最終更新日:2022/11/30

(株)セブン-イレブン・ジャパン

業種

  • コンビニエンスストア
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
PHOTO

人ととことん話すことが好きな方は必見!

中本 祐介
2016年入社
島根大学
総合理工学部

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 若いうちからマネジメントをする仕事
  • 生活をプロデュースする仕事
現在の仕事

私の就職活動

私は現在、加盟店の経営カウンセリングを行うOFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)の仕事をしております。
そんな私の就職活動は友人や同僚から私と関わるにあたって「相談しやすい・話しやすい」とよく言われることも多いことから、対人関係を活かせる仕事を中心に行っておりました。また前職が小売業という事もあり、売場の作り方や市場ニーズの分析の仕方等も活かせる事が出来ればと思っていたところでセブン‐イレブン・シャパンに出会いました。説明会を聞き、若いうちから店舗の経営や経営者に関わることが出来るという点から、セブン‐イレブン・ジャパンにおける自身の成長ややりがいが明確になりました。また昔からも感じていた事ではありましたが、セブン‐イレブンと言えばとにかく商品が美味しく、売り込む商品も自信を持ってお勧め出来る為、迷いなくカウンセリングが出来ると思いました。
オーナー様の夢を一緒に叶えていくというやりがいは勿論ですが、自身が仕事を行う上での最高の環境がセブン‐イレブン・シャパンには整っていると思いました。
上記理由でセブン‐イレブン・シャパンのOFCの仕事に魅力を感じ志望しました。


OFCを一言で表すと

オーナー様に話すことよりも聞く仕事。その中で目標・悩みに向かって一緒に考えて二人三脚で頑張る仕事。


印象的なエピソード

OFC着任時のエピソードが私にとってとても印象的です。
店舗勤務で店長として実務経験を積んでいた期間は、対人関係には自信はありました。しかしいざOFCに着任した時に、オーナー様と年齢がひと回り以上違ったり、オーナー様の方が店舗経営経験があったりという現実に直面し、「本当に提案など出来るのだろうか?」と一人でプレッシャーを感じていました。初めての訪店日には緊張もあり挨拶すらもたどたどしい状態だった私に、オーナー様から「そんなに緊張しなくて大丈夫です。新人OFCは何人も見てます。一歩ずつお店のことを知ってみんな本領を発揮してくれているから。」ととても温かい言葉を頂きました。そのことをきっかけに、私自身の経験をお話させてもらったり、オーナー様の夢や悩んでいることを教えて頂き、一緒に経営のスタートラインに立つことが出来ました。勿論提案にしたことに対して時に意見がぶつかる事もありますが、お互いお店に対して一生懸命にやっていることに変わりはないので、パートナーとして現在も一緒に悩みながらやるべき事を決め、夢に向かって頑張っております。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)セブン-イレブン・ジャパンの先輩情報