最終更新日:2022/7/29

(株)富士巧芸社

業種

  • 人材派遣・人材紹介
  • 放送
  • 芸能・映画・音楽
  • 広告
  • イベント・興行

基本情報

本社
東京都
資本金
1,000万円
売上高
15億円(2021年実績)
従業員
360名(男:133名、女:227名) 2020(令和2)年11月現在

新しいアイデアがテレビを、そして社会を変える力になる。仕事は楽しく!おもしろおかしく!日本を面白くする仕事!

会社紹介記事

PHOTO
PHOTO

富士巧芸社は社風、フォロー体制に自信を持っております

PHOTO

・社風
富士巧芸社は「つねに面白く、可笑しく」をモットーに、周りの人達も巻き込んで明るく楽しくなれば皆が幸せになると信じて活動しております。
そのために私たちは「挨拶」を大切にしております。これは、会社を出入りする清掃員さんや宅配員さんへの挨拶はもちろん、
社内外問わず気持ちよく挨拶が出来る人には自然と声が掛かり、良い出会いと良い環境に恵まれるという考えからです。
社長からはどんなに仕事が忙しくても挨拶が欠ける事の無いよう指導されており、社内で挨拶を率先して行っているのも社長です。
この挨拶のおかげで社内は自然と明るくなり、忙しい中でも笑顔が生まれています。
また挨拶はコミュニケーションツールにもなり、チームで仕事をする上で円滑に業務を進めるための潤滑油にもなると考えております。

・フォロー体制
内定後は、身だしなみからビジネスマナーまで社会人になるための準備ができるよう「研修制度」を用意しております。
これまでテレビや映像を学んでいなかった方にもわかりやすく解説し、じっくり育てていきます。
入社前には自身の目標を共有し、達成に向けて配属先を一緒に決めていきます。
また「新生活サポート制度」を用意しておりますので、上京や新しい生活に関する悩みも相談できる体制も整えております。
入社後は「メンター制度」や「FA制度」、「社内公募制度」を利用して、身近な悩みからキャリアアップに関しての悩み相談も◎
仕事終わりや休日に「映画鑑賞支援制度」や「健康支援制度」、「外食補助制度」を利用して頂くことで、
仕事だけではなくプライベートの充実化も図れるよう万全の体制で社員をサポートしています。

会社データ

事業内容
【メディア事業】
▼制作協力、技術協力
テレビ番組は、プロデューサー、アシスタントプロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクター、映像編集者、字幕放送、解説放送など実に多くの役割を担った方々によって支えられております。
弊社では制作や編集のプロフェッショナルとなるべく基本的な研修から教育を行い、多数のクライアント企業様のお手伝いをさせていただいております。また、テレビ業界にとらわれず人材不足でお困りのクライアント企業様へ、人財の協力を通じて一緒により高度な人材に育て上げていくサポートを行っています。

▼字幕放送制作
弊社では字幕の制作環境を整え、経験豊富なオペレーターが迅速かつ正確に字幕制作のお手伝いをしております。さらに字幕の重畳もお受けいたしますので、制作から重畳までワンストップサービスで対応をしております。

▼解説放送制作
解説放送のスキルを積んだディレクターが解説放送用ナレーションの原稿作成からナレーション収録までお手伝いをしており、納期・予算・クオリティに自信を持って取り組んでおります。

▼ポストプロダクション運営
弊社では「FKスタジオ」として赤坂に専用の編集室を構え、専属スタッフによる編集を行っており、放送前の最終チェックや編集作業をクライアント企業様と一緒にリアルタイムで行える環境と設備を備えております。

【クリエイティブ事業】
▼映像コンテンツ制作(配信動画、企業VP)
弊社では法人・個人を問わず、オリジナルの映像作品を企画立案から撮影、編集まで行い制作しております。企業PR、スポーツスクールのレッスン映像、自分史など多用なニーズに丁寧な取材を通して撮影・編集を行い、クライアント様の想いを実現するお手伝いをしています。
また、現在・過去にとらわれず様々な媒体に対応すべく映像作品を編集いたします。現在のコンプライアンスに準拠しない過去作品の修正、映像の劣化や細かな時間配分の見直し、映像そのもののチェック作業など多岐にわたるニーズにお応えいたします。

【派遣事業】
一般企業様などのニーズに幅広く対応した様々な職種の人材協力を行っております。
また、テレビ局や番組制作に係わる関連企業及びポストプロダクションなどの企業様へも中途採用等で人材協力を行っており、
分野を越えた経験やスキルアップが可能となる環境を日々充実させております。

PHOTO

本社郵便番号 101-0032
本社所在地 東京都千代田区岩本町3-4-6 トナカイタワーズビル 6F
本社電話番号 03-5835-4035
設立 2007(平成19)年3月(創立:1959(昭和34)年6月)
資本金 1,000万円
従業員 360名(男:133名、女:227名) 2020(令和2)年11月現在
売上高 15億円(2021年実績)
事業所 東京都千代田区岩本町3-4-6 トナカイタワーズビル 6F
主な取引先 日本放送協会(略称:NHK)
(株)テレビ朝日
(株)TBSテレビ
(株)フジテレビジョン
(株)テレビ東京
(株)テレビ神奈川
テレビ大阪(株)
(株)NHKグローバルメディアサービス
(株)日テレアックスオン
(株)日テレ・テクニカル・リソーシズ(略称:NiTRo)
テレビ朝日映像(株)
(株)TBSアクト
(株)テクノマックス
(株)テレビ東京コマーシャル
(株)共同テレビジョン
(株)フジミック
(株)IMAGICA Lab
(株)オムニバス・ジャパン
(株)キュー・テック
麻布プラザ(株)
パナソニック映像(株)
その他多数
平均年齢 33.1歳(2022年3月31日時点)
制作協力実績 1 「news every.」
「news zero」
「ZIP!」
「ヒルナンデス!」
「Oha!4 NEWS LIVE」
「ズームイン!!サタデー」
「シューイチ」
「the SOCIAL」
「Going! Sports&News」
「サッカー★アース」
「ONEラグビー」
「第97回箱根駅伝」
「サッカーAFCチャンピオンズリーグ」
「世界の果てまでイッテQ!」
「月曜から夜ふかし」
「有吉ゼミ」
「有吉の壁」
「嵐にしやがれ」
「しゃべくり007」
「沸騰ワード10」
「笑ってコラえて!」
「ザ!世界仰天ニュース」
「世界まる見え!テレビ特捜部」
「ザ!鉄腕!DASH!!」
「幸せ!ボンビーガール」
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」
「マツコ会議」
「火曜サプライズ」
「THE突破ファイル」
「満天 青空レストラン」
「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」
「世界一受けたい授業」
「おしゃれイズム」
「あのニュースで得する人損する人」
「1周回って知らない話」
「天才!志村どうぶつ園」
「ぐるぐるナインティナイン」
「秘密のケンミンSHOW!」
「アナザースカイ2」
「スクール革命!」
「ニノさん」
「NOGIBINGO!10」
「AKBINGO!」
「はじめてのおつかい」
「美食探偵 明智五郎」
「報道ステーション」
「グッド!モーニング」
「羽鳥慎一 モーニングショー」
「Get Sports」
「世界フィギュアスケート国別対抗戦2019」
「ロンドンハーツ」
「アメトーーク!」
「ミュージックステーション」
「関ジャム 完全燃SHOW」
「Qさま!!」
「ポツンと一軒家」
「お願い!ランキング」
「くりぃむクイズ ミラクル9」
「マツコ&有吉 かりそめ天国」
「相葉マナブ」
「ザワつく!金曜日」
「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
「徹子の部屋」
「ビ―トたけしのTVタックル」
「夜の巷を徘徊する」
「あいつ今何してる?」
「タモリ倶楽部」
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
「くりぃむナンチャラ」
「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」
「大改造!劇的ビフォーアフター」
「中居正広のニュースな会」
「家事ヤロウ!!!」
「伯山カレンの反省だ!!」
「じゅん散歩」
「渡辺篤史の建もの探訪」
「ドクターX ~外科医・大門未知子~」
「セミオトコ」
「志村&所の戦うお正月」
「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」
「RAGEシャドウバース プロリーグ 年間王者決定戦」
制作協力実績 2 「王様のブランチ」
「はやドキ!」
「あさチャン!」
「グッとラック!」
「ひるおび!」
「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」
「Nスタ」
「NEWS23」
「サタデープラス」
「がっちりマンデー!!」
「噂の!東京マガジン」
「S☆1」
「CROSS LINE アスリート×東北 みらいを創る」
「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」
「マツコの知らない世界」
「林先生が驚く初耳学」
「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」
「炎の体育会TV」
「水曜日のダウンタウン」
「クイズ!THE違和感」
「アイ・アム・冒険少年」
「この差って何ですか?」
「教えてもらう前と後」
「バナナマンのせっかくグルメ!」
「東大王」
「プレバト!!」
「櫻井・有吉THE夜会」
「ぴったんこカンカン」
「坂上&指原のつぶれない店」
「A-Studio」
「人生最高レストラン」
「中居くん決めて!」
「有田哲平の夢なら醒めないで」
「世界くらべてみたら」
「7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート」
「週刊EXILE」
「アメージパング!」
「ペコジャニ∞!」
「テッペン!『パパジャニWEST』」
「爆報!THEフライデー」
「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」
「アッコにおまかせ!」
「所さんお届けモノです!」
「NEWSな2人」
「健康カプセル!ゲンキの時間」
「キニナルマーケット」
「キニナル金曜日」
「UTAGE!」
「CDTV」
「CDTV ライブ!ライブ!」
「CDTVサタデー」
「この恋あたためますか」
「恋する母たち」
「危険なビーナス」
「義母と娘のブルース」
「大恋愛~僕を忘れる君と」
「中学聖日記」
「情熱大陸」
「バース・デイ」
「ゆうがたサテライト」
「未来世紀ジパング」
「ガイアの夜明け」
「Mプラス 11 」
「なないろ日和!プラス」
「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」
「テレビ東京スポーツ」
「ウイニング競馬」
「テレビ東京卓球NEWS」
「卓球ジャパン!」
「モヤモヤさまぁ~ず2」
「家、ついて行ってイイですか?」
「YOUは何しに日本へ?」
「出没!アド街ック天国」
「開運!なんでも鑑定団」
「主治医が見つかる診療所」
「青春高校3年C組」
制作協力実績3 「世界!ニッポン行きたい人応援団」
「激!今夜もドル箱」
「おはスタ」
「水バラ」
「ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~」
「どうぶつピース!!」
「二代目 和風総本家」
「ありえへん∞世界!」
「にちようチャップリン」
「乃木坂工事中」
「突撃!しあわせ買取隊」
「虎ノ門市場」
「The Girls Live」
「リトルトーキョーライフ」
「えびチャンズー」
「一夜づけ」
「プレミアMelodiX!」
「これ考えた人天才じゃね?」
「ゴッドタン」
「元祖!大食い王決定戦」
「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」
「TVチャンピオン 極~KIWAMI~」
「eSports high TV」
「銀魂」
「ブラッククローバー」
「キャプテン翼」
「おそ松さん」
「機動戦士ガンダム」
「土曜スペシャル」
「めざましテレビ」
「バイキングMORE」
「FNNプライムニュース イブニング」
「FNNプライムニュース α」
「ノンストップ!」
「直撃LIVEグッディ!」
「皇室ご一家」
「超逆境クイズバトル!!99人の壁」
「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」
「ネプリーグ」
「痛快TV スカッとジャパン」
「VS嵐」
「MUSIC FAIR」
「ホンマでっか!?TV」
「全力!脱力タイムズ」
「ダウンタウンなう」
「さんまのお笑い向上委員会」
「もしもツアーズ」
「林修のニッポンドリル」
「ジャンクSPORTS」
「所JAPAN」
「いただきハイジャンプ」
「関ジャニ∞クロニクルF」
「KinKi Kidsのブンブブーン」
「クイズ!脳ベルSHOW」
「TOKIOカケル」
「アウト×デラックス」
「MATSUぼっち」
「キスマイ超BUSAIKU!?」
「♯ミレニアガール」
「石橋、薪を焚べる」
「ライオンのグータッチ」
「ミライ☆モンスター」
「突然ですが占ってもいいですか?」
「コード・ブルー」
「グッド・ドクター」
「モンテクリスト伯」
「ラジエーションハウス」
「ワンピース」
「サザエさん」
「ゲゲゲの鬼太郎」
「鬼滅の刃」
「FNS歌謡祭」
「ごごナマ」
「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」
「AKB48 SHOW」
「聖火のキセキ」
「天才テレビくん」

その他、地上波・BS・CS・インターネットの人気番組多数!
沿革
  • 1959.06 
    • (株)富士巧芸社 創立
  • 2007.03
    • (株)富士巧芸社として東京都新宿区四ツ谷に設立
  • 2007.03 
    • ブライダル事業 開始
  • 2007.03 
    • 人材サービス事業 開始
  • 2012.05
    • 字幕制作事業 開始
  • 2012.08
    • 有料職業紹介事業の許可を取得
  • 2013.10 
    • 字幕制作分室を東京都品川区東品川に開設
  • 2014.04 
    • 解説放送事業開始
  • 2014.07 
    • 一般労働者派遣事業の許可を取得
  • 2015.09 
    • 本社を東京都千代田区岩本町へ移転
  • 2017.07 
    • ポストプロダクション事業 開始
  • 2017.07 
    • ポストプロダクション「FKスタジオ」を
      東京都中央区東銀座に開設
  • 2019.03 
    • 令和リポータープロジェクト始動
  • 2021.04
    • FKスタジオを東京都港区赤坂に移転
  • 2021.07
    • 字幕センターを東京都墨田区錦糸町に開設
  • 2021.10
    • 関西支社を大阪府大阪市中央区に開設

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 3.7年
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 6名 0名 6名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 6名 0名 6名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 42.9%
      (7名中3名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
共通
*ビジネスマナー研修(会社にかかってくる電話の受け方、取次ぎ方、名刺交換、メールの送り方etc...)
*コンプライアンス研修(SNSの扱い方、ハラスメント防止)

制作
*制作研修(番組ができるまでの流れ、許可取りの練習、領収書の扱い方)
*オフィス系ソフト研修(Word、Excelを使用してのロケスケジュールや企画書の作成)

技術(編集)
*編集研修(Photoshopを使用した切り抜き、専用ソフトを使ったテロップ作成)

★それぞれの苦手な部分を克服できる研修を用意しております。
自己啓発支援制度 制度あり
各種スキル向上のための学習を支援します。
Word、Excelのスキルアップや簿記、TOEICの勉強等が可能です。
メンター制度 制度あり
職場の上司や先輩とは違う立場の相談者に、業務や業務外(プライベートなど)でもメンタル面で支えてもらえる制度。
会社説明会にご参加頂いた際に詳しくご説明させて頂きます!
キャリアコンサルティング制度 制度あり
面談を通して配属先と自身がマッチングしているのか、
これからの進路を相談できる制度。
社内検定制度 制度なし

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 4 13 17
    2021年 2 16 18
    2020年 12 40 52
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 17
    2021年 18
    2020年 52

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
多摩美術大学、東京工科大学、東邦大学、文京学院大学
<大学>
愛知産業大学、愛知淑徳大学、青山学院大学、亜細亜大学、秋田大学、朝日大学、旭川大学、跡見学園女子大学、茨城大学、いわき明星大学、江戸川大学、桜美林大学、大阪芸術大学、大妻女子大学、沖縄県立芸術大学、小樽商科大学、嘉悦大学、神奈川大学、神奈川工科大学、川村学園女子大学、関西大学、神田外語大学、関東学院大学、学習院大学、九州国際大学、京都精華大学、杏林大学、近畿大学、慶應義塾大学、恵泉女学園大学、工学院大学、甲南大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、埼玉学園大学、札幌大学、産業能率大学、静岡産業大学、首都大学東京、尚美学園大学、昭和大学、昭和音楽大学、昭和女子大学、城西大学、城西国際大学、上智大学、女子美術大学、駿河台大学、成安造形大学、聖学院大学、成蹊大学、専修大学、洗足学園音楽大学、創価大学、崇城大学、大正大学、高崎経済大学、多摩大学、玉川大学、多摩美術大学、大東文化大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、中央学院大学、中部大学、鶴見大学、帝京大学、帝京平成大学、デジタルハリウッド大学、東海大学、東京家政大学、東京基督教大学、東京経済大学、東京工科大学、東京工芸大学、東京国際大学、東京情報大学、東京女子大学、東京造形大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、東京理科大学、東邦大学、東北芸術工科大学、東洋大学、東洋学園大学、常磐会学園大学、獨協大学、長崎大学、名古屋工業大学、二松学舎大学、日本大学、日本福祉大学、八戸工業大学、比治山大学、姫路獨協大学、フェリス女学院大学、文教大学、文京学院大学、平成国際大学、法政大学、武庫川女子大学、武蔵大学、武蔵野大学、武蔵野音楽大学、武蔵野学院大学、武蔵野美術大学、明海大学、明治大学、明治学院大学、明星大学、目白大学、桃山学院大学、山梨学院大学、横浜国立大学、横浜美術大学、立教大学、立正大学、立命館大学、琉球大学、和光大学、早稲田大学、和洋女子大学、愛知大学、茨城キリスト教大学、静岡文化芸術大学、実践女子大学、名古屋学芸大学、静岡英和学院大学、駒沢女子大学、熊本学園大学、京都文教大学、大阪学院大学
<短大・高専・専門学校>
専門学校ITカレッジ沖縄、秋草学園短期大学、旭川工業高等専門学校、専門学校ESPエンタテインメント東京、大阪スクールオブミュージック専門学校、大阪ダンス・俳優&舞台芸術専門学校、大原法律専門学校、大原簿記専門学校大阪校、岡山科学技術専門学校、御茶の水美術専門学校、音響芸術専門学校、専門学校神田外語学院、専門学校九州デザイナー学院、専門学校九州ビジュアルアーツ、桐生大学短期大学部、窪田理容美容専門学校、熊本電子ビジネス専門学校、専門学校桑沢デザイン研究所、神戸電子専門学校、国際短期大学、国際外語・観光・エアライン専門学校、国際文化理容美容専門学校国分寺校、桜の聖母短期大学、専門学校札幌ビジュアルアーツ、札幌ミュージック&ダンス・放送専門学校、山陽学園短期大学、秀林外語専門学校、尚美ミュージックカレッジ専門学校、新宿調理師専門学校、自由が丘産能短期大学、城西短期大学、女子美術大学短期大学部、駿台観光&外語ビジネス専門学校、仙台デザイン専門学校、専門学校デジタルアーツ仙台、東京ITプログラミング&会計専門学校、東京IT会計公務員専門学校千葉校、東京工学院専門学校、東京コミュニケーションアート専門学校、専門学校東京スクール・オブ・ビジネス、東京デザイナー学院、専門学校東京ビジュアルアーツ、東京マルチメディア専門学校、東京リゾート&スポーツ専門学校、東放学園専門学校、東放学園映画専門学校、東放学園音響専門学校、桐朋学園芸術短期大学、東北女子短期大学、東北電子専門学校、東洋美術学校、専門学校名古屋デザイナー学院、専門学校名古屋ビジュアルアーツ、名古屋美容専門学校、名古屋リゾート&スポーツ専門学校、新潟デザイン専門学校、日本工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校、日本電子専門学校、HAL大阪、HAL東京、専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ、ビジュアルアーツ専門学校、吉祥寺二葉栄養調理専門職学校、文化服装学院、放送芸術学院専門学校、ホスピタリティツーリズム専門学校、山梨秀峰調理師専門学校、山野美容専門学校、横浜栄養専門学校、読売理工医療福祉専門学校

前年度の採用実績(人数) 2022年→17名(予定)
2021年→18名
2020年→52名
2019年→36名 (大卒17名、短大・専門卒19名)
2018年→28名 (大卒11名、短大・専門卒17名)
2017年→22名 (大卒 4名、短大・専門卒18名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)富士巧芸社と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)富士巧芸社を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)富士巧芸社の会社概要