最終更新日:2022/12/9

(株)ヰセキ関西中部【2021年1月1日(株)ヰセキ関西中部と(株)ヰセキ北陸が合併】

業種

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 検査・整備・メンテナンス
  • 専門店(その他小売)
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)

基本情報

本社
愛知県
資本金
8,100万円
売上高
208億円(2021年度実績)
従業員
820名 (2022年1月現在 パート社員含む)

さまざまな個性が活躍する「人物重視」の会社です。(井関農機100%出資の販売会社)

会社紹介記事

PHOTO
トラクター、コンバイン、田植え機などが同社の主力製品。いずれも高い性能を誇り、発売以来、多くの農家に愛用されている。
PHOTO
当社の次世代を担う活躍が期待される若手社員。各々が高い志を持って農業と真剣に向き合っている。

変化を続ける農業の在り方を見極め、最適なサポートによって多くの農家を支援。

PHOTO

「以前と比較しても、農業の在り方は変化しています。だからこそチャンスもたくさん。しっかりとサポートするので、臆することなく挑戦してください」代表取締役・佐竹社長

当社は井関農機100%出資の連結子会社として、東海・北陸・関西圏を事業エリアに農業機械・農業用資材販売事業や農業用施設設計、施工管理事業などを展開しています。なかでもトラクター、コンバイン、田植え機をはじめとした農業機械販売は愛知・岐阜エリアにおいては高いシェアを獲得。多くのお客様から高い信頼と評価を得ています。その要因として挙げられるのが拠点の配置数、いわゆる戦力投入です。農家さんの近くにできるだけ多くの営業所を設けることで、どんな時でも即座に対応できる体制を構築。きめ細かな対応がお客様の安心感につながっていると考えています。加えて販売会社である当社は、農家さんともっとも近くで関わる立場です。いくら製品がよくても人に魅力がなければ購入には至りません。つまり、一方的に製品の独自性・優位性をアピールするのではなく、お客様一人ひとりに対して一番メリットのある機械や設備を提案することが大事なのです。その思いがあるから、お客様から「ありがとう」の言葉をいただくこともできる、そう思っています。同時に、それは社員にとって一番の喜びでもあるはず。当社は何より「人」を大切にしています。

農業は自然を相手にする仕事です。当然、そこには少なからずリスクが発生します。しかし一方で、手を加えれば加えるほど手応えとして返ってくるのも確かです。『品質の良い安心、安全に優れた農作物を提供したい。』その思いは農家さんはもちろん、販売会社である私たちも同じです。もっと言えば、農業は日本に不可欠な産業です。現在は国が新規就農を積極的に支援しているほか、若い担い手農家が“経営”として農業に力を入れる傾向にあるなど農業復興の気運も高まっています。事実、現在は中小農家が6割以上を占めていますが、近い将来には大規模農家の占める割合が逆転すると言われています。そうした変化を見据え、当社も新たな拠点設立や修理工場の拡大など、営業・サービス部門双方の強化に着手し始めています。さらに、今後は家庭菜園の増加も予測されます。決して成熟市場ではなく、まだまだ発展途上だと考えています。だからこそ、まだまだ活躍の場もたくさんあります。農学部で専門的に学んでいる方も、機械科などで機械を触っていた方も、あるいは人と触れ合うことが好きな方も、当社ではさまざまな個性を持った方が活躍できるフィールドを用意しています。

会社データ

事業内容
・農業機械(トラクタ、田植機、コンバインなど)の販売、整備メンテナンス
・農業用資材(培土)の製造、販売
・農業用施設の設計、施工管理
・コイン精米機の設置、運営管理
・米穀炊飯、食品加工事業(春日井市~東海エリア近郊)
・広告チラシポスティング事業(北陸エリア)
・建設機械のレンタル事業(北陸エリア)
・その他、農家に対する経営サポートを行っています

最近では、農業の大規模化、新規就農、スマート農業への積極的なサポート対応にも取り組んでいる。

PHOTO

本社郵便番号 444-1221
本社所在地 愛知県安城市和泉町大北61番地
本社電話番号 0566-92-7221
設立 1960年(昭和35年)6月
資本金 8,100万円
従業員 820名 (2022年1月現在 パート社員含む)
売上高 208億円(2021年度実績)
主な取引先 井関農機(株)
(株)ISEKIアグリ・(株)ISEKIトータルライフサービス
各県県下JA・各県特約販売店
沿革
  • 昭和35年6月
    • 三重ヰセキ農機販売(株)設立
      (本社 津市)
  • 昭和39年7月
    • 東海ヰセキ販売(株)に社名変更
      (本社 名古屋市へ移転)
  • 昭和53年7月
    • 愛知ヰセキ販売(株)、
      三重ヰセキ販売(株)、
      岐阜ヰセキ販売(株)を分離設立
  • 平成4年3月
    • 炊飯事業開始
  • 平成9年1月
    • 静岡ヰセキ販売(株)と合併
      社名を(株)ヰセキ東海に改称
  • 平成9年7月
    • 本社を名古屋市より安城市に移転
  • 平成19年1月
    • 岐阜ヰセキ販売(株)と合併
  • 平成22年7月
    • 炊飯第2工場 新築完成
  • 平成31年1月
    • (株)ヰセキ関西と合併
      社名を(株)ヰセキ関西中部に改称
  • 令和3年1月
    • (株)ヰセキ北陸と合併
      東海・北陸・関西エリアを営業エリアとして事業展開

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 10時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
入社後は約2週間、井関農機の研修センターにて、
グループ会社の新入社員が集まる新人研修に参加。
トラクターなどの取扱い商品を見て触って覚えられる研修です。
さらに季節ごとに収穫できる作物の知識など、
農業についてもじっくり学べます。
その後も定期的にメーカー主催の階層別研修を開催。
スキルに応じた研修が受けられます。
自己啓発支援制度 制度あり
ヰセキグループ全体で通信教育の受講を募集・推奨しています。(年2回)
社内検定制度 制度あり
農業機械整備技能検定取得について、実務経験2年経過後の社員を
対象に事前社内講習を行い検定合格をサポートします。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 9 1 10
    2021年 9 2 11
    2020年 4 0 4
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 10
    2021年 11
    2020年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 1
    2020年 3

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知学院大学、愛知学泉大学、愛知工業大学、愛知大学、宇都宮大学、横浜商科大学、関西学院大学、関東学院大学、岐阜経済大学、岐阜女子大学、岐阜聖徳学園大学、岐阜大学、近畿大学、九州共立大学、広島国際学院大学、弘前大学、國學院大學、国士舘大学、滋賀大学、佐賀大学、三重大学、四日市大学、中京学院大学、中部大学、名城大学、至学館大学、椙山女学園大学、静岡産業大学、専修大学、帯広畜産大学、大阪市立大学、大同大学、中京大学、朝日大学、東海学園大学、東海大学、東京農業大学、東京理科大学、同朋大学、南山大学、日本大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学、名古屋経済大学、名古屋商科大学、青山学院大学、亜細亜大学、石川県立大学、大阪大学、大阪学院大学、大阪経済法科大学、大阪工業大学、大阪商業大学、金沢大学、金沢学院大学、金沢工業大学、金沢星稜大学、京都学園大学、神戸大学、静岡県立大学、東京経済大学、常葉大学、富山大学、奈良大学、日本福祉大学、福井大学、福井工業大学、北陸大学、南九州大学、武蔵大学、山梨学院大学、酪農学園大学、立命館大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
石川県歯科医師会立歯科医療専門学校、大阪デザイナー専門学校、金沢科学技術大学校、金沢学院短期大学、金沢星稜大学女子短期大学部、鯉淵学園農業栄養専門学校、国際高等専門学校、仁愛女子短期大学、富山高等専門学校、富山情報ビジネス専門学校、富山短期大学、中日本自動車短期大学、名古屋リゾート&スポーツ専門学校、日本理工情報専門学校、北陸職業能力開発大学校(専門課程)

前年度の採用実績(人数) 2022年度:10人
2021年度:11人
2020年度:4人
2019年度:10人
2018年度:13人

前年度の採用実績(学部・学科) 法学部、経済学部、経営学部、文学部、教育学部、工学部、理工学部、農学部

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)ヰセキ関西中部【2021年1月1日(株)ヰセキ関西中部と(株)ヰセキ北陸が合併】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ヰセキ関西中部【2021年1月1日(株)ヰセキ関西中部と(株)ヰセキ北陸が合併】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)ヰセキ関西中部【2021年1月1日(株)ヰセキ関西中部と(株)ヰセキ北陸が合併】の会社概要