最終更新日:2022/11/8

(株)清水銀行

  • 上場企業

業種

  • 銀行(地銀)

基本情報

本社
静岡県
資本金
108億1,626万円
預金残高
1兆5,193億円(2022年3月末現在)
従業員
906名(2022年3月末現在)

地域とともに お客さまとともに

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
PHOTO

地域密着型の金融機関としてリレーションシップバンキングを追求

PHOTO

【本店営業部】

 清水銀行は、1928年の創立以来、経営理念である『社会的公共性を重んじ健全経営をすすめる お客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる 人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる』の下、地域金融機関の本質である地域経済の活性化と、地元のお客さまのお役に立つべく営業を展開しております。
 本支店79店舗のうち、静岡県全域に76店舗(IN支店含む)、ローンセンター7箇所を配置し、静岡県の銀行として地域密着のリレーションシップバンキングを追求しています。
 法人企業に対するサポートを行う渉外担当、個人ローンをサポートするローンセンター担当、個人の資産運用をサポートするMA(マネーアドバイザー)を各地域に配置し、お客さまの様々なニーズにお応えしています。お客さまと本音で語り合い、お客さまの立場になって将来を考案することで強い信頼関係を築くとともに、地域経済に貢献する喜びを実感します。
 そのために不可欠となるものは、行員の成長です。清水銀行では、「人財の育成」を経営の重要課題に掲げ、行員一人ひとりがスキルアップし、お客さまへより良いサービスが提供できるよう、時代の変化に則した人材育成制度を確立しております。
 創立以来醸成されてきた「人を大事にする」という伝統ある風土から、お客さまと行員はもちろん、行員同士の人間関係を尊重するというあたたかい雰囲気も清水銀行の魅力です。

会社データ

事業内容
普通銀行業(預金業務・貸出業務・内国為替業務・外国為替業務・商品有価証券売買業務・有価証券投資業務・社債受託及び登録業務・その他付随業務)

PHOTO

本部郵便番号 424-8715
本部所在地 静岡県静岡市清水区天神一丁目8番25号
本部電話番号 054-353-5165(直通)
創立 1928(昭和3)年7月1日
資本金 108億1,626万円
従業員 906名(2022年3月末現在)
預金残高 1兆5,193億円(2022年3月末現在)
事業所 本支店・出張所79店舗(静岡県76・東京都1・愛知県2)
ローンセンター7箇所
業績 預金残高     1兆5,193億円
貸出金残高    1兆2,251億円
総資産      1兆7,979億円
単体自己資本比率 8.71%(国内基準)
格付       A-(日本格付研究所 長期優先債務)
(2022年3月末現在)
関連会社 清水ビジネスサービス(株)、清水総合メンテナンス(株)、清水リース&カード(株)、清水信用保証(株)、清水総合コンピュータサービス(株)、(株)清水地域経済研究センター
代表者 取締役頭取 岩山 靖宏
沿革
  • 昭和3年 7月
    • 富士川銀行、由比銀行、江尻銀行、蒲原銀行、庚子銀行、岩淵銀行の6銀行が合併し、駿州銀行を設立
  • 昭和7年 4月
    • 旧清水銀行を合併
  • 昭和20年 5月
    • 清水支店を本店とし、従来の本店を江尻支店と店名変更
  • 昭和23年5月
    • 商号を(株)清水銀行と改称
  • 昭和46年 9月
    • 総預金1,000億円達成
  • 昭和58年 10月
    • 東証二部上場
  • 昭和61年 9月
    • 東証一部昇格
  • 平成3年 12月
    • 総預金1兆円達成
  • 平成10年 12月
    • 投資信託窓口販売開始
  • 平成13年 1月
    • 人材育成部門でISO9001を取得
  • 平成13年 4月
    • 損害保険窓口販売開始
  • 平成14年 10月
    • 個人年金保険窓口販売開始
  • 平成16年 12月
    • 証券仲介業務開始
  • 平成18年 12月
    • 第1回無担保転換社債型新株予約権付社債(劣後特約付)発行
  • 平成20年 7月
    • 創立80周年
  • 平成20年 9月
    • 清水区天神へ本部機能集約
  • 平成21年 2月
    • 本店営業部・清水ローンセンター新築移転オープン
  • 平成24年 9月
    • 総貸出金1兆円達成
  • 平成28年 4月
    • 清水みなとインターネット支店オープン
  • 平成29年 7月
    • バンコク駐在員事務所開設
  • 平成29年 10月
    • 清水銀行SBIマネープラザ浜松開設
  • 平成30年 7月
    • 創立90周年
  • 平成31年 4月
    • 清水銀行SDGs宣言の公表
  • 令和2年 3月
    • 清水銀行SBIマネープラザ静岡開設
  • 令和4年 4月
    • 東証プライム市場 移行

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 13.5時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.6日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 39名 19名 58名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 39名 3名 42名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
清水銀行では、行員一人ひとりを最大の経営資源「人財」に位置付け、人材育成を経営の重要施策として研修プログラムの充実等に取り組んでいます。

<主な研修プログラム>
行内研修(階層別研修・業務別研修・BMWプログラム・資産運用プログラム 他)
行外派遣研修
海外派遣研修(バンコク研修)
土曜講座(1級FP技能士・中小企業診断士・宅地建物取引士他、各種公的資格取得支援)
トレーニー(経営企画・採用・証券・外為・審査・企業サポート・システム他)
自己啓発支援制度 制度あり
・1級~3級FP技能士・中小企業診断士・宅地建物取引士・CFP・日商簿記1級~3級・ITパスポート・キャリアコンサルタント・証券アナリスト他、各種公的資格取得を目指すWeb講座の受講料割引制度あり。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 26 37 63
    2021年 23 40 63
    2020年 27 30 57
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 63
    2021年 63
    2020年 57

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
静岡大学、静岡県立大学、静岡文化芸術大学、常葉大学、上智大学、国際基督教大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、津田塾大学、東京女子大学、日本女子大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、東北大学、筑波大学、千葉大学、お茶の水女子大学、横浜市立大学、金沢大学、富山大学、滋賀大学、岡山大学、愛媛大学、島根県立大学、高崎経済大学、成城大学、明治学院大学、神奈川大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、実践女子大学、白百合女子大学、昭和女子大学、鎌倉女子大学、同志社女子大学、京都女子大学、神戸女学院大学、南山大学、愛知大学、中京大学、東京農業大学、東京経済大学、武蔵野大学、玉川大学、大東文化大学

前年度の採用実績(人数) 入行年   2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
 ───────────────────────────────
        63名   69名   82名  68名  57名   63名
前年度の採用実績(学部・学科) 経済・経営・社会・政治・法・人文・国際・理工・工学・医 他

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)清水銀行と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)清水銀行を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)清水銀行の会社概要