最終更新日:2022/6/9

(株)テクニスコ

業種

  • 金属製品
  • ガラス・セラミックス
  • 非鉄金属
  • 自動車・自動車部品
  • 精密機器

基本情報

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
41億3,600万円(2021年6月末)
従業員
単体:196名 連結:310名 (2021年6月末現在)

精密加工部品メーカー(東京・広島・海外に拠点あり!)

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
特殊な微細流路加工を施したガラスや特殊金属への複雑な切削加工など、自由自在に幅広い製品をお客様のご要望に応じて提供しております。
PHOTO
弊社開発品の高出力半導体レーザー向け水冷ヒートシンク「マイクロチャンネルクーラー」は、LDモジュールの高出力化・長寿命化を実現。各種設計・解析が可能です。

不可能と思えるコトを可能に

PHOTO

物理的な加工ばかりでなく化学的観点からの開発まで幅広い加工技術の開発に日々取り組んでいます

~最新技術で世界の人びとの喜びを実現する~

今私たちの生活でなくてはならないものの一つが、光通信による高速インターネットといえると思います。それはどのようにして可能になっていると思いますか?
そこには世界中の最新技術が集結しています。情報をのせた光がまずレーザーで発せられますが、それがそのまま世界中に届くわけではありません。光は距離と共に弱まる性質があるため、一定距離ごとにその光をまたレーザーで増幅する必要があります。そこでは必ず熱が発生します。その熱を効率的に逃す部品が必要です。それが当社が提供する「ヒートシンク」という部品です。高速化するためのより良いヒートシンクが私たちの暮らしをより快適にします。
これは弊社の製品の一つの例ですが、私たちが提供するありとあらゆる部品はすべて、お客様がつくる最終製品を介し、人びとの快適な生活や喜びを支えることにつながっています。
 開発に終わりはありません。物理的な加工ばかりでなく化学的観点からの開発まで幅広い加工技術の開発に日々取り組んでいます。

【当社の特徴】

1970年創業以来、次々に独自の加工技術の幅を広げ、ライフサイエンス市場・自動車市場・通信市場など、あらゆる市場のお客様をサポートしてきました。
「クロスエッジTechnology」によってお客様に価値をお届けし、現在では中小企業でありながら、欧米やアジアを中心として世界中に単なるサプライヤでなく「パートナー」と言ってくださるお客様がいます。2017年、お客様へ更なる付加価値を届けるため、新たな事業の立ち上げに踏み切り、シンガポールに新工場を設立しました。攻めの経営で今後も進化を加速させていきます。

【当社の文化】

私たちは「高度なクロスエッジTechnologyへの継続的なチャレンジによって 人びとの喜び実現の一助となる」を企業理念として掲げる「クロスエッジTechnology」のプロ集団です。一般的に中小企業は一人ひとりの役割が大きいと言われますが、当社もその例にたがわず、「社員一人ひとりの成長が会社の成長である」と考えています。充実の福利厚生や各種人事制度により、「成長したい人が成長できる」環境が当社にはあります。「思考で冒険、試行で実現」という行動指針に沿って、社員一人ひとりが「今よりもっとよく」を目指して改善・改革を実行中です。

会社データ

事業内容
■テクニスコの二大事業「金属部品事業」および「ガラス部品事業」

 1970年に切削加工を行う小さな受託加工メーカーとして創業以来、「切る」のみの加工技術から、「切る」「削る」「磨く」「メタライズ」「接合」と次々に技術の幅を広げて参りました。そして現在では、5つの最先端の加工技術を独自に組み合わせてお客様の課題を解決する「クロスエッジTechnology」を軸として、「金属部品事業」と「ガラス部品事業」を二大事業として事業展開しています。

■新規「材料事業」への取組み

 テクニスコの既存の二大事業に加え、2018年より新たにシンガポールに工場(TECNISCO Advanced Materials Pte Ltd)を設立し、材料事業を立ち上げています。新材料を自社で開発・製造することで、これまで当社が磨き上げてきた「クロスエッジTechnology」という強みに更なる付加価値を創造することが目的です。

■7つの市場へ

 当社の製品は、高出力、自動車、通信、ライフサイエンス、宇宙、航空、半導体というグローバルな7つの市場で採用されており、世界中の人びとの快適な生活を支えるための役に立っています。
本社郵便番号 140-0004
本社所在地 東京都品川区南品川2-2-15
本社電話番号 03-3458-4561
設立 1970年
資本金 1億円
従業員 単体:196名 連結:310名 (2021年6月末現在)
売上高 41億3,600万円(2021年6月末)
所在地 ■本社   東京都品川区南品川2-2-15
■広島工場    広島県呉市広多賀谷2-8-13
海外グループ会社 ■(中国現地法人) 泰庫尼思科電子(蘇州)有限公司
■(シンガポール現地法人) TECNISCO Advanced Materials Pte Ltd
20代社員割合 15.3%(2021年6月末日現在)
沿革
  • 1970年
    • 東京都品川区に(株)精密切断研究所設立
  • 1971年
    • 東京都品川区に品川工場新設(株)テクニスコに商号設立
      磁器ヘッド向ダイシング、スライシングサービス開始
  • 1972年
    • (株)ディスコの出資を受けディスコグループへ参加
  • 1985年
    • 自社製シリコンボートの製造、販売開始
      (半導体製造用ジグ)
  • 1987年
    • 広島県呉市に工場新設
  • 1989年
    • (株)ディスコ100%出資子会社となる
  • 1990年
    • ガラス精密加工サービス開始
      (圧力センサ、加速度センサ向スペーサーガラス)
  • 1993年
    • 広島工場の製造能力増強
      (製造拠点を広島へ集中) 
  • 1995年
    • 民生DVD、通信向ヒートシンクの製造販売開始
  • 1998年
    • 光通信向ヒートシンクの製造販売開始
  • 1999年
    • ISO9001認証取得
  • 2001年
    • 高出力半導体レーザー向CuWサブマウントの製造、販売開始
  • 2002年
    • ISO14001認証取得
  • 2005年
    • RFセンサ向ガラス貫通ビアの製造、販売開始

      中華人民共和国に蘇州工場として
      現地法人 泰庫尼思科電子(蘇州)有限公司を設立

      蘇州工場にてISO9001認証取得
  • 2006年
    • 各種センサ、MEMSプロジェクター向ガラス精密加工サービスの拡大
  • 2007年
    • 高出力半導体レーザー向水冷式ヒートシンクの製造、販売開始
  • 2009年
    • ファイバーレーザー向サブマウントの製造、販売開始
  • 2011年
    • ライフサイエンス、スマートフォン向ガラス精密加工サービスの拡大
  • 2014年
    • MBOにより(株)ディスコから独立
  • 2015年
    • ライフサイエンス向マイクロ流路ガラスの製造、販売開始

      蘇州工場にてISO/TS16949認証取得
  • 2017年
    • シンガポールに
      現地法人 TECNISCO Advanced Materials Pte. Ltd.を設立
  • 2019年
    • ドイツに現地法人 TECNISCO EUROPE GmbHを設立

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.3年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 28.9時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.3日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 6名 7名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 6名 7名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
【階層別教育】
■入社1年目:
 新入社員研修、入社6カ月後振返り研修、入社1年後振返り研修
■入社1~3年目:
 フォロワーシップ研修(入社3年目までの20代社員全員が参加)
その他、等級に応じて階層別研修を受講

【一般教育】
ハラスメント研修、情報セキュリティ研修、メンタルヘルス研修、他

【マネジメントシステム研修】
マネジメントシステム初級研修、マネジメントシステム中級研修、内部監査員養成研修

【部門別教育】
各部門が毎年、自部門の教育を計画して実施
自己啓発支援制度 制度あり
■通信教育制度
年2回会社指定の通信教育募集を行っています。コースによって、30%・50%・80%の割合で補助が出ます。

■その他自己啓発支援制度
会社指定の通信教育以外で、自分の能力向上や健康増進のためにかかった費用に補助が出ます。(例、英会話・資格取得・書籍購入・スポーツジム)
★弊社は「健康経営」に力を入れており、健康増進のための費用にも補助が出るのが特徴です。多くの社員がスポーツジムやヨガクラス、テニススクールなどに通っています。
メンター制度 制度なし
メンター制度はありませんが、入社後3ヶ月・10ヶ月に人事が「入社後フォロー面談」を実施し、困っていることや悩んでいることがないかをお聞きしています。
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
■マイスター制度
特筆すべき技術を有する社員を認定する制度です。等級に応じて手当が支給されます。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 1 1 2
    2021年 0 1 1
    2022年 2 0 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2020年 0
    2021年 0
    2022年 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2020年 2
    2021年 1
    2022年 2

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
東北大学、山口大学、青山学院大学、東京医科歯科大学、名古屋工業大学、新潟大学
<大学>
慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院大学、九州大学、東北大学、山口大学、京都工芸繊維大学、東京医科歯科大学、広島工業大学、広島経済大学、広島修道大学、広島市立大学、岡山理科大学

前年度の採用実績(人数)     2019年  2020年  2021年 
-------------------------------------------------
大卒   1名   2名   1名
育休は取りやすいですか? 女性は100%、男性も取得推進中です。

過去の女性社員の育休取得・復職率:100%
2021-22年度 男性社員の育児休業取得実績:100%
子育て支援はありますか? 子育て支援の手当が充実しており、安心して長いスパンで働くことが可能です。
・9歳未満の子供1人につき、月額2万円支給
・9歳以上19歳未満の子供1人につき、月額1万円支給
有休は取りやすいですか? 有休取得率は75%以上で、非常に有給が取りやすい環境があります
女性の開発職もいますか? 女性開発職も活躍中です!
結婚出産後も働ける環境が整っています。
社内行事はありますか? 従業員から成る「親交会」という組織があり、忘年会イベントなどを開催しています。

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)テクニスコと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)テクニスコを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)テクニスコの会社概要