最終更新日:2022/7/13

コニカミノルタメカトロニクス(株)

業種

  • 機械
  • 精密機器
  • 金属製品
  • 機械設計
  • 半導体・電子・電気機器

基本情報

本社
愛知県
資本金
9,000万円
売上高
160億9,516万円(2020年度)
従業員
848名(2022年2月現在)

年間休日124日!開発から量産までを一貫して手掛ける日本のモノづくり企業【コニカミノルタグループの世界進出を支える技術力】

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
人事担当より「誰でも1つは持ってる弱い部分。それも強みを活かして頑張る!そんな気持ちを、会社全体でフォローしています!」
PHOTO
コニカミノルタグループの複合機・プロダクションプリント機関連の生産拠点として自動化装置の開発製作販売、また複写機、自動車、医療器等の精密部品製造をしています。

コニカミノルタグループを支える当社の3つの特徴

PHOTO

私たちが目指しているのは「人とマシン、それぞれが得意な分野を受け持つ新しい形」。一貫生産体制の強みを存分に活かす技術を保有しています。

■コニカミノルタグループのモデル工場
当社は、コニカミノルタグループの“モデル工場”として、高品質・高難度の生産技術を海外に展開したり、製造原価を低減したり、様々な取り組みを行ってきました。私たちが目指すのは『人とマシンが会話し、共に進化していく工場』です。最先端のICTと自動化技術を組み合わせて、どんな人が・どの国のどんな場所で・いつ作っても良い製品ができあがる仕組みを構築しています。すでに、アメリカやフランス、中国、マレーシアなど多数の海外拠点の立ち上げも支援しました。またその経験を、国内拠点の生産工程自動化、効率化に反映しています。

■人とマシンが会話し、共に進化していく工場とは?
当社を含め国内の多くのメーカーは、高難度で小ロット(生産量が少ない)の製品を生産することで、より付加価値のあるモノづくりを目指してきました。しかし、大量生産品と比べると高難度・小ロット製品は手間が多く、製造原価の低減も年々難しくなっています。そこで私たちは、『人とマシンが、それぞれの得意分野を担う』という新しい発想のもと、自動搬送機や自動立体倉庫、生産ロボットなどを導入して自動化を図っています。さらに、IoTにより生産データをデジタル化し、データの収集から分析、活用によって生産性を上げ、柔軟で効率的な仕組みを確立しました。今後も新技術を積極的に取り入れ、時代の変化に柔軟に対応していきます。

■社長と社員が、夢を一緒に語り合える風土
グローバル展開により磨かれた技術力のほか、人や社風も当社の魅力です。新入社員が当社を選んだ理由で、「社風が温いから」「先輩が優しかったから」という意見が多いのもそのため。役職ではなく“さん”付けで呼び合い、社長と社員が、「こんな会社にしたいね」と夢を語り合える温かい風土が根付いています。どんな職域・分野でも、必ず壁にぶつかるときがあります。そんなとき、様々な部署のメンバ―とお互いに励まし合い、その壁を乗り越えたときには大きな達成感が得られるはずです。また教育研修制度も充実しており、新入社員研修や階層別教育、豊富な研修プログラムにも参加可能です。

会社データ

事業内容
■コニカミノルタグループの複合機・プロダクションプリント機関連の生産拠点として自動化装置の開発製作販売
■デジタル化、高品質、高性能化に貢献する電装基盤の設計試作量産
■複写機、自動車、医療器等の精密部品製造

PHOTO

複写機のオプション機、複写機の消耗品、キーデバイス製品、生産効率自動機を製造しています。

本社郵便番号 442-8555
本社所在地 愛知県豊川市八幡町東赤土2
本社電話番号 0533-88-7661
設立 2016年4月1日
資本金 9,000万円
従業員 848名(2022年2月現在)
売上高 160億9,516万円(2020年度)
事業所 本社:愛知県豊川市八幡町東赤土2番地

植田事業所:愛知県豊橋市植田町字北柄沢1

瑞穂事業所:愛知県豊川市穂ノ原3-22-1番地

笛吹事業所:山梨県笛吹市御坂町二之宮920

都留事業所:山梨県都留市小野字宮地226番地

大阪狭山事業所:大阪府大阪狭山市今熊6-300

日野事業所:東京都日野市さくら町1番地
経営理念 夢ある未来を創造し新たな価値を追求
経営ビジョン お客様から信頼され革新的に成長し続ける企業
経営方針 たゆまない革新技術の挑戦と現場力の融合・強化により、コニカミノルタのものづくりを牽引し続け、従業員の成長とお客様/取引先/地域社会の発展に貢献し、世の中でかけがいのない企業となる
行動憲章 1.商品の有用性・安全性
私たちは、社会的に有用な商品・サービスを安全性に十分配慮して開発、提供し、消費者・ユーザーの信頼を獲得します。
2.公正・透明な企業活動
私たちは、法令・社会的規範を遵守し、国際ルール、定款に則して行動し、公正・透明な企業活動を行います。
3.社会とのコミュニケーションと情報の開示
私たちは、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を適時かつ公正に開示します。
4.環境の保全
私たちは、地球環境問題の重要性を認識し、環境保全に向けて自主的かつ積極的に行動します。
5.社会への貢献
私たちは、グローバルな視野を持ち、地域の文化や慣習を尊重し、積極的に社会に貢献します。
6. 社員の尊重
私たちは、社員のゆとりと豊かさを実現し、安全で働きやすい環境を確保するとともに、社員の人格、個性を尊重します。
7. 責任ある対処
本憲章に反するような事態が発生したときには、予め定めたコンプライアンス手続きに則り、経営トップ自らが問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行います。
主な取引先 コニカミノルタ(株)
グループ会社 コニカミノルタビジネスソリューションズ、コニカミノルタヘルスケア、コニカミノルタ情報システム、コニカミノルタプラネタリウム、キンコーズジャパン、コニカミノルタソフトウエア研究所など、グループの事業は多岐に亘ります。
認証・認定 ・ISO9001認定登録(登録日:1995年9月18日)
・ISO14001認定登録(登録日:1997年3月12日)
・ISO/IEC27001認定登録(登録日:2007年6月29日)
・ゼロエミッションLev.2(2007年8月)
・健康経営優良法人2019、2020(大規模法人部門)認定
今後の再編計画 2021年3月に竣工した新本社で「開発」「生産」「現場」一体となった『人・場所・国・生産変動に左右されない生産』を実現していきます。新しい“IoT時代のものづくり現場”として、生産ラインや構内物流のロスを排除し、ロボットに任せる工程、人だからこそ活きる工程、それぞれの強みを活かした小ロット品(顧客の要望に合った納品時期と生産数)の効率生産を進めていきます。
沿革
  • 1949年
    • 成増光機と大山光学が合併し、大成光機(株)設立
  • 1960年
    • 小西六写真工業(株)(コニカ(株))が大成光機(株)の全株取得
  • 1967年
    • 豊橋精密プレス(株)設立
  • 1969年
    • 豊橋精密プレス(株)から豊橋精密工業(株)に改称
  • 1972年
    • 大成光機(株)から(株)山梨コニカに改称
  • 1983年
    • (株)山梨コニカと分離し、(株)コニカ電子設立
  • 2002年
    • コニカテクノプロダクト(株)が発足、コニカ電子はコニカテクノプロダクト(株)都留事業所に
  • 2003年
    • コニカ(株)、ミノルタ(株)の統合により、コニカミノルタテクノプロダクト(株)に改称
  • 2005年
    • コニカミノルタテクノプロダクト(株)から分離し、コニカミノルタ電子(株)設立
  • 2016年
    • コニカミノルタ電子(株)と豊橋精密工業(株)が合併、コニカミノルタメカトロニクス(株)設立
  • 2019年
    • コニカミノルタメカトロニクス(株)・コニカミノルタオプトデバイス(株)・コニカミノルタオプトプロダクト(株)の3社が経営統合
  • 2021年
    • 豊川市八幡町に新本社設立

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17.5時間
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 0名 2名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 3.4%
      (58名中2名)
    • 2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修(コニカミノルタ全体研修+社内研修)
・7月の正式配属以降、メンター制度
・階層別教育(若手社員、中堅社員、マジネジメントする立場の研修)
・業務に必要な各種研修は、定時内に受講
自己啓発支援制度 制度あり
リテラシー教育(コニカミノルタ(株)主催のロジカルプレゼンテーション講座、コーチング講座、原価管理講座などに無料参加できます)
メンター制度 制度あり
業務内外で相談に載ります。新入社員が楽しく活き活きと成長できるようメンターはメンティの育成環境を整えます。
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
QC検定(1~3級は日本規格協会開催場所にて受験)費用会社負担
QC検定(4級)社内受験 無料

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 0 1
    2020年 1 0 1
    2019年 2 0 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 1
    2020年 1
    2019年 2

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
九州工業大学、静岡大学、防衛大学校
<大学>
名古屋工業大学、名城大学、愛知工科大学、愛知工業大学、愛知大学、金沢工業大学、大同大学、静岡大学、第一工業大学、中京大学、東京工科大学、名古屋学院大学、名古屋女子大学、名古屋大学、日本大学、広島大学、富山県立大学
<短大・高専・専門学校>
あいち情報専門学校

前年度の採用実績(人数) 2021年:1名(大卒)
2020年:1名(大卒)
2019年:2名(大卒)

先輩情報

手掛けた自動機で製品が出来上がっていく様は達成感を感じます
牧野 成孝
2018
名古屋工業大学
大学院工学研究科 機能工学専攻
オートメーション技術進部 オートメーション技術1課
生産ラインの省人化を図る仕事をしています
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

コニカミノルタメカトロニクス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
コニカミノルタメカトロニクス(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. コニカミノルタメカトロニクス(株)の会社概要