最終更新日:2022/11/15

中部精機(株)【中部電力グループ】

業種

  • 機械
  • 精密機器
  • 設備工事

基本情報

本社
愛知県
PHOTO
  • 10年目以内
  • 電気・電子系
  • 技術・研究系

会社の雰囲気が自分に合っていると感じました!

田島 嘉
2014年入社
31歳
信州大学
工学部電気電子工学科
技術開発部 開発グループ
地震を検知し、様々な動作を行う製品の開発を行っています。

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 資格・専門能力が身につく仕事
  • 社会インフラを支える仕事
現在の仕事
  • 部署名技術開発部 開発グループ

  • 仕事内容地震を検知し、様々な動作を行う製品の開発を行っています。

就職活動の軸や入社の決め手を教えてください。

就職活動において重要視していたのは、業種が電力関連であり、自分が定年まで働きたいと感じる会社であることです。これは、自分の専攻が電気電子工学科であったことと楽しく働ける職場を希望していたためです。
中部電力のグループ会社でスマートメーターネットワークの開発に携わっており、先輩社員の人柄から楽しそうな職場の雰囲気を感じたため、中部精機に入社したいと考えました。


入社~現在までの仕事内容を教えてください。

入社から6年目までは、スマートメーターシステムの運用保守業務に携わっていました。運用保守業務では、現地に取付けられたスマートメーターの故障を検知したり、スマートメーターシステムが24時間365日連続して稼働できるようシステム障害への対応を行っていました。
7年目からは技術開発部に異動し、エレベーター用の地震感知器など地震を検知して様々な動作を行う製品の開発・設計に携わっております。


印象に残っているお仕事について教えて下さい。

スマートメーターシステムの運用保守業務に携わっていたときに、台風の被災によって発生した停電に対応したことです。台風により発生した広域停電が現地作業者の対応により迅速に回復していく様子がスマートメーターシステムを通して感じられたこと、自分たちが収集した現地のスマートメーターの情報が現地作業者の復旧対応に活かされている様子が感じられたことが今でも印象に残っています。
また、地震感知器の開発においては、自分が設計した図面のとおりに製品が出来上がったとき、難航していた課題が対策によって解決したときに達成感を感じたことが印象に残っています。


貴社の強みを教えてください。

ビッグデータを扱うスマートメーターシステムの運用保守業務に携わっていること、地震感知器や検電器など様々な分野の製品を手掛けていることが中部精機の強みであると思います。
また、中小企業であるため、社員の縦と横の繋がりが強いため、情報の連携や対応が早く、各分野で得た知見を別の分野で活かすことができるのも強みとなります。


学生へのメッセージをお願いします。

中部精機は、様々なサービスや製品の開発に携わっているため、多種多様な知識に触れる機会が多くあります。色々な業務に携わりたいと考える人には、おすすめできます。
また、多種多様な知識に触れるため、資格や専門知識を手に入れる機会が非常に多いです。特に資格については、会社から資格取得の援助が行われているため、自己のスキルアップを目指す人には良い環境かと思います。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. 中部精機(株)【中部電力グループ】の先輩情報