最終更新日:2023/2/8

林テレンプ(株)

業種

  • 自動車・自動車部品

基本情報

本社
愛知県
資本金
10億円
売上高
【単独】1,817億円 【連結】2,421億円 (2021年12月期実績)
従業員
【単独】1,558名 【連結】3,761名 (2021年12月)

自動車内装部品のトータルサプライヤー

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
新車の内装の企画・設計・デザイン・開発・製造・販売までを一貫して行っています。皆さんの「こんな内装があったらいいな」という思いを実現できるフィールドがあります。
PHOTO
フロアカーペットから電装部品まで、幅広い技術を持っています。

クルマのここちよさを、もっと広く、もっと深く。

PHOTO

林テレンプはチーム一丸となり、自動車内装部品のトータルサプライヤーとして次代を先取りする付加価値の高い製品づくりに取り組んでいます。

車内を見渡せば、ドア・天井・足元など当社の内装品は溢れています。そんな身近な内装は、見た目に加え「機能」を持ち、乗る人の「ここちよさ」を生み出すもの。ドアの内張りが衝撃や振動を吸収し、ドライバーの負担を軽減する。カーペットがノイズを制御し、車内を静かに保つ。シート表皮が光触媒技術により車内を清潔に保つ。当社は、みんながほっとしたり、ワクワクや、幸せを感じられる「Comfort」をつくっています。

会社データ

事業内容
林テレンプは、自動車内装分野で選ばれるブランドを目指し、付加価値の高い製品づくりを行っています。トヨタ自動車を始め、独立系として国内全ての自動車メーカーと取引を持ち、内装部品の企画・設計・開発・製造・販売を手掛けています。また部品単体だけではなく、『システムサプライヤー』という車内空間全体をプロデュースする立場でもあるため、当社には「こんなもの・空間があったらいいな」という思いを実現できるフィールドがあります。当社が開発した世界初の製品は、開発者のそんな思いから誕生したものばかりです。

PHOTO

自動運転技術の進化により、内装空間のニーズがさらに高まっていくと考えてます。当社は、ユーザーの様々なニーズに対応した未来の『快適な内装空間』を創り上げています。

本社郵便番号 460-0013
本社所在地 名古屋市中区上前津1-4-5
本社電話番号 052-322-2122
創業 1910年
設立 1947年3月
資本金 10億円
従業員 【単独】1,558名
【連結】3,761名
(2021年12月)
売上高 【単独】1,817億円
【連結】2,421億円
(2021年12月期実績)
事業所 本社/名古屋 
営業所/愛知、埼玉、神奈川、静岡、大阪、岡山、広島、福岡
工場/愛知、岩手、栃木、静岡、岐阜、三重、岡山、佐賀、福岡
主な取引先 国内自動車メーカーすべて
関連会社 ハヤテレ東北(株)、ハヤテレ関東(株)、ハヤテレ静岡(株)、ハヤテレ岡山(株)、ハヤテレ九州(株)、林テレンプ商事(株)、林物産(株)、(株)ハイテックス、ニーヴァ(株)、名都美術館
林テレンプノースアメリカ、ハヤシカナダ、レイエスハヤシオートモティブ、レイエスハヤシメキシコ、NCワークス、林テレンプタイランド、広州林駿汽車内飾件有限公司、武漢林駿汽車飾件有限公司、天連布(上海)貿易有限公司、 天連布香港有限公司、蘇州林光電子有限公司、韓林インテック 他
沿革
  • 1910年
    • 名古屋市中区に履物問屋「林商店」を創業。
  • 1935年
    • 国内自動車産業の黎明期にその重要性・発展性に着目。
      嚆矢として天井用生地2反を納入し、自動車業界に参入する。
  • 1947年
    • 「(株)林テレンプ商会」を創立。
  • 1953年
    • 東京営業所(現:東京支社)を開設。国内ネットワーク構築への第一歩として、関東地区に拠点を置く。
  • 1956年
    • 商号を現在の「林テレンプ(株)」に変更。
  • 1958年
    • 笠寺工場(現:名古屋工場)を設立。製造分野に進出する。
  • 1964年
    • 豊田工場(現:本社工場)を設立。
      現在に至る生産・品質保証体制の中心拠点として機能。
  • 1967年
    • インテリア・貿易部門を分離・独立し、林物産(株)を設立。
  • 1979年
    • 技術研究所を豊田工場(現:本社工場)敷地内に設立。
      研究開発体制を一層強化する。
  • 1983年
    • C.H.マスランド社と業務提携し、米国にマスランド・ハヤシ Inc(旧:アムテックス)を設立。海外進出への足がかりとする。
  • 1991年
    • IT・情報システム部門を分離・独立し、(株)ハイテックスを設立。
  • 1992年
    • ハヤテレ九州を藤津郡塩田町(現:嬉野市)に設立。
      自動車メーカーの生産拡大・分散に対応。
      名都美術館を愛知郡長久手町に開設。
  • 1994年
    • タイにHTTを設立。自動車業界のグローバル化に対応。
  • 1997年
    • 自動車部品におけるデザインの重要性に着目し、業界に先駆けてデザイン部門を設置。
      本格的にデザイン開発業務を行う。
      オプト事業部を設立。
      民生品を含めた光学製品(光散乱体)等の開発・生産を始める。
  • 2002年
    • 内装部品事業本部がISO14001認証規格を取得。
  • 2004年
    • 中華人民共和国に広州林駿汽車内飾件有限公司を設立。中国市場の成長性に着目し、
      更なるグローバル展開を図る。
  • 2005年
    • QS9000認証規格を、ISO/TS16949に拡大して規格認証を取得。
      オペレーションセンターを開設。
  • 2006年
    • 資本金を10億円に増資。
  • 2008年
    • ハヤシ・カナダ・インクをオンタリオ州ストラトフォードに設立。
      新たな北米展開として、カナダへ進出。
      中華人民共和国に武漢林駿汽車飾件有限公司を設立。
  • 2010年
    • 東京支社を横浜市港北区へ移転。
      和光テキスタイルオフィスを東京都板橋区に開設。
  • 2011年
    • アムテックス・アラバマ工場をアラバマ州ジャスパー市に設立。
      ハヤテレ東北を岩手県一関市に設立。
      アムテックスとハヤシオブアメリカを合併。新社名「アムテックス」
      北米事業体のより一層の体制強化を図る。
  • 2012年
    • アムテックスを「林テレンプノースアメリカ」へ社名変更
  • 2013年
    • 太田営業所を群馬県太田市に開設。
      林テレンプノースアメリカ「ケンタッキー工場」開設。
  • 2016年
    • 福岡事業所、ハヤテレ九州福岡工場を福岡県宮若市に開設。
  • 2018年
    • アドラーペルツァー社と合弁でニーヴァ(株)を設立。
      東京支社(現:横浜事業所)、和光営業所、太田営業所、栃木事業所の営業・設計機能を集約し、関東事業所を埼玉県さいたま市に開設。
      2022年にはアドラーペルツァー社に追加出資し、世界最大級の自動車防音材アライアンスの更なる拡大へ。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.9年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18.1時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 17.3日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 13名 64名 77名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 13名 8名 21名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、階層別研修、職種別専門研修など、充実した研修制度が整っています
自己啓発支援制度 制度あり
通信教育補助…会社が指定した通信教育を合格終了した場合、会社から受講料の補助が受けられる。
英語教育等…TOEIC受験料が格安で受けられる。(教育受講者は、1回のみ無償受験可能)
内定者学生支援金…スキルUPの為の参考書購入、思考や視野を広げるための海外旅行費用等に充てられる
メンター制度 制度あり
キャリアコンサルティング制度 制度あり
年3回上司面談実施(上期/下期/年間)
社内検定制度 制度あり
カラーハーモナイザー検定等

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 22 6 28
    2021年 24 5 29
    2020年 22 6 28
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 28
    2021年 29
    2020年 28
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 1
    2021年 0
    2020年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
愛知県立芸術大学、秋田大学、岩手大学、愛媛大学、大阪大学、鹿児島大学、金沢大学、関西大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、京都工芸繊維大学、岐阜大学、群馬大学、神戸大学、静岡大学、芝浦工業大学、島根大学、首都大学東京、信州大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東北芸術工科大学、鳥取大学、富山大学、富山県立大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長岡技術科学大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋工業大学、兵庫県立大学、広島大学、福井大学、北陸先端科学技術大学院大学、北海道大学、三重大学、明治大学、名城大学、山形大学、山梨大学、立命館大学、和歌山大学、早稲田大学
<大学>
愛知大学、愛知教育大学、愛知県立大学、愛知県立芸術大学、会津大学、青山学院大学、秋田大学、茨城大学、大分大学、大阪大学、岡山県立大学、香川大学、鹿児島大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、京都工芸繊維大学、岐阜大学、群馬大学、慶應義塾大学、高知大学、神戸大学、神戸芸術工科大学、公立はこだて未来大学、佐賀大学、滋賀大学、滋賀県立大学、静岡大学、静岡文化芸術大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、上智大学、成蹊大学、多摩美術大学、千葉大学、中央大学、中京大学、電気通信大学、東京工業大学、東京造形大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、鳥取大学、富山大学、豊田工業大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長岡造形大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋外国語大学、名古屋芸術大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、名古屋造形大学、南山大学、新潟大学、広島大学、福井大学、法政大学、三重大学、宮崎大学、明治大学、名城大学、山形大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、和歌山大学、早稲田大学

前年度の採用実績(人数) 2021年入社 29名
2020年入社 28名
2019年入社 28名 


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

林テレンプ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
林テレンプ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 林テレンプ(株)の会社概要