最終更新日:2022/9/29

三和罐詰(株)

業種

  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
山形県
資本金
4億円
売上高
87億円(2021年3月)
従業員
299名(2021年4月)

【QualityFirst~品質第一主義】 山形から全国へ、時代の変化に合わせた製品づくりを 

会社紹介記事

PHOTO
山形の特産品を用いたオリジナル商品をはじめ、大手食品メーカーのレトルトパウチや飲清涼料などをOEM生産。今後は介護や医療分野に特化した商品開発にも力を注いでいく。
PHOTO
「QualityFirst~品質第一主義」を掲げ、安全で安心な製品づくりを実現する同社。殺菌工程におけるレトルト商品の殺菌装置には缶詰製造で培ってきた技術が活かされている。

半年におよぶ現場研修で、ゼロからのスタートでも食品製造のプロフェッショナルに!

PHOTO

現在、本社工場の製造ラインで現場研修に取り組む工藤さん。各工程の仕事を経験することで、食品製造の重要性と責任感をこれまで以上に自覚することができたと笑顔で語る。

▼食に携われる仕事を求めて山形にUターン

山形から神奈川の大学に進学。4年間哲学を学びました。就職活動では当初、関東の企業に的を絞っていたのですが、コロナ禍の影響もあり、家族や親戚、友人たちがいる山形にUターンして働くほうが安心できると考え、県内の会社を探すことにしたのです。
会社選びの基準にしたのは「食」。暮らしに欠かせない食に携わることで社会に役立ちたいという想いを抱きつつ、企業研究を進める中で出会ったのが三和罐詰でした。説明会では、子どもの頃から親しんできた「やまがたパインサイダー」などのオリジナル商品のみならず、大手ブランドの製品を数多くOEM生産しているという話を聞いて、ますます興味が湧きましたね。

▼文系出身でも安心。充実の研修で着実に成長

同期は全員理系で文系出身は自分のみ。しかし、じっくり時間をかけて食品製造の各工程を学ぶ研修体制のお陰で不安はすぐに解消されました。現在入社4カ月目。上司や先輩の指導を受けながら製造ラインの各工程を経験中です。
製造には大別すると[調合]→[充填]→[殺菌]→[梱包]という工程があるのですが、どれをとっても深い知識とスキルが不可欠。しかも、工程全体を各自がしっかり把握し、工程間で連携を密にしなければ、お客さまが感動する商品をつくることはできません。半年におよぶ現場研修の中で、そうした食品製造の基本的な心構えを学びつつ、食を通じて社会に役立ちたいという想いを改めて心に刻む日々を過ごしています。

▼持てる力を存分に発揮して会社の未来に貢献

最近ではスーパーやコンビニでボトル缶飲料やレトルトパウチを見かけるたびに「この商品の製造に携わっているんだ!」と思わず心の中でガッツポーズをすることが増えました。そんなうれしい瞬間を楽しめるのも三和罐詰で働く魅力であり、やりがいだと実感しています。
今後の目標は「自分ができることを精一杯やる」ということに尽きます。半年間の研修を終え、10月に本配属の予定ですが、どのような業務であっても全力で事に当たると同時に、大学で学んできた哲学の思考方法や物事の捉え方を最大限に活かして、製造ラインの効率的な流れを実現。三和罐詰のさらなる未来に貢献していきたいと思っています。

<工藤 大河さん/製造課/文学部文明学科卒/2022年入社>

会社データ

事業内容
缶飲料(一般缶・ボトル缶)・スパウト付パウチ飲料・加工食品(パウチ・カップ・缶・瓶詰等)の生産・販売
本社郵便番号 990-0493
本社所在地 山形県東村山郡中山町長崎229-2
本社電話番号 023-662-3101
設立 昭和32年5月(1957年)
資本金 4億円
従業員 299名(2021年4月)
売上高 87億円(2021年3月)
事業所 【本社工場】
〒990-0493 山形県東村山郡中山町長崎229-2
【天童工場】
〒994-0069 山形県天童市清池東1-4-1
主な取引先 アサヒビール(株)/森永製菓(株)/(株)伊藤園/テルモ(株)/ネスレ日本(株)/はごろもフーズ(株)/ダイドードリンコ(株)/サントリー食品(株)/(株)Mizkan/ハウス食品(株)/(株)不二家/(株)榮太樓/サッポロビール(株)/大和製罐(株)/アサヒグループ食品(株)/(株)NCP/江崎グリコ(株)/大塚製薬(株)/田中製餡(株)/アサヒ飲料(株)/(株)ゼンショーホールディングス/(株)良品計画/興和(株)/(株)日本サンガリア/コカ・コーラ(株)(敬称略・順不同)
関連会社 (株)ヤマガタ物流 〔貨物運送取扱事業〕
沿革
  • 1957年(昭和32年)
    • 本社工場創業・果実(チェリー・桃・洋梨・りんご)缶詰製造
  • 1966年(昭和41年)
    • 天童工場新設(果実缶詰製造)
  • 1973年(昭和48年)
    • 本社工場 コーヒー飲料製造開始(ポッカコーヒー)
  • 1977年(昭和52年)
    • 天童工場 飲料工場設備化
  • 1988年(昭和63年)
    • 天童工場 増設
  • 1991年(平成 3年)
    • 天童工場 第2飲料工場新設(炭酸お茶果汁飲料コーヒー)
  • 1998年(平成10年)
    • 天童工場 第3飲料工場新設(缶無菌飲料設備)
  • 1999年(平成11年)
    • 缶飲料でISO9002認証取得
  • 2000年(平成12年)
    • 本社工場 第6工場設備化(HACCP対応工場)
  • 2001年(平成13年)
    • 天童工場 スパウト付パウチ設備化
  • 2001年(平成13年)
    • 商品開発研究室・ミニプラント工場増設
  • 2003年(平成15年)
    • 天童工場 第2飲料工場増設(ボトル缶設備)
      本社工場 第3工場建替(カップ製造設備)
  • 2008年(平成20年)
    • 天童工場 パウチライン設備化
  • 2010年(平成22年)
    • 天童工場 ISO22000認証取得
  • 2013年(平成25年)
    • 天童工場 FSSC22000認証取得
  • 2014年(平成26年)
    • 本社工場 第5工場 FSSC22000認証取得
      天童工場 アルコール飲料(RTD)生産開始
  • 2017年(平成29年)
    • 本社・本社工場・天童工場 ISO9001:2015認証取得
      本社工場 第6工場 FSSC22000認証取得
  • 2018年(平成30年)
    • 本社工場 第2工場 FSSC22000認証取得
      本社工場 スパウト付パウチライン設備化
  • 2019年(平成31年)
    • 本社工場 工場全体 FSSC22000認証取得

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.0年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 25.0時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.0日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 1名 2名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 1名 2名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 8.7%
      (23名中2名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員受入研修、管理職研修、若手社員研修
自己啓発支援制度 制度あり
業務に必要とする資格について取得費用の全額会社負
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
業務に必要とな社内資格認定制度

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 4 3 7
    2020年 4 5 9
    2019年 5 5 10
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 7
    2020年 9
    2019年 19
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 1
    2020年 0
    2019年 0

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

三和罐詰(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
三和罐詰(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 三和罐詰(株)の会社概要