最終更新日:2022/11/30

(株)セブン-イレブン・ジャパン

業種

  • コンビニエンスストア
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
PHOTO

周りの人を笑顔に、幸せにする仕事です!

妙見 尚也
2013年
日本大学
法学部経営法学科

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • チームワークを活かす仕事
  • 社会インフラを支える仕事
現在の仕事

私の就職活動

私は現在、セブン‐イレブン加盟店舗の経営カウンセリングを行うOFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)の仕事をしております。
そんな私の就職活動は「人と関わる仕事がしたい!」という思いからスタートしました。学生時代セブン‐イレブンでアルバイトをしており、その時の担当OFCと店長様が自分の意見をぶつけ合いながらコミュニケーションを取っている姿を日々近くで見ていました。様々なことに店舗として取り組む中で、もちろん成功も失敗もあったと思いますが、お二人の信頼関係が厚く、毎日がとても充実しているように見えました。そんな姿を見ていたら、いつしか私も「OFCの仕事がしたい!」と感じるようになりました。
また面接の際に人事部の方から、「受けたい企業を受けきって、納得のいくまで考えてください、待ってます。」と複数社で悩んでいた当時の私にとって、とても安心できる言葉をもらい「このような誠実な先輩が働く企業であれば、入社したい!」と最後の決め手になりました。
上記2つの理由でセブン‐イレブン・シャパンのOFCの仕事に魅力を感じ志望しました。


OFCを一言で表すと

会社とオーナー様を繋ぐ架け橋として、みんなを笑顔にする仕事


印象的なエピソード

3年目に担当していた、オーナー様とのエピソードがとても印象的でした。もともと非常に前向きで努力家のオーナー様でしたが、2号店を開店する際、1号店を経営しながら新しく採用する従業員様の教育や2号店の開店準備でつまづき、上手くいかずに悩んでいる時期がありました。そんな時に私は担当OFCとして「もっとオーナー様の力になりたい」と思い、二人三脚でレジの研修、開店チラシのクローバー活動、新店準備を精一杯行いました。
無事に開店を迎え、オープンセールは非常に盛況に終わりました。ほっと一息ついたタイミングでオーナー様が「本当にありがとう。妙見さんのおかげで、こんなに素晴らしいオープンを迎えられました。」と涙ながらにお礼をしてくださいました。新店の開店は非常に大変な仕事ですが、オーナー様からの一言で、全てが報われた気持ちになりました。また、とても大きな達成感を得られました。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)セブン-イレブン・ジャパンの先輩情報