紹介すること。長年研究に従事し高い専門性をお持ちだからこそ、実験手法や機器の扱いに固定観念を持たれている方もいるため、他のお客様の導入事例や機器に関する最新情報をお伝えすることで、信頼を獲得するよう努めています。若手でも裁量ある仕事を担当でき、自分の持ち味を発揮して挑戦できる社風が当社の魅力。今後もお客様とより良い関係性を築きながら最先端の研究を支援していきたいです。
(東日本営業部 ギルソンセールスグループ 増子雄貴/大学院農学生命科学科修了 2018年入社)

◆当社製品を通じて最先端研究を支え、社会の発展に貢献できることが私の仕事のモチベーションです。また第一線で活躍するお客様から直接お話を伺い、どうすればお役に立てるかアイデアを練る日々はとても刺激的ですね。案件によっては1年がかりの商談もあり、機器の仕様、予算、納期などお客様と打ち合わせを重ねながら最適な提案を目指します。その結果受注に繋がり、後日「いいデータが取れたよ!」と嬉しい言葉をいただくことがやりがいです。
当社には全員が主役となってやりたいことを発信し、周りのサポートを受けて挑戦できる社風があり、何事も自分事として捉えるマインドを持つ人にとって多くの活躍の場が広がっています。
(大阪営業部 ギルソンセールスグループ 足達和也/獣医畜産学部卒 2020年入社)

会社データ

事業内容
〇ギルソン社製ピペットマンをはじめ最先端の分析機器、化学機器を提供
エムエス機器は、バイオテクノロジーを始めとするライフサイエンス分野における、最先端の科学研究機器を世界各国から輸入し、日本国内の研究者に関連するテクノロジーとともにお届けしています。
アカデミックな基礎研究から先進の応用研究までの幅広い領域をサポートし、製品に関する技術指導・情報提供・アフターサービスまでもおこなっています。


〇ライフサイエンスの研究の支援を通じて医療、食、環境。・エネルギーに貢献
「世界にとって、人類にとって、大切なことを一つひとつ。」という当社の理念のもと健康と長寿をかなえる医療分野、食の安全性や機能性を高める食料分野、
そしてサステナブルな快適社会を実現する環境・エネルギー分野と、バイオテクノロジーが必要とされる領域は多岐にわたり、重要性はますます増大しています。
その技術の発展をリードする研究者をサポートしているのが、私たち M&S。
ライフサイエンスの最先端技術に特化した輸入専門商社として、世界の進歩や人々の幸福の一端を担える企業を目指し、高度なニーズに一つひとつ的確に応えながら、未来へと歩み続けています。


〇充実した社員教育と資格取得制度。リフレッシュできる環境も抜群
エムエス機器では社員の成長と仕事に対するモチベーションを高めるため、職場環境の向上、社員教育の充実を常に目指しています。社員教育の一例として、ネイティブの講師を迎えて英会話教室を実施、英語力アップの手助けをします。また、自己啓発促進の一環として各種資格取得制度を設けています。
仕事だけでなく、リフレッシュも必要です。社員旅行では仕事の場を離れてさらに社員同士のコミュニケーションを図ります(コロナ禍で中止しています)。その他、会員制リゾートホテルでのんびり休息・・・など、仕事を離れ、思いきりリフレッシュできる環境を用意しています。

PHOTO

エムエス機器はライフサイエンス分野における、最先端の科学研究機器を世界各国から輸入し、日本国内の研究者に関連するテクノロジーとともにお届けしています。

本社郵便番号 532-0005
本社所在地 大阪市淀川区三国本町2-12-4
本社電話番号 06-6396-0501
設立 1966年
資本金 9,600万円
従業員 97名(2022年12月)
売上高 43億円(2022年9月)
事業所 大阪本社
〒532-0005 大阪市淀川区三国本町2丁目12番4号 
TEL: 06-6396-0501 FAX: 06-6396-0508
東日本営業部
〒162-0805 東京都新宿区矢来町113番地 
TEL: 03-3235-0661 FAX: 03-3235-0669
主な取引先 国公立・私立大学研究室、独立行政法人研究機関、国公立試験所・研究所、製薬/化学/食品/バイオテクノロジー関連の民間企業研究所など。
関連会社 株式会社エムエステクノシステムズ
高度な知識でサポート 世界を先駆ける欧米の科学機器と、日本で展開されている最先端の研究。私たちの使命は、その二つをつなぐことにあります。
M&Sは、実績を重ねて世界のサプライヤーからの信頼を得てきました。同時に、コミュニケーションを重ねて国内の研究者からの信頼も育んできました。
セールススタッフは、日々進化する世界の製品情報を蓄積し、国内におけるリアルタイムな研究動向を把握することにより、研究者のニーズを確実につかみ、最適な製品をご提案しています。
また、納品後もアプリケーションの相談や提供、システムのトラブル対応など、一貫したユーザーサポートを行っています。
充実した設備を誇るラボ 私たちの技術力を支えているのが、充実した設備を誇るラボ。国内において情報が集中する大阪と東京に設置しています。製品について高度な技術的ノウハウを有するスタッフは、新たな技術や機器が導入されるごとに、海外メーカーのテクニカルトレーニングに参加しています。

機器の仕様、性能を確認し、操作を習得するだけでなくアプリケーションや周辺知識といったナレッジも徹底して追求します。習熟した機器について社内でトレーニングを実施し、セールスやサービスエンジニアのスタッフが学び、理解を深め、国内での活動に活かします。
メンテナンス・ サービス M&Sはアフターサービスについても万全の態勢を整えています。機器のメンテナンスは、各製品の特徴や構造、動作原理などを細部まで把握したスタッフが担当。電気・電子・機械工学などのスペシャリストが対応し、性能を保証しています。

もちろん修理のオーダーには迅速に対応。修理作業の報告書を始め製品の品質や仕様に関する問題などをデータベース化し、社内で共有することにより、修理期間の短縮や的確なサービスを実現しています。

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11日
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 20.0%
      (20名中4名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人研修、フォローアップ研修
製品関連勉強会、メーカーセミナーなど製品関連知識に関する各種研修
専門機関講師による基礎研修、リーダー育成研修、マネジメント研修など
自己啓発支援制度 制度あり
指名による会社負担での英会話講習を週1回を1年間実施
別途、個人の英会話講習支援制度あります。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 0
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 0

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
室蘭工業大学、北海道大学、東京農工大学、東京都立大学、横浜市立大学、岐阜大学、金沢大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、岡山大学、広島大学、山口大学、徳島大学、高知大学、鹿児島大学
<大学>
千葉大学、東京理科大学、東京農業大学、早稲田大学、明治大学、中央大学、北里大学、福井県立大学、滋賀県立大学、京都府立大学、立命館大学、関西大学、兵庫県立大学、島根大学、愛媛大学、佐賀大学、宮崎大学

前年度の採用実績(人数)   2019年  2020年 2021年 
-------------------------------------------------
大卒 1名   ー    ー 
院了 1名   ー    ー
採用活動再開 新卒教育システム再構築ならび採用再開
弊社では新卒教育システム再構築のため長期採用停止していましたが、
体制が整いましたので今年度から採用活動再開します。
教育・研修、キャリアアップの体制が格段に向上しましたので
能力向上と成長が可能になりました。

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

エムエス機器(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
エムエス機器(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. エムエス機器(株)の会社概要