最終更新日:2022/7/1

(株)シード

  • 上場企業

業種

  • 医療用機器・医療関連
  • 専門店(メガネ・貴金属・ジュエリー)
  • 化学
  • 日用品・生活関連機器

基本情報

本社
東京都
資本金
18億4,128万円
売上高
255億1,700万円(2021年3月期・単体)
従業員
724名(2021年3月31日現在・単体)

日本のシードから世界のSEEDへ。極薄の曲面から「見える世界」の変革に挑む企業です。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
堅調な業績を背景に2017年には3棟目の製造工場も竣工。“自動化”をキーワードに、医療機器としての「品質」、世界のニーズに応えうる「量産」の2つをさらに極めていく。
PHOTO
高品質・高付加価値にこだわって生み出された数々の製品。「見える世界」を変えていく次なるステップとして、「スマートコンタクトレンズ」の研究開発も本格化している。

社員育成に力を注ぎ、ボトムアップの事業運営で高付加価値製品を世に送り出す。

コンタクトレンズなどの企画開発・製造・販売を行っている当社。日本国内にとどまらず、中国、シンガポール、台湾、ベトナム、マレーシア、ドイツ、イギリス、スイス、オーストラリアに拠点を持ち、40カ国以上の国と地域でビジネスを展開しています。当社の強みは製品の持つ「高い付加価値」です。これまでには、遠近両用レンズで中高年のコンタクトレンズへのニーズを開拓し、サークルレンズでは“コスメ感覚のコンタクトレンズ”というジャンルを確立してきました。さらに現在では医薬分野との融合など、“新たな価値のあるコンタクトレンズ”の研究開発を推し進めています。

高付加価値な製品を提供し続けていくために力を入れているのが社員の育成です。1年目には2カ月間の新人研修やフォローアップ研修を行うほか、2年目、3年目と、年次ごとにステップアップしていくための研修を継続して実施しています。一方、階層別研修は、主任から部長に至るまでの各階層で実施。財務諸表の見方などの経営に関することをはじめマネジメントについて学びます。生産現場で働く方にはさらに現場管理監督職支援の研修も行います。そのほかにも180以上の講座から自由に選択して受講できるeラーニング、外部セミナーへの参加、講師を招いて行う英会話研修、各種資格検定の受検対策となるような通信教育講座など、多彩な学びの機会があります。

求めているのは「チームワークを大切にし、主体的に行動できる方」です。社内には部署を問わず参加できる各種プロジェクトがあり、そこからボトムアップで社内制度や事業運営の仕組みを提案しています。上長も積極的な挑戦を応援していくので、失敗を恐れずトライ&エラーを繰り返し、成長していってほしいと思います。また、当社には外国籍の社員もいますが、海外進出が増えるなか、語学力やグローバルなセンスがあれば、活躍の場はさらに広がっていくでしょう。是非、当社でのびのびと活躍していただきたいと思います。

【シード新卒採用チーム一同】

会社データ

事業内容
【シード=『眼』の専門総合メーカー】
~ コンタクトレンズを主力商材に据えた、
お客様の『見える』をサポートする事業を展開 ~

私たちシードが、コンタクトレンズの研究を開始したのは1951年。
以来半世紀以上にわたりコンタクトレンズの開発で培った技術・信頼をもとに、
眼に関する様々な商品を世に送り出して参りました。
そのすべてが“「見える」をサポートする”ことに繋がっているのです。
私たちの社名「シード(SEED)」は、英語で「種子」という意味。
今後も私たちは、無限の新分野に種をまき、 結実した「成果」を
収穫し続けることで、皆さまの「見える」を、より一層サポートして参ります。
本社郵便番号 101-0054
本社所在地 東京都千代田区神田錦町2-11 三洋安田ビル3階
本社電話番号 03-3813-1111
設立 1957年10月9日
資本金 18億4,128万円
従業員 724名(2021年3月31日現在・単体)
売上高 255億1,700万円(2021年3月期・単体)
事業所 本 社/東京都千代田区
研究所/埼玉県鴻巣市
営業所/札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡
関連会社 ■(株)シードアイサービス

■SENSIMED AG(スイス)
■Contact Lens Precision Laboratories Ltd(イギリス)
■SEED Contact Lens Europe GmbH(ドイツ)
■SEED CONTACT LENS (ANZ) PTY LTD(オーストラリア)
■SEED TRADING (SHANGHAI) CO., LTD(中国)
■SEED CONTACT LENS TAIWAN CO., LTD(台湾)
■SEED CONTACT LENS ASIA PTE. LTD.(シンガポール)
■SEED CONTACT LENS(M) SDN.BHD(マレーシア)
■SEED CONTACT LENS VIETNAM CO, LTD.(ベトナム)
採用ホームページ https://www.seed-recruit.com/
公式YouTube https://www.youtube.com/watch?v=y7cokDOBN4Y
沿革
  • 1957年
    • (株)東京コンタクトレンズ研究所を設立
  • 1962年
    • ブランド名を「マイコン」と名付ける
  • 1972年
    • 【日本初】ソフトコンタクトレンズ「マイコンソフト」発売
  • 1985年
    • (株)シードコンタクトレンズ研究所を設立
      ブランド名を「SEED(シード)」に変更
  • 1987年
    • 商号変更、(株)シードに改める
  • 2000年
    • グラフト重合加工した高酸素透過性ハードコンタクトレンズ「シードS-1」発売
  • 2007年
    • 「シード鴻巣研究所 1号棟」の設立
  • 2008年
    • UVカット機能付きハードコンタクトレンズ「シード UV-1」発売
  • 2009年
    • 【国産初】1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPure」発売
  • 2010年
    • 遠近両用2週間交換ソフトコンタクトレンズ「シード 2weekPureマルチステージ」発売
  • 2011年
    • 天然うるおい成分配合の国産1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPureうるおいプラス」発売
  • 2012年
    • 遠近両用1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPureマルチステージ」発売
      1日使い捨てサークルコンタクトレンズ「シード Eye coffret 1dayUV」発売
  • 2013年
    • 1日使い捨てサークルコンタクトレンズ「ヒロインメイク 1day UV」発売
  • 2014年
    • 東京証券取引所市場第二部に当社株式を市場変更
      乱視用1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPureうるおいプラス乱視用」発売
      「シード鴻巣研究所 2号棟」設立
  • 2015年
    • 非球面デザインの高酸素透過性ハードコンタクトレンズ「シードAS-LUNA」発売
      遠近両用ハードコンタクトレンズ「シード マルチフォーカルO2 Mタイプ」、「シード マルチフォーカルO2 Hタイプ」発売
  • 2016年
    • 2週間交換ソフトコンタクトレンズ「シード 2ウィークピュアうるおいプラス」発売
  • 2017年
    • 東京証券取引所市場第一部に指定
      おかげさまで創立60周年
  • 2018年
    • 動物医療機器事業への参入
      犬用バンデージコンタクトレンズ「わんタクト」発売
      「シード鴻巣研究所 3号棟」設立
      鴻巣研究所敷地内に保育・児童施設「ふくろうの森」設立
  • 2019年
    • 乱視用1日使い捨てサークルコンタクトレンズ「シード Eye coffret 1day UV M TORIC」発売
      【日本初】拡張焦点深度型の遠近両用1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPure EDOF」発売
  • 2021年
    • 1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPure View Support」発売

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 19.9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.4日
    2020年度

社内制度

自己啓発支援制度 制度あり
■通信教育奨励金制度:
全150種類の講座を自由に受講できる制度で、社員のスキルアップを会社がバックアップします。
■語学研修奨励制度 :
英語研修が中心となりますが、海外展開を戦略に掲げる企業として、社員の語学力向上を目的に実施しています。TOEICスコアによって報奨金を支給するなど、モチベーションとなる環境づくりも推進中です。
■学位取得支援制度 :
学費は会社負担という形で、働きながらにして学位(博士)の取得を目指せる制度です。研究開発や技術開発の現場に“革新”をもたらすエキスパートの育成制度として、現在も1名が奮闘しています。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度あり
■自己申告制度:
半期に一度、自身のキャリアプランを書面を通じて会社に伝えることのできるシステムです。「こんな仕事にも挑戦したい」「海外勤務をしてみたい」など、“社員の声を反映したうえでの人事決定”を大切にしています。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 22
    2020年 7
    2019年 21

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
秋田大学、岩手大学、宇都宮大学、大分大学、大阪工業大学、大阪府立大学、お茶の水女子大学、金沢工業大学、北里大学、九州大学、群馬大学、埼玉大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、上智大学、千葉大学、千葉工業大学、筑波大学、東京大学、東京医科歯科大学、東京芸術大学、東京工業大学、東京工芸大学、東京電機大学、東京都立大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、富山県立大学、同志社大学、長岡技術科学大学、新潟大学、日本大学、広島大学、北海道大学、前橋工科大学、三重大学、明治大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、早稲田大学
<大学>
愛知大学、青山学院大学、亜細亜大学、茨城大学、岩手大学、大阪大学、大阪教育大学、岡山大学、岡山理科大学、香川大学、神奈川大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、関東学院大学、北里大学、京都外国語大学、京都産業大学、近畿大学、慶應義塾大学、工学院大学、国際教養大学、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、埼玉工業大学、芝浦工業大学、信州大学、成城大学、西南学院大学、専修大学、創価大学、高崎経済大学、拓殖大学、大東文化大学、千葉大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、東海大学、東京大学、東京工芸大学、東京電機大学、東京都市大学、東京理科大学、東邦大学、東洋大学、同志社大学、獨協大学、長岡技術科学大学、長崎県立大学、長野大学、日本大学、日本工業大学、日本獣医生命科学大学、日本体育大学、弘前大学、福岡大学、福島大学、法政大学、前橋工科大学、武蔵大学、武蔵野大学、明治大学、明治学院大学、ものつくり大学、山形大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
秋田工業高等専門学校、小山工業高等専門学校、木更津工業高等専門学校、群馬工業高等専門学校、長岡工業高等専門学校、函館工業高等専門学校

ほか

前年度の採用実績(人数)  '17卒/'18卒/'19卒/'20卒/'21卒
----------------------------------------------
博士了  0名 0名 0名 0名 1名
修士了  8名 6名 6名 6名 8名
大 卒  14名 13名 10名 1名 12名
高専卒  1名 1名 5名 0名 1名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)シードを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)シードの会社概要