最終更新日:2023/12/18

平沢運輸(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 物流・倉庫

基本情報

本社
神奈川県
資本金
1億5300万円
売上高
67.2億円(2022年3月)
従業員
330人

社会に欠かせないエネルギーを、安全に皆さまのもとへ。

2024年1月 ☆今年度最後☆ 職場見学会等を実施します!! (2023/12/18更新)

PHOTO


【職場見学&会社説明&面接を行います。】

2024年1月11日(木)、1月16日(火)、1月18日(木)、1月23日(火)
今年度最後の職場見学会等の開催が決定しました。

当社の事業内容や職場環境、社員の仕事内容等詳しくご説明します。
職場見学では、実際に職場の雰囲気を感じてください☆

今回の日程でご都合が悪い場合、オンライン形式での開催も可能です!
詳しくは、説明会・セミナー画面をご覧下さい。

当社に興味を持っていただいた方、就職活動中の方など
セミナーへのエントリーをお待ちしております!!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
創業130年を迎えた平沢運輸。これからも利益追求のためではなく、エネルギーの未来のために安定的に石油製品を供給し続けます。
PHOTO
仕事の事で迷った時には、上司や仲間と相談しながら仕事を進めています。

時代が変わっても、信頼と責任は変わらない

PHOTO

■安全を最優先にしながら、関東・甲信越地域に石油製品をお届け

私たちは石油元売の大手、ENEOSとコスモ石油をメインとした物流会社として、石油製品の輸送を手掛けている企業です。石油製品は私たちの暮らしに欠かすことのできない重要なエネルギー源。タンクローリーを使い、エネルギーと安心をのせてお客様のもとに運んでいます。

私たちは1893年鉄道貨物の艀回漕業を皮切りに1901年から石油関連の事業に携わり、120年以上にわたって日本のエネルギー産業を支えてきました。1949年にはタンクローリーによる輸送を開始。また、お客さまから依頼を受けて、タンクローリーの手配を行う配車センター業務や、製油所と給油所、お客さまとを結ぶ中継地点といえる油槽所の運営管理業務にも携わっています。
私たちが主に営業エリアとしているのは関東・甲信越エリアとなっており、この地域におけるタンクローリーによる輸送では、エリアトップクラスの実績を誇っています。また石油製品は取扱いにおいて、細心の注意を払わなければならないものです。私たちは安全を最優先に考えながら、多くのお客さまにとって重要なエネルギー源となる石油製品をお届けしています。

■風通しが良く、明るい社風のもと、やりがいを感じられる仕事

私が平沢運輸に入社したのは、総務や人事の仕事に就きたいと考えていたことがきっかけ。多くの企業の中から当社へ入社を決めたのは、物流という景気に左右されにくい事業を手掛けている会社なら、長く安心して働きつづけられるだろうと考えたからです。

入社後は総務部に配属され、給与や各種手続き、そして採用や新人研修などを担当しています。総務の仕事は、ルーティンワークのイメージを持たれますが、そんなことはありません。初めて起こる案件に対しても、当たり前のように対応しなければならないということもあります。私は自分の考えていることが採用された時や、周囲から「ありがとう」と言ってもらえた時、そして責任を持って最後まで対応出来た時にすごくやりがいを感じています。

また本社では、各部門を俯瞰的に捉え業務を改善していく役割も担っており、特に当社は安全を最も重要な経営課題としていることから、乗務員研修会や安全会議、パトロール等といった安全への対応に全社一丸となって取り組んでいます。各営業所と協働しながら、良い会社、働きやすい環境を作っています。

会社データ

プロフィール

私たち平沢運輸(株)は、毎日の生活に必要不可欠な石油エネルギーを安全・確実に運んでいます。言葉で「安全」というのは簡単かもしれませんが、私たちは本当の「安全」という言葉の重さが分かっています。
今日も私たちのタンクローリーが、お客様のもとへ安心とエネルギーを運んでいます。

事業内容
エネルギーをお客さまのもとに安全に運ぶ輸送業務。エネルギー需要を予測し、石油を蓄え管理する油槽所業務。環境やエネルギー消費を考え、最適な輸送を実現するための配車センター業務。この3つを私たちはメインに活動しています。

■タンクローリーの輸配送(輸送業務)
輸送業務は、戦略的輸送プランニングで輸送の最適化を実現しつつ、お客さまへ安全そして確実に石油製品を届けています。

■油槽所の管理(油槽所業務)
油槽所業務では、石油製品を保管・管理する業務を行っています。保管・管理業務は、お客様にお届けするまでの重要なキーポイントです。また日本最大規模の市川油槽所など、4か所の油槽所を私たちは運営しています。

■配車センター(配車センター業務)
配車センターでは、配車システムを活用してサービスステーション等への効率的な配車・配送を行っています。


私たち1人1人が安全に対する責任感を胸に、日々業務に取り組んでいます。

PHOTO

タンクローリーは、お客さまの会社名やマークを背負って走る、いわば「動く看板」であり、企業の顔と言えます。

本社郵便番号 212-0013
本社所在地 神奈川県川崎市幸区堀川町580番地
ソリッドスクエア東館10階
本社電話番号 044-201-8900
創業 明治26年
創立 昭和30年
資本金 1億5300万円
従業員 330人
売上高 67.2億円(2022年3月)
事業所 ■本社
 〒212‐0013
  神奈川県川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア東館10階

《配車センター》
■横浜配車センター
 〒231-0062
  横浜市中区桜木町1-1-8 日石横浜ビル13階
  ENEOS(株)受注配車センター内

■大阪配車センター(横浜配車センター分室)
 〒530-0003
  大阪府大阪市北区堂島2-4-27 JRE堂島タワー2階
  ENEOS(株)受注配車第2センター内

■幕張配車センター
 〒261-8501
  千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンD棟6階
  コスモ石油マーケティング(株)受注・配車センター内

■大阪配車センター(幕張配車センター分室)
 〒550-0004
  大阪府大阪市西区靱本町1-10-24 三共本町ビル8階
  コスモ石油マーケティング(株)第2受注・配車センター内

■LPG受注センター
 〒100-6115
  東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー15階
  ENEOSグローブ(株)LPG中央受注センター内

《営業所》
■磯子営業所
 〒235-0006
  神奈川県横浜市磯子区鳳町2-6

■千葉営業所
 〒272-0103
  千葉県市川市本行徳2554-1 ENEOS(株)市川油槽所内

■市原営業所
 〒290-0056
  千葉県市原市五井9095

■竜王営業所
 〒400-0111
  山梨県甲斐市竜王新町568

■石橋営業所
 〒329-0512
  栃木県下野市下石橋511

■川崎営業所
 〒210-0862
  川崎市川崎区浮島町10-13 ENEOSグローブ(株)川崎ガスターミナル内

■市川営業所
 〒272-0103
  千葉県市川市本行徳2554-1 ENEOS(株)市川油槽所内

■北信営業所
 〒389-0601
  長野県埴科郡坂城町大字坂城10037-6 ENEOS(株)北信油槽所内

■甲府営業所
 〒400-0111
  山梨県甲斐市竜王新町506-1 ENEOS(株)甲府油槽所内

■飯田営業所
 〒395-0823
  長野県飯田市松尾明7551-2
主な取引先 ENEOS(株)、コスモ石油マーケティング(株)、
コスモ石油ルブリカンツ(株) 等
沿革
  • 1893年
    • 初代平沢市郎衛門が、東京市神田秋葉原町に平沢組を創設。鉄道貨物の艀回漕業を開業。
  • 1897年
    • 神田秋葉原町から常磐線隅田川駅隣接地に移転、艀漕業のほか貨物運搬労務供給請負業を開始。
  • 1901年
    • 日本石油(株)隅田川油槽所開設に伴い、艀回漕・沿岸荷役及び輸送業務を拝命。
  • 1919年
    • 平沢組を改組、平沢運輸(合)を設立。
  • 1923年
    • 日本石油(株)鶴見製油所開設に伴い、艀回漕・荷役作業及び構内作業を拝命。
  • 1941年
    • 東亜燃料(株)和歌山工場開始に伴い、構内作業、荷役作業を拝命。昭和20年8月同所が被爆し事業停止されたので、当社事業所を閉鎖した。
  • 1945年
    • 平沢運輸(合)の海上部門を分離、昭和油槽船(株)を設立。
  • 1949年
    • 丸善石油(株)子安工場の構内作業及び運搬作業を拝命。
  • 1950年
    • 昭和通運(株)と社名変更(通運業務開始に伴う)
  • 1955年
    • 昭和通運(株)より石油部門を分離、平沢運輸(株)を設立。(本社を横浜市鶴見区浜安善に置く)
      日本石油ガス(株) 川崎充填所開設に伴い構内作業を拝命。日本石油精製(株) 横浜製油所の輸送業務を拝命。
  • 1959年~1968年
    • 平沢運輸(株)本社を鶴見区寛政町へ移転。
      日本石油(株) 松本・北信・宇都宮・板橋・伊那・甲府各油槽所開設に伴い、委託運営作業及び宇都宮・板橋・甲府油槽所の輸送業務を拝命。
  • 1961年
    • 丸善石油(株)荒川油槽所輸送業務を拝命。
  • 1963年
    • 日本石油精製(株)根岸製油所開設に伴い、空ドラム缶受払作業を拝命。
  • 1968年
    • 丸善石油(株)宇都宮油槽所に於ける構内作業及び輸送業務を拝命。
      平沢運輸(株)本社を横浜市鶴見区鶴見町へ移転。
  • 1970年
    • 子会社 マルヒラ石油(株)(現マルヒラ商事(株))を設立。
  • 1974年
    • 丸善石油(株)新横浜油槽所に於ける構内作業及び輸送業務を拝命。
      子会社 (株)平沢自動車整備工場を設立。
  • 1978年
    • 日本石油(株) 市川油槽所開設に伴い、構内作業を拝命。
  • 1979年
    • 子会社 市川共同防災(株)を設立。
  • 1985年
    • コスモ石油(株)千葉製油所の輸送業務を拝命。
  • 1992年
    • 日本石油(株) タンクローリーのピギーバック輸送業務を拝命。
  • 1994年
    • 自社開発としてタンクローリーの自動配車システム構築を行う。
  • 1996年
    • 日本石油(株) 東京受注配車センター開設に伴い、ローリー配車業務を拝命。
      日本石油精製(株) 横浜製油所ルブセンター開設に伴い、トラック配車業務を拝命。
  • 1998年
    • 通産省(現経済産業省)が公募していた先進的物流システム開発業務で先進の石油製品の新配送システムが採択される。
  • 2006年
    • 自社受注配車センター(平沢TSC)を開設。
  • 2023年
    • 本年度、創業130周年を迎えました

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 18.7日
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修
(ビジネスマナー、社会人の基礎、コンプライアンス研修、パソコン研修など)
・フォローアップ研修
・階級別研修
自己啓発支援制度 制度あり
・会社が業務に資すると認めた資格取得に対する費用負担あり

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
神奈川大学、神奈川工科大学、関東学院大学、駒澤大学、湘南工科大学、専修大学、中央大学、鶴見大学、東洋大学、東洋学園大学、日本大学、横浜商科大学、東海大学、山梨学院大学、拓殖大学、静岡理工科大学
<短大・高専・専門学校>
大阪ブライダル専門学校、大原法律専門学校、大原簿記学校、大原簿記医療秘書公務員専門学校町田校、大原簿記情報ビジネス専門学校横浜校、東京IT会計公務員専門学校千葉校、長野県工科短期大学校、日本工学院専門学校

※その他にも採用実績あり

採用実績(人数)
(新卒)   2020年 2021年 2022年
==================
大卒     2名    ー    ー
短大・専門卒  ー    2名   3名    
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 2 1 3
    2021年 2 0 2
    2020年 2 0 2

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp271611/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

平沢運輸(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. 平沢運輸(株)の会社概要