最終更新日:2023/2/3

イオンフードサプライ(株)(イオングループ)

業種

  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 給食・デリカ・フードビジネス

基本情報

本社
千葉県
資本金
1億円(2021年2月現在)
売上高
2,231億円(2022年2月期)
従業員
1,741名(2022年8月現在)

【イオングループの食品メーカー】お客さまに「美味しい毎日」と「あふれる笑顔」を提供しています!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
全国のイオンに並ぶ肉や野菜、水産品、惣菜などの製造・加工・供給を手掛けているメーカーです。商品企画から物流までを網羅し、高品質な商品の安定供給を目指しています。
PHOTO
若手も気軽に発信ができる、アットホームでフラットな職場風土。年齢を問わず意見を出す姿勢を歓迎しており、向上心や課題意識を持って主体的に仕事に取り組めます。

グループの総合力と連携し、付加価値の高い食品づくりに取り組んでいます

PHOTO

「従業員が活用しやすいよう、ダイバーシティーやワークシェアの取組みにも注力。仕事に前向きに取り組むためにも、仕事以外の人生も楽しんでほしいです」(戸田社長)

■イオンの「食」を支える食品製造メーカーです

イオンフードサプライ[afs]は、畜産・農産・水産商品という生鮮3品の加工とデリカ総菜の製造を手掛けているイオングループの食品メーカーです。「私たちは、お客さまに美味しい毎日、あふれる笑顔を提供します」という企業理念に基づき、おいしさの追求、安全・安心な商品の提供、そして環境に配慮した事業に取り組んでいく姿勢を打ち出しています。

安全・安心・おいしさへのこだわりは、食品製造に携わる企業としての使命。イオンの店舗に足を運ぶきっかけとなるような価値ある商品を生み出せるよう、機械やAIも活用しながら製造技術を高め、グローバルスタンダードな品質・環境基準に則った商品づくりに注力しています。

■「食のSPA化」実現を目指して

グループの強みを生かし、商品の企画から製造・販売までを一貫しておこなう「食のSPA化」の実現にも力を入れています。イオンの衣料品部門では長年採用されていますが、食品部門でもこの体制づくりが進んでいます。例えばタスマニアビーフはイオンの海外直営農場で肉牛を育て、当社が加工して店頭に供給するなど、「食のSPA化」に貢献しています。

お客さまの嗜好やニーズの変化にスピーディーに対応でき、イオンにしかない商品の数を増やしていけることが、SPA化の最大のメリット。商品の付加価値をいっそう高め、差別化を図っていくなかで、健康や環境により配慮した独自商品も生み出せると考えています。

■全国そして世界へ

日本トップクラスの規模を誇る畜産プロセスセンターを筆頭に、委託先工場も含めると全国に10拠点を有している当社。需要拡大が続く惣菜デリカのセンターも今後、全国各地に増設していく予定です。

また当社はグループ内でも設立からの歴史が長い企業です。全体をけん引していく意識を持って、他のグループ企業との連携強化を図っています。いずれはアジアでのセンター設立に関わっていく可能性も。日本で、そして世界で、常に変化する食のニーズに柔軟かつ迅速に応えながら、しっかりと人々の生活を支えていきたいと考えています。

(代表取締役社長/戸田 茂則さん)

会社データ

事業内容
イオングループの【機能会社】という役割のもとお店の食料品売り場の充足に貢献しております。お客さまへ安全・安心はもちろんの事、より美味しい商品を提供するため、原料の入庫から商品の製造、出荷、配送まで徹底した厳しい管理で行われております。

PHOTO

本社郵便番号 273-0014
本社所在地 千葉県船橋市高瀬町24番6号
本社電話番号 047-431-8396
設立 1981年10月29日
資本金 1億円(2021年2月現在)
従業員 1,741名(2022年8月現在)
売上高 2,231億円(2022年2月期)
主な事業所 千葉県船橋市、神奈川県相模原市、静岡県駿東郡長泉町、
愛知県一宮市、兵庫県姫路市
その他事業所 宮城県岩沼市、三重県桑名市、京都府長岡京市、佐賀県三養基郡基山町
株主構成 イオン(株)
主な取引先 イオンリテール(株)、マックスバリュ各社、まいばすけっと(株)、ダイエー(株)、(株)光洋(KOHYO)、(株)マルナカ、イオンスーパーセンター(株)、イオンビック(株)、イオン九州(株)、イオン琉球(株)、ウエルシア薬局(株)、アコレ(株)、ミニストップ(株)など
取引銀行 (株)みずほ銀行・(株)りそな銀行・(株)イオン銀行・(株)三井住友銀行
役員 代表取締役社長 戸田 茂則
平均年齢 43.8歳
~会社のあるべき姿とは~ 戸田社長が考える、会社のあるべき姿とは??

◆会社経営の姿
会社経営は、お客さま第一のもとに、利益の追求のみならず、従業員の満足が重要であると考えています。各センターや事務所で、愚直にお客さま第一を実践してくれている従業員には、感謝の想いでいっぱいです。
毎年創出した利益の中から、その愚直な働きに対して大いに報いたいと考えています。また、将来にわたって事業を継続し発展していくために、更なるイノベーションを起こすような機器や教育投資を行い、お客さまの潜在的なニーズにお応えしていく。そして、会社も従業員もさらに成長していくという正のスパイラル
を作り上げることが重要だと考えています。また、心を持った企業市民として、長期的・持続的な視点に立ち、地域社会全体の豊かさや幸福感の実現に貢献できるものでなければならないと考えています。

◆会社とは、「チーム力」で成り立っている
会社という1つの組織(チーム)で働く醍醐味は、1人の力では達成できない事も、チームで取り組むことにより、達成が出来る事だと思います。私たちは、毎日何十万パックという食品を製造・加工して、お店に供給しています。それは現場の第一線で働くパートさんを含む全従業員の総力が成せる業だと思います。会社の力は、従業員一人ひとりの総和で成り立っています。チームで目標を達成する喜びを味わえる人や楽しさを共有できる人は、他にはない自分だけの輝きがあると考えます。

◆一人ひとりがafsを担っている
私たちの使命である、「美味しい毎日、あふれる笑顔を提供いたします」という言葉の基、一人ひとりがそれぞれの役割において、「それはお客さまにとって最高のものなのか?」ということを自ら考え、行動するプロフェッショナルな集団でなければなりません。そして、自分の仕事に対してプロフェッショナルな意識を持ち、活き活きとそれぞれの力を発揮し、楽しみながら仕事の成果を出すことが重要です。そして一人ひとりがチームとしての力を高めることで、全員がafsの一員であることに喜びと誇りを感じられるようになると考えます。
その結果、お客さまや、取引先から「afsがあってよかった!」従業員自らも「afsで働けて良かった!!」と思える会社に成長することが出来るのだと思います。
備考 ●就業場所の喫煙環境について
敷地内禁煙あり
沿革
  • 1970年 7月
    • (株)ジャスコミートセンター設立
  • 1981年10月
    • (株)フードサプライジャスコ設立
  • 1982年11月
    • (株)フードサプライジャスコ中部設立
  • 1986年12月
    • 物流システム一元化のために3社が合併し、新生(株)フードサプライジャスコとして新しい展開を開始
  • 1992年 6月
    • 兵庫センター稼働開始
  • 1995年5月
    • 南関東農産センター稼動開始(東日本エリアへ商品供給)
  • 2000年5月
    • ISO14001認証取得
  • 2003年8月
    • 兵庫センターSQF2000取得(タスマニア製品)
  • 2004年12月
    • 南関東センター 製造加工場増床・改装
  • 2005年3月、9月
    • 新習志野DP稼動開始
      南関東センターSQF2000認証取得(水産製造品・畜産製造品・おにぎり各種)
  • 2006年5月
    • 兵庫センターSQF2000追加認証取得(水産製造品・畜産製造品)
  • 2007年4月、11月
    • 中部センター製造加工場増床・米飯事業の開始
      中部センターSQF2000認証取得(水産製造品・畜産製造品・デリカ製造品)
  • 2009年8月、10月
    • イオンリテールより、イオン仙台PC、イオン関西PCの業務移管
      イオンリテールより、イオン静岡PC、イオン四国PCの業務移管
  • 2010年8月
    • イオンフードサプライ(株)へ社名変更
  • 2011年7月、10月
    • 九州農産センター稼働開始
      広島草津農産センター稼働開始
  • 2012年6月
    • 秋田農産センター稼働開始
  • 2013年10月
    • 西関東センター稼働開始
  • 2015年9月
    • 長泉センター稼働開始
  • 2016年2月
    • イオン静岡PC 長泉センターへ業務移管
  • 2017年1月
    • 長泉センター食品安全マネジメント規格「JFS-C」取得
  • 2018年5月、10月
    • ISO14001:2015年版移行
      西関東センター SQF認証取得(水産製造品・畜産製造品)
  • 2019年1月、11月
    • 九州基山PC稼働開始
      イオン四国PC 兵庫センターへ業務移管

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
afsには、若手の教育を含む充実したカリキュラムを展開しております。

●新入社員オリエンテーション
●OJT教育(1年間)
●入社3年間研修
●職位別教育
●昇級者用研修
●人権・コンプライアンス教育
●イオンビジネススクール(任意で応募)

※その他専門知識を学ぶことができる、イオングループならではの研修がたくさんございます。

★常に学び続ける姿勢・環境を大切にしています!
自己啓発支援制度 制度あり
●セルフスタディ
個人の専門資格の取得を促すために会社が推奨する資格や自己啓発のご案内があります。
資格取得の費用については、試験に合格する事で資格に応じて、会社の補助があります!

★社会人になってたくさんの資格を取りたいと考えている人はおすすめの制度です!
メンター制度 制度あり
年の近い先輩社員と定期的に面談を行い、悩み相談など新入社員ならではの不安を解消できるようにしております。仕事の話だけでなくプライベートな相談にも、のってもらう事ができますよ!
社内検定制度 制度あり
生産士認定試験(年2回)

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 4 4 8
    2020年 3 4 7
    2019年 5 2 7
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 14
    2021年 8
    2020年 7
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 2
    2020年 4

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
青森県立保健大学、麻布大学、茨城大学、岩手大学、宇都宮大学、愛媛大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪電気通信大学、大阪府立大学、お茶の水女子大学、帯広畜産大学、香川大学、金沢大学、金沢工業大学、関西大学、関西外国語大学、北里大学、北見工業大学、九州栄養福祉大学、九州産業大学、京都学園大学、京都工芸繊維大学、京都産業大学、近畿大学、久留米大学、甲子園大学、甲南大学、神戸大学、神戸女学院大学、駒澤大学、埼玉大学、滋賀県立大学、静岡県立大学、下関市立大学、昭和女子大学、実践女子大学、十文字学園女子大学、城西大学、上智大学、女子栄養大学、水産大学校、西南学院大学、西武文理大学、摂南大学、専修大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、帝塚山学院大学、東海大学、東京大学、東京海洋大学、東京家政大学、東京家政学院大学、東京経済大学、東京成徳大学、東京農業大学、東邦大学、東洋大学、同志社女子大学、長岡技術科学大学、名古屋女子大学、奈良女子大学、新潟大学、新潟食料農業大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、日本福祉大学、一橋大学、弘前大学、福井県立大学、福岡工業大学、北海道大学、武庫川女子大学、明治大学、名城大学、山形大学、山口大学、立教大学、立正大学、立命館大学、和洋女子大学

前年度の採用実績(人数)      2020年  2021年  2022年
----------------------------------------------------‐‐‐‐‐‐‐‐
大学院了  0名    3名    1名
大学卒   7名    5名    13名

前年度の採用実績(学部・学科) 人文化学部、工学部、社会学部、農学部、生活科学部、経済学部、産業理工学部、法学部、商学部、応用生物科学部、経営学部、地域環境科学部、理学部、環境科学部、家政学部、商学部、情報学部、理学部、文学部、商経学部、造形学部、人文学部、法学部、水産学部、社会福祉学部、文理学部、経営情報学部、畜産学部、繊維学部、経営情報学部、栄養学部、応用生命科学部、バイオ環境学部、人間文化学部、健康科学部、総合リハビリテーション学部、生物資源学部、農学研究科、生命・環境科学部、総合社会学部、海洋学部、生物産業学部、園芸学研究科、教育学研究科、生産工学部、教養学部、食環境科学部、人間生活学部、神学部、理工学部、工学研究科、生活環境学部、人間科学部、食マネジメント学部、人間栄養学部、食料産業学部、外国語学部、国際学部、国際食料情報学部

取材情報

食のスペシャリストとして、自分の可能性を開拓し続ける若き力たち
イオングループの店頭に並ぶ「食」は、私たちが支えている
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

イオンフードサプライ(株)(イオングループ)と業種や本社が同じ企業を探す。
イオンフードサプライ(株)(イオングループ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】イオングループ

トップへ

  1. トップ
  2. イオンフードサプライ(株)(イオングループ)の会社概要