最終更新日:2022/6/6

太平洋精工(株)

業種

  • 自動車・自動車部品
  • 金属製品
  • 精密機器
  • 半導体・電子・電気機器

基本情報

本社
岐阜県
資本金
9,840万円
売上高
230億円(2021年3月連結)
従業員
423名(2021年4月現在)

世界No.1シェアの自動車専用ヒューズメーカー!!私たちの技術は自動車の安全、快適のため見えない所で役立っています!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
新しいテクノロジーや、デザインを見るたびに、私たちは驚き、ワクワクしたものです。
PHOTO
もっと安全で快適なクルマはできないか。そんな願いを叶える力となることを太平洋精工は望んでいます。

命を運ぶクルマ、それを守るヒューズ。だからこそ妥協はしない

PHOTO

〇より性能の高いヒューズを作るため

 大学時代は理学部地球科学科に在籍し、地球温暖化やエネルギー問題などを学んできました。電気を専門で学んでいたわけではありませんが、入社してからはEV(電気自動車)に使われるヒューズ等の設計に携わっています。大学時代に学んだ環境・エネルギー問題を解決するためのEVに関わることができ、嬉しく感じています。
また、太平洋精工のヒューズは世界トップのシェアを誇っているので、自分が設計した製品を世界中のお客様に使っていただけることは大きなモチベーションにつながっています。
 自動車業界で「100年に一度の大変革期」と呼ばれるこの時代、EVは今後より一層発展していきます。EVには従来の自動車よりもさらに大きな電流や電圧が流れるので、それに使われるヒューズにもより高い性能が要求されます。命を運ぶクルマだからこそ厳しい要求をクリアする必要があり、加えて現場が作りやすいように設計するのは困難ですが、会議で意見を出し合い、実現可能な形となるよう心がけています。これがうまくいったときには、とても大きなやりがいを感じますね。

〇自分ならではの視点で

 設計部に配属されてすぐに知識や知見をもってヒューズの設計を行うことができたわけではありません。しかし勉強しながら業務ができる環境や、教えてくださる先輩方のおかげで少しずつ知識を蓄えることができています。まだ勉強中の身ではありますが、どんなことも「やってみたら?」と言ってもらえるので、いろいろな挑戦をすることができています。
 休日は地域のサークルでスポーツをしたり学生時代の友人と食事に行ってリフレッシュすることで、また仕事を頑張ろうと思えます。
 今後の目標は、入社して日が浅い自分ならではの柔軟な視点で物事を考え、太平洋精工だから作れる競合他社より優れた性能のヒューズを設計し付加価値を高めていくことです。


渡辺 健吾(研究開発部門 設計部/2019年4月入社)

会社データ

事業内容
自動車専用ヒューズの開発・設計・製造
精密金属プレス加工・金型製作

<自動車専用ヒューズ>
ヘッドランプにウィンカー、カーオーディオ、ETC。
クルマは、電気製品の塊です。それらの回路に規格外の電流が流れたときに、
いち早く電流を遮断して、保護するのがヒューズです。
回路を保護することで、クルマを火災から守り、
人命を守ることへつながっています。

また、PECの自動車用ヒューズは1960年代より自動車の発展と共に、
開発と製造に取り組み、その歴史をリードしてきました。
その結果、国内・海外でトップシェアを誇る企業へと成長してきました。
これからも自動車の未来を見据え、安全・快適な未来の自動車づくりに貢献し、ワクワクさせていきます。

<精密金属プレス>
自動車部品の多くはプレスで製造されています。
金属の板を曲げて、型抜きをして、カタチにする。
当然高い精度は必要ですし、軽量化のために硬くて薄い材料を
加工する技術や、形状の工夫が必要です。
PECは金型の設計、製造から、プレス加工、組立まで
一貫してできる技術を持っています。

PHOTO

クルマと電気。いい関係はヒューズがつくる。

本社郵便番号 503-0981
本社所在地 岐阜県大垣市桧町450
本社電話番号 0584-91-3131(代)
創業 1961年10月3日
資本金 9,840万円
従業員 423名(2021年4月現在)
売上高 230億円(2021年3月連結)
事業所 ●本社工場
岐阜県大垣市桧町450番地

●大垣工場
岐阜県大垣市久瀬川町7丁目5番地8号
主な取引先 【自動車メーカー及び自動車部品メーカー】
いすゞ自動車(株)、オートモーティブエナジーサプライ(株)、スズキ(株)、
住友電装(株)、ダイハツ工業(株)、太平洋工業(株)、トヨタ自動車(株)、
日産自動車(株)、(株)フジクラ、富士重工業(株)、古河AS(株)、
本田技研工業(株)、マツダ(株)、三菱自動車工業(株)、(株)明電舎、
矢崎部品(株)、ヤマハ発動機(株)、GM大宇自動車技術(株)、
Adam Opel AG、BMW AG、Continental AutomotiveSystems、
Daimler AG、Delphi Automotive Systems、Ford Motor Company、
General Motors Corporation、Hyundai Kia AutomotiveGroup、
Lear Corporation、Lisa Draexlmaier GmbH、Renault S.A.S、
Satrotec AG、Tata Motors Limited、Tyco Electronics Corporation
(敬称略、順不同)
関連会社 太平洋工業(株)

PEC of America Corporation (San Diego Main Office)
Detroit Technical Office
PEC (Europe) GmbH
上海比越喜貿易有限公司 PEC (Shanghai) Corporation
太平洋精工(株) 韓国テクニカルオフィス
PEC Manufacturing (Thailand) Ltd.
PEC de Mexico,S.A. de C.V.(Guanajuato)
平均年齢 38.9歳
沿革
  • 1961年
    • 太平洋工業(株)より特殊部品部門を分離独立し、
      太平洋精工(株)を設立
      グリースニップル、ガラス管ヒューズ、
      リベットの製造を開始
  • 1994年
    • 米国カリフォルニア州サンディエゴに
      PEC of America Corp.を設立
  • 2000年
    • 米国ミシガン州デトロイトに
      PEC of America Corp.テクニカルオフィスを開設
      タイにPEC Manufacturing (Thailand) Ltd. を設立
  • 2002年 
    • 自動車用ヒューズ販売累計100億本を達成
  • 2005年
    • 中国・上海に「上海比越喜貿易有限公司」
      PEC (Shanghai) Corp.を設立
  • 2006年
    • 経済産業省「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる
  • 2008年
    • ホールディングカンパニー体制に移行
  • 2010年
    • 自動車用ヒューズ販売累計200億本を達成
  • 2011年
    • 創業50周年を迎える(10月3日)
      韓国にテクニカルオフィスを設置
  • 2012年
    • ドイツ・デュッセルドルフにPEC (Europe) GmbHを設立
  • 2014年
    • 経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれる
      メキシコにPEC de Mexico,S.A.de C.V.(Guanajuato) を設置
  • 2015年
    • 自動車用ヒューズ販売累計300億本を達成
  • 2018年
    • 自動車用ヒューズ販売累計400億本を達成
  • 2019年
    • 新本社社屋完成
      第8回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞受賞
  • 2021年
    • 自動車用ヒューズ販売累計500億本を達成
      第34回日経ニューオフィス賞「中部ニューオフィス推進賞」
      創業60周年を迎える(10月3日)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.9年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 16時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 7名 10名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 1名 4名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
階層別教育、新入社員教育、管理職研修、TOEIC 等
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得奨励制度、特殊資格表彰
メンター制度 制度あり
あり(指導役制度)
キャリアコンサルティング制度 制度あり
あり(半期に一度上司との人事面談)

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 2 3 5
    2021年 4 0 4
    2020年 6 1 7
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 5
    2021年 4
    2020年 7

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
愛知工業大学、岐阜大学、産業能率大学、信州大学、総合研究大学院大学、富山県立大学、名古屋大学、名古屋工業大学、奈良先端科学技術大学院大学、北海道大学、山梨大学、三重大学
<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知県立大学、愛知工科大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、神奈川大学、金沢大学、金沢工業大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、近畿大学、岐阜大学、慶應義塾大学、滋賀大学、島根大学、信州大学、大同大学、中央大学、中京大学、中部大学、筑波大学、東亜大学、東京農業大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長岡技術科学大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学、名古屋経済大学、名古屋工業大学、名古屋商科大学、名古屋女子大学、南山大学、新潟大学、日本大学、日本福祉大学、広島大学、福井大学、法政大学、明治大学、名城大学、山形大学、山梨大学、立教大学、立命館大学、滋賀県立大学、大阪電気通信大学、龍谷大学
<短大・高専・専門学校>
岐阜工業高等専門学校、日本航空大学校、名古屋工学院専門学校、名古屋福祉専門学校、名古屋未来工科専門学校、東海職業能力開発大学校(専門課程)

Webster University、

前年度の採用実績(人数)     2018年 2019年 2020年 2021年 2022年(予)
--------------------------------------------------------------
大卒   6名   7名    7名   4名    5名

前年度の採用実績(学部・学科) 学部
工学、国際経営、商、総合理工、農学、文学、法、法経、理学、理工、経済、経営、機械工、外国語、生産工、現代国際、国際経営、等

学科
機械工、建築工、電子制御工、システム工、ヨーロッパ、スペイン・ラテンアメリカ、英文学、応用化学、応用物理、化学、管理工、機械、機械システム、機械システム工学、機械工、機械工学、経営、経営工、経営情報、経済、現代英語、交通機械、国際経営、材料化学、材料工学、商、情報機械システム、情報工、生産システム、生産機械、精密素材工、繊維高分子工、組織工学、畜産、哲学、電気、電気工、電気電子、電気電子システム、電子工、電子情報、電子情報システム、電子制御システム、土木、建築、法、工学研究、物質科学工学、制御技術、産業機械、工業化学、会計、経理、等

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

太平洋精工(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
太平洋精工(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 太平洋精工(株)の会社概要