最終更新日:2023/1/4

社会福祉法人川越にじの会

業種

  • 福祉サービス
  • 医療機関
  • 教育
  • ホテル・旅館
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
埼玉県
資本金
社会福祉法人のため無し
売上高
社会福祉法人のため無し
職員数
56名

個性を重視する川越にじの会で利用者様の人生を支えてみませんか?【賞与年4.5カ月】【資格取得支援あり】

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
緑豊かな地域に建つ『にじの家』。作業所で行うコースターやハガキなどの小物作りのほか、季節の行事やクラブ活動など、充実した生活支援を行っています。
PHOTO
明るい声が響くアットホームな職場で、若いスタッフが中心になって活躍しています。より良い支援や資格取得に向けた勉強会を開催するなど、一緒に成長できる環境です。

かかわり方次第で笑顔もできることが増やせる。それが見える瞬間が最高にうれしいです

PHOTO

「大好きな仕事を長く続けたいからこそ無理なく働ける環境が大事。家庭と両立させながら、後輩のお手本となるような支援を追求したいです」と語る畑仲啓江さん

私は、障害者支援施設「にじの家」で利用者さんの生活や作業活動支援を行っています。昨年に産休を取得して、復帰したばかりで現在は時短勤務をしています。子供が小さい間は急な発熱などでお休みすることもあるのですが、周りのスタッフがカバーしてくれているので、精神的な負担もなく家庭と仕事を両立できています。また、うちの法人では、私のような子供がいる職員を応援する制度として「にじの会版ウーマノミクス制度」があるので、時短勤務が終わった後も子供が義務教育の間は土日祝日はお休みなんです。「仕事は大好きでも、家庭はちゃんと大事にしたい」―そんな私の思いを尊重してもらうことができ、うれしく思っています。
私が「にじの会」に就職したのは、学生時代の施設見学がきっかけでした。当時は保育士を目指していたのですが、見学でここに来た時に何かピンとくるものがありました。仕事は先輩方が教えてくれたので不安になることもなく、1年目から楽しく働いていました。
入職3年目になる頃、「相談員にチャレンジしてみないか」と声をかけていただき、相談支援センターに異動となりました。それまでは利用者さんと直接触れ合い、生活の支援をしていくことが私の仕事でしたが、相談支援センターでは、障害のある方にとって暮らしやすい環境をつくるために、ご家族や行政と連携して業務を進めていきます。ご家庭を訪問して、その方に必要なサービスを調整したり、生活改善のためのヘルパーさんを依頼したりといったことが主な仕事で、他の施設で働く方とお会いする機会も多く、私自身の視野も広げることができました。行政との連携も必須で、利用者さんの生活をよりよくするために何をすべきかといった市の会議にも参加しました。相談支援センターでの経験は大変貴重なものだったと思います。その後、再び「にじの家」に戻ったのですが、相談支援センターを経験したことで、また違った視点で仕事ができるようになったと感じています。
現在は育児中ということで、急なお休みをしても周りが困らないように、私がメインとなる企画などはしていないのですが、私の下の世代の人たちが「こんな支援をしたい」と思ってもらえるような、利用者さんを第一に考えた仕事をしていきたいですね。男女問わず長く働ける職場なので、「やってみたい」という気持ちのある方はぜひチャレンジしてください。
(にじの家 生活支援員 畑仲啓江)

会社データ

事業内容

PHOTO

相談支援センター「きゃろっと」外観

川越にじの会では、施設生活支援事業として、生活介護・施設入所支援・短期入所・日中一時預かり事業などのサービスを提供しております。利用者様は、入所者40名、通所者10名で4つのユニットに分かれた生活スペースで過ごされております。作業やクラブ活動、季節ごとの行事などを通して充実した生活を送ってもらえるように、50名を超えるスタッフで支援しております。
その他、障がいがある方々の地域生活を支える事業として、相談支援事業、共同生活援助事業(グループホーム)、放課後等デイサービス事業を法人で運営しております。
本社郵便番号 350-0002
本社所在地 埼玉県川越市古谷本郷992番地
本社電話番号 049-236-0666
設立 1992年2月
資本金 社会福祉法人のため無し
職員数 56名
売上高 社会福祉法人のため無し
運営施設 ・障害者支援施設 にじの家
・障がい者相談支援センター きゃろっと
・グループホーム にじいろ壱番館
・放課後等デイサービス なないろclub
・通所事業所(分場)
沿革
  • 1985年 5月
    • 施設建設準備会 設立
  • 1985年 11月
    • 川越自閉症児者親の会 施設建設発起人会 結成
  • 1990年 4月
    • 無認可作業所「にじの家」 開所(川越市宮下町)
  • 1990年 10月
    • 地元説明会開催(古谷本郷公民館)
  • 1991年 4月
    • デイケアセンター「にじの家」 開所(川越市宮下町)
  • 1991年 12月
    • 知的障害者更生施設「にじの家」 建設着工
  • 1992年 2月
    • 社会福祉法人 川越にじの会 設立認可
  • 1992年 5月
    • 後援会 発足
  • 1992年 7月
    • 知的障害者更生施設「にじの家」 開所
  • 2010年 1月
    • 障がい者支援施設「にじの家」へ新体系移行
  • 2013年 4月
    • 障がい者相談支援センター「きゃろっと」開所
  • 2014年 4月
    • 川越市障害者相談支援委託事業受託
  • 2017年6月
    • グループホーム「にじいろ壱番館」開所
  • 2018年8月
    • 放課後等デイサービス「なないろclub」開所
  • 2020年9月
    • 通所事業所(分場)開所

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 8.3年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 2.3時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.4日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 0名 2名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 33.3%
      (6名中2名)
    • 2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
【新任職員研修1】
 川越にじの会職員としての基本的な心構えや、クライアントに対する適切な対応、外部
 の方などに対する電話の応対などについて学びます。
【新任職員研修2】
 入職して1カ月が経過したことから、1カ月間のチューターとのやり取りを振り返った
 り、障害に関する専門的知識の講義、さらに入職してまもないことから感じる職場に対
 しての課題などを管理的職員とともに分かち合い、今後のより適切な運営に繋げていく
 機会とします。
【公用車取り扱い研修】(入職後3カ月経過後)
 公用車を運転する際の注意事項や利用者を同乗させる際の配慮をはじめ、万が一、外出
 先で事故にあってしまった際の適切な対応法について学びます。
【虐待防止・権利擁護研修】
 モデル事例等を使いながら、職制に関係なく、すべての職員が同じ目線で利用者の権利
 擁護について考え、日ごろの利用者支援において適切な対応ができるよう学びます。

※その他、経験年数に応じて社会福祉協議会などの関係機関主催のOFF-JTに派遣し
 たり、県内のほかの複数の社会福祉法人と合同で職員研修を実施してお互いのスキルア
 ップに取り組んだりなど、様々なメニューを実施しています。
自己啓発支援制度 制度あり
【川越にじの会キャリアアップ・チャレンジ制度】
<3福祉士国家試験受験料補助制度>
 社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士のいわゆる3福祉士の国家試験受験料につい
 て、合格後、その費用の全額を法人で負担します。
 その後は、月額で資格手当を支給します。
<管理栄養士国家試験受験料補助制度>
 栄養士の方で、所定の実務経験経過後、管理栄養士の国家試験受験料について、合格
 後、その費用の全額を法人で負担します。
 その後は、月額で資格手当を支給します。
<その他の費用補助制度>
 自己啓発により、取得しようとしている資格や免許が、利用者の生活の質の向上に寄与
 されるものと法人が判断したものに関しては、その費用の全額または一部を法人で負担
 します。 <過去の例>大型自動車運転免許(バスによる利用者の外出支援)

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
日本社会事業大学、十文字学園女子大学、埼玉県立大学、聖学院大学、東洋大学、目白大学、立正大学、文教大学、聖徳大学、東京福祉大学、大東文化大学、武蔵野大学、淑徳大学、静岡福祉大学、東北福祉大学、中央大学、文京学院大学、神奈川大学、城西大学、帝京大学、清和大学、大手前大学、九州情報大学
<短大・高専・専門学校>
秋草学園短期大学、川口短期大学、国際学院埼玉短期大学、埼玉福祉保育医療専門学校、札幌医療秘書福祉専門学校、淑徳大学短期大学部、彰栄保育福祉専門学校、東京福祉保育専門学校、東京YMCA社会体育・保育専門学校、武蔵丘短期大学

貞静学園保育専門学校
日本社会事業大学(社会福祉士通信教育) など

採用実績(人数)        2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 
------------------------------------------------------------------------------
大学卒     2名   5名   -   -    5名
短大・専門卒  2名   2名   -   3名    2名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 0 3 3
    2020年 0 0 0
    2019年 4 3 7
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 3
    2020年 0
    2019年 7
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 1

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

社会福祉法人川越にじの会と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ