最終更新日:2023/1/10

(株)エヌテック

業種

  • 機械
  • 機械設計
  • その他電子・電気関連

基本情報

本社
岐阜県
資本金
6,500万円
売上高
33億6,000万円(2020年度)
従業員
171名(うち営業19名、機械設計26名、電気制御21名、検査システム.・開発:24名)

自分が携わった機械が動いたときの感動!!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
イノベーションセンター[2020年11月完成]【技術開発・情報発信拠点】・新技術開発・既存技術プレゼンスペース・アイデア創出共同開発スペース
PHOTO
ロボット技術と画像処理技術の両方を提案できるのが当社の強みです。ニーズに合わせた柔軟な対応力・提案力により、お客様から高い評価と厚い信頼を得ています。

今、あなたが手に持っているペットボトル。そこには、当社の技術が生かされています!

PHOTO

お客様の状況に応じて迅速な対応・提案ができるのも当社ならでは。お客様から「対応がいい」「全て任せられる」との声を多く頂いています。

皆さんも日頃よく飲んでいるペットボトルや缶、ガラスびんに入っている清涼飲料水。当社の機械・検査装置は飲料メーカーや容器メーカーに納入され、製造・検査・梱包の各工程で使われています。その技術力と独創性は高く評価されており、大手飲料メーカーのほとんどに当社の機械が納入されています。他社に先駆けていち早く開発した機械も多数あります。「容器の動きを科学する」をテーマとし、モノを運ぶ「ハンドリング技術」と検査に欠かせない「画像処理技術」をコアに、お客様のご要望にお応えする装置をオーダーメイドで開発・設計しています。
近年では食品メーカーや医薬メーカーなどに取引が拡大。革新的な技術として「ロボット・AI・IoT技術」を新たに取り入れながら、今後もさらなる成長が期待できます。また、得意先企業の海外進出に伴って当社の製品が海外工場に納入されるケースも増え、フィールドが世界へと広がっています。

会社データ

事業内容
飲料・容器・食品・医薬業界のメーカー向けに、顧客の生産性向上ニーズ(高速化・無人化・高品質化)を満たすハンドリング装置及び検査システムといった、自動生産ライン設備を開発・設計・製造しています。

PHOTO

設立から30年。今まで数多くの機器を開発してきました。特許も多数取得しています。

本社郵便番号 503-1334
本社所在地 岐阜県養老郡養老町豊字川原134番地
本社電話番号 0584-33-2171
設立 1988年9月
資本金 6,500万円
従業員 171名(うち営業19名、機械設計26名、電気制御21名、検査システム.・開発:24名)
売上高 33億6,000万円(2020年度)
事業所 本社・工場/岐阜県養老郡養老町豊字川原134番地
東京支店/東京都墨田区両国2-17-17 両国STビル6階
関東CSセンター/埼玉県久喜市久喜中央3丁目8-23
岐阜大学エヌテックAIラボセンター/岐阜県岐阜市柳戸1番1 
主な取引先 ・アサヒグループ各社
・川重商事(株)
・キリングループ各社
・コカ・コーラ各社
・サッポロビール(株)
・三甲(株)
・サントリーグループ各社
・三友機器(株)
・東洋製罐(株)
・三菱重工食品包装機械(株)
・(株)ヤクルト本社
・(株)吉野工業所
<敬称略、五十音順>
沿革
  • 1988年9月
    • 日本耐酸壜工業(株)エンジニアリング部から分離。(株)エヌテックを設立。
  • 1991年
    • 平成3年度岐阜県中小企業技術向上補助事業と通産省技術改善事業の交付を受け、自動塗油ロボット及び高速度画像処理装置の研究開発を完成。
  • 1997年
    • 平成9年度岐阜県中小企業技術向上奨励補助事業の交付を受け、PETボトル用高速バルクデパレタイザー・搬送ライン・バルクパレタイザーシステムを開発完成。
  • 1999年
    • 平成11年度岐阜県中小企業技術向上奨励補助事業の交付を受け、高速カートンパレタイザー(100ケース/分)を開発完成。
  • 2000年2月
    • 養老郡養老町に工場を新設。本社より工場部門を移転。
  • 2001年11月
    • 平成13年度「中小企業研究センター賞」技術開発奨励賞を受賞(全国で3社)。
  • 2003年2月
    • 本社新社屋完成。養老郡養老町に移転。
  • 2003年3月
    • 平成14年度岐阜県中小企業技術向上奨励補助事業の交付を受け、容器の一列供給コンベヤ装置(アクセルファイラー)を開発。
  • 2008年3月
    • 第9回「包装機械技術大賞奨励賞」を受賞。
  • 2012年5月
    • 本社第二工場増設。
  • 2012年11月
    • 関東CSセンター開設。
  • 2014年9月
    • 東京支店開設。
  • 2014年12月
    • 内製棟(部品加工工場)建設。
  • 2016年4月
    • 東京支店、関東CSセンター移転。

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2019年度

社内制度

研修制度 制度あり
○基礎技術教育プログラム(3カ年プログラム)
 社外:設計製図教室、ロボットスクール、シーケンストレーニングスクール他
 社内:ロボット教育、空圧機器・センサー・モーター教育他
 資格:フォークリフト、玉掛け・クレーン他

○海外語学研修他

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 4 0 4
    2020年 5 0 5
    2019年 5 0 5

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
金沢大学、岐阜大学
<大学>
愛知工業大学、金沢工業大学、岐阜大学、滋賀大学、中部大学、名古屋工業大学、名古屋大学、名城大学、立命館大学、早稲田大学、東海職業能力開発大学校(応用課程)
<短大・高専・専門学校>
岐阜工業高等専門学校、鈴鹿工業高等専門学校

前年度の採用実績(人数)        2018年 2019年 2020年
大学院・大卒  8名   5名   5名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)エヌテックと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)エヌテックを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)エヌテックの会社概要