最終更新日:2022/11/30

(株)セブン-イレブン・ジャパン

業種

  • コンビニエンスストア
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
PHOTO

お店と共通の目標をもってできる仕事!

吉村 征一
2015年
中京大学
経営学科

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 人を育てる仕事
  • 豊富なアイディアを活かす仕事
現在の仕事

私の就職活動

私は現在、セブン‐イレブン加盟店舗の経営カウンセリングを行うOFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)の仕事をしております。
就職活動では「働いている方がどのようなことにやりがいに感じているのか」「自分も働いた際にやりがいを感じられそうか」という点を意識して会社説明会に参加していました。実際に先輩社員のお話を伺い、このような先輩のもとで働いてみたいなど、自分の働いている姿を想像するようにしていました。そんなある日、セブン‐イレブン・ジャパンの会社説明会に参加した私が話を伺った先輩は「OFCの仕事は話が上手だからうまくいくわけでない、相手の話に耳を傾けるのががとても大事なんだ」と話してくれました。その姿はとてもイキイキしており、こういう人になりたいと強く感じたのを覚えています。また私自身好奇心旺盛な面があるので、同じ仕事をずっと続けるのではなく幅広い仕事ができ、様々な経験が出来る会社で働きたいとも考えていました。
上記2つの理由でセブン‐イレブン・シャパンのOFCの仕事に魅力を感じ志望しました。


OFCを一言で表すと

「お店をさらに輝かせる仕事」
オーナー様の目標達成に向けた仕組みづくりをし、生活を支えていく仕事


印象的なエピソード

2年目に担当していたオーナー様とのエピソードがとても印象的でした。当初はオーナー様と信頼関係を構築するために「売上・利益」を上げる提案をし続けようと尽力しましたが、なかなか話の歯車が合わずに空回りをしてしまっていました。正直どうして話が前に進まないのかと私自身も分からずに、上司や先輩に相談したところ、「オーナー様が抱える悩み・将来に向けて考えていることについては把握できているの?」と話を受けました。オーナー様の話に耳を傾けることができていなかった、と自身の仕事の仕方を反省し、まずはオーナー様のお話を聞くようにしました。そしてオーナー様から「加盟当初は2号店を目指していたが、なかなかうまくいかないね」という話を引き出すことが出来ました。その日をきっかけに「何とかオーナー様の夢を叶えたい」という思いから、将来についてオーナー様と真剣に話し合い、共通認識を持ち、一緒にお店作りを進めるようになりました。そして2号店をオープンすることが出来て「あなたが担当OFCで良かった」という言葉をオーナー様からいただけたときには、今までの苦労が全て喜びと達成感に変わりました。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)セブン-イレブン・ジャパンの先輩情報