最終更新日:2023/1/26

富士シート(株)

業種

  • 自動車・自動車部品
  • 機械設計

基本情報

本社
大阪府
資本金
1億8,000万円
売上高
595億円(2022年3月期)
従業員
825名(2022年6月現在)

【大阪・滋賀開催インターンシップの予約受付中】自動車用シートの設計開発~実験評価~製造までを行う自動車内装品総合メーカー(ダイハツ車シート国内シェア100%)

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
先輩が後輩を親身になって指導する文化が根づいているので安心。若手でも意見が言いやすく、自分のやりたいことにチャレンジできるので楽しく働けますよ!
PHOTO
「IDEAS FOR ALL」をモットーに、一人ひとりが常に新しいアイデア・技術革新のきっかけを探し、安心・安全・快適な車づくりのために、日々開発と改良を続けています。

常に新技術へ挑戦──ダイハツ車シート国内シェア100%の裏側に迫る!

PHOTO

「毎日、ダイハツ車を見ない日はありません。自分が設計したシートが搭載されていると思うと心が躍ります。当社なら若いうちから設計者として活躍できますよ」と渡邉課長。

■ダイハツ車のシートメーカーとして、「安全性」と「快適性」に貢献
車の乗り心地や快適性に重要な役割を果たしている座席シート。当社はダイハツグループの一員として、ダイハツ車のシートの設計開発から製造まで一貫して手がけ、国内で生産されるダイハツ車のシートはすべて当社が担っています。ダイハツが主力としているのは、「低燃費」「低価格」「省資源」を追求した軽自動車やコンパクトカー。座席シートは、限られた車内スペースでも快適性や安全性を保ちつつ軽量化も図り、かつコストも抑える必要があります。当社では長年培った技術とノウハウにより、常に開発と改良を追求し、超軽量化・コスト低減を実現したシートを提供しています。

■設計開発から量産まで一貫したモノづくりが強み
最近では、乗り心地や快適性、安全性はもちろん、高級感のある内装といったデザイン性も求められるようになってきました。こうしたダイハツからのさまざまな要望に対して、フレキシブルにフットワーク良く動けるのも、設計開発から量産まで一貫したモノづくりを行っている当社ならではの強みです。

■富士シートの技術者だから得られるおもしろさ
一貫生産体制を確立している当社では、設計者は自分が設計したものを工場に行って見ることができます。製造現場の声を聞き、現場が「つくりやすい」設計をすることができますし、設計から試作、評価、量産まですべてのプロセスを見届けることができるので、技術者としての楽しさを存分に味わうことができます。1つのシートは鉄や樹脂、ウレタンなどさまざまな材質の部品で構成されており、その数は100パーツ以上。開発をするうえで、一つの型式のシートすべての部品に関わることができるのも、少数精鋭の当社ならではの魅力と言えるでしょう。

■入社2年目社員が新車開発プロジェクトで活躍中
最近、入社2年目の若手社員を指導したときのこと。2年後に発売予定の軽自動車のシート開発なのですが、初めて自分が設計した図面で試作・実験・強度評価を行い、予測と実際の結果が一致。強度向上のために試行錯誤を繰り返し、苦労していたので、ガッツポーズをしている姿を見たときは、自分のことのように嬉しかったですね。これこそが、技術者の喜びだと思います。

【設計部 企画調査課 課長 渡邉詳文 1997年入社】

会社データ

事業内容
軽自動車および小型自動車の
フロントシート、リアシートならびに内装インテリアの設計開発・製造販売
(ダイハツ工業 国内シートシェア100%)

PHOTO

開発拠点の技術センター(大阪府豊中市)を中心に、日々設計開発を行っています。

本社郵便番号 561-0814
本社所在地 大阪府豊中市豊南町東2丁目4-6
本社電話番号 06-6332-3331
創業 1935年
設立 1959年12月
資本金 1億8,000万円
従業員 825名(2022年6月現在)
売上高 595億円(2022年3月期)
事業所 本社工場(大阪)、技術センター(大阪)、京都工場、滋賀第1工場、滋賀第2工場
主な取引先 ダイハツ工業(株)
関連会社 双葉産業(株)、富双シート(株)
PT.FUJI SEAT INDNESIA
FUJI SEAT MALAYSIA
平均年齢 36.9
沿革
  • 1935年
    • 大阪市西成区にて山田鉄工所を創業
  • 1946年
    • ダイハツ号(3輪貨物車)のサドルおよび補助座席を生産開始
  • 1959年
    • 資本金1,500万円をもって富士シート(株)を設立
  • 1968年
    • 資本金1億5,000万円に増資
  • 1972年
    • 前橋製作所(群馬県)を開設
  • 1973年
    • 京都製作所(京都府)を開設
  • 1989年
    • 滋賀第1工場(近江八幡市)を開設
  • 2002年
    • Fuji seat(Malaysia)開設
  • 2004年
    • 富双シート(株)を設立
  • 2009年
    • PT.FUJI SEAT INDONESIA 開設
  • 2011年
    • 技術センター(大阪府豊中市)完成
  • 2018年
    • 滋賀第2工場(東近江市) 開設

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.9年
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 10名 26名 36名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 10名 5名 15名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 1.5%
      (67名中1名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
導入教育研修…入社前1週間での合同研修
FC研修制度…年の近い先輩社員とのマンツーマン指導研修
工場現場研修…製品造りの工程で実習を行ない、もの造りの“楽しさ”や”難しさ”を知る
自己啓発支援制度 制度あり
インドネシア留学制度…希望者(年1名)インドネシア国内大学への1年間の短期語学留学支援制度
語学研修(英語・インドネシア語)…座学での語学研修制度
資格手当制度…スキルアップを目的とした手当支給制度(※対象資格は会社指定にて)

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 8 1 9
    2021年 9 0 9
    2020年 4 0 4
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 9
    2021年 9
    2020年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
追手門学院大学、大阪大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪市立大学、大阪電気通信大学、香川大学、金沢工業大学、関西大学、関西学院大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、神戸芸術工科大学、神戸松蔭女子学院大学、神戸女学院大学、信州大学、摂南大学、富山大学、同志社大学、長浜バイオ大学、日本大学、日本文理大学、阪南大学、龍谷大学、福井工業大学、福井大学

前年度の採用実績(人数)     2019年 2020年 2021年 2022年(予)
-----------------------------------------------------
大卒   9名   4名   9名   9名

先輩情報

何事もコミュニケーションを大切にしています。
Y.M
2017年入社
摂南大学
理工学研究科
品質保証部
PHOTO

取材情報

世界中を駆け巡るダイハツ車──そのシートを革新的な技術とアイデアで開発・設計
世界中の人々の安全・快適なカーライフに貢献できるやりがい
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

富士シート(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
富士シート(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 富士シート(株)の会社概要