最終更新日:2022/7/6

(株)日さく

業種

  • 建設
  • 建設コンサルタント
  • 設備工事

基本情報

本社
埼玉県
資本金
1億円
売上高
50億3,000万円(2021年3月期実績)
従業員
286名(2022年3月現在)

国内外の井戸を掘り続けて110年…限りある資源のために惜しみない努力を

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
~掘り続けて110周年~先人の方々の偉大な努力に感謝し、創立150周年、200周年に向けて後に続く人々のために新たに道を切り拓いていきます。
PHOTO
新しい水汲み場(ハンドポンプ付井戸)に集まる村人(ザンビア・平成25年)

SDGsへの理解を深め、世界中へ安全な水を。

PHOTO

(株)日さく 代表取締役社長 若林直樹

地盤や地下水と共生し
社会に価値をもたらすために挑戦し続けます。

はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。
当社はコロナ禍のなか、創立110周年を迎えることができましたが、これもひとえに皆様のご支援の賜物と厚くお礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染に関しては、コロナウイルスと闘うのではなく、共生していくことが必要と言われています。私達が日常業務で関わっている地盤や地下水は、平時は穏やかであっても変動すると豹変し、人々の生活や地域の社会経済活動に大きな影響を及ぼしますが、それらに対してもコロナウイルスと同様に共生という関係を構築することが必要と考えます。
そして、共生には対話すること、コミュニケーションを取ることが求められ、「人間力」が必要となるのではないでしょうか。当社は、社員一人ひとりが純粋な心をもち、心を磨き、人間性を高めることによって、地盤や地下水との共生関係を構築し、それにより社会に価値をもたらす企業として挑戦し続けます。

会社データ

事業内容
■さく井(井戸掘削)工事
1913(大正2)年にアメリカからロータリー式掘削機を導入して第1号井を完成させて以来、110年以上にわたり水源井、温泉井、水溶性天然ガス井、地震・火山・地盤沈下観測井、地熱調査井、災害対策井等の掘削工事を手掛けています。

■井戸メンテナンス(改修工事)
井戸は「掘削して終わり」ではなく、施工後のきめ細かくかつ適切な維持管理により長寿命化が図られます。当社では、井内水位等の情報を『見える化』し、それらのデータを継続監視することで、お客様に地下水に関わる情報をご提供します。また、各々の井戸の状況に適合したメンテナンスを実施することによって井戸の長寿命化を図っています。

■地下水関連設備工事
さく井工事により、地下水や温泉水を揚水・揚湯するのみならず、それらの利用にも携わっています。
暖かい地下水を路面に散水する消融雪工事、地中熱を利用するための揚水・還元井掘削工事と無散水融雪工事、地下水の水質改善処理装置の設計施工、温泉貯湯槽・配管の設計施工を行っています。

■特殊土木工事
防災・減災、国土強靭化の取り組みに貢献すべく、主に、集水井、抑止杭をはじめとした地すべり対策工事や、現場吹付法枠、グラウンドアンカーなどの、のり面保護工事を行っています。

■地質調査・建設コンサルタント
地下水開発を目的とした地下水調査、斜面災害に対する防災地質調査、社会基盤建設に関わる土木地質調査や構造物基礎調査を展開しています。とくに、地下水調査においてはさく井工事部門と防災地質調査においては特殊土木工事部門と連携することで、高品質かつ長寿命化の目的に適合した成果をご提供しています。

■海外事業(ODA地下水プロジェクト)
国内で培った豊富な経験と技術力は、国際協力分野でも生かされています。開発途上国における安全で衛生的な給水環境の整備に貢献しています。
また、ネパールに子会社を有し、地下水開発より水事情の改善に努めています。

■技術開発
DX時代に対応すべくICTへの取り組みを強化しています。
これらは、各現場でのデータ取得や処理技術の向上等のみならず、われわれ現場従事者の「働き方改革」にも繋がることを目標としています。

■井戸用設備製造・販売
埼玉工場で製造・加工したさく井工事関連製品(NSTスクリーン、ピットレスユニット、ハンドポンプ)の販売を行っています。

PHOTO

それぞれの事業部門が連携して業務に取り込んでいます

本社郵便番号 330-0854
本社所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-199-3
本社電話番号 048-644-3911
創業 1912年(明治45年)4月25日
設立 1938年(昭和13年)4月15日
資本金 1億円
従業員 286名(2022年3月現在)
売上高 50億3,000万円(2021年3月期実績)
事業所 ■本社/海外本部 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-199-3
■東日本支社 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-199-3
 ■仙台支店 宮城県仙台市太白区長町6-4-47 武田第5ビル
 ■新潟支店 新潟県新潟市東区卸新町2-2066-11
 ■上越支店 新潟県上越市新光町3-14-15
 ■北陸営業所 石川県小松市日の出町4-210 佐成屋ビル2階
 ■長野営業所 長野県長野市大字北尾張部110番地1
 ■東京営業所 東京都台東区上野5-10-9 上野ビル2階
■西日本支社 愛知県名古屋市中川区富田町大字千音寺字東尼ヶ塚117-2
 ■静岡支店 静岡県静岡市駿河区下島353-1
 ■大阪支店 大阪府吹田市川岸町11-1
 ■九州営業所 福岡県福岡市博多区那珂3-21-29
 ■沖縄営業所 那覇市金城3丁目8番地9 一粒ビル203号
■埼玉工場 埼玉県鴻巣市箕田3326
主な取引先 国、地方公共団体、独立行政法人、民間、ODA地下水プロジェクト対象国
許可・登録番号 建設業 国土交通大臣許可(特-1 第2979号)
建設コンサルタント(建01-1375号)
地質調査業(質29 第154号)
測量業(登録第(11)-6663号)
土壌汚染対策法 指定調査機関(環2003-8-2006)
特許 【井戸メンテナンス】
 高圧洗浄方法 [特殊ジェッティング]
 既設ケーシング抜管工法 [リニューウェル工法]
 井内360°観察用水中テレビカメラ調査 [MVPカメラ]
【のり面保護工事】
 吹付緑化工法 [バイオブラスターチ工法]
【地質調査・建設コンサルタント】
 断裂系探査 [地表における地層断裂の位置及び開孔状態の検出方法]
沿革
  • 1912年4月
    • 「日本鑿泉(さくせん)合資会社」を創業(東京市麹町区丸の内に置く)
  • 1913年4月
    • 機械式深井戸掘削に成功
      「東京市外下落合村(現・東京都新宿区下落合)において、 アメリカ製のロータリー式鑿井機で158メートルの深井戸を 掘削」
  • 1938年4月
    • 「日本鑿泉(株)」を設立
  • 1939年3月
    • 「日本鑿泉探鉱(株)」と改称
  • 1941年1月
    • 本社を東京市京橋区京橋2-8
      (現 東京都中央区京橋2-4-12)に移転
  • 1972年1月
    • 「(株)日さく」と改称
  • 2003年10月
    • 本社を埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-199-3に移転

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 4名 7名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 1名 4名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 4.6%
      (108名中5名)
    • 2020年度

    4.6%(2021年3月末現在)

社内制度

研修制度 制度あり
・新人研修
・営業研修
・技術研修
・ワークライフバランス研修
自己啓発支援制度 制度あり
・資格取得祝い金の支給
・国家資格手当を支給
・資格受験費用を全額助成

メンター制度 制度あり
キャリアコンサルティング制度 制度あり
資格取得祝金制度あり
社内検定制度 制度なし

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 5 3 8
    2020年 9 3 12
    2019年 7 2 9
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 1
    2019年 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 8
    2020年 12
    2019年 9

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
愛媛大学、筑波大学
<大学>
弘前大学、秋田大学、東北大学、東北工業大学、茨城大学、筑波大学、千葉大学、早稲田大学、日本大学、東京電機大学、立正大学、東海大学、新潟大学、信州大学、金沢大学、大阪市立大学、鳥取大学、島根大学、山口大学、愛媛大学、熊本大学、専修大学、獨協大学、文教大学、帝京大学

前年度の採用実績(人数) ・2018年入社 8名
・2019年入社 9名
・2020年入社 12名
・2021年入社 8名

     2019年 2020年  2021年
-------------------------------------------------
院卒     ―  3名  2名
大卒    5名  3名  5名
専門校卒   ―  1名   ―
高卒    4名  5名  1名
前年度の採用実績(学部・学科) 文学部、国際資源学部、国際資源学研究科、地理学科、国際資源学科、
国際食料情報学部、国際農業開発学科、地球環境科学部、環境システム学科、
生物資源環境学部、環境科学科、環境地理学科、理学部、地球圏システム科学科、生産工学部、環境安全工学科、地球科学科

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)日さくと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)日さくを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)日さくの会社概要