最終更新日:2022/12/4

杉江製陶(株)

業種

  • ガラス・セラミックス
  • その他メーカー
  • 化学

基本情報

本社
愛知県
資本金
5,684万円
売上高
15億9,604万円(2021年8月期)
従業員
108名(2021年8月現在)

セラミックを通して「独創的な商品開発」を念頭に、100年を超え「安全・安心」で「地球にやさしい」「社会環境作り」に挑み続けます。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
風通しが良く、若手でもどんどん意見を発信できる環境です。中には社歴40年以上のベテランもいますよ。地中から社会基盤を支える仕事に、誰もが誇りを持っています!
PHOTO
セラダクト 『neo』はトンネル専用のケーブル保護管として開発されました。お客様の声に答え、「より速く」「より簡単」に施工できるように改良されました。

協調性をもとに、独創的なモノづくりにチャレンジしています!

PHOTO

「大型旅客機が載っても耐えられる滑走路下の陶管、狭い場所でも施工しやすい陶管など、性能プラスアルファの製品が誕生しています。やりがいは大きいですよ」と杉江社長。

私たちが暮らす国土の地中には、通信線や動力線など多くのケーブルが埋まっています。そして当社は、それらを保護する管をセラミックスでつくる国内唯一のメーカーです。
天然の土を用いるため、セラミックスで保護管をつくるには高い技術力が求められますが、当社には100年にもわたり蓄積されてきたノウハウがあります。だからこそ、他の素材では実現できない“災害に強く”“環境に優しく”“長期にわたって使用できる”という独自の製品を生み出し続けているのです。

企業の規模は決して大きくはなくても、当社の製品は日本中で用いられており、アジアを中心に海外にも進出しています。いわば世界のインフラ整備に貢献する仕事。空港やトンネル内など、永く残る構造物に携わるチャンスも豊富です。
また当社では「ユイマール=ユイ(結い、協働)+マール(順番)」を合言葉に、各業務を複数で担当し、より多くの結果が出る体制づくりを行っています。そして社員には「3C(チェンジ・チャレンジ・クリエイション)」を求めることで、自ら考え、仕事や社内改善を進めていくチャンスを与えています。社長を始めとする経営陣との距離も近く、そうした働き方を楽しいと思える人にはベストな環境でしょう。

私たちがめざすのは「ビッグカンパニーではなく、グッドカンパニー」。会社の規模拡大のみにとらわれるのでなく、お客様にとっては長く安心しておつきあいいただける会社、社員にとっては“働いて良かった”と思える会社を今後も追求していきたいと考えています。

(代表取締役社長 杉江省吾)

会社データ

事業内容
多孔陶管「セラダクト」の製造、販売。

■セラダクトA(エース)
 トンネル、電線の地中化などで高い実績を誇る製品です。
■セラダクト  neo 
 トンネル用に開発された、より速く、より簡単に施工できる製品です。
■セラダクト  エル・ソタノ
 空港用に開発された高強度の製品です。
■セラダクト  タモクト
 電線の地中化用に開発された孔の多い製品です。

PHOTO

電線を地中に埋めて、景観の良い街づくりに貢献しています。

本社郵便番号 470-2387
本社所在地 愛知県知多郡武豊町字上山1丁目76番地
本社電話番号 0569-35-2373
創業 1906年2月
設立 1948年10月
資本金 5,684万円
従業員 108名(2021年8月現在)
売上高 15億9,604万円(2021年8月期)
事業所 ■本社(愛知県 武豊町)
■東日本営業部(東京都 五反田)
■西日本営業部(大阪府 都島)
主な納入先 ■東日本高速道路(株)
■中日本高速道路(株)
■西日本高速道路(株)
■中部国際空港(株)
■成田国際空港(株)
■関西国際空港(株)
■中部電力(株)
■国土交通省
■名古屋高速道路公社
■愛知県・東京都・名古屋市他、各地方自治体
■シンガポール/バングラデシュ/パプアニューギニア
平均年齢 42.5歳
沿革
  • 1906年2月
    • 杉江竹次郎が個人経営により角型半陶管の専門工場、杉江製陶所創業
  • 1927年10月
    • 角型半陶管のプレス成形法を考案
  • 1948年10月
    • 杉江製陶(株)設立
  • 1951年12月
    • ボルト締め多孔陶管を考案
      (実用新案権第 296609 号取得)
  • 1958年
    • 「多孔陶管」
      関門トンネルで使用開始
  • 1962年4月
    • 愛知県知多郡武豊町に工場新設、120mトンネル窯により多孔陶管の量産を開始
  • 1998年10月
    • 資源循環型リサイクル製品「セラダクトA」開発(NETIS登録)
  • 1999年7月
    • 第1回国土技術開発賞・奨励賞受賞
  • 2002年9月
    • 空港用高強度多孔陶管「エルソタノ」開発
  • 2003年
    • 「エルソタノ」
      中部国際空港で採用
  • 2006年1月
    • トンネル用セラダクトA 「neo」開発
  • 2006年4月
    • 無電柱化向け多孔陶管「タモクト」開発
  • 2011年4月
    • ISO 9001自己適合宣言(本社工場)
  • 2015年10月
    • 海外進出
      シンガポールで採用
  • 2018年10月
    • シンガポールにて再び採用
  • 2020年2月
    • パプアニューギニアで採用
  • 2020年11月
    • バングラデシュで採用
  • 2022年6月
    • 第5回JAPANコンストラクション国際賞を受賞

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 3時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.6日
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 0.0%
      (4名中0名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人研修
自己啓発支援制度 制度あり
各個人の能力に応じて、外部研修への参加
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知学泉大学、愛知県立大学、愛知県立芸術大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、岩手大学、大分大学、大阪商業大学、岡山理科大学、嘉悦大学、近畿大学、駒澤大学、埼玉大学、滋賀大学、至学館大学、椙山女学園大学、星城大学、中央大学、中京大学、中部大学、東京経済大学、東洋大学、同朋大学、名古屋学院大学、名古屋工業大学、南山大学、新潟産業大学、日本福祉大学、人間環境大学、名城大学、愛媛大学
<短大・高専・専門学校>
名古屋女子大学短期大学部、名古屋工学院専門学校、名古屋未来工科専門学校

【海外】
 セントラル オクラホマ大学(U.S.A)
 ガジャマダ大学(Indonesia)

採用実績(人数)        2018年 2019年 2020年 2021年 2022年(予定)

大卒      3名   1名   3名   2名   1名
短大卒     -   -    -    -    -
採用実績(学部・学科) ・法学部 法学科 ・工学部 機能材料工学 ・工学部 応用化学科 
・美術学部 デザイン工芸学科 ・人文学部 人類文化学科 ・経営学部 経営学科
・経済学部 経済学科 ・文学部 人文学科 ・外国語学部 英米学科 外
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 2 0 2
    2020年 3 0 3
    2019年 1 0 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 2
    2020年 3
    2019年 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 1
    2019年 0

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

杉江製陶(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
杉江製陶(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ