最終更新日:2023/8/30

(株)九建【九電グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 設備工事
  • 建設

基本情報

本社
福岡県
資本金
1億円
売上高
166億円(2023年3月)
従業員
187名(2023年3月末)

送電線路の建設・保守を専門に手掛ける九州電力のグループ会社。豊富な経験と技術力により、電力の安定供給を支え、電気のある暮らしを守り続けています。

☆(株)九建からのお知らせ☆会社説明会開催中! (2023/02/13更新)

PHOTO

こんにちは! (株)九建 採用担当です。
この度は当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。
当社にご興味を持たれた方はまずはエントリーをお願いいたします。
エントリーいただいた方には追って採用に関する情報をお届けいたします。
なお、説明会開催のお知らせは、こちらのページ及びマイページの「お返事箱」へ説明会の情報をご案内いたしますので、定期的にチェックされてみてください。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
同社は、架空線・地中線工事や、送電線の保守・点検を行う【電力工事】と、シールド・推進工事などの【土木工事】を中心に、電力の安定供給を支えている。
PHOTO
施工状況の確認のため現場へは足繁く通う。現場の責任者である施工管理者として、工事の進捗管理や、調整を行ったりと責任が大きいが、その分やりがいも大きい。

人々の生活に欠かせない社会インフラを、自分たちの技術で支えるやりがい

PHOTO

全体を見渡せるような管理者をめざす大浦さん(上)資格取得をめざす中川さん(下)それぞれ目標にむけてやる気に満ちた社員たちとそれを後押しする環境が整っている。

【大浦佑介/架空線工事部 2010年入社】
私は架線工事部に所属し、現在は八幡西区の鉄塔新設工事の現場に従事。現場の施工管理・安全管理を中心に、施工計画書や施工記録の書類を作成しています。
小さい頃からモノづくりが好きで、高校では土木系の学校に進学。その知識を活かしながら、仕事を通して地域に貢献できる仕事をと探していたところ、当社に出会い、入社を決めました。架空線工事の基礎部分は土木工事が中心なので、学生時代勉強したことがある程度は活かせますが、現場で最も必要となるのは“コミュニケーション力”。現場では施工会社の方や、現場の作業員など多くの方が関わります。スタッフが一丸となって、1つのものを作るので、正確に意思疎通ができないと工事は円滑に進みません。そのため、専門的な質問や細かなことを尋ねる際も、自分が聞きたいことを相手に相違なく伝えられるかを念頭に置いています。
今の仕事で一番大事にしているのは「現場を知る」こと。今後も、より多くの現場経験を重ねさがら、知識や技術を身に付け、近い将来、周囲のスタッフや後輩に頼られる存在になりたいですね。

【中川裕貴/地中線工事部 2012年入社】
高さ100メートルほどもある送電鉄塔のような、スケール感ある仕事にたずさわることができるという点に魅力を感じて当社を志望しました。入社後はこの鉄塔をつくる工事からキャリアをスタート。1年目は宮崎県西都市に鉄塔を新設する工事で先輩たちについて仕事をしていたのですが、思っていた以上に大変でした。しかし、工事が終わってみれば大きな達成感とともに、不思議と良い思い出だけが残るんです。そのため辞めようなどと思ったことは一度もないですね。
その後、地中線工事部へと異動。現在は、福岡市内の地中にある送電線の張替工事を手掛けています。入社前に思い描いていた「ダイナミックな鉄塔をつくる」という仕事からは離れましたが、「人々の生活に欠かせない社会インフラを、自分たちの技術で支えている」という部分にやりがいを感じていますし、自分の仕事に誇りを持って取り組んでいます。今後の目標は、一級電気工事施工管理技士の資格を取得し、将来的には現場代理人にまでステップアップすること。ひとつの工事全体の工程管理や予算管理なども任せられるよう、技術・知識に磨きをかけていきたいです。

会社データ

プロフィール

九電グループの一員である当社は、1953年(昭和28年)に九州電気工事(株)【現在の(株)九電工】から分離・独立し送電線路の建設・保守を専門に行う会社として、電気の安定供給の一翼を担ってきました。

現在、九州各県及び広島・山口・沖縄に支社(出張所)を展開、安全を最優先に長年培った技術と経験を活かし、山間部や海峡横断部での架空送電線工事、主要都市における地中ケーブル埋設工事など、高度かつ特殊な応用力が必要な工事において、九州におけるリーディングカンパニーとして「九建ブランド」を確かなものにしてきました。
さらに、送電線工事で培ってきた豊富な経験と高い技術力を活かし、公共土木工事の分野に参入、環境と品質の両面を備えた技術者集団として高い評価を頂いています。

また、技術力の継承と技術者が育つ環境づくりにも力をいれています。送電技術者の育成は短期間では難しいことから、教育・研修の充実を図り、技術者として必要な知識・技能の習得に積極的に取り組み、業界トップクラスの技術レベルと人材層の厚さを誇っています。

事業内容
◆架空送電線路(鉄塔基礎・組立・架線工事および調査測量・設計)
◆地中送電線路(地中ケーブル管路・トンネル工事・ケーブル布設および調査測量・設計)
◆保守点検業務(架空、地中送電線路の保守工事全般)

PHOTO

架空送電線路の鉄塔組立工事の様子。鋼管やアングルの鋼材をボルトで固定しながら大型のクレーンなどで組立てます。

本社郵便番号 810-0005
本社所在地 福岡市中央区清川2-13-6
本社電話番号 092-523-9123
設立 1953年7月15日
資本金 1億円
従業員 187名(2023年3月末)
売上高 166億円(2023年3月)
代表者 代表取締役社長 宮崎 修
事業所 ■本社
 福岡市中央区清川

■支社
 北九州支社 北九州市戸畑区中原東
 福岡支社  福岡市南区清水
 佐賀支社  佐賀市兵庫北
 長崎支社  大村市大川田町
 大分支社  大分市賀来北
 熊本支社  熊本市東区画図町重富石叶
 宮崎支社  宮崎市橘通東
 鹿児島支社 鹿児島市鴨池
 広島支社  広島市中区昭和町

■出張所
 佐世保出張所 佐世保市白岳町
 山口出張所  山口市大内御堀
 沖縄出張所  うるま市字江洲

■機械工具倉庫
 浮羽倉庫 福岡県うきは市浮羽町浮羽
建設業許可 建設業許可 許可番号 国土交通大臣(特-3)第368号
2021年(令和3年)11月16日
土木工事業 とび・土工工事業 電気工事業 鋼構造物工事業
石工事業 舗装工事業 しゅんせつ工事業 塗装工事業 水道施設工事業
測量業者登録 登録年月日 2022年(令和4年)10月13日 登録番号 登録(7)-21057号
主な取引先 九州電力送配電(株)
中国電力ネットワーク(株)
沖縄電力(株)
J-POWER送変電[電源開発送配電ネットワーク(株)]
(株)九電ハイテック
(株)QTnet
福岡市 
国家資格者数 (2023年6月)
電気主任技術者(第3種)…3名
土木施工管理技士(1・2級)…119名
電気工事施工管理技士(1・2級)…138名
電気工事士(第1・2種)…45名
測量士・測量士補…18名
宅地建物取引士…13名
推進工事士…5名
建設業経理士(1・2級)…11名
関連会社 共和テクノ(株)
九建架線工事(株)
九州電技開発(株)
送電工機(株)
平均年齢 43.7歳
沿革
  • 1953年 7月
    • 九州電気工事(株)(現 九電工)の建設部(送電線工事部門)から分離独立し、送電建設工事を専門に行う会社として九州電気建設工事(株)を設立
      資本金500万円
  • 1957年 5月
    • 資本金1,000万円に増資
  • 1964年 6月
    • 資本金3,000万円に増資
  • 1970年 5月
    • 送電線の保守業務を開始(福岡地区に事務所開設)
  • 1971年 1月
    • 九州初の50万ボルト送電線建設工事を受注
  • 1972年 7月
    • 全九州での保守業務を開始(北九州地区、他6県に事務所を開設)
  • 1976年 7月
    • 中国地区業務拡大に伴い、広島に事務所を開設
  • 1976年 8月
    • 資本金1億円に増資
  • 1993年 8月
    • (株)九建に社名変更
  • 1996年10月
    • 本社社屋建設
  • 2002年9月
    • 業務品質の維持・向上を目的に品質マネジメントシステムISO9001を取得
  • 2003年3月
    • 台灣鐡塔有限公司と技術協力提携

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 20.6年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 11.5時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.7日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 3名 3名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 1名 1名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 2.2%
      (92名中2名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修
階層別研修
九電グループ研修
スキルアップ教育 
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得支援制度…対象資格を受験し合格後、受験費用および褒賞金を支給

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
法政大学、日本大学、亜細亜大学、専修大学、東海大学、神奈川大学、同志社大学、関西大学、山口大学、山陽小野田市立山口東京理科大学、福岡大学、福岡工業大学、福岡県立大学、九州工業大学、九州産業大学、西日本工業大学、西南学院大学、久留米大学、久留米工業大学、鹿児島大学、別府大学、関東学院大学、崇城大学
<短大・高専・専門学校>
有明工業高等専門学校、熊本高等専門学校、都城工業高等専門学校、鹿児島工業高等専門学校、九州電気専門学校、九州測量専門学校、福岡建設専門学校

採用実績(人数)         2019年 2020年 2021年 2022年 2023年
---------------------------------------------------------------------
大 卒      4名   2名   0名   3名  9名
専門・短大卒   4名   0名   1名   2名  1名
採用実績(学部・学科) ・学部
工学部、情報工学部、農学部、経済学部、商学部、文学部、法学部、理学部、人文学部、人間社会学部、芸術学部、スポーツ科学部

・学科
土木工学科、土木建設科、土木建設工学科、電気科、電気工学科、電気情報工学科、都市基盤デザイン工学科、社会デザイン工学科、機械工学科、情報ネットワーク工学科、情報システム工学科、情報通信工学科、総合システム工学科、測量科、経済学科、産業経済学科、経営学科、経営法学科、商学科、法律学科、文化学科、農芸化学科、健康運動科学科

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 4 1 5
    2021年 1 0 1
    2020年 2 0 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2022年 5
    2021年 1
    2020年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 1

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp112594/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)九建【九電グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)九建【九電グループ】の会社概要