最終更新日:2022/5/30

一般財団法人日本気象協会

業種

  • 財団・社団・その他団体
  • 情報処理

基本情報

本社
東京都
資本金
3,570万円
売上高
154.4億円(2021年3月期)
従業員
837名(2021年7月1日現在)

気象・環境・エネルギー・防災・情報サ-ビスを通じて、安全・安心・快適な社会づくりに貢献します

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
高品質の気象予測モデルやAI解析技術を駆使し、お客様の様々なニーズに最適のソリューションを提供しています。
PHOTO
年次や経験に関係なく、フラットに意見を伝え合うことができます。若手のアイディアから新たなサービスが生まれることがあります。

「あると便利」だけでなく「無いと困る」そんな存在でありたい

PHOTO

あらゆる分野が、気象と掛け算できます。違う分野の違う発想を持ち寄り新しい 「日本気象協会」をつくります。

私たちは気象と防災、環境に関する情報コンサルタント企業として68年もの歴史を刻んできました。気象・防災・環境・エネルギーなど幅広い分野で、新しい情報サービスを打ち出してきた業界のパイオニアです。1993年の気象業務法改正にともない、民間企業でも気象予報の提供が可能となりました。しかし、このような競合企業がひしめく中でも、設立以来積み重ねてきた実績をもとに時代のニーズに沿った気象情報をお届けしています。伝統に裏打ちされた認知度とノウハウ、ブランド力を発揮しながら、インターネット事業など最新のIT技術を活用した分野にも進出しています。「あると便利」だけでなく「無いと困る」、そんな存在でありたいと願っています。

次世代の健やかな育成という事業主の使命をふまえて、職員が仕事と子育てを両立できる環境を整えています。育児休業制度の充実はもちろん、男性の育児参加への啓発活動も行っています。フレックスタイム制度、始業・就業時刻の繰り上げまたは繰り下げ制度、所定労働時間の短縮制度、ベビーシッター助成券制度、看護休暇制度など、「子育てをしながら働く」ことをあらゆる面からサポートしています。また、週1回以上のリフレッシュデー(ノー残業デー)を定着させるとともに、記念日年休制度、ボランティア休暇制度、振替休日や連続休暇の取得促進についても啓発し休暇が取得しやすい社内体制の整備にも努めています。

また、2016年度からは、心の健康づくり活動基本方針を制定し、安心して働ける職場づくりに取り組んでいます。

会社データ

事業内容
○商品需要予測事業
気象情報と人工知能(AI)技術を活用した新たなビジネスにチャレンジしています。

○水防ソリューション事業
気象レーダ解析技術の開発および降雨特性解析、降雨・流出予測シミュレーション、河川・ダム管理のための情報提供サービス等を行っています。

〇防災支援事業
市民の生活や企業活動における自然災害リスクを回避、軽減するための総合コンサルティングを行っています。

○交通ソリューション事業
道路・鉄道・船舶・航空などの公共交通の維持・運行管理や、市民の交通行動を支援するサービスを実施しています。

〇環境アセスメント事業
風力発電施設の設置に特化した環境アセスメントを実施しており、国内トップシェアを誇ります。

〇環境解析事業 
気象観測技術、大気汚染・気流シミュレーション技術、拡散実験技術などを活用し、環境にかかわる幅広い分野の業務を実施しています。

〇エネルギー事業
エネルギーの安定供給を支え、エネルギーに係る災害リスクの低減を図るとともに、再生可能エネルギーの導入推進に貢献しています。

〇メディア事業 
テレビ、ラジオ、新聞などのマスメディアを通じて、最新の気象情報を「正確に」「迅速に」「わかりやすく」お届けしています。

〇コンシューマ事業 
tenki.jp、ポータルサイト各社、各種アプリ、サイネージなどを通じて、日々の生活に必要不可欠な天気や防災、季節に関する情報を、わかりやすくお伝えしています。

〇情報サービス事業
情報を提供するためのシステム開発・運用・保守、気象予報士によるマスメディアへの出演やコンテンツ提供、さらに道路・鉄道・電力会社など特定ユーザへの予測情報を提供しています。

〇海外事業 
日本国内で培った技術に海外の商習慣や気候風土を考慮して最適なコンサルティングサービスを行っています。

〇公益事業 
講演会・講習会の実施やフェアの開催、講師派遣等により、気象・防災知識の普及に努めています。

PHOTO

気象、防災、環境、エネルギーに関する事業を、国内に留まらず世界中に展開しています。

本社郵便番号 170-6055
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 55F
本社電話番号 03-5958-8111
設立 1950年5月10日
資本金 3,570万円
従業員 837名(2021年7月1日現在)
売上高 154.4億円(2021年3月期)
技術者 気象予報士…343名
技術士…120名
RCCM…34名
博士…19名
環境計量士…21名
測量士…22名
沿革
  • 1950年5月
    • 財団法人気象協会設立
  • 1966年4月
    • 財団法人日本気象協会として全国統合
      全国中枢機関として中央本部を設立
      北海道・東北・東京・関西・福岡の5地方本部を構成
  • 1983年10月
    • 運輸大臣から情報化貢献企業として表彰を受ける
  • 1990年9月
    • 防災分野における国際協力及び災害対策に貢献した功績により内閣総理大臣から表彰を受ける
  • 1995年5月
    • 気象予報士制度による局地的な予報サービスを開始
  • 1998年6月
    • 建設コンサルタント登録(道路部門)
       (以後、順次、建設環境部門、河川、砂防及び海岸・海洋部門、農業土木部門、港湾及び空港部門、廃棄物部門を登録)
  • 2007年1月
    • 日本気象協会独自の桜開花予想スタート
  • 2009年9月
    • 内閣総理大臣から一般財団法人への移行認可を受ける
  • 2013年10月
    • 京都大学防災研究所に寄附研究部門として気象水文リスク情報(日本気象協会)研究分野を設置
  • 2014年7月
    • 管理本部と事業本部の2本部に再編し、事業本部を事業統括部、防災ソリューション事業部、環境・エネルギー事業部、メディア・コンシューマ事業部、情報サービス部の5部とする
  • 2015年11月
    • 企業ブランドロゴを刷新
  • 2016年7月
    • 気象防災キャスター制度開始
  • 2017年4月
    • 商品需要予測事業に特化した「先進事業課」を新設し事業開始
  • 2018年7月
    • 最高情報責任者ならびに最高技術責任者を新設
  • 2020年5月
    • 創立70周年を迎える

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 8名 16名 24名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 8名 7名 15名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 4.0%
      (99名中4名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
段階ごとに、職員に求めるもの、あるべき姿を示し、目指すところに達するための研修を行っています。

(新人)
・社会人マナー、一般知識
・業務基礎研修
・文書、報告書作成
・内部統制
・コンプライアンス、情報セキュリティ
・気象予報士研修(基礎、応用)
・IT技術基礎研修
・その他

(数年~10年後)
・フォローアップ研修
・ステップアップ研修
・各種ビジネススキル研修
・基礎、応用、専門技術研修
・海外インターン派遣
・社会人博士課程支援
・その他

(10~20年)
・リーダーシップ
・マネジメント
・初級管理職研修
・専門技術研修
・その他

(20~30年)
・中級管理職研修
・専門技術研修
・その他


(30年~40年)
・上級管理職研修
・経営学
・その他
自己啓発支援制度 制度あり
 語学、公的資格取得等に関し経費補助を行うことで、自己啓発を支援しています。
 例えば
・語学e-ラーニング
・学会、セミナー等への参加推奨
・気象予報士、技術士等は社内研修から自己学習まで幅広く支援
・一般ビジネススキル研修等への自主的参加機会提供
・その他
社内検定制度 制度あり
気象予報士の能力向上を目指した社内検定を実施中

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2019年 6 4 10
    2020年 13 4 17
    2021年 16 9 25

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
秋田大学、愛媛大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、お茶の水女子大学、香川大学、鹿児島大学、九州大学、京都大学、近畿大学、岐阜大学、熊本大学、慶應義塾大学、高知大学、神戸大学、埼玉大学、佐賀大学、滋賀大学、滋賀県立大学、静岡大学、首都大学東京、信州大学、創価大学、中央大学、筑波大学、東海大学、東京大学、東京海洋大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京都立大学、東京理科大学、東北大学、富山大学、同志社大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、日本大学、兵庫県立大学、弘前大学、広島大学、福島大学、北海道大学、三重大学、宮崎大学、室蘭工業大学、明治大学、山形大学、早稲田大学
<大学>
愛知教育大学、青山学院大学、茨城大学、愛媛大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、岡山理科大学、お茶の水女子大学、帯広畜産大学、香川大学、関西大学、学習院大学、北見工業大学、九州大学、京都大学、京都産業大学、京都女子大学、慶應義塾大学、高知大学、甲南大学、埼玉大学、芝浦工業大学、首都大学東京、成蹊大学、専修大学、千葉大学、中京大学、筑波大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京海洋大学、東京学芸大学、東京電機大学、東京農工大学、東北大学、東洋大学、富山大学、同志社大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、新潟大学、日本大学、弘前大学、広島大学、福岡大学、法政大学、北海道大学、北海道教育大学、武蔵野美術大学、室蘭工業大学、明治大学、名城大学、桃山学院大学、山形大学、山口大学、横浜国立大学、酪農学園大学、立正大学、早稲田大学

イーストアングリア大学大学院

前年度の採用実績(人数)            19年  20年  21年
――――――――――――――――――――――――
大卒(大学院を含む) 10名  17名  25名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

一般財団法人日本気象協会と業種や本社が同じ企業を探す。
一般財団法人日本気象協会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 一般財団法人日本気象協会の会社概要