最終更新日:2022/8/8

東京発電(株)(東京電力グループ)

業種

  • 電力

基本情報

本社
東京都
資本金
125億円
売上高
103億円(2021年3月期)
従業員
294名(男性265名,女性17名,出向社員12名)

発電のプロフェッショナルとして、持続可能な社会に貢献していく

会社紹介記事

PHOTO
同社生誕の場でもある姫川第七発電所。1955年の運用開始以来,ここから生まれた電力が社会を支えてきた。それを安全に維持管理してきたのが東京発電のプロたちだ。

将来性あるクリーンエネルギー分野。

PHOTO

「技術や知識は後から身に付けることができます。第一に人間性を重視しているので,インターンシップでは学生の皆さんとフランクにお話したいですね」(金指さん)

■東電グループの「クリーンエネルギーを生み出すプロ集団」
私たち東京発電の歴史は1928年に遡ります。当初は「水力発電の専門会社」としてスタートしましたが,80年以上の歴史の中で火力発電や先進のマイクロ水力発電など,その領域を広げてきました。現在,関東甲信越地域に77カ所の水力発電所・マイクロ水力発電所を24時間365日“安全”に稼働させています。生み出しているのは総出力約18万kWものクリーンエネルギー。発電所の開発計画から運転保守まで,“発電のプロ”としてワンストップサービスで対応できる数少ない企業の一つです。

■東京発電に託された仕事とは
東京発電が行うのは発電以外にも中小水力発電所の開発や設計,運転保守などを含めた水力発電のコンサルティング全般。また,発電設備を改良することで,短期間かつ経済的に出力を増強させるリパワリングも当社の得意分野の一つです。さらに,発電所を安全に運転するための操作や巡視も私たちの仕事です。多様な発電所を開発・保守してきた経験から,例えば新技術を導入した低コスト発電所の提案や,地方自治体と共同で水道などの未利用エネルギーを活かしたマイクロ水力発電など,当社の高い技術とノウハウ,そして経験豊富な社員たちによって新しい発電事業をこれからも築いていきます。

■再生可能エネルギーの今
2012年から始まった「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって,水力発電などの再生可能エネルギーを作る電力会社は,発電設備建設のコストを回収しやすくなりました。これにより,今まで取り組めなかった候補地についても開発の実現性が高まったり,過去に廃止した発電所や老朽化した発電所を再生することが可能となりました。当社が活躍するフィールドは,今後大きな将来性を期待できる分野と言えます。

■丁寧な教育研修によって安心してプロを目指せる環境
このように当社の仕事を紹介すると「難しそう…」と思うかもしれません。確かに重い責任を担うダイナミックな仕事です。そのため人材育成にも注力しており,数年間にわたった研修期間の中で,技術と知識についてステップを踏んで習得できるプログラムを用意しています。資格取得試験のサポートも充実。「技術を磨くプロになりたい!」そんな希望を支える環境と社風があります。
(人事グループ)

会社データ

事業内容
■発電および電気の販売
■発電設備の運転、保守の受託
■発電設備に関するエンジニアリング、
 コンサルティングおよび技術・ノウハウ・情報の販売
■発電関連の設備、機械器具およびシステムの販売・リース
■労働者派遣事業
■不動産賃貸
■前各号に附帯関連する事業
本社郵便番号 110-0008
本社所在地 東京都台東区池之端1丁目2番18号 いちご池之端ビル3階
本社電話番号 03-6371-5200(代表)
創立 1928年(昭和3年)7月23日
資本金 125億円
従業員 294名(男性265名,女性17名,出向社員12名)
売上高 103億円(2021年3月期)
事業所 ◆本店:東京都台東区池之端1-2-18 いちご池之端ビル3階
◆糸魚川事業所:新潟県糸魚川市大字岩木字中腰1604
◆群馬事業所 :群馬県沼田市鍛冶町960-1
◆茨城事業所 :茨城県日立市東町1-8-11
◆三島事業所 :静岡県駿東郡長泉町中土狩1015-4
◆埼玉事業所 :埼玉県秩父市中町10-1
株主 東京電力リニューアブルパワー(株) 豊田通商(株) (株)ユーラスエナジーホールディングス
発電所数 77カ所
最大出力 18万6,820kW
販売電力量 年間 約9億kWh
沿革
  • 1928年
    • (7月)姫川電力(株)を設立
  • 1955年
    • (1月)姫川第七発電所(新潟県)の営業運転開始
  • 1960年
    • (10月)赤谷川第二発電所(群馬県)の営業運転開始
  • 1961年
    • (12月)赤谷川第三発電所(群馬県)の営業運転開始
  • 1964年
    • (9月)土樽発電所(新潟県)の営業運転開始
  • 1973年
    • 東京電力(株)より7次に分け中小水力発電所を譲受け
      (茨城・静岡・埼玉県に所在する40発電所を譲受け)
      ※1973年(昭和48年)~1985年(昭和60年)
  • 1977年
    • (10月)雨畑川発電所(山梨県)の営業運転開始
  • 1978年
    • (4月)田ノ入発電所(神奈川県)の営業運転開始
  • 1981年
    • (11月)新小滝川発電所(新潟県)の営業運転開始
  • 1986年
    • (6月)東京発電(株)に社名変更
  • 1997年
    • (10月)竜島第二発電所(長野県)の営業運転開始
  • 2001年
    • (4月)常磐興産(株)より横川発電所(茨城県)を譲受け
  • 2005年
    • (3月)日本自然エネルギー(株)よりマイクロ水力発電事業
          の営業譲受(江ヶ崎(神奈川県),温川(群馬県)発
          電所の設備譲渡)
  • 2006年
    • (8月)落合楼発電所(静岡県)の営業運転開始
      (8月)マイクロ水力発電鷺沼発電所(神奈川県)の営業運転
          開始
      (10月)マイクロ水力発電港北発電所(神奈川県)の営業運
           転開始
  • 2007年
    • (3月)全事業所の運転監視を群馬事業所に統合
  • 2007年
    • (10月)マイクロ水力発電若田発電所(群馬県)の営業運転
           開始
      (11月)東京電力(株)より氷川発電所(東京都)を譲受け 
  • 2008年
    • (4月)埼玉県より玉淀他4発電所の譲受け
      (10月)埼玉県より滝沢発電所の譲受け
  • 2008年
    • (4月)マイクロ水力発電幕張発電所(千葉県)の営業運転
          開始
      (5月)マイクロ水力発電妙典発電所(千葉県)の営業運転
          開始
  • 2009年
    • (4月)マイクロ水力発電山宮発電所(山梨県)の営業運転
          開始
  • 2011年
    • (2月)華川発電所(茨城県)の営業運転開始
      (4月)マイクロ水力発電大宮発電所(埼玉県)の営業運転
          開始
      (5月)マイクロ水力発電白川発電所(群馬県)の営業運転
          開始
      (11月)マイクロ水力発電北部第一・第二発電所(埼玉県)
           の営業運転開始
  • 2013年
    • (8月)須雲川発電所(神奈川県)の営業運転開始
  • 2014年
    • (2月)マイクロ水力発電北船橋発電所(千葉県)・尾間木
          発電所(埼玉県)の営業運転開始
      (4月)マイクロ水力発電深作発電所(埼玉県)・古都辺発
          電所(千葉県)の営業運転開始
  • 2016年
    • (2月)マイクロ水力発電所赤坂山発電所(新潟県)の営業運
          転開始
      (5月)マイクロ水力発電泉水発電所(埼玉県)・平間発電所
         (神奈川県)の営業運転開始
  • 2018年
    • (4月)マイクロ水力発電所ふくしま北部配水池発電所(福島
          県)の営業運転開始
  • 2019年
    • (9月)家康公用水発電所(静岡県)の営業運転開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 19時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 2名 2名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
■新入社員集合研修
■現業技術・技能育成制度 などがあります。
自己啓発支援制度 制度あり
■東電グループ社外通信教育制度
 東京電力グループ指定の通信講座を受講し,合格終了した受講料の会社補助が
 受けられます。
■各種国家資格等取得表彰制度
 取得資格により最高15万円の表彰金が受けられます。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 10 0 10
    2021年 7 1 8
    2020年 12 2 14
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 10
    2021年 8
    2020年 14

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
金沢工業大学
<大学>
日本大学、中央大学、東京電機大学、日本文理大学、東京都市大学、駒澤大学、共立女子大学、東北学院大学
<短大・高専・専門学校>
日本大学短期大学部(千葉)

前年度の採用実績(人数)     2018年 2019年 2020年 2021年 2022年(予)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大学院了   ー   ー   1名   1名   ー
大卒     ー   1名   3名   1名   3名
短大卒    ー   ー   ー    ー    ー
高校卒   5名   4名  10名   6名    7名
前年度の採用実績(学部・学科) 法律学科,商業学科,土木工学科,電気工学科,環境情報学科

先輩情報

着実な成長を実感
T.M.
2019年入社
中央大学
工学部 電気電子情報通信工学科
群馬事業所
水力発電所の保守業務
PHOTO

取材情報

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

東京発電(株)(東京電力グループ)と業種や本社が同じ企業を探す。
東京発電(株)(東京電力グループ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 東京発電(株)(東京電力グループ)の会社概要