最終更新日:2022/11/30

(株)セブン-イレブン・ジャパン

業種

  • コンビニエンスストア
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
PHOTO

加盟店の生活に寄り添う仕事です

谷後 颯
2016年入社
名城大学
法学部法学科

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 人を育てる仕事
現在の仕事

私の就職活動

私は、セブン‐イレブン加盟店舗の経営カウンセリングをする、OFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)という仕事をしております。
そんな私は「関わる方々に喜ばれる仕事がしたい」「役に立てる仕事がしたい」この2つを軸に就職活動を進めていました。そんな中で「セブン‐イレブンはPOSシステムという3000アイテム以上ある商品の販売データを用いて時系列・全体と個店との比較をしながら数値を根拠に加盟店に対して健全な経営をしていただくためのアドバイスができる仕事です」という説明を受けました。私としては「自身の仕事の成果によってお店の経営の手助けができる」そのような思いのもと「この会社に入ることが出来れば自身の成長とともにオーナー様の生活に寄り添うことが出来る」そう考えOFCの仕事を志望しました。


OFCを一言で表すと

セブン‐イレブン・ジャパンを代表して加盟店と接しながら加盟店の未来を明るくする仕事


印象的なエピソード

OFCになって1年目に新規でオープンするオーナー様のお店を担当することになりました。新人の私にできるのか本当に不安でした。しかしオーナー様にはご家族があり、家族の為に絶対に成功させるという責任感、熱量を持ちながらも、私たちセブン‐イレブンを信じて加盟を決意されています。OFCはオープン日に向けてお店を完璧な状態でご用意し、オーナー様にお店を引き渡す義務があります。私は先輩OFCに沢山質問しながら、オーナー様が安心して経営ができるお店を作りたいという思いのもと、オーナー様と一緒にチラシを配りに行ったり、一番効果がある広告は何か、どんな文言が良いのか、時期はいつ頃だすのが良いのか、いろんな可能性をオーナー様と一緒に考えながら最大限の成果に繋げる努力をしオープン準備を進めました。オープン当日、オーナー様は泣いて喜んでくださいました。今でもこのお店を担当しながら売上・利益を上げる方法をオーナー様と一緒に考えています。スタートに立ち合い、更にはお店の成長の手助けが出来ればと日々考えながらオーナー様に寄り添い、今現在も日々業務に取り組んでおります。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)セブン-イレブン・ジャパンの先輩情報