最終更新日:2022/6/27

サツキ機材(株)

業種

  • 機械
  • 機械設計

基本情報

本社
千葉県
資本金
1,000万円
売上高
9億74,69万円(2021年3月)
従業員
58名(パート9人を含む) 58(男46、女12)

自動巻取機製造販売(プレス周辺機器)。画像処理装置・水平式自動巻取機の開発など、お客様のニーズにお応えします。

会社紹介記事

PHOTO
全社員の顔と名前が一致する規模。設計担当は、製造部門や組み立て部門と密に連携を取りながら仕事を進めていく。抜群のチームワークが、同社の大きな強みだ。
PHOTO
同業他社は数えるほどしかないニッチな業界で、半世紀以上にわたって日本のモノづくりを支えてきた同社。上場企業グループの一員として、確固たる安定基盤を確立している。

身近な製品のモノづくりを支える仕事! 開発から導入まで、トータルで携わるやりがい

PHOTO

「休日は125日以上で残業は少なめ。有休も取りやすく、ワーク・ライフ・バランスは良好。働きやすく、高い定着率を誇っています」と、森さん(左)&青池さん(右)。


自動車・スマートフォン・タブレット・家電・ゲーム機など、身近な製品の数々。当社は、それらの製造に欠かせない装置を手掛けています。それは、コネクター部品の製造過程で使用されるプレス加工機の周辺機器。具体的には、プレス加工機に材料を供給する「送り出し装置」や、加工された部品を巻き取る「自動巻取機」、完成した部品の品質を検査する「画像処理装置」など。当社の製品はさまざまな業界で、製造現場の自動化や省力化に大きく貢献しているのです。つまり、日本のモノづくりを支える縁の下の力持ち的な存在だといえるでしょう。

当社の製品開発は、ベースとなるモデルをクライアントの要望に合わせてカスタマイズしていくスタイルです。プロジェクト期間は最短で1~2カ月、長い場合は3~4カ月ほどで、機械設計と電気設計の担当者の連携によって進めていきます。営業に同行してクライアントのニーズを引き出し、仕様を検討して設計。製品が完成したらクライアント先に導入して、試運転を行うというのが一連の流れです。少数精鋭の会社なので分業ではなく、モノづくりにトータルで携われることが醍醐味となっています。「他社製品よりも性能が良い」「こんなことが自動化できるなんてすごい!」といった反応が、ダイレクトに返ってくるのもうれしいですね。

当社には、新しい意見や提案に積極的に耳を傾けてくれる社風があります。私たち二人は「画像処理装置」の設計に携わっているのですが、汎用の画像処理機器ではスペックが不十分で、自らパソコンベースで画像処理システムを開発したことがあります。このように、自分のアイデアを生かして、装置の付加価値を高めていけることも、当社のモノづくりの魅力となっています。

〈技術課/森 幸博さん&青池 三千雄さん〉

会社データ

事業内容
スマートフォン・タブレットなどの家電製品や自動車などにも使用されているコネクター部品の製造過程で使用されるプレス機の周辺機器を製造販売。
*自動巻取機 *送出し装置 *画像処理装置
本社郵便番号 284-0012
本社所在地 千葉県四街道市物井598番地‐1
本社電話番号 043-422-1447
設立 1969年(昭和44年)6月
資本金 1,000万円
従業員 58名(パート9人を含む)
58(男46、女12)
売上高 9億74,69万円(2021年3月)
業績 決 算 期 :2021年3月
売 上 高 :9億74,69万円
経常利益: 6,956万円
株主構成 双葉電子工業(株) 100% 
主な取引先 弘前航空電子、石垣エンジニアリング、富山技研
平均年齢 47歳
平均勤続年数 11.7年
平均給与 318千円
沿革
  • 1969年
    • プレハブ・コンクリート工場向住宅用鋼製型枠の設計・製造販売会社「株式会社サツキ製作所」を千葉県千葉市で設立
  • 1975年
    • 沖縄国際海洋博覧会において会場内新交通システムCVSレール型枠製作
  • 1978年
    • 販売部門として「サツキ機材株式会社」設立
  • 1979年
    • 電電公社(現NTT)、日本大学との共同研究で自動重量床衝撃音発生機を開発
  • 1982年
    • 現在地である千葉県四街道市の四街道工業団地へ新工場建築移転
  • 1983年
    • 機械事業部門操業開始
      コイル材料自動供給装置「オートターンテーブル」を開発
  • 1984年
    • コイル材料自動供給装置「トラバーサー」を開発
  • 1985年
    • 自動巻取装置「マイテル」を開発
  • 1990年
    • 日本国際工作機械見本市に単独出展を始める
  • 1995年
    • 高速画像処理検査装置を開発
  • 2004年
    • 「MICRONORA EXPO」(フランス)
      「EUROBLECH EXPO」(ドイツ)
      ほか海外国際見本市に出展
  • 2006年
    • 第一回千葉のちから「中小企業表彰」受賞
  • 2008年
    • 双葉電子工業株式会社への株式譲渡により双葉グループ傘下に入る
  • 2009年
    • 製造部門「株式会社サツキ製作所」
      販売部門「サツキ機材株式会社」が合併し
      「サツキ機材株式会社」となる

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 4.4時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
基礎知識習得のため他部署での研修あり。

過去3年間の新卒採用者情報

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

新卒採用初年度です。

前年度の採用実績(人数) 新卒採用初年度です。

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

サツキ機材(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
サツキ機材(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. サツキ機材(株)の会社概要