最終更新日:2022/6/1

清川メッキ工業(株)

業種

  • 非鉄金属
  • 半導体・電子・電気機器
  • 化学

基本情報

本社
福井県
資本金
4,000万円
売上高
60億円(2022年4月)
従業員
326名

ナノめっき技術で次世代の夢に挑む

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「自由なる創意の結果が、大いなる未来を拓く」という企業理念の下に、全社員の創意によるあらゆる企業活動の面で、地球環境の保全に配慮し行動します。
PHOTO
技術のノウハウを駆使し業界トップでISO9001,14001を取得。導電性微粒子の製造方法開発においては、文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞。

地味に確実に~Quietry surely~

PHOTO

代表取締役社長 清川 肇

異業種の集まりで初めて名刺交換する相手の方から「テレビや新聞によく出ている技術がすごい会社ですね」と言われるようになってきました。
当社はB to B(企業間の商取引)がほとんどで一般の方々や異業種の企業とお仕事をすることはありません。
これは新聞やテレビ、雑誌に当社を取り上げていただく機会が増えてきた事が要因だと思います。

JABアワード 品質マネジメントシステム部門(2015年)、文部科学大臣表彰科学技術賞受賞(2016年)、環境大臣表彰(対策活動実践・普及部門)(2018年)、「現代の名工」選出(2019年)などで、技術、品質、環境、経営の面で日本のトップクラスだという称号を頂けたのは社員皆様のたゆまない創意工夫の努力があっての事だと思います。

特に技術分野では文部科学大臣表彰(技術部門)を頂きました。
この賞は我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な成果を収めた者を対象として授与されるもので、受賞分野には「研究部門」「開発部門」「技術部門」があります。
「研究部門」の受賞者は主に大学の先生方で、全く新しい事を見出すこと0→1にするような研究をされています。
「開発部門」の受賞者は大企業開発者が多く、研究で見つかった事をいくつか組み合わせて新しい製品を作る事、1→10にするような開発をしています。
当社が受賞した「技術部門」では、開発された製品の性能を最大限に引き出し、適切なコスト設計をして、最高の品質に仕上げることで、10→100にするような技術が評価されました。
世の中には沢山の中小企業がありますが、その中でより満点の100に近いものを作り上げる会社と評価して頂いたことは、皆様とやってきた方向性が間違っていなかったのだと大変嬉しく思います。

会社としては、「売り上げを上げよう」「会社の規模を大きくしよう」といった目標を立てたことはなく、どちらかといえば地味に確実に成長できればといった経営をしてきたかと思います。
本格的に立ち上ったパワーデバイス半導体のおかげで社員数が若干拡大しましたが、これからも「目の前のお客様に対して精一杯の仕事をする」ことを主眼とし、社員皆様の「人としての成長」も加味したうえで「地味に確実に」成長し続けていきたいと思います。

会社データ

事業内容
〇表面処理
1.各種電気めっき、無電解めっき
クロム、亜鉛、銅、ニッケル、スズ、金、銀、プラチナ等
2.機能性めっき
金めっき、複合めっき、硬質めっき、耐食性めっき等
3.化成皮膜処理
リン酸、マンガン皮膜処理、黒染
4.アルミニウムの陽極酸化(アルマイト)
カラー、硬質アルマイト、シルバー

〇主要めっき品
1.電子部品
プリント基板、角形チップ部品(抵抗器、多連抵抗器、抵抗ネットワーク、 コイル、コンデンサ、ノイズフィルタ等)、金属被膜抵抗器、金属(酸化物)被膜ヒューズ抵抗器、他
2.マグネット
希土類系(Nd、Sm)磁石
3.半導体ウエハー
4.その他先端材料
フィルム、繊維、粉体、水素吸蔵合金(ニッケル水素電池、燃料電池、タンク用)、他

〇環境にやさしいめっき
1.シアンレスめっき
有害なシアンを用いないめっき
2.鉛レスめっき
有害な鉛を用いないはんだめっき
3.クロムレスめっき
有害な六価クロムを用いないめっき

PHOTO

電子部品、半導体、医療部品、ロボット/エネルギー部品など、各部品のパーツをつなぎ合わせているのが「めっき」技術です。

本社郵便番号 918-8515
本社所在地 福井県福井市和田中1-414
本社電話番号 0776-23-2912
創業 1963年3月
設立 1968年11月
資本金 4,000万円
従業員 326名
売上高 60億円(2022年4月)
事業所 清川メッキ工業(株) 化学技術研究所
清川メッキ工業(株) 先端技術開発センター
清川メッキ工業(株) ナノテク開発センター
清川メッキ工業(株) 要素技術センター
清川メッキ工業(株) ソリューションセンター
清川メッキ工業(株) 森田工場
国際規格 国際品質保証規格ISO-9001:2015 認証取得(1994.12)
国際環境規格ISO-14001:2015 認証取得(1997.11)
国際試験所認定ISO/IEC17025 認定取得(2008.2)
国家資格取得者数 〇めっき技能士(特級・1級) 75名
〇めっき技能士(2級) 157名
〇化学分析技能士(2級) 2名
〇公害防止管理者 11名
〇毒物劇物取扱者 19名
〇危険物取扱者 9名
〇衛生管理者 9名
〇環境計量士 1名
〇計量士国家試験 1名
〇エネルギー管理士 1名
(2022年4月現在)
めっき技能 毎年開催される全国技術めっきコンクールにて、硬質クロムめっき部門において厚生労働大臣賞(日本一)を受賞いたしました。
2021年度の厚生労働大臣賞の受賞で合計13回の厚生労働大臣賞受賞となりました。表彰の概要は以下の通りです。

【受賞内容】
全鍍連が主催する「全国めっき技術コンクール」は、めっき技術の向上と研究意欲の増進を図り、我が国のめっき産業の健全な発展に寄与することを目的とし、 1992年度より開催され、2021年度で29回目を迎えました。
コンクールは5部門に分かれており応募総数は396件で、全国のめっきの猛者が参加しているなか、日本一である厚生労働大臣賞を獲得いたしました。
清川メッキでは、「若手へのめっき技術の伝承」のスローガンのもと、チャレンジ精神旺盛な若手社員に広く参加を募り、多数の応募の中から11名を選び出し、さらに、過去の厚生労働大臣賞受賞者をアドバイザーとして付ける体制で技術伝承を図っております。
 2021年度も硬質クロムめっき部門において伊與俊平さんが厚生労働大臣賞を受賞したほか、11名中3名が上位入賞を果たすなど、結果として着実に現れております。
今後も、参加者を公募し、めっき技術の伝承とレベルの向上を目指していきます。
健康経営  従業員の健康促進は、幸せな人生を送るために、働きやすい職場となり、結果として生産性向上に繋がります。2022年3月に健康経営優良法人2022の認定を受けました。
 清川メッキは各保険会社様と協力して健康経営サポートしています。その一つとして社内セミナーの開催です。従業員ひとりひとりが健康の意識と病気の知識を持っていただけるように『女性のためのガンセミナー』や『働く男性のためのガンセミナー』を実施しています。ほかにも介護、老後、年金などいろんなセミナーを企画しています。
 また、コミュニケーション(全社員が自部署以外の人と交流)向上のためにレクレーション(国内、海外旅行、家族参加型パーティーなど)を企画実施したり、従業員の趣味を後押しするためにサークル活動を推奨しています。
 そして、従業員ひとりひとりのアイディアによる改善提案制度で品質向上、CO2削減、作業負担軽減、安全強化などさまざまな効果をもたらしております。
改善活動 2006年よりトヨタ生産方式(TPS)の7つのムダ(手待ちのムダ、作りすぎのムダ、在庫のムダ、加工そのもののムダなど)に加え、2010年より動作改善(IE)の10個のモーションマインド(ウォークレス、手の移動距離レス、持ち上げ動作レスなど)に着眼して、作業導線の改善、生産システムの改善、ロボット導入等で生産効率化を図っています。
レクレーション 創業当初から全従業員対象に国内旅行や海外旅行を企画していますが、2019年は全社員のご家族も一緒に大型テーマパーク(昼食時には貸切でショーを企画)に1日ご招待しました。
毎年、年末には全社員対象に忘年会を実施しています。
2012年より会社負担で会員制スポーツジムを利用可能にしています。
サークル活動 〇よさこい
 毎年、ふくいフェニックス祭のYosakoiイッチョライに清川メッキのチームも参加しています。 入社2~3年目の社員がリーダーを務め、リーダーシップを身に付けています。

〇ソフトボール
 結成20年余りとなる清川メッキソフトボールチーム。万年C級(最下級)のチームから、徐々に実力をつけ、今ではA級レベルに。 そのチームを支えるのは、20代~50代までの幅広い年齢層のメンバー達20名。
 「試合に勝ちたい!ホームランを打ちたい!良い守備がしたい!笑いをとりたい?」 それぞれの熱い想いを白球に向け、”明るく楽しく”をモットーにプレーしています。
最高成績:市民ソフトはB級3位

〇マラソン
 入部資格は「走るのが好きなこと」といたってシンプル。メンバーは入社間もない社員から50代までの12人(内女性3人)。マラソン歴は2年から10年までと幅広く、職種も開発職や事務職、さらに製造担当…とさまざま。
 社内ではメンバー同士接する機会は少ないですが、マラソンを通じてコミュニケーションの密度はぐんと上がりました。

〇ゴルフ
 ゴルフ同行会会員は社長を含め25名登録しており、2021年10月のコンペにて22回目を数えました。活動としては、シーズン中、月1回程度のプライベートラウンド企画、春秋の年2回のコンペ開催、 又、年末に合宿、忘年会を行い個人のレベルUPとコミニュケーションUPを狙いとして活動しています。
 仕事に於いても、部署を超えた横へのコミニュケーションがスムーズになって仕事に貢献している部分もあります。 「皆が楽しく」をモットーに「うまくなりたい」という向上心が芽生え、有意義な同好会になってきました。

そのほかにも
〇バドミントン
〇卓球
〇筋肉同好会
〇アニメ同好会
〇めっきクラブもあります。
オリジナルメダル作製 【福井国体 第18回全国障害者スポーツ大会】
水仙の花びら模様には「ラメ入り七宝」、亜鉛ダイキャストに「金銀銅のめっき」を施す事で、高度なめっき技術を利用しました。

【理数グランプリ】
 上位チームに贈られるメダルは、知識欲を高めるきっかけの一つとなることを願って、外枠のメダルから外すと学習にも使用できるルーペにデザインしました。
 参加賞メダルは、迷路のように入り組んだ一番深い所(リボンを引っ掛ける部分)に答えがあり、そこまでたどり着いて欲しいとう願いを込めて、電子基板のようなデザインにしました。
沿革
  • 1963年3月
    • 「清川メッキ工業所」創業
  • 1968年11月
    • 「清川メッキ工業(株)」設立
  • 1994年12月
    • 品質マネジメントシステム「ISO9001」認証取得
      (めっき業界初)
  • 1997年11月
    • 環境マネジメントシステム「ISO14001」認証取得
      (めっき業界初)
  • 2003年3月
    • 日本環境経営大賞 優秀賞受賞
  • 2004年10月
    • 第7回グリーン購入大賞 中小事業者部門受賞
  • 2005年8月
    • 第1回ものづくり日本大賞 経済産業大臣 特別賞受賞
  • 2006年3月
    • 元気なモノ作り 中小企業300社 経済産業省選定 
  • 2008年2月
    • 試験所認定ISO/IEC17025認定取得
      (めっき業界初)
  • 2012年1月
    • キャリア教育アワード受賞
  • 2012年11月
    • 特許庁長官奨励賞受賞
  • 2014年3月
    • おもてなし経営企業選受賞(経済産業省)
  • 2014年7月
    • 全国発明表彰 発明賞受賞
  • 2015年2月
    • 科学技術大賞受賞
  • 2015年3月
    • 日本でいちばん大切にしたい会社 中小企業長官受賞
  • 2015年3月
    • JABアワード 品質マネジメントシステム部門受賞
  • 2015年4月
    • 医療機器製造業登録
  • 2015年11月
    • 品質マネジメントシステム「ISO9001:2015」認証取得
      (日本初)
      環境マネジメントシステム「ISO14001:2015」認証取得
      (日本初)
  • 2016年4月
    • 文部科学大臣表彰 科学技術賞受賞
  • 2017年12月
    • 「地域未来牽引企業」経済産業省選定
  • 2018年12月
    • 環境大臣表彰(対策活動実践・普及部門)環境省
  • 2019年11月
    • 「現代の名工」に選出
  • 2020年3月
    • 健康経営優良法人認定 経済産業省
  • 2021年2月
    • スポーツエールカンパニー認定 スポーツ庁
  • 2022年3月
    • ふくい女性活躍推進企業優秀活動表彰 福井県

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.8年
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.4日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 4名 7名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 2名 5名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 8.3%
      (60名中5名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修(入社1週間)
その他 部署・部門によって個別に研修有
自己啓発支援制度 制度あり
各種検定試験費用会社負担
(技能検定試験他)
メンター制度 制度あり
入社後3カ月OJT指導の基指導日誌により
教育指導を行う(OJTは入社3~5年目社員)
社内検定制度 制度あり
各部署においてスキル確認テストを随時実施

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 4 1 5
    2021年 3 1 4
    2020年 2 1 3
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 5
    2021年 4
    2020年 3

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
福井大学、福井工業大学、金沢大学、石川県立大学、富山大学、富山県立大学、東京大学、山梨大学、近畿大学
<大学>
福井大学、福井工業大学、仁愛大学、金沢大学、金沢工業大学、富山大学、信州大学、秋田大学、神戸大学、大阪工業大学、滋賀県立大学、名城大学、関西大学、近畿大学、早稲田大学、明治大学、法政大学、東京理科大学、中央大学、首都大学東京

前年度の採用実績(人数) 〇2022年(予):5名

〇2021年:4名

〇2020年:3名

〇2019年:7名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

清川メッキ工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
清川メッキ工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 清川メッキ工業(株)の会社概要