最終更新日:2022/11/8

(株)進和

  • 上場企業

業種

  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 非鉄金属
  • 商社(電子・電気機器)

基本情報

本社
愛知県
資本金
9億5,100万円
売上高
710億円(2022年8月決算) (過去10年間赤字決算なし)
従業員
1,001名(当社および連結対象子会社含む)

自動車や航空宇宙産業など、モノづくりの現場を支える「技術商社」&「メーカー」。お客様の現場とともに、グローバル展開も積極的に進めています!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
目立つブルーのジャンパーで「進和の社員だ」と知っていただくことが営業活動の第一歩。信頼を得れば、設備の仕様打ち合わせや現地調査も任せていただけるようになります!
PHOTO
名古屋市に本社を置き、70年近い歴史を誇る当社。商社機能に加え、設計・開発・製造を柱としたメーカー機能、社外の技術も融合し、独自の事業スタイルを築き上げました。

若手にも大きなチャンスを与える会社。自ら考えて行動したい人に最適です!

PHOTO

「後輩に望むのは、普段の生活の中で、これは何だろう?と疑問を持つ姿勢です」と深見さん。

愛知県といえば製造業が盛んなエリア。モノづくりの世界に対し、技術力や商品の面からサポートする商社で活躍したいと思い、当社を志望しました。

私の担当は大手自動車部品メーカー。生産技術や保全等の部署を中心に、ほぼ毎日顔を出し、今後の生産状況やラインの導入計画、お困りごとなどをお聞きし、付加価値を付けた商品やサービスの提案を行っていきます。
「技術商社」というように、お届けするのは生産設備や材料だけではありません。時には金属接合の技術を用いて製品をカスタマイズしたり、配線や設備の改装などの工事も受注。ある意味、生産現場で必要とされるものは何でもお届けします。

1社のお客様の中にも多くの工場や部署があり、それらを開拓していくのも営業としての務め。「あそこの部署が話を聞きたいと言っていたよ」とご紹介していただくようになるのが理想です。そのためには信頼関係の構築が欠かせません。基本的には人と人とのやりとりのため、相手の立場に立った考え方や行動をするよう心がけています。
「他の仕入先から断られて困っている」とお聞きすれば、瞬時に動く。その結果、「ありがとう。助かったよ」の言葉をいただけば、それ以上にうれしいことはありません。

もちろん私も、新人の頃はいくつもの失敗を繰り返してきました。2年目に大型の設備を任された時には、協力メーカーに現地で部品の加工や調整を行ってもらったところ、予想以上に手間取ってしまい、お客様にご迷惑をおかけしそうになったこともありました。
ただ当社は若手のうちから責任ある仕事を任せ、実戦で力を付けていこうというスタイル。私の場合も、その時の失敗を次への糧にすることで成長できたと思っています。

実際に年次を経るごとに仕事の幅も広がり、最初は先輩からの引き継ぎ案件ばかりだったものが、最近では自動運転の時代に向けた生産ラインや材料・消耗品、ユニット製品の提案などもできるようになってきました。
また7年目にはタイへの海外研修制度にも参加。現地の車両メーカーや部品メーカーと接し、大規模プロジェクトの立ち上げにも関わることができ、貴重な経験になりました。いつかチャンスがあれば、海外勤務もしてみたいなと思っています。
また主任として2人の部下の育成も任されており、まずは彼らを一人前にすることが目標です(深見真也/営業職 係長/2012年入社)。

会社データ

事業内容
技術商社&メーカーとして主に以下の事業を展開しています。
●FAシステム機器(生産管理システム・制御端末・ロボット等)の設計、開発、販売
●産業機械の設計、開発、販売、カスタマイズ化および自動化
●各種機械装置等の据付、調整、システム構築およびメンテナンス
●各種接合材料(溶接、ろう付、ハンダ付)及び関連機械装置の製造、販売
●特殊肉盛溶接・溶射加工・ろう付・熱処理加工
●各種機械設備オーバーホール
●3次元X線CT内部計測装置による非破壊検査事業
●航空機およびロケットの生産用治工具設計および開発
●高性能半導体部品の超精密塗布装置販売事業


PHOTO

技術商社&メーカーとして、日本の「モノづくり」を支える為、営業&技術が常にお客様目線で行動します。

本社郵便番号 463-0046
本社所在地 名古屋市守山区苗代2-9-3
本社電話番号 052-796-2533
設立 1951年2月12日
資本金 9億5,100万円
従業員 1,001名(当社および連結対象子会社含む)
売上高 710億円(2022年8月決算)
(過去10年間赤字決算なし)
事業所 本社/名古屋
支店/東京、大阪、九州
営業所/北海道、仙台、大宮、静岡、浜松、広島
工場・技術部門/メンテックセンター(名古屋、九州)
ジョイテックセンター(名古屋)
スマートファクトリーイノベーションセンター(名古屋)
メカトロシステムセンター(名古屋)
技術部(名古屋、航空宇宙機器 富山設計オフィス)
業績 売上高   710億円
経常利益  55億円(2022年8月決算)
株主構成 発行可能株式総数 23,100,000株
発行済株式の総数 14,415,319株
株主数        15,148名
主な取引先 トヨタ自動車、トヨタ車体、トヨタ紡織、アイシン精機、デンソー、ジェイテクト、豊田自動織機、豊田合成、豊田通商、日本ガイシ、本田技研工業、三菱重工業、三菱電機、ダイキン工業 、ダイハツ工業、パナソニック、富士フイルム、横浜ゴム、王子製紙、ノリタケカンパニーリミテド、ブリヂストン、ブリヂストンプラントエンジニアリング、ホシザキ電機、マツダ、ヤマハ、ヤマハ発動機、ユニプレス、リンナイ、アロン化成、いすゞ自動車、オークマ、シーメンス・ジャパン、シャープ、スズキ、ソニーイーエムシーエス、トーヨーメタル、プライムアースEVエナジー、愛三工業 、愛知機械工業、愛知時計電機、愛知製鋼、旭化成ケミカルズ、旭硝子、安川エンジニアリング、伊藤忠丸紅鉄鋼、荏原冷熱システム、岡谷鋼機、IHI、カネカ、キーエンス、クボタ、シンテックホズミ、ナ・デックスプロダクツ、ノーリツ、ユタカ技研、ユニプレス技術研究所、安川電機、荏原製作所、加藤製作所、神戸製鋼所、村田製作所、東海理化、日本製鋼所、日立ハイテクマテリアルズ、不二越、富士通ゼネラル、豊通マシナリー、岩下エンジニアリング、鬼頭工業、古河電気工業、三井化学、三菱化学 、三菱自動車工業、三菱樹脂、三菱製紙エンジニアリング、三菱製紙 、住友ゴム工業、住友ベークライト、住友化学、住友電装、住友理工、新栄機工、新日鉄住金マテリアルズ、積水化成品工業、千住金属工業、川崎重工業 、泉州電業、第一高周波工業、中越パルプ工業、帝人、田中貴金属販売、東ソー、東リ、東レ、東京インキ、東朋テクノロジー、東洋ゴム工業、日亜化学工業、日産自動車、日清紡メカトロニクス、日東工業、日東電工、日本プラスチック工業、日本軽金属、日本製紙、日本特殊陶業、日野自動車、日立アプライアンス、日立金属アドメット、本田技術研究所、日立造船、富士重工業 、明治電機工業、JFEスチール、JX日鉱日石エネルギー、YKKAP(順不同)
関連会社 SHINWA U.S.A. Corp.
SHINWATEC Ltd.
SHINWA INTEC Co.,Ltd.
那欧雅進和(上海)貿易有限公司
煙台進和接合技術有限公司
煙台三拓進和撹拌設備維修有限公司
進和(天津)自動化控制設備有限公司
SHINWA(INDIA)ENGINEERING & TRADING PRIVATE LIMITED
SHINWA REPRESENTATION COMERCIAL DO BRASIL LTDA.
PT.SANTAKU SHINWA INDONESIA
SHINWA INTEC Malaysia Snd.Bhd.
SHINWA ENGINEERING S.A. de C.V.
(株)進栄
(株)アイシン
(株)ダイシン
平均年齢 37.8歳(2021年8月現在)
平均給与 平均年収 6,049,996円
平均給与  354,440円(2021年8月現在)
沿革
  • 1951年2月
    • 大阪市西区に(株)進和商会[現(株)進和]を設立
  • 1952年 12月
    • 名古屋市千種区内山町に本社を移転
  • 1959年 6月
    • ろう付材料、溶接補助材料の製造を目的に中央ケミカル工業(株)[現当社ジョイテックセンター]を設立。製造分野への進出を図る
  • 1962年 1月
    • 名古屋市千種区池下町に本社を移転
  • 1964年 11月
    • 特殊肉盛溶接・溶射加工を目的に本社工場[現 工機部名古屋工場]を設置。
  • 1969年 6月
    • 関西地区での特殊肉盛溶接・溶射加工を目的に堺工場[現 工機部大阪工場]を設置。
  • 1973年 4月
    • 商号を(株)進和に変更
  • 1975年 10月
    • 九州地区での特殊肉盛溶接・溶射加工を目的に北九州工場[現 工機部九州工場]を設置
  • 1984年 1月
    • FAシステム機器の生産分野へ進出のために電子機器事業部[現 FAシステムセンター]を設置

      11月 不動産管理を目的に(株)アイシンを設立
  • 1987年 2月
    • 事業の国際化を目指し米国ケンタッキー州にSHINWA U.S.A. Corp.を設立
  • 1991年 8月
    • 名古屋市守山区に本社を移転
  • 1993年 2月
    • 運送業・倉庫管理業を目的に(株)進栄を設立

      4月 グループ会社11社を吸収合併
  • 1994年 11月
    • 中国上海市に上海事務所を設置
  • 1996年 9月
    • タイ・バンコク市にタイ事務所を設置
  • 1998年 8月
    • 名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 2002年 5月
    • 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 2004年 10月
    • 中国山東省煙台市に煙台進和接合技術有限公司を設立
  • 2005年 6月
    • 中国広東省広州市に那欧雅進和(上海)貿易有限公司の広州分公司を開設

      8月 東京証券取引所・名古屋証券取引所市場第一部に指定替え
  • 2006年 3月
    • SHINWA U.S.A. Corp.テキサス事務所を開設
  • 2008年 7月
    • インド・バンガロール市にSHINWA(INDIA)ENGINEERING & TRADING PRIVATE LIMITEDを設立
  • 2010年 7月
    • ブラジルにSHINWA REPRESENTATION COMERCIAL DO BRASIL LTDA.を設立
  • 2013年 6月
    • マレーシアにSHINWA INTEC MALAYSIA SDN, BHD.を設立
  • 2014年9月
    • 大宮営業部を設置
  • 2015年6月
    • ドイツ カールツァイス社との業務提携、
      進和ツァイスイノベーションセンターを設置
  • 2017年5月
    • メキシコ ケレタロ市にSHINWA.ENGINEERING S.A.deC.Vを設置

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.7年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 14時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 12名 0名 12名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 12名 0名 12名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、新入社員フォロー研修、中途採用研修、OJT研修、スキルアップ研修、中堅社員研修、新任管理職研修、上級管理職研修、海外研修制度
自己啓発支援制度 制度あり
e-ラーニング
資格手当制度
メンター制度 制度あり
キャリアコンサルティング制度 制度あり
キャリア申告制度
社内検定制度 制度なし

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 12 2 14
    2021年 12 0 12
    2020年 9 5 14
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 14
    2021年 12
    2020年 14
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 1
    2020年 2

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
奈良女子大学、信州大学、愛知淑徳大学、中京大学、武蔵大学、香川大学、岐阜大学
<大学>
群馬県立女子大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、同志社大学、大阪大学、南山大学、滋賀県立大学、名古屋外国語大学、近畿大学、京都外国語大学、名古屋学院大学、龍谷大学、福井大学、福山大学、大阪経済大学、関西学院大学、立教大学、崇城大学、金沢工業大学、福岡大学、静岡大学、信州大学、愛知大学、愛知学院大学、名城大学、愛知県立大学、酪農学園大学、愛知淑徳大学、関西大学、阪南大学、中京大学、京都産業大学、奈良女子大学、広島修道大学、愛知工業大学、新潟県立大学、高知大学、大阪電気通信大学、駒澤大学、四日市大学、拓殖大学、徳島大学、大阪工業大学、追手門学院大学、名桜大学

前年度の採用実績(人数)        2019年  2020年  2021年  2022年(予定)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------------- 
大卒       19名    14名    12名    14名
前年度の採用実績(学部・学科) 法学部、経済学部、現代中国学部、教育地域科学部、工学部、経営学部
アジア太平洋マネジメント学部、都市情報学部、商学部、理工学部、文学部、生活環境学部、電気工学部、外国語学部、情報理工学部、交流文化学部、ロボティクス&デザイン工学部、人間情報学部、現代国際学部

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)進和を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)進和の会社概要