最終更新日:2023/1/26

(株)岩手芝浦電子

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 精密機器

基本情報

本社
岩手県
資本金
1億円
売上高
41億9,553万円(2022年3月実績)
従業員
第一工場 約75名 第二工場 約75名 合計 約150名

一点集中事業で世界シェア”トップ”! サーミスタのプロの技術を結集

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
当社の温度センサは皆様の身の回りにある家電製品から自動車、住宅設備にまで幅広く使われています
PHOTO
先輩とも和気あいあいと付き合える環境です!

"サーミスタ”で『暮らしを豊かに・地球に優しく』

PHOTO

■舞台は世界!「サーミスタ温度センサ」の製造に特化した企業
株式会社岩手芝浦電子は芝浦電子グループの一員として1973年に岩手県に設立。
主要製品である「サーミスタ温度センサ」は家電製品や自動車、住宅設備に数多く使われています。
サーミスタは使用温度範囲が-50~+1,000℃と幅広いうえに、小形で衝撃や振動に強く、温度に対する感度が高いため、私たちの暮らしを支えるさまざまな製品に使われています。
目に見えないところで私たちの豊かな暮らしを支えています。
例)炊飯器、コーヒーメーカー、オーブンレンジ、給湯器、温水洗浄便座
  自動車、医療用分析機器、アームロボット など


■サーミスタの役割
サーミスタ温度センサを使うことで、高い精度で温度の検知・制御が可能になり、私たちの生活がより豊かに、そして、エネルギーの使用効率向上に貢献しています。
例えば・・・
〇炊飯器用センサ
 よりおいしくお米を炊き上げるため、蓋やお釜の底部分、側面など複数のサーミスタ温度センサを取り付けることで、各部の温度を検知し、適切な温度に調節しています。
〇給湯器用センサ
 高品位のサーミスタ温度センサが高精度の湯温コントロールの一翼を担っており、快適な温度のお湯を使うことができます。
〇自動車用センサ
 エンジン温度、外気温などを確認するためのサーミスタ温度センサがあり、エンジン内の燃焼が最適になるようにコントロールしています。


■サーミスタと環境
当社のセンサは、製品の温度制御を通じて、無駄のない効率的なエネルギー利用に貢献しています。
環境問題が地球規模で問題になりつつある今、エネルギーを効率良く使用するためにサーミスタ温度センサのニーズは高まり続けています。特に自動車の分野ではEV化が進み「電気部品」の占める割合が増える中、搭載されるセンサ数も飛躍的に増えています。家電製品も次々と環境対応品に移り変わり、需要増加が見込まれます。あらゆる製品の省エネにサーミスタは欠かせません。


■カーボンニュートラルの実現に向けて
再生可能エネルギーの導入や太陽光発電設備の導入などを順次行い、2050年のカーボンニュートラル実現を目指します。


■SDGs・ESGへの取り組み
「環境・社会・ガバナンス」のそれぞれの課題と真摯に向き合い、社会的価値を重視した経営を行うことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

会社データ

事業内容
●サーミスタ温度センサの設計・開発・製造
 自動車(エンジン温度、外気温、オイル温度)
 家電製品(炊飯器、コーヒーメーカー、IH調理器など)、
 住宅設備(給湯器、温水洗浄便座、自動消火システムなど) に使われるています。
●金属部品の設計・開発・製造
 温度センサに使われる金属部品を社内で製造しており、グループ企業への供給も行っています。

私たちが提供する『サーミスタ温度センサ』は、温度制御等を通じてエネルギーの有効活用に貢献しております。
時代の先を行くお客様のニーズを的確にとらえ、ご期待とご信頼にかなう高品質な製品を国内外に広くお届けしております。

PHOTO

高品質なセンサを製造している当社の工場ライン

本社郵便番号 028-5313
本社所在地 岩手県二戸郡一戸町鳥越字野月道ノ下17
本社電話番号 0195-33-2981
創業 1974年2月1日
設立 1973年4月12日
資本金 1億円
従業員 第一工場 約75名
第二工場 約75名
合計 約150名
売上高 41億9,553万円(2022年3月実績)
事業所 【第1工場】
岩手県二戸郡一戸町鳥越字野月道ノ下17
【第2工場】
岩手県二戸郡一戸町岩舘字沢田24-1
経営理念 われわれは、地球環境を守り、
世界の人々の笑顔あふれる暮らしの向上と文化の発展に貢献する
代表者 代表取締役社長 高橋 厚
トップメッセージ 当社は、1973年から48年の長きにわたり、サーミスタを使った温度センサの設計・開発・生産を行ってきました。その結果、当社のお客様の省エネ技術との融合により、世界的な環境問題を解決するうえで、極めて重要な役割を担うようになり、世界中の皆様の生活を支えて参りました。世界の市場は拡大の一途を辿っており、より快適な生活を求め、お客様のニーズが益々増えてきております。

この世界中のお客様のニーズにお応えするためには、ベテラン社員の経験と若手社員のチャレンジ精神が欠かせませんし、さらなる新しいパワーが必須です。センサそのものの設計・開発や生産設備の開発など多岐にわたる技術者とそれを支える社員が必要です。世界の暮らしを支えるために、今、岩手の技術が求められています!
SDGsについて 【目標5:ジェンダー平等を実現しよう】
全ての事業活動において男女差別を行わず、あらゆるハラスメントを防止し、
すべての従業員が働きやすい環境を整えます。

【目標7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに】
自動車や家電などの省エネ製品に使用されている
当社製品の普及により、環境問題の解決に貢献します。

【目標8:働きがいも 経済成長も】
残業時間削減や各種法整備により、働きやすい環境づくりに
積極的に取り組みます。工場のFA化により、生産性の向上を図ります。

【目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう】
製造工程の自動化、AI化に積極的に取り組み、生産性及び品質の向上を図り、
持続的な産業の発展に貢献します。

【目標10:人や国の不平等をなくそう】
全ての事業活動において人種、信条、性別、年齢、社会的身分、
障害の有無などの理由による差別をしないことを約束します。

【目標12:つくる責任 つかう責任】
少ない資源で高精度・高い信頼性のある製品を生み出す製造方法を
確立することで、持続可能な生産と消費の形態を確保します。

【目標13:気候変動に具体的な対策を】
気候変動に対する各国の環境規制に順守した製品の開発・提供により、
温室効果ガスの削減等、気候変動の抑制に貢献します。

【目標17:パートナーシップで目標を達成しよう】
お客様、サプライヤー、大学等と協力し、より安全で、
地球にやさしい製品を普及させ、社会環境の向上に貢献します。
イニシアティブへの賛同 芝浦電子グループは、持続可能な社会の発展に貢献すべく、以下の国際的な団体に署名・賛同を行っています。

・TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)
 趣旨に賛同し、推奨されている体制の整備と気候関連の情報開示に適切に対応します。
・UNGC(国連グローバルコンパクト)
 「人権・労働・環境・腐敗防止」について4分野10原則を遵守します。
サステナビリティ基本方針 芝浦電子グループは、「地球環境を守り、世界の人々の笑顔あふれる暮らしの向上と文化の発展に貢献する」という企業目的のもと、当社グループの主要製品であるサーミスタの提供により経済的価値を創出すること、及び様々なステークホルダーのニーズに積極的に対応するなど社会的価値を重視した経営を行うことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
主な取引先 ●親会社(株)芝浦電子 より各社に販売

〇家電製品関連
象印マホービン(株)、タイガー魔法瓶(株)、パナソニック(株)
日立アプライアンス(株)、ファナック(株)、三菱電機(株) など

〇住宅設備関連 
(株)ノーリツ、(株)パロマ、リンナイ(株)、TOTO(株)、ダイキン工業(株) など

〇自動車関連
トヨタ自動車(株)、住友電装(株)、(株)デンソー、本田技研工業(株)、
(株)豊田自動織機、(株)ミクニ、日本特殊陶業(株) など

〇海外メーカー
DeLonghi、KEURIG、PHILIPS など

(敬省略)
グループ会社 【親会社】
 ・(株)芝浦電子
【サーミスタ素子工場】
 ・(株)福島芝浦電子
【マザーファクトリー】
 ・(株)東北芝浦電子
 ・(株)角館芝浦電子
 ・(株)青森芝浦電子
【海外子会社】
 ・Thai Shibaura Denshi Co.,Ltd.
 ・上海芝浦電子有限公司
 ・東莞芝浦電子有限公司
 ・香港芝浦電子有限公司
 ・(株)芝浦電子コリア
 ・Shibaura Electronics Europe GmbH
株主構成 (株)芝浦電子 100%
平均年齢 正社員平均 44.0歳
沿革
  • 1973年
    • 岩手県誘致企業として一戸町に進出
  • 1974年
    • ディスク型サーミスタ・バリスタの製造、計測・通信用サーミスタの製造
  • 1977年
    • 基板組立開始
  • 1983年
    • PSBサーミスタ製造開始
  • 1985年
    • PSBサーミスタ製造中止、(株)福島芝浦電子へ移管、サーミスタ二次加工開始
  • 2001年
    • ISO9002認証取得
  • 2003年
    • ISO9001移行
  • 2006年
    • ISO14001認証取得
  • 2014年
    • 関連会社(株)一戸芝浦電子を吸収合併
  • 2020年
    • 関連会社(株)三春電器を吸収合併

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.6年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17.1時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.9日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 2名 3名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり

【入社前】
 通信教育にて社会人になるための準備をします。

【入社後】
 4月:ビジネスマナーやコミュニケーションスキルなど社会人としての基礎を学びます。
    その後、会社の全部署を回り、部署の役割や仕事内容を学んでいただきます。
 5月:研修報告会を開催します。4月の研修で学んだことをまとめ、発表していただきます。
    その後、仮配属となり、OJTで実業務を学びます。
 7月:正式配属となり、OJTを中心にスキルアップを目指します。
 10月:フォローアップ研修を行います。
     2年目、3年目にもフォローアップ研修を行います。

 その他、安全教育や安全運転講習などを実施し、労災や事故に対するを意識を高めてもらいます。
 階層別研修も用意しており、後輩や部下が出来たときの心構えや役割を学ぶことができます。
自己啓発支援制度 制度あり

【通信教育】
 産業能率大学・日本能率協会・JTEX・工学研究社が扱う通信教育講座の中から選び
 受講が可能です。
 例)図面の読み方、基礎から学ぶ材料、話す力を磨く、製造基礎知識 など

【外部講習】
 岩手県内で開催される講習会へ参加できます。
 他都道府県にて開催される講習会へも参加可能です。
 例)3D-CAD講座、樹脂成形不良対策セミナー、安全管理者講習 など

【eラーニング】
 コンプライアンス研修のほか、語学やPCスキルの受講が可能です。

【資格取得支援】
 会社が必要と認める資格取得に関して支援しております。

※上記に関わる費用は原則として全額会社負担です。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 1 0 1
    2021年 3 0 3
    2020年 1 2 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 1
    2021年 3
    2020年 3
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 1
    2020年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
岩手大学、弘前大学
<大学>
青森公立大学、秋田大学、岩手大学、岩手県立大学、金沢工業大学、北見工業大学、東北工業大学、弘前大学、福島大学、北海道教育大学
<短大・高専・専門学校>
岩手県立産業技術短期大学校

前年度の採用実績(人数)     2018年  2019年  2020年  2021年  2022年(予)
------------------------------------------------------------------------
院了   1名    ー     ー     ー     ー  
大卒   2名    2名    2名    2名    1名
短大卒  1名    1名    1名    1名    ー 
専門卒   ー     ー      ー    ー      ー
前年度の採用実績(学部・学科) 経営経済学部、工学部、理工学部、工学資源学部、人文社会科学科、ソフトウェア情報学部、総合政策学部、農学生命科学部、マテリアル工学科、化学・生命理工学科、人間地域科学課程、メカトロニクス技術科、産業技術専攻科、税理士学科

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)岩手芝浦電子と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)岩手芝浦電子を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)岩手芝浦電子の会社概要