最終更新日:2022/6/1

(株)オービック

  • 上場企業

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア

基本情報

本社
東京都、大阪府
資本金
191億7,800万円
売上高
894億7,600万円(2022年3月期)
社員数
2,054名(2022年3月末日現在)

日本を強くする。

会社紹介記事

PHOTO
製販管一体の強固なチームワークによりプロジェクトを推進させます。

イノベーションを巻き起こしてきたのは、いつも「ふまじめ」な革新性を持った人財です

PHOTO

東京・京橋にあるオービック本社ビル。ここから新たなイノベーションが生まれます。

オービックは、更なる高みを目指して挑戦を続ける企業です。

■【日本を強くする。】
1968年の創業以来、「お客様第一主義」を掲げて企業の経営課題に向き合ってきました。この取り組みによって培ってきた経験とノウハウを積み重ね、磨き上げることで、今では商社、金融、メーカー、サービスなどのあらゆる業界・業種、中堅・中小企業から大企業に至る幅広い企業に対してソリューションを提供しています。私たちはこれからも、企業の経営パートナーとして経営課題を解決し、より大きな成長を牽引することで、日本を強くすることに挑戦し続けます。

■【19年連続】国内シェアNo.1
自社で開発し提供している統合業務ソフトウェア(ERP)『OBIC7(オービック・セブン)』は、企業経営の根幹である会計情報をはじめ、人事情報、生産・販売情報まで、経営情報を一元化して企業の経営課題を解決に導きます。おかげさまで、『OBIC7』は主要ベンダーにおける国内ERP累計導入社数19年連続No.1に輝きました(2021年9月 矢野経済研究所調べ)。これからも、独立系の強みを活かして、商社、メーカー、不動産、小売サービス、金融機関などのあらゆる業種・業界の企業経営にイノベーションをもたらします。

■【27年連続】営業最高益更新中
景気の動向に左右されずに一貫して成長を続けています。現在、27年連続で営業最高益を更新中。また、2021年3月期の売上高営業利益率は業界トップの57.3%。同業他社の平均が7%前後である中で、圧倒的に好調な業績を継続している稀な企業といえるでしょう。その強さは新聞、各業界紙、証券アナリストなどの専門家にも「IT業界のサクセスモデルのひとつ」と高く評価されています。お客様の経営パートナーとして将来にわたって向き合い、価値あるイノベーションを提供し続けるために、自社の経営基盤を強固にする必要があると考えています。

会社データ

事業内容
(1)システムインテグレーション事業
お客様の経営課題を解決し発展へと導く価値あるITソリューションを創造し提供します。

(2)システムサポート事業
ITソリューションを提供後も、経営のパートナーとして長期的に向き合い、お客様のニーズを的確かつスピーディに把握して、更なる発展を支え続けます。

PHOTO

25,000社を超えるお客様の経営課題と向き合っております。

本社郵便番号 104-8328
本社所在地 東京都中央区京橋2-4-15 オービックビル
本社電話番号 03-3245-6505
第二本社郵便番号 541-0059
第二本社所在地 大阪府大阪市中央区平野町4-2-3 オービック御堂筋ビル
第二本社電話番号 06-6201-3233
設立 1968年4月8日
資本金 191億7,800万円
社員数 2,054名(2022年3月末日現在)
売上高 894億7,600万円(2022年3月期)
事業所 本社/東京、大阪
支店/北関東、横浜、名古屋、京都、福岡
代表者 代表取締役会長 野田 順弘
代表取締役社長 橘 昇一
財務指標 営業利益/541億3,500万円(2022年3月期)
売上高営業利益率/60.5%
※28年連続で営業増益中
主要取引銀行 (株)三菱UFJ銀行
(株)三井住友銀行
(株)みずほ銀行
関連会社 (株)オービックオフィスオートメーション
(株)オービックビジネスコンサルタント
(株)オービーシステム
(株)新潟オービックシステムエンジニアリング
上場証券取引所 東証プライム市場
平均年齢 36.4歳
沿革
  • 1968年
    • 大阪市西区にて設立
  • 1971年
    • 東京支店(現東京本社)開設
  • 1973年
    • 名古屋支店開設
  • 1976年
    • 東京、大阪2本社制実施
      福岡支店開設
  • 1979年
    • (株)オービックオフィスオートメーション設立
  • 1980年
    • 自社商標製品OFFICE80発表
      (株)オービックビジネスコンサルタント設立
  • 1981年
    • (株)オービックビジネスソリューション設立
  • 1982年
    • 静岡営業所開設
      広島サービスセンター(現広島営業所)開設
      (株)オービックシステムエンジニアリング設立
  • 1983年
    • 軽井沢研修所開設
      富士通(株)と販売提携
      (株)新潟オービックシステムエンジニアリング設立
  • 1984年
    • 横浜支店開設
  • 1986年
    • CAD/CAMシステム開発プロジェクト発足
  • 1988年
    • 京都支店開設
  • 1989年
    • オービックスポーツセンター(兵庫県川西市)開設
  • 1994年
    • 松本営業所開設
  • 1995年
    • 北関東支店開設
  • 1996年
    • 淡路島研修センター開設
      MOTS(マイクロソフトオフィシャルトレーニングスクール)開設
      インターネットプロバイダー事業「OBICnet」をスタート
      本店登記を大阪より東京へ移転
      厚木営業所開設
      オービックサポートセンター開設
  • 1997年
    • 統合業務ソフトウェア「OBIC7」を開発
      MS-CTEC(マイクロソフト認定技術教育センター)開設
  • 1998年
    • 東証第二部上場
  • 2000年
    • 東証第一部上場
  • 2001年
    • 日経株価指数300の銘柄に採用
  • 2005年
    • 東京都中央区京橋に東京本社(オービックビル)竣工
  • 2006年
    • 統合業務ソフトウェア「OBIC7ex Rモデル」をリリース
      ISMS認証基準(Ver.2.0)取得※
      ※適用部門を東京本社 金融ソリューション統括部として取得。
      法人向けネット百貨店「OBIC netshop One」開店
  • 2014年
    • 社会人アメリカンフットボールチーム「オービックシーガルズ」が史上初の4年連続で日本一の栄冠に輝く
  • 2020年
    • 大阪市中央区に大阪本社(オービック御堂筋ビル)竣工
  • 2021年
    • 「OBIC7シリーズ」累計導入社数25,000社突破※
      ※2020年度「国内ERP累計導入社数No.1」を19年連続で獲得

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.5年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.8日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
【入社前研修】簿記研修

【入社1年目】集合基礎研修(ビジネス基礎、IT基礎)、簿記研修、
職種別専門研修、新人フォロー研修

【2年目以降】職能別専門研修、階層別共通研修、管理職研修、海外派遣、eラーニング

■研修プログラムの代表例
ビジネススキル研修
ソリューション営業基礎研修
プレゼンテーション研修
各種業務・業界研修
セキュリティ研修
OS基礎・専門研修
ハードウェア基礎・専門研修
ネットワーク基礎・専門研修
ミドルウェア基礎・専門研修
データベース基礎・専門研修
プログラミング基礎・応用研修
自己啓発支援制度 制度あり
外部研修支援…会社指定の外部機関が実施する研修を受講した場合、受講料について会社補助が受けられます。

通信教育支援…会社指定の通信講座を受講した場合、受講料について会社補助が受けられます。
メンター制度 制度あり

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 99 43 142
    2020年 96 29 125
    2019年 80 29 109

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知教育大学、愛知県立大学、青山学院大学、茨城大学、大阪大学、大阪教育大学、大阪市立大学、大阪府立大学、お茶の水女子大学、関西大学、関西学院大学、北九州市立大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、熊本大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、上智大学、成蹊大学、聖心女子大学、成城大学、西南学院大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、電気通信大学、東京大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京女子大学、東京都市大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、奈良女子大学、南山大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、フェリス女学院大学、法政大学、北海道大学、三重大学、明治大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

愛知教育大学、愛知県立大学、青山学院大学、茨城大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪教育大学、大阪府立大学、お茶の水女子大学、関西大学、関西学院大学、北九州市立大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、熊本大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、上智大学、信州大学、成蹊大学、成城大学、聖心女子大学、西南学院大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、電気通信大学、東京大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京女子大学、東京都立大学(首都大学東京)、東京理科大学、同志社大学、東北大学、名古屋大学、名古屋市立大学、名古屋工業大学、奈良女子大学、南山大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、フェリス女学院大学、法政大学、北海道大学、三重大学、武蔵工業大学(東京都市大学)、明治大学、山口大学、山梨大学、横浜市立大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学(50音順)

前年度の採用実績(人数) 2020年度 142名
2019年度 125名
2018年度 109名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)オービックと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)オービックを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)オービックの会社概要