最終更新日:2022/7/13

(株)南会西部建設コーポレーション

業種

  • 建設
  • 設備工事
  • 住宅

基本情報

本社
福島県
資本金
4,930万円
売上高
30億
従業員
68名

日本初!「地域連合型ゼネコン」として新たな建設業を目指し、土木・建築をはじめ幅広いプロジェクトから地域に貢献する総合建設会社です!

会社紹介記事

PHOTO
土木工事、建築工事、生コンやアスファルトのプラント、産業廃棄物処理施設といった事業を多角的に展開。会津若松と只見の2つの拠点で会津エリアをカバーしている。
PHOTO
エンデバー・ユナイテッドグループに加わり、経営の基盤がさらに強くなった。業務に真摯に向き合う社風を持ち味に、先輩から若手へ技術とノウハウの継承を進めている。

地域のインフラや暮らしを支え、地域から期待され続ける企業をめざす

PHOTO

完全週休2日制の導入や有給休暇の取得奨励など、働き方改革にも意欲的な植村社長。「将来を担う人材を育てて、発注者に提案ができる技術者集団をめざしていきます」。

当社は福島県会津エリアに根ざして、土木工事と建築工事をメインに手がけている会社です。身近なところでは、檜枝岐村役場の新庁舎や、国道289号・八十里越のスノーシェルターの工事などに携わっています。そのほかにも2019年の台風19号の災害復旧にあたったほか、冬の除雪も毎年の欠かせない業務になっていて、地域のインフラや暮らしを支える役割を果たしています。「誠実・技術・奉仕」をモットーに、これからも地域から期待される企業をめざしていきます。

入社すると先輩が付き添ってOJTをしていくので、1つ1つの作業をていねいに進める大切さを学んでください。ひとり立ちすると数百万円規模の維持管理や改修の仕事からステップアップしていき、ゆくゆくは1億円以上の工事も担当できるようになります。工事のレベルが高くなるにつれて、成長を感じられるのが施工管理の醍醐味でもあります。また、生活道路の工事や除雪などで地域の方に喜んでもらえることも喜びになるでしょう。施工管理技士の資格や重機などの免許は、会社で取得をサポートしているので、好奇心や仕事を楽しむ気持ちを持って成長してください。

さて、当社は2022年1月にエンデバー・ユナイテッドグループに加わりました。小野中村(福島県相馬市)、山和建設(山形県小国町)というグループ内の2社と提携し、全国的にも珍しい「地域連合型ゼネコン」として新たな歴史がスタートしています。売上高170億円、社員数240人という東北地方で有数のスケールメリットを生かして、技術者の育成や事業拡大を進めていきます。さらに地震、大雨、大雪といった災害復旧にも広域で対応しやすくなるでしょう。

新体制になったことをきっかけに、社内にも新しい挑戦をしようという空気が芽ばえています。地域貢献と会社の知名度アップのため、スポーツチームのスポンサーになるというアイデアも出ています。会津エリアに根づいて75年という歴史を大事にしながら、ワクワクを感じられる会社にしていきたいので、現場からもどんどん声を上げてほしいですね。会社の規模にかかわらず、大きく活躍できるのが地方ゼネコンの魅力です。未来の会社を背負って立つような方をお待ちしています。
(代表取締役社長・植村賢二)

会社データ

事業内容
【土木事業】
より快適で利便性の高い、地域社会の基盤づくり。
トンネル、橋梁、ダム、河川、都市土木、鉄道や高速道路など、
私たちが暮らす地域社会になくてはならないのが公共インフラです。
これらの地域社会のインフラ建設を通じ、
人々がより快適で安心・安全な社会の実現のための取り組みを行っています。
また、既存のインフラの長寿命化や機能強化にも取り組んでいます。

【建築事業】
基礎技術と先端技術の確かさであらゆる建築物を提供。
環境への負荷軽減、省エネルギー、耐震、防災、快適性や利便性の向上といった
「見えない部分を丁寧に」をモットーとして
様々なニーズに対応したあらゆる建築実績を有しています。
高い信頼性を獲得し、基礎技術と先端技術の確かさで地域の建築品質をリードします。

【生コンクリートプラント事業】
環境に優しく、高い強度を持つ安全な建築及び土木工事をサポート。
生コンクリートの販売を中心とした事業活動により、
環境に優しく、高い強度を持つ安全な建築及び土木工事のサポートを行っております。
また、お得意様のニーズにいち早く応えるため、グループ会社との連携による迅速な納入システムを確立し、優れた製品を迅速にお届けすることで、現場作業の効率をアップさせています。
今まで培ってきたノウハウときめ細かな対応を心がけることで、より良い環境づくりに貢献していきたいと考えています。

【アスファルトプラント事業】
地域社会の整備と発展に貢献。
当社は、道路や駐車場の舗装で使用するアスファルト合材を製造しております。
地球規模での環境保全が最重要課題である今、「人と自然にやさしい道路づくり」の実現に努力を重ね、
地域社会の整備と発展に貢献し、皆さまのお役に立てる企業を目指してまいります。

【産業廃棄物中間処理】
廃製品・廃販促品も破砕し再資源化
建築工事や解体工事から排出されるコンクリート殻・アスファルト殻を受け入れて破砕処理し、
再生骨材(RC40-0)を製造。製品となった再生骨材は土木工事や建築工事の路盤材として利用されています。
本社郵便番号 965-0053
本社所在地 福島県会津若松市町北町大字上荒久田字鈴木57-1
本社電話番号 0242-25-0231
第二本社郵便番号 968-0602
第二本社所在地 南会津郡只見町大字大倉字上田162-1
第二本社電話番号 0241-86-2131
設立 1976(昭和51)年11月
資本金 4,930万円
従業員 68名
売上高 30億
事業所 若松本社 福島県会津若松市町北町大字上荒久田字鈴木57-1
南会津本社 福島県南会津郡只見町大字大倉字上田162番地1
檜枝岐営業所 南会津郡檜枝岐村字上の原547-1
アスファルト工場 南会津郡只見町大字大倉字余名沢1325-1
生コン工場 南会津郡只見町大字荒島字へつり431-3
産業廃棄物中間処理場 南会津郡只見町大字小林字向川原1
修理工場 南会津郡只見町大字大倉字砂田351
関連会社 株式会社UNICONホールディングス
山和建設株式会社
株式会社小野中村
資本業務提携 2021年12月24日付で、エンデバー・ユナイテッド(株)(以下「EU」)と資本業務提携致しました。
創業以来70年に亘り、「誠実・技術・奉仕」をモットーに福島県会津地区を中心とした地域の社会インフラ整備のリーディングカンパニーとして中心的な役割を担って参りました。この度、EUを新たな経営パートナーに迎え入れ、新体制の下での運営をスタートいたしますが、お取引先様や協力会社様をはじめとする事業パートナー様との関係については、これまでと全く変わることなく継続して参ります。今後はEUの持つ経営ノウハウや建設業に関する知見・ネットワークを活用し、弊社及び事業パートナー様の更なる発展に向けた取り組みを加速して参りたいと考えております。
ユニコンホールディングス 2022年7月1日、山和建設株式会社、株式会社小野中村との持株会社合併による経営統合を行い、UNICONホールディングスを設立。
地域を超えた事業連携体制を構築することにより、連結ベースでの高収益・高成長の両立が可能。売上高200億円(見込み)、社員数240人越えという東北地方で有数のスケールメリットを生かして、技術者の育成や事業拡大を進めておりす。さらに技術者の最適配分(融通)を実現することで、地震、大雨、大雪といった災害復旧にも広域で対応が可能となりました。
南会建機吸収合併 2022年7月1日、弊社の子会社である株式会社南会建機を吸収合併。
本合併により、両社の経営管理体制を一元化することで安全管理体制・ガバナンスの強化を図り、お取引先様へ一層安心していただけるサービス提供を実現。
沿革
  • 1948年
    • 南会産業(株)設立
  • 1949年
    • 南会工業(株)に社名変更
  • 1974年
    • 会津若松市に南会工業会津支店開設
  • 1976年
    • 西部建設(株)設立(南会工業会津支店独立
  • 2004年
    • 南会工業(株)と西部建設(株)が合併
      (株)南会西部建設コーポレーション設立
  • 2021年
    • 南会西部建設コーポレーションホールディングス 設立
  • 2022年
    • 完全子会社の株式会社南会建機を吸収合併
  • 2022年
    • 山和建設(山形県)、小野中村(福島県)ホールディングスとの持株会社合併による経営統合により、地域連合型ゼネコン「UNICONホールディングス」の一員となる。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 10時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修(社外の研修にも参加)

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 0 1 1
    2020年 1 0 1
    2019年 1 0 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 1
    2020年 1
    2019年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
日本大学、足利工業大学、関東職業能力開発大学校(応用課程)
<短大・高専・専門学校>
国際情報工科自動車大学校

前年度の採用実績(人数) 2023年:(予)0名

2022年:1名(高卒)

2021年:1名(専門卒)

2020年:1名(高卒)

直近での大卒者の採用実績はございません。
2023年卒より、本格的に大卒採用の募集を開始しております。

取材情報

福島県会津地域の公共工事に数多く携わり、対応力の高さや安定感で選ばれる建設会社。
地元密着企業同士の連携で築く、建設会社の新たなネットワーク
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)南会西部建設コーポレーションと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)南会西部建設コーポレーションを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)南会西部建設コーポレーションの会社概要