最終更新日:2022/7/25

大洋コンサルタント(株)

業種

  • 建設コンサルタント

基本情報

本社
石川県
資本金
2,700万円
売上高
3億400万円(2021年6月決算)
従業員
24名

「地域に根差し、いまを見つめ、未来を創る」金沢市に拠点を置く建設コンサルタントです。

  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
安全性や耐久性、コスト、周辺の自然環境、景観などさまざまな点に配慮して土木設計を行っています。完成後、地域住民の方に「ありがとう」と声をかけていただくことも。
PHOTO
「インフラ整備」「防災技術」「インフラ構造物の点検・調査・測量」が事業の3本柱。ベテランから若手まで団結してお客様の要望に応えています。

道路・河川・橋梁を造るダイナミックな仕事!技術者として地域のインフラを支える

PHOTO

技術職の野崎良介さん・2013年入社(上)と高畠諒さん・2014年入社(下)。得意分野を持ちつつ、道路設計や点検・補修など幅広い業務を行うことでスキルアップしています。

●自然災害が増える日本で、ニーズが高まる「防災工事」
当社は道路や橋、河川の設計をはじめ、それらの点検・調査・測量、自然災害に対する防災工事の設計を行う建設コンサルタントです。受注のほとんどが石川県内の公共事業で、いわば地域のインフラを支える仕事です。
3年ほど前から土砂くずれや崖くずれの防災対策を担当しています。県などの土木事務所から依頼を受けて災害発生の恐れがある地域の調査・分析をし、その場所に適した対策を提案します。対策用の構造物を設計する場合、安全性を最優先にしつつ、コスト面や工期も考慮しなければいけません。地域住民にも納得していただく必要があり、その説明をするのも技術者の役割です。景観や暮らしやすさなど配慮すべき点はたくさんありますが、人命を最優先した設計をしています。毎年のように大型台風が発生する日本にとって防災対策は急務。私たちの仕事は重要性が増しており、社会貢献できることもやりがいです。
私がこの会社を選んだ理由のひとつが雰囲気の良さです。上下関係が厳しすぎず、先輩との間に壁もない。何でも聞きやすく、技術を吸収しやすい環境です。(野崎良介)

●補修後、美しくなった橋梁を見ることがやりがい
学生時代、環境都市工学科で土木を学んだため、その技術が生かせる当社を選びました。現在は石川県内にある橋梁の点検や補修設計を担当しています。橋といっても規模や形、用途はさまざま。長さ数メートルの小さな橋なら点検員が徒歩で移動して部材を確認できますが、大規模な橋は橋梁点検車が必要で、その場合は道路使用許可申請書の提出や交通整備員の手配もしなくてはいけません。点検後に補修の必要があれば、その計画を立て設計を担当することもあります。
入社からこれまで先輩のサポートをすることで一歩ずつ技術を吸収してきました。ひとつの案件には原則として管理技術者、担当技術者、照査技術者が関わりますが、最近では担当技術者として現場の実務を任せてもらえるようになり、補修後、美しくなった橋を見ることがやりがいになっています。昨年は道路橋点検士補の資格に合格しました。当社は資格取得のサポートもあり、社内勉強会や社外講習会に参加することができます。今後は道路橋点検士や難易度が高い技術士の資格も取得し、仕事の幅を広げたいです。(高畠諒)

会社データ

事業内容
◆インフラ整備
(道路/橋梁/河川・砂防/上下水道/農業基盤整備)

陸上交通を支える道路や橋、景観を整えながら水害を防ぐ河川改修、生活に水の恵みをもたらす上下水道、農業に活用するための土地整備など、当社は地域の暮らしの基盤を築き上げる土木工事に数多く携わっています。インフラとしての機能はもちろん、安全性や耐久性を備えながら、周囲の自然環境にも配慮した設計を目指して、これまで培ってきた技術とノウハウを注ぎ込んでいます。

◆防災技術
(急傾斜地対策/落石対策/土石流対策/治山対策)


土砂崩れや崖崩れ、落石、斜面崩壊など、地形に由来した災害発生の恐れがある地域での防災工事に関わっています。綿密な調査と分析を重ねて、現場の状況に最適な災害対策の立案と、対策に必要な構造物の設計を行います。設計や施工計画には、地形に合わせた構造物の配置、周辺の建物や住民への影響、景観保全などの視点を盛り込んで、現場周辺地域に安全と安心を提供します。

◆点検・調査・測量
(構造物点検/交通量調査/防災調査/地質調査/各種測量)

既存のインフラ構造物の点検や防災のための現場調査、地形を把握する測量の分野でも、当社の技術力は評価されています。点検は目視だけでなく、非破壊検査も用いて、構造物内部の腐食などを発見します。防災調査や測量でも確かな調査力と分析力で、精度の高いデータをまとめます。技術力のさらなる向上に努め、インフラの維持や防災に貢献して地域の環境を守ります。

PHOTO

インフラ整備として橋や構造物の詳細調査を行っています。

本社郵便番号 921-8021
本社所在地 石川県金沢市御影町22-10
本社電話番号 076-259-5933
設立 1973年8月
資本金 2,700万円
従業員 24名
売上高 3億400万円(2021年6月決算)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.4年
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.6日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修(1日コース)
社外研修を受講していただいています。

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
金沢大学
<大学>
愛知工業大学、石川県立大学、金沢工業大学、東北工業大学
<短大・高専・専門学校>
石川工業高等専門学校

前年度の採用実績(人数)           2020年   2021年   2022年(予)
 ----------------------------------------------------------
 大学院       -     -     1名
 大卒        -     -     1名
 短大卒・高専卒   -     -     -

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

大洋コンサルタント(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
大洋コンサルタント(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 大洋コンサルタント(株)の会社概要