最終更新日:2022/5/6

中部飼料(株)

  • 上場企業

業種

  • 食品
  • 農林・水産
  • 商社(食品・農林・水産)
  • その他メーカー

基本情報

本社
愛知県
資本金
47億3,600万円
売上高
1,813億5,600万円(2020年4月~2021年3月) ★着実に成長を続けています。
従業員
425名(2021年3月)

「安心・安全な食生活を守ること」を使命に、畜水産用飼料を手がける独立系の配合飼料メーカー。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
新しいことにチャレンジする社風があります。畜水産家の皆さんと共に安全な”おいしい”を造る会社です。
PHOTO
「特性ある仕事をして社会に貢献する」という経営理念のもと自社一貫生産による特性ある製品を提供し、消費者の皆様のニーズにあった安全安心な食生活を実現します。

飼料業界の常識をくつがえす挑戦を続け、常に先を行く。

PHOTO

営業の基本となる考え方は、お客様と共に課題を見つけ出し解決すること。お客様と同じ目線に立つことで共に課題を導き出し、製販一体となって解決する提案を行っています。

◇知っていましたか?

 私たちが日々食べている肉や卵、魚は、その家畜や魚を育てる飼料によって、通常より多くのビタミンを卵に含ませたり、肉特有の臭みを減らしたりといったように味や色、栄養成分を変えることが出来ます。
 当社は、お客様と共に消費者の皆様のニーズに応える畜水産物の開発に取組み、これに合致した飼料の開発を一層推進し、お客様の価値の創造に貢献してきました。


◇愛知で生まれ、中部で育ち、全国で働く

 当社は、終戦の混乱の治まりきらない昭和24年、愛知県半田市において設立され、倉庫と最低限の機械を設置するところからスタートしました。
 国内畜産業の発展とともに業容を拡大してまいりましたが、規模の小さな会社が、大手の競合他社と同じことをしていても競争には勝てません。
 そこで当社は、飼料で肉や卵の色や味、栄養成分を変えることができるという信念のもと、「お客様が抱えている課題を解決する日本一の飼料を作ろう!」と、それぞれの畜種において研究を進め、お客様に貢献する特性ある飼料を次々と生み出すことにより全国に展開して参りました。


◇飼料製造から得たノウハウを活かし、肥料へ展開

 長年飼料製造で培った技術力を活かし、従来では固形化が難しいとされてきた有機JAS対応のペレット肥料の開発に成功し、全国のお客様に提供しております。
 ペレット加工した有機入り肥料は、お客様の作業性を高めることはもちろんのこと、有機質によって農作物がゆっくり成長するため、栄養分を豊富に蓄え美味しくなり、更に病気にも強くなるため、高いレベルで品質の均一化を図ることができます。
 当社の肥料も飼料同様、お客様が消費者に求められる農作物の生産を支えることで、お客様の価値の創造に貢献しています。


◇お客様と共に日本の食に貢献し、更なる発展へ

 当社は、お客様と共に消費者の皆様のニーズに応える畜水産物の開発に取組み、これに合致した飼料の開発を一層推進し、お客様の価値の創造に貢献してきました。今後とも、『飼は「食」を司る』という考えのもと、経営理念である「特性ある仕事をして社会に貢献する」を実践し、フードチェーンの一翼として、日本の食を支えてまいります。

会社データ

事業内容
 高い「営業力」「開発力」「技術力」で、畜産家のありとあらゆるニーズに対応。そのため、多品種小ロット生産が中心です。

 一般的に、製品数が多くなると1製品ごとの生産コストは上昇します。多品種小ロット生産とコスト低下という相反する課題を、徹底した生産ラインの改善を行うことで日々カイゼンしています。
安全で高効率・高品質の飼料生産体制を確立するための努力を惜しまない社風が中部飼料イズムです。

◇畜産・水産用配合飼料の製造・販売
 創業以来、質の高い研究開発に取り組み、画期的な飼料を製造・販売。
 家畜の成長段階・畜種・環境条件によって最適な配合飼料の提案。
 畜産家の農場で発生する諸問題を営業と研究で共有し問題解決型の提案営業を実施。
 畜産家のニーズに合わせたカスタムメイド飼料で差別化を展開。

※先駆的な挑戦を続けています
「そば殻入り飼料」を始めとした原料の有効活用と消費者の食への安全の志向を捉えた新製品新原料の研究開発は、飼料業界の中でも他社に先駆けて挑戦しています。

◇有機入り配合肥料の製造・販売
 飼料製造で培ったノウハウを活かし、天然由来の原料を使用した配合ペレット肥料を田畑だけでなくゴルフ場での利用も拡大。鶏糞をリサイクル活用した特殊肥料なども製造・販売。

※日本各地の農家に好評の有機入り配合肥料
お米が美味しくなると評判の「米太郎」を筆頭に、当社の有機入り配合肥料は多くのお客様にご利用いただいております。

◇畜産物の開発・販売
 ブランド卵「ごまたまご」「エグロワイヤル」やブランド畜産物「いもぶた」など畜産物・食品を開発し、大手スーパーへ仲介、販売。

※食生活を支えるオリジナル商品
鶏の飼料にごまを配合することで生まれた特殊卵「ごまたまご」や、パティシエの意見から誕生した特殊卵「エグロワイヤル」を開発。その他、いも等が配合された飼料で生産される「いもぶた」(脂がジュワっと溶けます)、臭みがなく色も美しい「さわやかチキン」、お茶カテキン等の成分を配合した飼料で生産される「プレミアブリ」など、魅力的な商品を続々と生み出しています。

◇畜産家の経営をトータルサポート
 家畜の飼育技術指導や衛生管理・病理検査などトータルにサポート。

PHOTO

「人々を腹一杯に、幸せに」という創業者の思いと「よい飼料は、よい食生活へ、そしてよりよい人生へとつながる」という意識を持ち、飼料メーカーの使命を全うしています。

本社郵便番号 460-0003
本社所在地 愛知県名古屋市中区錦二丁目13番19号 瀧定名古屋ビル5階
本社電話番号 052-204-3051
設立 1949年3月24日
資本金 47億3,600万円
従業員 425名(2021年3月)
売上高 1,813億5,600万円(2020年4月~2021年3月)
★着実に成長を続けています。
事業所 ■本社
愛知県名古屋市

■飼料工場
北海道苫小牧市、北海道釧路市、青森県八戸市、茨城県神栖市、愛知県知多市、岡山県倉敷市、鹿児島県志布志市、静岡県焼津市(水産)

■肥料工場
愛知県武豊町

■営 業 所
北海道帯広市、宮城県大崎市、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、愛媛県松山市、宮崎県都城市

■研究施設
愛知県大府市、愛知県豊田市、青森県三沢市、静岡県焼津市(水産)

■牧場
北海道白老郡

★2019年、北海道釧路市に新工場が誕生しました!
北海道で2つ目となる工場を釧路市に開設しました。より広域に、より安定的に、そしてより早く畜産家の皆様へ飼料を供給することを目指します。
関連会社 ■連結子会社
中部エコテック(株)、(株)ダイコク、(有)豊洋水産、 吉林華中緑色生態農業開発有限公司、中部チムニー(株)、みらい飼料(株)、中部艾科太科(大連)環境技術有限公司

■関連会社
三通中部飼料(山東)有限公司

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.5年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.9日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修
1年目研修
3年目研修
職種別研修
OJT研修
OJT担当者研修
各種営業研修 など
自己啓発支援制度 制度あり
自己啓発援助金制度

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 20 4 24
    2020年 10 2 12
    2019年 18 1 19
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 1
    2019年 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 24
    2020年 12
    2019年 19

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知淑徳大学、朝日大学、麻布大学、岩手大学、宇都宮大学、愛媛大学、岡山大学、帯広畜産大学、香川大学、鹿児島大学、神奈川大学、関西学院大学、北里大学、九州大学、京都大学、京都工芸繊維大学、近畿大学、岐阜大学、慶應義塾大学、高知大学、甲南大学、神戸大学、駒澤大学、佐賀大学、静岡大学、島根大学、信州大学、創価大学、大東文化大学、中央大学、中京大学、東海大学、東京大学、東京海洋大学、東京農業大学、東北大学、鳥取大学、同志社大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋外国語大学、南山大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、福岡大学、北海道大学、三重大学、宮城大学、宮崎大学、明治大学、名城大学、山形大学、酪農学園大学、立教大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学

前年度の採用実績(人数)    2019年  2020年  2021年
-------------------------------------------------
大卒  12名    6名    17名
高卒   7名     6名      7名
前年度の採用実績(学部・学科) [文系]
ビジネス学部、外国語学部、経営学部、経営情報学部、経済学部、現代国際学部
、交流文化学部、国際関係学部、産業社会学部、商学部、情報科学部、人間学部、人文学部、政治経済学部、総合政策学部、第一商業学部、文学部、法学部 等

[理系]
応用情報学部、応用生物学部、海洋学部、基礎工学部、工学部、獣医学部、水産学部、生物産業学部、生物資源学部、生物理工学部、畜産学部、農学部、酪農学部、理学部 等
常識を覆す 「飼料の原料は50%がトウモロコシ」というのが一般的な配合設計ですが、数年前にトウモロコシの価格が高騰したことがありました。その状況下で中部飼料は、トウモロコシの使用比率を下げ、価格は抑えつつ栄養価を担保した飼料開発に成功しました。また、水産の分野では、ふぐで最も価値がある白子(オスの精巣)に注目した「ふぐの全オス化」に成功しています。こういった成功の裏には、中部飼料が持つ加工と生産技術の高さがあります。
社員が信頼し合う社風 社員同士のコミュニケーションは良好。上司や先輩にも気兼ねなく話せる環境です。それは、全国に7つある飼料工場に製造職、営業職が机を並べて仕事をしていることが関係しています。お客様から受け取った、製品に対する要求、要望をすばやく製造現場に伝え、時には研究技術部と意見交換しながら、お客様の要望に合う製品を生み出します。よりいいものを提供したいという気持ちは、職種は関係なく時に意見を戦わせることもありますが、それは、「うちの営業なら良い提案をしてくれる」「うちの研究スタッフの技術があれば個性的なエサも作れる」という互いの信頼があるからこそ。そして、同じ目標に向かう同志であると認め合っているからです。
新入社員研修の紹介 入社後1~2カ月は、現場実習を行います。
実際に農場などで、牛・豚・鶏・魚を近くで見て、触れて研修を受けていただきます。まずは「中部飼料がどんな事業を行っているのか」を学んでいただくためです。経済動物を扱う事の重要さ、難しさそして飼料メーカーの存在意義を肌で感じることができます。
「見たことがある、聞いたことがある」よりも「やったことがある」方が理解は深いはず。加えて研修期間中は、新入社員同士で寝食を共にし、時間と経験を共有することで新入社員同士の絆を深める貴重な機会でもあります。
社員のトライを評価します 「ノープレーノーエラーは許さない」とは、「何事も失敗を恐れずに、まずはやってみよう」という強いメッセージです。「良い失敗はドンドンしよう」という風土が中部飼料にはあります。中部飼料では若いうちから
責任のある仕事を任されます。任された仕事を積極的に取り組み、失敗を繰り返しながらも実績を重ねる事で社員達は成長していきます。

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

中部飼料(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
中部飼料(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 中部飼料(株)の会社概要