最終更新日:2022/11/30

(株)セブン-イレブン・ジャパン

業種

  • コンビニエンスストア
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
PHOTO

人と会って、コミュニケーションを取るのが楽しくなります!

中村 友彦
2017年入社

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 企画・サービスを提案する仕事
  • 地域社会・地域密着型の仕事
現在の仕事

私の就職活動

私は現在、セブン‐イレブン加盟店舗の経営カウンセリングを行うOFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)の仕事を福島でしております。
私は就職活動時、正直何を基準に会社を選ぶべきか全く定まっていませんでした。理系専攻の学部だった為、周りは専門募集や学内系列の就職先を選ぶことが多く、当時はそういった会社以外は選んでも自分には続けて行けるのだろうかと不安ばかりでした。しかし学生時代アパレルのアルバイトを4年間続け、人に寄り添いどうしたら喜んで買い物を楽しんでいただけるかというやりがいを知ったことで、将来「相手に感謝される仕事がしたい」と思うようになりました。
また会社説明会を通じ、加盟店様に喜んで頂けるお手伝いが出来ることにとても共感を覚え、自身が目指している「相手に感謝される仕事」が実現できるのではないかと期待を持つことが出来ました。
上記2つの理由でセブン‐イレブン・シャパンのOFCの仕事に魅力を感じ志望しました。


OFCを一言で表すと

相手に寄り添い、課題解決に向けてコミュニケーションを深めることで感謝される仕事


印象的なエピソード

3年間担当していた加盟店オーナー様とのエピソードが私にとって、とても印象的です。
当初は加盟店様と信頼関係を構築するために「売上・利益」を上げる提案をし続けたり、早く打ち解けようと必死でしたが、思うように話を聞いていただけず悩んでいました。「売上・利益」の話の前に、そもそも加盟店様に何か悩みがあるのではないかと考え、売上の話から一歩引き、オーナー様の本音を引き出す為に話し合いの場を設けていただきました。話を進める中でオーナー様は従業員さんとの関係性に悩んでおり、ご自身が考える店舗運営とのギャップに悩まれていることを知ることができました。それからは出勤時と退勤時にそのお店を訪店するスケジュールに変更し、様々なコミュニケーションを密に取ることで、オーナー様と一緒に従業員さんを巻き込んだお店づくりが出来る様になりました。半年経過する頃にはお店の夢や目標をオーナー様から語ってくださる様な信頼関係を築くことができました。今では加盟店様からも積極的な商売のご提案を頂き、OFCとしてもたくさんの学びがありやりがいを感じています。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)セブン-イレブン・ジャパンの先輩情報