最終更新日:2023/5/23

東洋ライス(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 機械
  • 食品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都、和歌山県
資本金
1億円
売上高
100億3,800万円(2022〈令和4〉年3月期)
従業員
195名(役員4名含む)

「総合食品加工機器メーカー」と「食品メーカー」という2つの顔を持つ会社。「人の真似はしない」にこだわり、今日も世の中にないものづくりにチャレンジしています。

2024採用に向けて 採用担当者からの伝言板 (2023/02/13更新)

2024卒採用を開始します。
食品メーカーと機械メーカーの2つのフィールドをもつ当社は、社会に高度の貢献をすることを目標(健康寿命の延伸、水環境の改善、安全な食品・米の輸出、SDGSの実現等々)に積極的な企業活動をしています。
無洗米、金芽米、ロウカット玄米、それらを原料としたパックごはん、米粉・米粉パン、サプリメントなどを開発・普及していっています。
社会に貢献しつつ、充実した社会人生活を送ることを目指す皆さんからのエントリーを心よりお待ちしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
洗わずおいしく炊ける『BG無洗米』、匠の技で精米機を操り、上質の味と品質を実現している『金芽米』など、独自商品が充実。生産者を守る仕組みづくりにも取り組んでいる。
PHOTO
大学では農学を専攻。営業と研究機関の窓口という2つの仕事に携わる鈴木さん。社会貢献への思いを共有し、ともに高め合っていける共同研究先を見つけたいと考えている。

機械設計、ものづくり、営業、研究。いろんな「やってみたい」が実現する会社です。

PHOTO

「社員の挑戦を応援してくれます。人間的にも成長できますよ!」(鈴木さん=写真上)、「当社には温かい人が多い。お米のおいしさにも気づきました」(高橋さん=写真下)

◆いろんな人と関わる仕事がしたかった。「希望は営業職」と伝えていたので、食品営業部に配属されて嬉しかったです。

『金芽米』や『BG無洗米』を外食・中食、給食、スーパーなどに提案する営業をしてきましたが、7年目から技術部の仕事も兼務しています。当社の社長は大学の客員教授を務めていて、常に新しい技術開発や研究テーマに取り組んでいます。私が担っているのは、その研究の部分で、玄米の健康効果などを明らかにするために共同研究のパートナーを探し、一緒に研究計画を構築し実験、実証していくこと。薬学や医学の先生とのやりとりは初めてでしたが、実験手法や検証の仕方は大学院での研究に似ている部分も多く、経験が役立っています。
研究テーマに加え、医食同源の思いや研究成果を社会実装につなげる考えなど、共同研究先と価値観を相互に理解し合うことも重要です。研究者を探して連絡を取り、話し合うというプロセスを通して学んだことは少なくありません。初対面の方へのアプローチや提案の仕方など、営業での経験も活かせています。身近な米でもまだまだ解明されていないことがあり、研究を進めるため、新たなテーマで必ず共同研究先を見つけて形にしていくつもりです。
《食品営業部/鈴木梨沙/2016年入社/大学院生物システム応用科学専攻了》

◆ものづくりが好きで、技術職に憧れていました。日本の主食、お米に関わっていることや、無人で稼働する工場を見て興味が湧き、働きたいと思いました。

私が担当しているのは、FA(ファクトリーオートメーション)システムの構築と開発。機械の自動運転やお米を管理するシステムを作る仕事に携わっています。自分が関わったシステムの機能が現場に反映され、オペレーターから「使いやすくなった」と喜んでいただけるとやりがいを感じますね。一番感動したのは、お客様が立ち上げた新工場で精米プラントが稼働しているのを見たとき。入社1年目でしたが、ゼロから打ち合わせを行い、システムが完成して運用されるところまで見届けることができました。
心がけているのは、現場の意見をていねいに聞き、別の視点からも提案すること。今は「こんな機能が欲しい」と上司に相談があり、それが私に回ってくるという流れ。もっと信頼され、私に直接話が来るようにしたい!それが今の目標です。
《技術部 技術開発課/高橋優登/2021年入社/工学部電気電子システム工学科卒》

会社データ

プロフィール

◆ルーツ~自ら「米粒になりきって」考える

食品メーカーであり機械メーカーでもある東洋ライスですが、創業当初は精米機の販売や修理をする会社でした。

きっかけは、「お米に石が混じっているとお客様から苦情が来る」という米屋さんの悩みを知ったこと。今では考えられないことですが、当時は石が混じるのもめずらしくなかったのです。
どうすれば、その悩みを解決できるのか?現社長は自ら「米粒になりきって」考え抜き、『トーヨー石抜機』を開発。1961年に発売したところ、全国から販売店が殺到するほどの人気に。これが機械メーカーとしての第一歩となりました。この石抜技術は世界に広がり、60年以上経った今も活用されています。

◆医食同源の思いを共有~新プロジェクトがスタート!

・米のとぎ汁が海や川の汚染に関わっていることに気づいたことから開発した『BG無洗米』
・お米の栄養と旨みたっぷりの亜糊粉層(あこふんそう)を残した『金芽米』
・玄米表面の硬いロウ層を除去し、白米と同じように炊ける『金芽ロウカット玄米』
・玄米に1%のみ存在するエキスを抽出した健康食品『金芽米エキス』
など、その後も、数々の製品を開発してきた当社。

「人の真似をせず、自分で考えてつくる」こと、儲けるためではなく、社会のためになることにこだわっています。売り上げや利益は、その結果としての授かりものです。

2022年12月、当社は大阪府泉大津市と包括連携協定を締結しました。「医食同源」のもと、オーガニック食材や旬の食材など、給食を通じて子どもたちの健やかな成長を支えようという同市の考えに共鳴。マタニティ応援プロジェクトとして、毎月最大10kgの『金芽米』を妊婦さんにプレゼントします。同時に、給食用の米の保管・流通の仕組みづくりの実証実験をスタートします。

◆未来へ~お米が持つ可能性を探り続ける

お米は、健康な暮らしを支えてくれるなくてはならない食品です。そんなお米の研究を続け、44紙に学術論文を掲載、98回の学会発表を行ってきました。しかし、私たちがお米について知っていることはほんの一部に過ぎません。
自然災害に見舞われたとき、被災された人を必死に助けようと頑張っているとき。つらいときも、温かいご飯とお味噌汁があればホッとするのはなぜなのでしょうs。これからもお米について研究を重ね、新たな可能性を発掘していきたいと考えています。

事業内容
・環境と美味に配慮した稲作の土作り事業、新品種の種籾事業
・総合食品加工機器製造販売事業、光学電子機器、農業機器の技術開発と
 製造販売事業。
・輸出及び、プラントエンジニアリング事業
・とがずに炊けるBG米及び環境事業
・金芽米、BG無洗米の製造・販売事業
・米加工品事業
・炊飯指導事業
・発電事業
・アンテナショップ(銀座本社内)が2019年3月にオープン~米粉パンや米粉
ケーキなどを販売
・医食同源を追求する『生薬研究財団』(2022年設立)の運営

PHOTO

準無人化、夜間の無人運転、ロス米ゼロ、消費エネルギーの最少化、多品種少量生産を実現したリンクウ工場。業界を先取りする技術を搭載した精米機など、先進装置がズラリ!

本社郵便番号 104-0061
本社所在地 東京都中央区銀座5-10-13 東洋ライスビル
本社電話番号 03-3572-7550
和歌山本社 640-8341
和歌山本社所在地 和歌山県和歌山市黒田12番地
和歌山本社電話番号 073-471-3011
設立 1961年(昭和36年)
資本金 1億円
従業員 195名(役員4名含む)
売上高 100億3,800万円(2022〈令和4〉年3月期)
事業所 ●本社・支店・営業所
銀座本社 (東京都中央区銀座)
和歌山本社(和歌山市)
東日本支店(東京都練馬区)
仙台営業所(仙台市)

●工場
和歌山工場(和歌山市)
二本松工場(福島県二本松市)
サイタマ工場(埼玉県坂戸市)
リンクウ工場(大阪府泉南郡)
利益 経常利益13億5,900万円
純 利 益 8億7,400万円
主な取引先 全農・全農パール、大手米穀卸、大型量販店、外食企業、食品メーカー
平均年齢 42歳
国連欧州本部で発表! “SDGsの先駆者”として注目されています。


◆30年前から持続可能なモノづくり

コロナが拡散する前の2019年11月27日、東洋ライスはスイス・ジュネーブの国際連合欧州本部で開催された『第8回国連ビジネスと人権フォーラム』で発表。国連が推進するSDGs(持続可能な開発目標)への貢献が評価され、「ぜひ取り組みを発表してほしい」とニューヨークに本部を置くNPOから依頼を受けたのです。
日本企業がSDGsの取り組みを国連で発表したのは初めて。ただ、当社は今から約30年前、国連が2015年にSDGsを提唱するはるか昔から、持続可能な社会づくりをモノづくりの基本としてきました。

◆早すぎる技術は理解されなかった

かつては海底まで透き通って見えた紀淡海峡が濁っている。その原因の一端が窒素とリンを含む米のとぎ汁にあることを知った当社は解決策を模索。そして1991年、ヌカの粘着性を使って白米の表面に残っているヌカ「肌ヌカ」を取る技術を開発し、世界で初めての無洗米、『BG無洗米』の開発・製造に成功しました。
当初は先を行き過ぎて理解が得られませんでしたが、環境意識が高まる中で徐々に浸透。BG無洗米の製造過程で得られる肌ヌカを、窒素やリンを豊富に含んだ100%米由来の肥料「米の精」として活用するリサイクルシステムも全国に広がっていきました。
こうした無洗米の普及で、この30年間で13トン以上のBOD(水質汚濁の指標の一つ)、50万トン以上のCO2、82万トン以上のヘドロ沈殿物、2.2万トン以上の油、8,000トン以上のリンおよび窒素の排出を削減することができました。

◆生薬機能を残した米100%の米粉を製品化!

新しく手がけているのが米粉です。健康効果が期待できると広がってきている『金芽米』や『金芽ロウカット玄米』のからだに優しい米粉を製造・販売しています。グルテンフリーの米粉は28品目のアレルゲンが不使用で、デリケートな方も安心して食べていただける食品です。

当たり前にやってきた持続可能な社会に役立つ製品の開発が評価され、国連本部で発表する日が来るなど想像もしていませんでした。「新しすぎる技術」は、ときに理解されないこともあります。が、これからも積極的に、私たちの事業や環境を守ることの大切さを発信していきます。
沿革
  • 1961年
    • わが国の近代精米工場の幕開けとなった「トーヨー撰穀機」発表。これを機に(株)東洋精米機製作所を設立。
  • 1966年
    • 日本初の全自動精米機(コントロール精米機)等を発表。
  • 1968年
    • 世界初の新方式による全自動計量包装機(ストレートパッカー)を発表。後に米国、西独等の特許を取得。
  • 1982年
    • 世界初の新方式による電子色彩選別機(カラー撰穀機)・穀類搬送機「トーヨーエレコン」等新製品を発表。
  • 1990年
    • お米の革命、洗わずに炊ける米「BG無洗米」を発表。
  • 1995年
    • 高精度異物選別機「トーヨースーパーセレクター」を発表。

  • 1999年
    • 業界初・県内本社企業初、国際標準規格ISO14001(環境マネジメントシステム)の認証取得。
  • 2002年
    • 埼玉県坂戸市に世界最大の無洗米工場「トーヨーライスセンター関東工場」完成。

  • 2004年
    • 即日精米・即日出荷を可能にした新しい精米システム「LSPシステム」を発表。
  • 2005年
    • 高栄養・良食味の米「金芽米」を発表。
  • 2006年
    • 「元気なモノ作り中小企業300社」選ばれる。

      発明した金芽米がモンドセレクション金賞、ITQI 2つ星を受賞。
  • 2009年
    • 精米工場が儲かるシリーズ第1弾「エコ包装パッカー」、第2弾「新型色彩選別機」を相次ぎ発表。

  • 2010年
    • 精米工場が儲かるシリーズ第3弾「新型石抜機」、第4弾「新型計量包装機」を相次ぎ発表。
  • 2013年
    • グループ会社であるトーヨーライス(株)を吸収合併して社名を東洋ライス(株)に変更。お米の総合メーカーとして新たなスタート。

      驚異的な高効率化を達成した次世代の無洗米工場「東洋ライス リンクウ工場」が完成。
  • 2014年
    • 体験型環境教育推進プログラム「いきものみっけファーム」が文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰審査委員会奨励賞」受賞。
  • 2015年
    • 「BG無洗米による米のとぎ汁公害およびCo2排出の削減活動」が評価され「第24回地球環境大賞 環境大臣賞」受賞。
  • 2016年
    • ・「世界最高米」が最も高額な米として「ギネス世界記録 R」に認定される。
      ・東京農業大学と包括連携協定を締結
  • 2017年
    • ・医療費削減に向けたヘルスケア事業の取り組みをスタート。
      ・シンガポール政府より「金芽ロウカット玄米」が健康に良い食品として認定される。
  • 2018年
    • ・環境大臣より「エコファースト企業」に認定される。
      ・「無洗米未来サミット」を開催
  • 2019年
    • ・世界初、糠を活かした米粉事業を開始。銀座本社1階にアンテナショップを開店。
      ・玄米が認知機能維持にもたらす効果を検証しようと東北大学と共同研究を開始。
      ・JAいるま野と包括連携協定を締結
      ・日本企業初、SDGs貢献活動を国連欧州本部で発表。
  • 2020年
    • ・サプリメント「金芽米エキス」を発表。
      ・山梨県北杜市と包括連携協定を締結。
      ・原口文仁(阪神タイガース)チャリティーランフェスティバルに特別協賛と社内から数チーム参加。
  • 2021年
    • ・様々な食品に玄米の栄養価を付与する「玄米エッセンス」を発表。
      ・講演_第 22回糖化ストレス研究会~医食同源から健康長寿を考える~ で「医食同源を推進しよう~コメを変えるだけで医療費削減効果~」を発表。
      ・医食同源生薬研究財団設立
      ・健康優良法人2021(大規模法人部門)認定される。
  • 2022年
    • ・国立遺伝学研究所との共同研究で玄米の未知の成分を発見。
      ・「『コメ』ってこんなに誤解されているんだ!」(雜賀慶二著)を出版
      ・健康優良法人2022(大規模法人部門)認定される。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 22時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 1名 2名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 1名 2名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 10.5%
      (19名中2名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、役職者研修、各種通信教育、職能教育 等
自己啓発支援制度 制度あり
会社が業務に必要とする資格を取得した場合、それに必要だった受験料は会社が負担する(登録費用は自己負担)
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
法政大学、福井大学、東京農工大学、北海道大学
<大学>
愛知産業大学、宇都宮大学、追手門学院大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪府立大学、岡山理科大学、お茶の水女子大学、神奈川大学、関西大学、関西外国語大学、北里大学、京都産業大学、近畿大学、高知大学、神戸学院大学、駒澤大学、産業能率大学、静岡大学、四天王寺大学、信州大学、上智大学、専修大学、拓殖大学、筑波大学、帝京大学、東京家政大学、東京農業大学、東京農工大学、東北大学、東北福祉大学、東洋大学、徳島文理大学、同志社女子大学、新潟大学、福井大学、福井工業大学、佛教大学、文京学院大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、桃山学院大学、山梨県立大学、横浜国立大学、和歌山大学、阪南大学、香川大学、東京都市大学、大妻女子大学、鳥取大学、国際武道大学、関西学院大学、日本大学、青山学院大学、徳島大学
<短大・高専・専門学校>
和歌山信愛女子短期大学、和歌山工業高等専門学校、和歌山県立和歌山産業技術専門学院

広島県立大学

採用実績(人数)           2020年   2021年   2022年 2023年   
院了          ー      1名     ー     ー
大卒         2名     3名     4名     ー
短大・専門卒     2名      ー      ー ー
採用実績(学部・学科) 経済学部、経営学部、法学部、文学部、商学部 等
工学部、理学部、農学部、システム工学部 等
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 1 3 4
    2021年 3 1 4
    2020年 3 1 4
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2022年 4
    2021年 4
    2020年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 0

先輩情報

日々成長できます。
井上 朋花
2018年入社
20歳
和歌山信愛女子短期大学
生活文化学科生活文化専攻 卒業
営業部 業務課
営業事務、電話応対、受付業務
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp202190/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

東洋ライス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. 東洋ライス(株)の会社概要