最終更新日:2022/7/22

秋田エプソン(株)

業種

  • 精密機器
  • 家電・AV機器
  • 半導体・電子・電気機器
  • 印刷・印刷関連

基本情報

本社
秋田県
資本金
8,000万円
売上高
205億円(2021年3月期)
従業員
987名(2021年4月時点)

お客様にとってなくてはならない会社として『最強のモノづくり集団』を目指しています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
2020年にはウオッチ生産拠点を集約・効率化するため新棟を竣工。地域の発展と豊かな社会へ貢献できる企業を目指している。
PHOTO
社員全員が共通認識でコンプライアンスに徹している。働きやすさを追求するその姿勢は、女性委員会が中心となって常に改善されている。

エプソンが誇る技術を秋田から世界へ。挑戦や向上心が目指すキャリアへと導きます!

PHOTO

年功序列や社歴ではなく、仕事の内容を正当に評価するのが当社の特長です。常に前向きな姿勢で仕事に取り組む社員が多く、切磋琢磨しながら仕事に向き合っています。

当社は、エプソングループの一員であり、"ものづくり”に特化した会社です。事業はインクジェットプリンター用ヘッドの製造・組立、ウエアラブル(時計)機器の製造・組立ならびに自動化ラインの設計開発、精密金型設計~製造を展開しています。秋田の地で製造した部品や製品は主に海外に輸出され、世界に誇る日本の"ものづくり”の技術を提供。秋田の自然豊かな環境の中で最新技術に携われることは、やりがいや働きやすさにもつながっています。

仕事内容から、理系出身者が多い印象を持たれるかもしれませんが、なかには文系出身で活躍している社員もいます。入社時、年齢や学部学科などによって一人ひとりのスタートラインは異なるものの、以降は本人の頑張り次第でキャリアアップを目指すことができます。自ら考え、行動することで仕事のオファーが増え、それを正当に評価するのが当社の特長と言えます。日進月歩の精密機器の世界は、学ぼうとする向上心を持つことが重要です。前向きに、やる気を持って仕事に取り組むことで、自信が目指すキャリアパスを描くことができるでしょう。また、海外との繋がりが強いため、製造技術部門や生産技術部門では海外でのグローバルな活躍ができます。

世界に通用する企業であるゆえんは、技術力に限ったことではありません。社員全員がコンプライアンスに徹する当社は、労働環境の改善に常に取り組んでいます。例えば、体の不調などにすぐに対応できるよう、看護師が常勤。産業医も非常勤で勤務しているので、メンタル面での相談をすることができます。さらに、社内で「女性委員会」を発足し、女性ならではの視点で働きやすさを追求し、都度、改善に努めているのも当社の強みです。女性のみならず、全ての社員がパフォーマンスを最大限に活かせる環境を整えることで、企業も成長できると考えています。

「最強のものづくり集団」を目指して、わたしたち秋田エプソンは、技術、企業力の向上に社員一丸となって取り組んでいます。ぜひ、わたしたちと一緒に、世界にものづくりの真髄を提供していきましょう!
(総務・人事グループ/柴田 秀太郎)

会社データ

事業内容
●プリンターヘッド部品の製造
●ウエアラブル機器・部品の製造
●超精密部品・金型具冶工具の製造加工
本社郵便番号 012-0801
本社所在地 秋田県湯沢市岩崎字壇ノ上1番地
本社電話番号 0183-72-4111
設立 1986年6月20日
資本金 8,000万円
従業員 987名(2021年4月時点)
売上高 205億円(2021年3月期)
主な取引先 セイコーエプソン(株)
沿革
  • 1986年
    • オリエント時計(株)の100%出資による秋田オリエント精密(株)設立
  • 1988年
    • ウオッチ事業拡大のため、現在の本社事業所に移転し腕時計部品の一貫製造工場となる
  • 1993年
    • ドットインパクトプリンターのヘッド製造開始
  • 1994年
    • 品質マネジメントシステム(ISO9002)認証取得
  • 1995年
    • インクジェットプリンターのヘッド製造開始
  • 2000年
    • 水晶デバイスの製造開始
  • 2001年
    • 環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得
  • 2002年
    • インクジェットプリンターのピエゾ素子製造開始
  • 2005年
    • 資源エネルギー庁長官賞受賞(電気部門)
  • 2008年
    • エネルギー管理優良工場として経済産業大臣賞受賞
  • 2009年
    • セイコーエプソン(株)の直接子会社となり現社名に変更
  • 2012年
    • リストバンド型活動量計の製造開始
  • 2014年
    • PrecisionCoreプリントヘッドの製造開始
      ウオッチムーブメントの製造開始
  • 2016年
    • インクジェットプリンター用ヘッドの新工場竣工
  • 2017年
    • (株)ユーティーエスを合併し、羽後事業所を発足
  • 2018年
    • 本社事業所敷地拡張実施
  • 2019年
    • 羽後事業所の機能を本社事業所に集約 1拠点体制
  • 2020年
    • 世界初の技術『電界撹拌』を用いたがん迅速診断支援装置の開発の取り組みで
      第8回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞を受賞
      ウオッチ生産拠点を集約・効率化するため、新棟竣工

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 14.6時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12日
    2019年度

社内制度

研修制度 制度あり
職位や等級に応じた研修が充実しており、スキルアップのサポートをします。
社内に講師がおり、優しく分かり易く研修を進めてくれます。

研修内容例:ビジネスマナー研修、自己表現研修、製造原価研修、中堅社員研修、アセスメント研修、プレゼン研修、ロジカルシンキング研修、安全衛生教育、各種職制研修などなど沢山あります。
自己啓発支援制度 制度あり
自己啓発支援補助金制度があり、社員の知識・技能向上を目的に補助します。
通信教育や資格取得などの受講料を半額負担します。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 3 0 3
    2021年 4 0 4
    2020年 7 0 7
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 3
    2021年 4
    2020年 7

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
秋田大学、秋田県立大学、岩手大学、東北大学、新潟大学
<大学>
秋田大学、秋田県立大学、茨城大学、宇都宮大学、弘前大学、山形大学、東北大学、高崎経済大学、石巻専修大学、札幌学院大学、仙台大学、東海大学、東北工業大学、東北学院大学、東北職業能力開発大学校(応用課程)、中央大学、中部大学、日本大学、八戸工業大学、富士大学、千葉工業大学、立正大学、新潟大学
<短大・高専・専門学校>
秋田工業高等専門学校、東北職業能力開発大学校(専門課程)

湯沢翔北高校専攻科

前年度の採用実績(人数)    2020年 2021年 2022年(予)
-------------------------------------------------
大卒   6名  6名   3名
専門卒  1名  1名    -

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

秋田エプソン(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
秋田エプソン(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 秋田エプソン(株)の会社概要