最終更新日:2023/1/27

(株)ケイラインビジネスシステムズ【川崎汽船グループ】

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア

基本情報

本社
東京都
資本金
4,000万円
売上高
9億4,680万円(2022年3月31日実績)
従業員
81名(2022年9月30日現在)

川崎汽船グループのIT部門として、上流工程から下流工程まで全ての工程を担い、様々な業務のシステムを運用・開発しています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
新人にはトレーナーがついて、わからないことや困ったことをいつでも聞けるようになっている。先輩に相談しやすい雰囲気だ。
PHOTO
日本を代表する海運会社である川崎汽船と、国内外のグループ各社が使うITシステムの開発や運用を担うのが同社の役目。同社が開発したシステムは世界で使われている。

自分が知らない世界を垣間見て、システムを“構想”する面白さ

PHOTO

「私が教員養成課程で学んだことは、今の仕事に生きています。大学でどんなことを学んでいても、当社で何かしら生かせる場面があると思います」と鈴木さん。

◆社員同士の距離が近く、気兼ねなく話せる社風

大学時代は中学校の美術教員を目指していました。絵具や粘土まみれの学生生活でしたが、もともとモノづくりに興味があった私は企業研究をしてみたところ、文系でもモノづくりができるのがITの仕事だと知りました。なかでも当社に興味を持ったのは、海や船が好きだから。そして最終的には、採用の担当者や社員の方々の温かい人となりで入社を決めました。実際に入ってみると、社員同士の距離が近く、気兼ねなく話せるような社風でした。

プログラミングの予備知識はほとんどありませんでしたが、入社後、約半年にわたる社内外での研修を受けました。その後、開発の実務に少しずつ携わるように。こうした教育制度が整っているのが当社の大きな魅力だと思います。5年目まで開発に携わり、6年目からは今の部署に異動して、ユーザーと直接やり取りする上流工程がメインになりました。

◆ユーザーの「これで楽になります」に喜びを感じます

私は現在、「どんなシステムを作るか」を考える、システム開発の最上流の工程を担当しています。ユーザーである川崎汽船の各部署から「今あるシステムをこう変えたい」「こんな業務があって、ここが大変で困っている」といったご相談を受けるところから、私の仕事は始まります。困りごとや課題をユーザーにヒアリングした上で、システムに仕様を落とし込んでいきます。いわゆる、「要件定義」と呼ばれる作業です。例えば、最近では人事システムの機能を追加しました。かつてエクセルを主体とした属人的な業務を、システムに置き換えて効率化しました。

ユーザーからヒアリングして実現可能なシステムを考えるのは簡単ではありませんが、人事から会計、船関連まで、自分が知らないさまざまな業務に触れられるのが楽しいですね。自分の提案したシステムを導入した結果、ユーザーから「これで仕事が楽になります」と言っていただけるのはうれしいものです。

私の原動力は「つくるのが好き」という気持ち。今後は「鈴木がつくるものはいいね」と言っていただける仕事をしたいですね。

<鈴木寿延/プロジェクト統括グループ/2016年入社>

会社データ

事業内容
●システム運用支援
●業務アプリケーション開発
●機器・ソフトウエアの販売
●社内ネットワークや機器の運用保守
●上記に関する企画、戦略立案を含めたコンサルテーション
本社郵便番号 102-0075
本社所在地 東京都千代田区三番町6番地3 三番町UFビル 2階
本社電話番号 03-6779-4101
設立 1998年4月1日
資本金 4,000万円
従業員 81名(2022年9月30日現在)
売上高 9億4,680万円(2022年3月31日実績)
株主構成 川崎汽船(株)
沿革
  • 1987年6月
    • 川崎汽船(株)の情報システム部門から分離独立し(株)ケイライン・システムセンターを設立
  • 1988年12月
    • コンピューター機器を応用した情報システム関連の最新技術の研究と開発、販売を目的に(株)システムデザイン研究所を設立
  • 1998年4月
    • 業務の拡大と経営の効率化を図るため前身である(株)ケイライン・システムセンターとその関連会社の(株)システムデザイン研究所を発展的に解消・統合し新たに(株)ケイ・アイ・エス・シーを設立
  • 2002年1月
    • さらなる業務の拡大のために(株)トップス・ソフトウェアと合併、商号を(株)ケイライン システムズに変更
  • 2013年4月
    • 商号を(株)ケイライン ビジネス システムズに変更、川崎汽船(株)情報システムグループの機能を統合

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 28.6時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.2日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人研修、各種技能研修
自己啓発支援制度 制度あり
会社が指定する公的な認定資格を従業員が取得した際、受験料の会社補助が受けられます。
メンター制度 制度あり
年齢の近い年上の先輩社員や、社歴が近い先輩社員が新入社員や若手社員をサポートします。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 1 2 3
    2021年 0 0 0
    2020年 2 0 2

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
青山学院大学、江戸川大学、岡山商科大学、神奈川大学、神田外語大学、学習院大学、北里大学、九州共立大学、京都外国語大学、近畿大学、神戸大学、駒澤大学、産業能率大学、首都大学東京、上智大学、創価大学、高千穂大学、拓殖大学、玉川大学、千葉大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、帝京大学、東海大学、東京海洋大学、東京経済大学、東京工業大学、東京女子大学、東京電機大学、東京農業大学、東京理科大学、豊橋技術科学大学、新潟大学、新潟工科大学、二松学舎大学、日本大学、日本女子大学、函館大学、福岡工業大学、文京学院大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、横浜国立大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学

前年度の採用実績(人数)    2016年 17年 18年 19年 20年 21年 22年(予)
────────────────────────────
大卒  3   1   -   -   2   -   3

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)ケイラインビジネスシステムズ【川崎汽船グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ケイラインビジネスシステムズ【川崎汽船グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)ケイラインビジネスシステムズ【川崎汽船グループ】の会社概要