最終更新日:2022/8/5

東海鋼材工業(株)【日本製鉄グループ】

業種

  • 鉄鋼
  • 輸送用機器
  • 金属製品

基本情報

本社
愛知県
資本金
1億5,000万円
売上高
93億円(2022年3月実績)
従業員
315名(内社員247名)

70年以上の実績と信頼。「良い環境 良い人間 良い技術」がそろい、3部門にわたる鉄鋼加工技術で、社会へ貢献しています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
1944年に創業。70年以上にわたり、鉄鋼製品の加工会社としての使命を貫いてきた東海鋼材工業。
PHOTO
日本製鉄グループの一員として、また鉄鋼製品加工会社として今後も社会に貢献し続け、100年企業を目指していきます。

いろいろな活動にチャレンジさせてくれる会社。自身の成長も実感できます!

PHOTO

「さまざまな資格に挑戦して、解決方法の引き出しを増やしたい」というM.M.さん(左)。「社員の資格取得を推進し、技術の底上げを狙いたい」というK.T.さん。(右)

入社後、ポール事業部に配属され、そこで8年ほど働きました。その後、亜鉛めっき事業部の技術グループに異動。現在は生産に関わるエネルギーコストの改善やISO14001に関する業務、工場内の設備の修繕などに取り組んでいます。
この仕事のおもしろさは、幅広い業務に携われること。エネルギーを低減するためにはどうすればいいのかを考えたり、ISOについては環境や法律の知識も必要です。設備修繕は機械のことも知らないとできません。そのためさまざまな資格取得に挑戦しています。社内外の資格を積極的に取っていけば、さらに仕事の幅が広がります。最初は誰でも初心者ですが、このような仕事をすることで知識も増え、自分自身の成長を実感できます。会社は社員を成長させるためにいろんな挑戦をさせてくれる風土。部署の垣根を越えてプロジェクトチームをつくって活動しているのも、その一環です。
好奇心のある方なら、きっといろんな仕事に興味を持ち、成長できる土壌が当社にはあると思います。いろんなことにチャレンジしてみたいという学生さんに来てほしいですね。(亜鉛めっき事業部 技術グループ/K.T. 2008年入社)

鋼板加工事業部の技術グループは、工場全体をもっと良くするために、品質、検査、操業改善の向上に努めています。その中でも私が主に携わっているのは、品質と操業改善です。品質については、製品に不良が発生した場合、工場のメンバーと一緒に原因を突き止め、改善していくのが仕事。操業改善は、生産設備の稼働時間や加工スピードなどのデータを採取し、その情報を分析。より生産性を高めていくためにはどうすればいいのかを検討します。いずれも課題に対して解決方法を考える仕事なので、試行錯誤を繰り返して結果が出るとうれしいですね。
働き方については、土日もしっかりと休めるのでワークライフバランスが整った職場だと思います。私は入社して間もないので、先輩から「何か困っていることはないか?」と声をかけてくれます。課題をチームで解決しようとする風土なので、一人で仕事を抱え込むということはないですね。
工場をもっと良くするためには、まだまだ課題があります。不良削減・生産性向上をテーマに、今後も様々な技術を取り入れながら仕事をしていきたいと思っています。(鋼板加工事業部 技術グループ/M.M. 2020年入社)

会社データ

事業内容
ー鋼板加工部門ー
中部地区有数のシャーリング工場で、多種多様な鋼板加工をしています。
厚・中鋼板の溶断から罫書(けがき)・曲げ・穴あけ・切削・溶接組立まで、一貫製造を行なっています。
特に、当社のコア技術である溶断に関しては、NCのガス・レーザー・プラズマ切断機を使い分けております。中でも、レーザー切断機は23時間無人で稼動します。産業機械の精密部品から橋梁の大型部材まで、製品の大小に関わらず取り扱っております。

ー亜鉛めっき部門ー
鉄の耐食性・経済性を向上させる亜鉛めっき加工。
鉄の耐食性・経済性を向上させる溶融亜鉛めっきは、昨今注目を集めている加工です。限りある鉄資源を長く使うことができるため、経済性の高さはもちろんのこと、安全面の維持にも寄与します。中部地区有数の大型めっき槽を有する当社では、大型構造物から小物製品まで、幅広い製品の亜鉛めっき加工をしています。

ーポール部門ー
日鉄建材(株)の委託加工工場として、高品質なポールを製造します。
電柱やアンテナ柱、防災行政無線柱、照明柱、防球ネット柱など、私たちの生活のあらゆる場面で使用されており、保管や輸送、設置が簡単で、長寿命のパンザーマストを取り扱っております。そのほかにも照明柱・鋼管柱等各種ポール製品を製造しております。
本社郵便番号 490-1445
本社所在地 愛知県海部郡飛島村金岡47
本社電話番号 0567-55-1481
創業 1944年1月18日
資本金 1億5,000万円
従業員 315名(内社員247名)
売上高 93億円(2022年3月実績)
事業所 本社・飛島工場 〒490-1445 愛知県海部郡飛島村金岡47
知多工場    〒478-0069 愛知県知多市新刀池2-9
株主構成 日本製鉄株式会社
日鉄建材株式会社
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社
芝本産業株式会社
高田機工株式会社
平均年齢 42歳
沿革
  • 1944年1月
    • 航空機部品・治具芯金等の製作加工、鉄骨・鉄筋の製作並びに建設工事の請負を目的として設立
  • 1952年10月
    • 鋼板加工部門新設
  • 1954年8月
    • 溶融亜鉛めっき部門新設
  • 1961年5月
    • 橋梁部門新設
  • 1962年7月
    • 空見工場を新設し、溶融亜鉛めっき部門を移転
  • 1967年11月
    • パンザーマスト部門(現ポール部門)を新設
  • 1971年4月
    • 飛島工場が完成し、本社を移転
  • 1998年5月
    • 知多工場新設
  • 1999年3月
    • 空見工場を閉鎖し、溶融亜鉛めっき部門を知多工場へ全面移転
  • 2005年3月
    • 橋梁部門廃止
  • 2013年3月
    • 「照明柱」、「鋼管柱」の委託加工開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.2年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 26.2時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.4日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 3名 3名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 0.0%
      (29名中0名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人社員導入研修、管理者研修、営業研修、技術研修、安全教育、OJT
自己啓発支援制度 制度あり
業務に資するとして会社が認めた資格について取得費用の全額補助と資格取得時の一時金支給制度
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
社員資格(上司の評価によりランクアップ、内2回は社内試験あり)

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 3 1 4
    2021年 0 0 0
    2020年 0 0 0
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 4
    2021年 0
    2020年 0

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

東海鋼材工業(株)【日本製鉄グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. 東海鋼材工業(株)【日本製鉄グループ】の会社概要