最終更新日:2022/6/8

丸永(株)[グループ募集]

業種

  • 農林・水産
  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
兵庫県
資本金
2,500万円
売上高
98億1,900万円(2022年2月期)
従業員
グループ計85名(2022年4月時点)

畜産を誰もが憧れるカッコいい業界に!丸永グループは畜産業界全体への更なる貢献を目指しています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
牛や豚、鶏の畜産農家に飼料を提案しながら、経営面までサポートする飼料営業。実際に牛舎や豚舎の中に入って飼育状況を確認し、きめ細かなサポートを行います。
PHOTO
飼料販売から農場経営、畜産物の販売と、畜産に関して川上~川下まで一貫して行っている丸永。それぞれの部署間でも活発に意見交換を行い、フォローしあっています。

「畜産」という仕事を憧れの職業に。一緒に業界を変えていく仲間を探しています!

PHOTO

「畜産に関する仕事は、本当の面白さがわかるまでには時間がかかるかもしれません。でも、挑戦意欲のある人であればきっと楽しめると思いますよ。」と語る米重社長。

丸永グループは畜産の仕事を誰もが憧れる「カッコいい」仕事に変えていくため、畜産業界の発展を牽引できるような会社を目指しています。

丸永グループは1965年の創業以来、牛や豚、鶏などの農場を営む方々への畜産用飼料の販売をコアビジネスとして、長年培った飼料のノウハウを武器に養豚事業「マルナガファーム」、養鶏事業「丸永エッグランド」と自社農場の経営にも進出してまいりました。近年は生産物を消費者に届ける食品事業にも展開し、畜産業を生産だけでなく流通という広い視野で考えることが畜産業界を盛り上げていく最良の道だと考えて取り組んでいます。

そして2022年、畜産業界発展の大きな一歩と捉え、丸永グループは東京証券取引所プライム市場上場のヤマエグループホールディングス(株)の一員となりました。ヤマエグループは「流通のトータルサポーター」として、人・企業・社会をつなぐ総合流通業を全国で展開する企業グループであり、飼料販売や食品事業を通じて、より大きなスケールで畜産流通を展開しています。丸永グループの事業をヤマエグループの一員として展開することで、今後さらに畜産業界を盛り上げていけるものと信じています。

新しくなった丸永グループで、そしてヤマエグループの一員として、我々と一緒に挑戦してみませんか?

【代表取締役 米重 文博】

会社データ

事業内容
■畜産用飼料の販売
■農場経営(養豚・養鶏)
■直営農場で生産された畜産物の販売
本社郵便番号 669-1514
本社所在地 兵庫県三田市川除150-1
本社電話番号 079-564-6000
設立 1965(昭和40)年3月15日
資本金 2,500万円
従業員 グループ計85名(2022年4月時点)
売上高 98億1,900万円(2022年2月期)
関連会社 (有)マルナガファーム
(有)丸永エッグランド
事業所所在地 <本社>
〒669-1514
兵庫県三田市川除150-1
TEL 079-564-6000
FAX 079-564-6008

<関西営業所>
〒651-1354
兵庫県神戸市北区八多町上小名田1070-1
TEL 078-952-0801
FAX 078-952-0830

<九州営業所>
〒899-5106
鹿児島県霧島市隼人町内山田1-2-3
TEL 0995-73-5780
FAX 0995-73-5781

<三田農場>
〒669-1501
兵庫県三田市母子1741
TEL/FAX 079-566-0324
募集会社 丸永(株)
(有)マルナガファーム
(有)丸永エッグランド
募集会社1 丸永(株)
※上記詳細をご確認ください。
※一括採用&在籍出向
募集会社2 ■(有)マルナガファーム
所在地:〒699-3162島根県江津市敬川町2302-2
電話:0855-53-1166
従業員:17人(2022年4月時点)
資本金:1,000万円
売上:887,000千円(2022年2月期)
設立:2007年
事業所:松川農場〒695-0004島根県江津市松川町市村582
事業内容:養豚業
募集会社3 ■(有)丸永エッグランド
所在地:〒708-1303 岡山県勝田郡奈義町皆木351-10
電話:0868-36-6470
従業員:30人(2022年4月時点)
資本金:300万円
売上:1,485,000千円(2022年2月期)
設立:2008年
事業内容:養鶏業
沿革
  • 昭和40年 3月
    • 穴瀬為男が兵庫県伊丹市にて家畜飼料販売業“(有)丸永飼料”設立創業。
  • 昭和45年
    • 兵庫県北部の飼料拡販のため兵庫県神戸市北区に“北神戸営業所”開設。
  • 昭和47年 8月
    • 丸永(株)に社名変更。
  • 昭和51年
    • 島根県江津市に養豚農場“(有)島根種豚供給センター”を設立。
  • 平成元年
    • 岡山県奈義町に採卵養鶏農場“岡山農場”建設開始。
  • 平成5年
    • (有)島根種豚供給センターにて全頭人工授精に成功。
  • 平成14年
    • 岡山農場建設工事完了。成鶏36万羽体制となる。
  • 平成18年
    • 養豚事業拡大のため島根県江津市松川町に(有)島根種豚供給センター“松川農場”開設。
  • 平成19年
    • (有)島根種豚供給センターを“(有)マルナガファーム”に社名変更。
  • 平成19年11月
    • 養豚事業拡大のため兵庫県三田市に“三田農場”開設。
  • 平成20年 5月
    • 岡山農場を事業確立のため“(有)丸永エッグランド”として独立。
  • 平成21年 5月
    • (有)丸永エッグランド増羽工事完了。成鶏48万羽体制となる。
  • 平成21年 7月
    • (有)マルナガファーム及び丸永(株)三田農場の増頭工事完了。母豚1,000頭体制となる。
  • 平成21年 9月
    • 自社農場で生産された畜産物の販路拡大のため“食品営業部”設立。
  • 平成22年 3月
    • 九州エリアの飼料拡販のため鹿児島県霧島市に " 九州霧島出張所 " 開設。
  • 平成25年12月
    • さらなる顧客サービスの充実と業務の一元化を図るため本社を三田市に移転。
  • 平成27年 4月
    • 農協市場館パスカル三田にて三田ポーク販売開始。
  • 平成30年 3月
    • 鹿児島県霧島市内で事務所を移転し、”九州霧島出張所”を"九州営業所"へ名称変更。
  • 令和3年 3月
    • ”北神戸営業所”に関西地区の営業機能を集約し、"関西営業所"へ名称変更。
  • 令和4年 5月
    • ヤマエグループホールディングス株式会社へ全株式を売却しグループの一員となる。

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修 …社会人に必要なマナーを学ぶ研修
         畜産の基礎知識を身につける社内研修
・リーダー研修 …チームリーダーとなる為の研修
・管理監督者研修…管理者となる為の研修

※その他、昇格に応じた研修や、実務研修など次のステップへと進んでいただく為に必要な研修を準備しています。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 2 1 3
    2021年 2 1 3
    2020年 2 1 3

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
香川大学、信州大学、奈良先端科学技術大学院大学、広島大学
<大学>
大阪大学、大阪産業大学、京都産業大学、近畿大学、高知大学、神戸大学、佐賀大学、滋賀県立大学、島根大学、信州大学、東海大学、鳥取大学、同志社大学、長崎大学、福山大学、三重大学、山形大学、山口大学、酪農学園大学、琉球大学、鹿児島大学

前年度の採用実績(人数) 2019年 2020年 2021年
------------------------------
 1名   3名   3名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

丸永(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
丸永(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 丸永(株)の会社概要