最終更新日:2022/8/8

(株)カインズ

業種

  • ホームセンター
  • 専門店(書籍・音楽・インテリア)
  • 日用品・生活関連機器
  • 通販・ネット販売
  • 専門店(食品・日用品)

基本情報

本社
埼玉県
資本金
32億6,000万円
売上高
4,854億円(2021年2月末)
従業員
13,097名(2021年2月末)

私たちが目指すのは”くらし”という文化を創ること。「モノ」の提供とくらしをDIYする「コト」の提供を通し、くらしに、ららら。を届ける。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
誰もが自分らしいくらしを実現できるようデジタル施策やまちづくり、オンライン事業など小売業の枠をこえて様々な事業を行っています。
PHOTO
オリジナル商品は消費者の視点に立った商品として評価していただいており、グッドデザイン賞など多くの受賞商品を生み出しています。

PHOTO

商品、店舗、サービスを通し、”くらしをDIYすること”の提案をしています。

カインズは、皆さんが日常を送る上で必要な商品や日常生活により彩りを与える商品、天災のような“いざというとき”にも対応できる商品などお客様のくらしを支える様々な商品を取り扱うホームセンターです。毎日のくらしを便利で、楽しく、心地よいものに変える様々なオリジナル商品の開発や販売を通し、モノを提供することで『経済的価値』を提供しています。
実は、創業以来大きな挑戦を繰り返してきました。
1つ目はホームセンター事業を立ち上げ、日本独自の業態として確立させたこと。
2つ目は業界初のSPAに舵を切ったこと。商品の企画・開発・品質管理・物流・プロモーション・販売までの流れを自社で一貫して行うSPA(製造小売)企業です。
そして現在、3つ目の挑戦として『ホームセンター』に『デジタルテクノロジー』を融合させた『IT小売業』になることを2019年に宣言しました。売場・在庫検索アプリの開発を皮切りに、オンラインでの注文商品を取り置くCAINZ Pick Up Lockerなど様々な施策を打ち出しています。それだけでなく、ライフスタイルの提案やワークショップなどの開催を通し地域のコミュニティを広げたり、地域の課題に取り組み街づくりをしたりと『社会的価値』も提供しています。
小売業の枠に捉われず経済的価値と社会的価値を両立することで、カインズらしい”くらし”の文化を創っています。

会社データ

事業内容
■『カインズ』のチェーンストア経営。
生活必需品(日用雑貨・インテリア用品・食品・衣類・化粧品・医薬品・スポーツ用品・事務用品など)から専門性の高い商品(園芸用品・資材・DIY用品など)まで、日々のくらしを豊かにする幅広い商品部門を扱っています。
販売はもちろんんのこと、素材調達から商品の企画・開発・品質管理・物流・プロモーションまでを自社で一貫してコントロールするSPA(製造小売)企業です。生活空間のトータルコーディネートなどライフスタイルの提案、みんなで楽しく作るDIYワークショップなどモノづくりの楽しさを体感してもらうイベントの開催、快適な買い物をしていただけるようなサービス(アプリ・店舗の商品取り置きサービス・サービスカー・WEB上での工房利用の予約など)、まちづくりを行い、あらゆる角度からお客様のくらしを豊かにすることに取り組んでいます。
くらしをもっと豊かにするライフスタイルをより気軽に、より低価格で実現可能にし、カインズがある全ての「まち」のくらしを、「もっと心地よく、もっと楽しく、もっと快適に」していくことがカインズの使命です。

PHOTO

始めは店舗からスタート。社内には約140の部署が存在しており、多種多様な経験ができる環境が整っています。

本部郵便番号 367-0030
本部所在地 埼玉県本庄市早稲田の杜1丁目2番1号
本部電話番号 0120-392-022
設立 1989(平成元)年3月1日
資本金 32億6,000万円
従業員 13,097名(2021年2月末)
売上高 4,854億円(2021年2月末)
業績推移 決算期       売上高     経常利益高
―――――――――――――――――――――――――――   
2019年2月    4,214億円    315億円
2020年2月    4,410億円    287億円
2021年2月    4,854億円    374億円
事業所 本部/埼玉県本庄市

店舗/
北海道3、宮城5、福島11、新潟2、茨城12、千葉18、栃木13、群馬30、
埼玉30、長野16、山梨4、東京6、神奈川14、静岡25、愛知13、三重4、
岐阜2、滋賀2、京都2、奈良1、大阪4、兵庫5、広島1、岡山1、鳥取1、
福岡1、熊本1、沖縄3
合計230店舗(2022年6月時点)

その他/東京情報センター
関連会社 (株)ベイシア、(株)ワークマン、(株)東急ハンズ、(株)オートアールズ、(株)ベイシア電器、(株)カインズ365、(株)カインズフードサービス  計29社
家迎知商貿有限公司(上海現地法人)、CAINZ VIETNAM COMPANY LIMITED(ベトナム現地法人)
代表者 代表取締役社長兼CEO 高家正行
沿革
  • 1989年
    • ・(株)いせやより分社独立し、(株)カインズとしてスタート
  • 1994年
    • ・スーパーホームセンター1号店(伊勢崎店)オープン
      ・海外直仕入れスタート
  • 1995年
    • ・地域一番の低価格を“保証”する「ロープライス保証」を実施
  • 2000年
    • ・売上高、経常利益でホームセンター業界リーディングカンパニーに
      ・他社チラシより高い場合は値下げする「チラシ保証」を実施
  • 2006年
    • ・カインズオンラインショップ開設
      ・上海事務所開設
  • 2010年
    • ・上海に現地法人「家迎知(中国)商貿有限公司」を設立
  • 2011年
    • ・第3のビール『黄金』モンドセレクション金賞受賞
  • 2012年
    • ・埼玉県本庄市へ本部移転
      ・グッドデザイン賞受賞『巻きながら洗えるコンパクトホースリール』
      ・第3のビール『黄金』モンドセレクション2年連続金賞受賞 
  • 2013年
    • ・Amazonにオンラインショップを出店
      ・グッドデザイン賞受賞『倒れにくいフルフラット座椅子(レバー式)』他3点
      ・第3のビール『黄金』モンドセレクション3年連続金賞受賞 国際優秀品質賞をW受賞 
  • 2014年
    • ・グッドデザイン賞受賞『シリコンコンビツール』
  • 2015年
    • ・鶴ヶ島店内にモノづくりを楽しむスペース『カインズ工房』を設置
      ・グッドデザイン賞受賞『キャリコG』他、過去最高となる他7点
      ・モンドセレクション受賞『黄金』他11点
  • 2016年
    • ・世界3大デザイン賞の1つ、レッドドットデザイン賞受賞 キャットタワー『NECOTA』他2点
      ・グッドデザイン賞『ストーンマーブルフライパン』 他5点
  • 2017年
    • ・売上高4,000憶円を突破
      ・ベトナム現地法人「CAINZ VIETNAM COMPANY LIMITED」の設立
      ・中国ECサイト「天猫(T-MALL)」にオンラインショップ開設
  • 2017年
    • ・(株)大都と業務資本提携
      ・世界3大デザイン賞の1つ、IFデザイン賞受賞『立つほうき』
      ・グッドデザイン賞受賞『立つちりとり』他4点
      ・都市型新店舗Style Factory(テラッセ納屋橋店)オープン
  • 2018年
    • ・IFデザイン賞受賞『スーパーライトダウン掛ふとんシリーズ』
      ・二子玉川ライズにて『カインズデザイン展vol.1』開催
      ・グッドデザイン賞受賞『インテリア洗濯ハンガー』他5点
  • 2019年
    • ・IFデザイン賞受賞『インテリア洗濯ハンガー』他1点
      ・東京税関より「特定輸入者」としてAEO承認
      ・米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルであるEV社と独占的戦略パートナー契約を締結
      ・『CAINZ DASH PRO』店頭受け取りサービス開始
  • 2019年
    • ・(株)クラシアンとの業務提携
      ・グッドデザイン賞受賞『底にこだわった灯油タンク』他5点
      ・日本No.1のデニムブランド『EDWIN』とコラボレーション
      ・レシピ動画サービス『kurashiruクラシル』とコラボレーション
  • 2019年
    • ・売場、在庫検索アプリ『Find in CAINZ』導入
      ・DIYer100万人プロジェクト始動
      ・『CAINZ PickUp Locker』サービス開始
  • 2020年
    • ・東京都表参道にデジタル拠点『CAINZ INNOVATION HUB』開設
      ・iFデザイン賞受賞『箸先がつかない菜箸』他1点
      ・レッドドットデザイン賞受賞『箸先がつかない菜箸』他1点
      ・メーカー21社とコラボレーションした『カインズデザイン展vol.5』開催
      ・WEBメディア「となりのカインズさん」開設
  • 2020年
    • ・新業態都市型新店舗「Style Factory みなとみらい東急スクエア店」を含む2店舗オープン
      ・商品・サービス体験型ショップ「b8ta Tokyo」に出品
      ・建築プロ向け会員制卸売業態「C'z PRO東名横浜店」オープン
  • 2020年
    • ・グッドデザイン賞受賞『しっかり切れるホイルケース』他2点
      ・メーカー21社とコラボレーションした『カインズデザイン展vol.6』開催
      ・国内のホームセンター業界初の売場案内ロボット試験導入開始
      ・「カインズ朝霞店」災害協定を締結
  • 2020年
    • ・レッドドットデザイン賞受賞
      『Moffle 弾力性に優れたやわらかいまくら』
      ・iFデザイン賞受賞『しっかり切れるホイルケース』他1点
      ・メーカー28社とコラボレーションした『カインズデザイン展vol.7』開催
  • 2021年
    • ・日経コンピュータ主催「IT Japan Award 2021」グランプリ受賞
      ・東京都初出店。新業態都市型新店舗「Style Factory ららぽーと 立川立飛店」オープン
      ・DIY Squareがカインズ幕張店にてオープン
      ・データビジネス開始
  • 2021年
    • ・メーカー27社とコラボレーションした『カインズデザイン展vol.8』開催
      ・グッドデザイン賞受賞『軽スタ 樹脂食器』他5点
      ・一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻主催「ポーター賞」受賞
      ・亀岡市と「かめおか未来づくり環境パートナーシップ協定」を締結
  • 2022年
    • ・ファーストグループとの資本業務提携

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.0年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15.7時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.0日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 25名 65名 90名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 25名 2名 27名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
■階層別研修
階層は能力育成、能力発揮、成果発揮の3つに分かれています。ラインマネジャー基礎研修や店長資格者研修、海外研修など段階に合わせて研修を実施しています。

■1年生研修・2年生研修・3年生研修
1年生研修は研修期間が終了し、正式に売場担当者としてのスタート時に行うセミナーです。新社員が集まり入社から現在までの半年間を振り返った上で、今後の目標を設定します。また、社長が考えるカインズの現在・将来について直接聞くことが出来ます。
また2年生研修は、カインズで働いて困難なこと・良かったことなどの振り返り後、企業理念を基に自身が持つべき価値観を考え、翌年に繋げていきます。
さらに3年生研修は将来を見据え、”会社・メンバーと共に成長すること”を考える機会とし、これからのカインズを牽引していく存在として具体的なキャリアステップを設定します。段階的に会社についての理解を深め、自分の成長について考える機会があります。

■海外研修
チェーンストア先進国であるアメリカに滞在し、現地のライフスタイルを体験します。スーパーマーケットやディスカウントストアなどの業態を視察・検証、店長へのインタビューも行い、カインズの革新のための手法を学びます。

■商品知識研修
お客様に適切なアドバイスができるよう、メーカーの専門スタッフなどを講師にして様々な研修を実施しています。講習だけではなく、実際の商品に触れたり実践したりすることで、より深く商品の特性を体得することを目的としています。初級・中級・上級と段階的に知識を増やしていきます。

入社時のみならずキャリアアップしてからも様々な研修を用意し、働く社員が成長し続けていく環境を整えています。
自己啓発支援制度 制度あり
役職やグレード、職種ごとに設計された教育プログラムを用意し、マネジメントやチェーンストア理論を学ぶことができます。また従来の研修に加え、正社員からパート・アルバイトにいたるすべてのメンバーが自由に参加でき、自らが複数ある選択肢の中から学びたいものを自由に選択できるカフェテリア形式の研修を整備しています。

他にも体験型の商品知識研修を開催するなど、接客に必要な商品知識を学ぶ機会も数多く用意しています。そして、資格取得支援制度を用意し、各種商品の取り扱いに関する社内資格をはじめ、D I Yアドバイザーや自転車安全整備士、フォークリフト運転技能講習など、業務を行う上で必要な資格取得のサポートをしています。外部の研修参加時にかかる受験料や受講料、交通費の補助を通して全面的にバックアップしています。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度あり
■キャリアエントリー
キャリアコースの希望を会社に申告することができる制度で、年に1回必ず実施しています。
本人の申告と適性・仕事の評価に基づいてキャリアプランが形成されていく仕組みです。
将来の目標を早い段階から設定し、段階的に自分が経験すべきことを明確にすることを目的にしています。

■フィードバック面接
次のステップへの努力方向を明らかにするため、年に2回の評価判定後に上司との面談を実施しています。
前回の評価との比較や同じグレードの社員の平均評価との差、今回評価された点、今後の課題などを、上司から直接聞くことが出来ます。
自分の何が評価され、今後何を期待されているかフィードバックを受けた上で半年間の課題を自ら設定し、これからどのような努力が必要なのかをより明確にすることが出来る制度です。
社内検定制度 制度あり
■サイクル販売員
自転車はお客様の命を預かる乗り物であるため、販売前に必ず既定の整備、点検を行います。自転車のお渡し時は整備完了をお客様と一緒に点検していただきます。

■腕時計メンテナンス員
アフターサービスとして腕時計の電池やバンドの交換、調整ができます。お客様からご依頼があった際、スムーズに対応する為の知識を習得します。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 155 162 317
    2020年 97 101 198
    2019年 139 98 237
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 13
    2020年 26
    2019年 29
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 317
    2020年 198
    2019年 237

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知教育大学、愛知県立大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、愛知東邦大学、青森公立大学、青山学院大学、麻布大学、亜細亜大学、江戸川大学、桜美林大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪産業大学、岡山大学、嘉悦大学、神奈川大学、神奈川工科大学、鎌倉女子大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、神田外語大学、関東学院大学、関東学園大学、学習院大学、北里大学、京都大学、京都外国語大学、京都光華女子大学、京都造形芸術大学、共立女子大学、杏林大学、近畿大学、金城学院大学、岐阜経済大学、岐阜聖徳学園大学、群馬大学、群馬県立女子大学、敬愛大学、工学院大学、甲南大学、甲南女子大学、神戸学院大学、國學院大學、国際基督教大学、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、埼玉工業大学、産業能率大学、滋賀大学、静岡大学、静岡英和学院大学、四天王寺大学、実践女子大学、順天堂大学、城西大学、城西国際大学、上智大学、上武大学、椙山女学園大学、駿河台大学、聖学院大学、成城大学、摂南大学、専修大学、創価大学、大正大学、高崎経済大学、高崎健康福祉大学、拓殖大学、玉川大学、大東文化大学、千葉大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、中央学院大学、中京大学、中部大学、筑波大学、津田塾大学、帝京大学、帝京科学大学(山梨)、東海大学、東海学園大学、東京大学、東京家政大学、東京家政学院大学、東京学芸大学、東京経済大学、東京工科大学、東京国際大学、東京情報大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、東京富士大学、東京未来大学、東京薬科大学、東京理科大学、東北大学、東北学院大学、東北芸術工科大学、東北公益文科大学、東北福祉大学、東洋大学、東洋学園大学、常磐大学、富山大学、同志社大学、同志社女子大学、獨協大学、名古屋大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学、名古屋芸術大学、名古屋工業大学、名古屋商科大学、奈良県立大学、南山大学、新潟大学、二松学舎大学、日本大学、日本女子大学、福岡県立大学、福島大学、文教大学、法政大学、北海道大学、前橋工科大学、三重大学、武蔵大学、武蔵野大学、武蔵野美術大学、明海大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、明星大学、山形大学、山口県立大学、山梨学院大学、横浜国立大学、横浜商科大学、酪農学園大学、立教大学、立正大学、立命館大学、龍谷大学、流通科学大学、和歌山大学、和光大学、早稲田大学

海外大学(ノースアラバマ大学、北京語言大学、ノースリッジ校、カルフォルニア州立大学、ダブリン理工大学、クイーンズランド大学、テンプル大学、オレゴン大学、上海交通大学)

前年度の採用実績(人数) 2020年   198名
2021年   317名
2022年   242名

取材情報

新しい価値を創出し業界NO,1として進化を続ける!
個人の挑戦や創意工夫を会社で推奨し、自己成長へとつなげます!
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)カインズを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)カインズの会社概要