最終更新日:2022/8/9

丸彦渡辺建設(株)

業種

  • 建設
  • 建築設計

基本情報

本社
北海道
資本金
4億7,600万円
売上高
270億6,700万円(2021年3月)
従業員
479名(2021年10月末)

人と地域をつなぐ100年の技術

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
100年の歴史が蓄積した技術を伝承し、信頼される誠実な施工管理を日々行っています。
PHOTO
職場のコミュニケーションを大切にし、何でも話しやすい雰囲気によりスキルアップをサポートします。

人と地域をつなぐ100年の技術

PHOTO

現場の仲間や職人さんと日々コミュニケーションをとり、皆で一丸となって工事を進めていきます。現場の温かい雰囲気は歴史ある当社の社風です。

今から100年ほど前の北海道池田町、新しいパルプ工場の旗揚げとともに、今の丸彦渡辺建設は誕生しました。機械の据付けや原木の加工、運搬などの請負から始まり、現在では北海道のみならず、全国各地で事業を展開する総合建設業へと成長しています。
 創業から受け継がれる技術者としてのプライドと、誠実な施工をモットーとして培った信頼を携え、人と地域に貢献する企業として丸彦渡辺建設は進化していきます。

◆安心を支える
地域や建物の安全・安心を守るために、丸彦渡辺建設は技術を磨いています。道内でもいち早く取り組んだ免震技術を本社ビルに採用し、地震時のデータ収集など大学などの研究機関と連携して取り組んでいます。また災害時には即座に復旧活動が行えるような体制を整え、地域を守る企業としての自覚を持って活動しています。

◆暮らしを支える
地域の方々の居住空間はもちろん、生活を充実させる施設や安定した生活基盤に当社の技術が活用されています。また最近の課題であるエネルギー分野ではバイオマス発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーの開発に積極的に参加しています。

◆経済を支える
王子グループを始めとした、製紙関連企業を中心に生産施設の建設、メンテナンス、作業請負などの生産施設運営に係わるトータルサポートを実施しています。また、店舗・オフィスビル、倉庫などの物流拠点から道路・橋梁などの交通インフラまで、丸彦渡辺建設の技術力で地域の経済活動を支えていきます。

会社データ

事業内容
◆建築工事
居住空間から文化・生産施設まで幅広い展開を見せている丸彦渡辺建設の建築技術は、「自然環境との調和」をバランスよく融合することにより、多くの人に満足いただいています。新しい都市空間の創造や再開発の場でも活躍しています。

◆土木工事
北の大自然を相手に培われてきた丸彦渡辺建設の土木技術と経験は「高度な完成度」をもとに道路、地下鉄、公園など多くの実績を築きあげ、その信頼はゆるぎないものとなっております。河川、オートキャンプ場、マリーナ、漁港、高速道路などの自然との調和を実現する多くの土木工事を手がけています。日本映画史上最大級のオープンセットと言われた「のぼうの城」の大型セットも手がけました。

◆工場設備の保守管理並びに付帯事業
会社創業時から蓄積したノウハウと現在の技術を融合し、工場建屋建築から機械基礎及び稼働後のメンテナンスまで確かな技術でサポートしています。現在、全国18の生産工場施設を拠点に事業を展開しております。

PHOTO

本社ビルに設置されている免震システム。建物内外に5台の地震感震器を設置し、大学等の研究機関と共にデータの検証を行います。

本社郵便番号 062-8617
本社所在地 北海道札幌市豊平区豊平六条六丁目五番八号
本社電話番号 011-811-8121
創業 1918年
設立 1948年8月
資本金 4億7,600万円
従業員 479名(2021年10月末)
売上高 270億6,700万円(2021年3月)
事業所 本社、札幌支店、江別支店、苫小牧支店、釧路支店、名古屋支店、東京支店、
西日本支店(兵庫県)
関連会社 丸彦商事(株)、新王建設(株)、丸彦産業(株)
沿革
  • 1918(大正7)
    • 初代渡邉彦太郎が北海道池田において「渡邊鈴木組」を創立
      製紙機械の据付、原材料の加工・搬入の請負業として出発
  • 1922(大正11)
    • 「丸彦渡邊組」に改称
      本店を樺太(現サハリン)の落合に構える
  • 1945(昭和20)
    • 敗戦により樺太の各出張所、事業所がソ連軍に接収される。
  • 1948(昭和23)
    • 本社を札幌豊平に移し「丸彦渡辺建設(株)」として再出発
      江別支店、苫小牧支店を開設
  • 1949(昭和24)
    • 釧路支店を開設
  • 1950(昭和25)
    • 東京出張所(後の東京支店)を開設
  • 1951(昭和26)
    • 春日井出張所(後の名古屋支店)を開設
  • 1995(平成7)
    • 雨龍建設(株)と合併
  • 1997(平成9)
    • 本社並びに本店の建築部門及び土木部門『ISO9001』認証取得
  • 1998(平成10)
    • 創業80周年を迎え、免震構造の本社新社屋完成
  • 1999(平成11)
    • 『ISO9001』全店展開終了
      プロモーショナルマークを商標登録
  • 2000(平成12)
    • 『ISO14001』認証取得
  • 2014(平成26)
    • ミリオンホーム(株)を吸収合併

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 44.9年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 24.2時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 20.7日
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 5.6%
      (72名中4名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
【階層別研修】
新入社員研修、新入社員フォローアップ研修、若手社員研修、中堅社員研修、管理職研修、役員・支店長研修
自己啓発支援制度 制度あり
会社の指定する国家資格の取得支援金及び取得奨励金(最高70万円)、試験対策講座
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 8 5 13
    2021年 14 2 16
    2020年 9 3 12
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 13
    2021年 16
    2020年 12

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
北海道大学、北見工業大学、室蘭工業大学、金沢工業大学、愛知工業大学、東洋大学
<大学>
北海道大学、室蘭工業大学、北見工業大学、北海学園大学、北海道職業能力開発大学校(応用課程)、名城大学、工学院大学、愛知工業大学、東洋大学、千葉工業大学、金沢工業大学、中部大学、日本大学、東海大学、関東学院大学、東北工業大学、大同大学、八戸工業大学、ものつくり大学、大阪産業大学、星槎道都大学、日本女子大学
<短大・高専・専門学校>
苫小牧工業高等専門学校、函館工業高等専門学校、釧路工業高等専門学校、青山建築デザイン・医療事務専門学校、青山製図専門学校、日本工学院北海道専門学校、米子工業高等専門学校、北海道歯科技術専門学校、札幌工科専門学校、札幌科学技術専門学校、東海工業専門学校金山校

前年度の採用実績(人数) ◆2022年予定  13名(大卒8名、専門卒2名、高卒3名)
◆2021年    16名(大卒9名、専門卒2名、高卒5名)
◆2020年    12名(大卒1名、専門卒5名、高卒6名)



先輩情報

人と人との繋がりで出来ていく建物
N.M
2019年入社
23歳
室蘭工業大学
工学部 建築社会基盤系学科
札幌支店 建築部 工事グループ
マンション建設工事の現場管理
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

丸彦渡辺建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
丸彦渡辺建設(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 丸彦渡辺建設(株)の会社概要