最終更新日:2022/10/29

カシオ計算機(株)

  • 上場企業

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 精密機器
  • その他電子・電気関連
  • 文具・事務機器関連

基本情報

本社
東京都
資本金
485億9,200万円(2022年3月31日現在)
売上高
単体:1,852億4,100万円 連結:2,523億2,200万円 (2022年度通期)
従業員
単体:2,577名 連結:10,152名 (2022年3月31日現在)

世界が気づいていない、世界へ 斬新なアイデアと独自の技術力で、世界中の人々に驚きと感動を提供している会社です

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
“世界のCASIO”として、ブランド力に磨きをかける同社。オリジナリティーを最大の武器に、さらなる進化を目指す。
PHOTO
生活のさまざまなシーンに登場するカシオ製品。ジャンルを意識しない柔軟な視点と独創性で、世界中に革新を起こしている。

CASIOでしかできないことをCASIOで

PHOTO

「絶対に壊れない時計」というCASIOの独創性から誕生した『G-SHOCK』。いつの時代も先端技術と斬新さを兼ね備えながら進化を続けている。

■「0→1」無から有を生み出す
新しいアイデアによって制度やシステムを創り上げていく、つまり「0→1」のように無から有を生むのがCASIOの基本姿勢です。たとえば、撮影した画像を液晶モニターですぐ確認できるデジタルカメラを一般向けに開発したのもCASIOでした。1957年に世界初となる純電気式計算機を開発して以来、世界にデジタルウォッチを進出させた『G-SHOCK』シリーズなど、いくつもの“世界初”を生み出してきました。

■若いうちから「やりたい」を形に
カシオでは若手社員のうちから海外赴任をし、世界を舞台にダイナミックな仕事に携わったり、入社1~2年目から新製品の開発メンバーとして活躍するなど、若手社員でも大きな仕事も任され、自分の考えを発信できる土壌があります。カシオというフィールドで自分のやりたいこと思いを形にできます。

■次なる“世界初”に挑みませんか?
常識の枠にとらわれないチャレンジスピリットを尊重する風土、夢を実現する手段と環境、世界中に名を馳せているブランド、そんな「CASIO」という舞台に立つからこそできることがあります。「こういう製品ができたら世の中、便利になるのに」そんな想いをとことん追い求め、CASIOで次なる“世界初”に挑んでください。

会社データ

事業内容
時計、電卓、電子辞書、電子楽器、電子文具、電子レジスター、プロジェクター、ハンディターミナル等の開発・営業

独創的な製品開発と多種多様なラインナップで、世界中の人々に夢のある製品を提供し続けていきます。
本社郵便番号 151-8543
本社所在地 東京都渋谷区本町1-6-2
本社電話番号 03-5334-4111
設立 1957年6月1日
資本金 485億9,200万円(2022年3月31日現在)
従業員 単体:2,577名
連結:10,152名
(2022年3月31日現在)
売上高 単体:1,852億4,100万円
連結:2,523億2,200万円
(2022年度通期)
事業所 <本社>初台本社(東京都渋谷区)
<主要開発拠点>羽村技術センター(東京都羽村市)
        八王子技術センター(東京都八王子市)
<営業拠点>全国主要都市
株式公開 東証プライム市場上場(コード:6952)
関連会社 山形カシオ(株)、カシオテクノ(株)、カシオヒューマンシステムズ(株)、(株)カシオコミュニケーションブレインズ、カシオマーケティングアドバンス(株)カシオヨーロッパ(@ドイツ)、カシオフランス、カシオイタリア、カシオロシア、カシオスカンジナビア、カシオUK、カシオインディア、カシオタイ、カシオ上海、カシオシンセン、カシオシンガポール、カシオインドネシア、カシオカナダ、カシオアメリカ、カシオメキシコ、カシオブラジル、カシオマレーシア他
沿革
  • 1957年 6月
    • カシオ計算機(株)を設立し、世界初の小型純電気計算機「カシオ14-A」商品化
  • 1972年 8月
    • 世界初のパーソナル電卓「カシオミニ」発売
  • 1974年11月
    • 電子腕時計「カシオトロン」発売
  • 1980年 1月
    • 電子楽器「カシオトーン」(201)発売
  • 1983年 4月
    • 耐ショック腕時計「G-SHOCK」1号機(DW-5000C)発売
  • 1995年 3月
    • 液晶モニター付デジタルカメラ(QV-10)発売
  • 1996年 1月
    • 電波時計機能内蔵クロック(DQD-10)発売 :国内での電波時計1号機
  • 2002年
    • 4月 au初のカメラ付きGPS携帯電話(A3012CA)をKDDIに納入開始
      6月 世界最薄のカードサイズ液晶デジタルカメラ「EXILIM」発売
  • 2005年 5月
    • 折り畳み形状で耐水・耐衝撃性を備えた携帯電話「G'zOne TYPE-R」KDDIへ納入開始
  • 2006年12月
    • 電卓販売台数が世界累計10億台を達成
  • 2007年 7月
    • NTTドコモと合弁会社「(株)CXDネクスト」を設立
  • 2008年 1月
    • 1月 5.1Mカメラやワンセグ機能を備えた防水ケータイ「W61CA」をKDDIに納入開始
      2月 電子辞書「EX-word」のツインタッチパネル搭載モデルを発売
      3月 世界最速の連写性能を実現した「“EXILIM PRO” EX-F1」を発売
      7月 高性能・薄型の新世代電波ソーラームーブメント「タフムーブメント」を開発
  • 2009年
    • 1月 高速画像処理により動く被写体を切り抜いて合成できる「EXILIM ZOOM EX-Z400」を発表
      2月 高速連写を小型・薄型サイズに凝縮した「HIGH SPEED EXILIM EX-FC100」を発表
      12月 電子辞書「EX-word」が国内累計販売台数2,000万台/耐衝撃腕時計「G-SHOCK」が世界累計出荷5,000万個を達成
  • 2010年
    • 1月 耐衝撃性を備えた世界最薄のデジタルカメラ「EX-G1」発売
      「Blanview液晶」により画面をカラー化した電子辞書を発売
      4月 世界初の水銀フリー高輝度プロジェクターを発売
      11月ハイブリッドGPS搭載のデジタルカメラ「“EXILIM” EX-H20G」発売
  • 2011年
    • 4月 モニターとフレームの回転機構により自由な撮影スタイルを実現したデジタルカメラ「TRYX」発売
      10月 スマートフォンと通信できる次世代腕時計の第一弾 「世界初“Bluetooth V4.0”対応の“G-SHOCK”」を発売
  • 2012年
    • 1月 小学生向け電子辞書「XD-D2800」発売
      3月 スマートフォンと通信できるBluetooth V4.0対応の「G-SHOCK」発売
      4月 多彩なメモを美しく印刷できる電子文具「memopri」発売
      11月 ビジネスに役立つ機能とタフネス性能を追求したタブレット端末を発売
  • 2013年
    • 6月 立体的な表現を可能にしたデジタル絵画「カシオアート」発売
      7月 店舗の販促活動を支援する小型サイネージ「カシオサイネージ」発売
      11月 スタンプメーカー「pomrie」発売
  • 2014年
    • 1月 デジタル単語帳「EX-word with」発売
      7月 GPS電波受信機能と標準電波受信機能を備えた「“G-SHOCK” GPW-1000」発売
      9月 セパレート型デジタルカメラ「EX-FR10」発売
  • 2015年
    • 3月 電池駆動とスピーカー内臓でアクティブに使えるDJ機器「TRACKFORMER」発売
  • 2015年
    • 9月 歴史ある3種類のグランドピアノ音色を備えた電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」発売
  • 2016年
    • 3月 Android WearTM搭載のアウトドア向けリストデバイス「Smart Outdoor Watch」発売
  • 2016年
    • 4月 学習の進捗状況も確認できる英会話学習機「EX-word RISE」 発売
  • 2017年
    • 5月 世界初3つの時刻取得システムを搭載した「G-SHOCK」発売
  • 2017年
    • 8月 耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」世界累計出荷1億個を達成
  • 2019年
    • 5月 皮膚科医向けダーモカメラ「DZ-D100」を発売

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.2年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 16.5時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.8日
    2019年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、スキル選択型研修、職種別職能専門研修、管理職研修、幹部研修、語学研修、通信教育、先端技術セミナー、各種セミナー、外部セミナー派遣 など

採用実績

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
東京大学、東京農工大学、東京電機大学、同志社大学、筑波大学、電気通信大学、大阪大学、広島大学、東京工業大学、早稲田大学、慶應義塾大学、立命館大学、千葉大学、中央大学、首都大学東京、東北大学、法政大学、明治大学、東京理科大学、金沢大学、横浜国立大学
<大学>
大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、鹿児島大学、金沢大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、学習院大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、埼玉大学、滋賀県立大学、静岡大学、首都大学東京、上智大学、成城大学、専修大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、電気通信大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京女子大学、東京電機大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、南山大学、日本大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、武蔵野美術大学、明治大学、山梨県立大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

前年度の採用実績(人数)       2018年 2019年 2020年 2021年 2022年(予定)
─────────────────────────────
理系職種    27名  29名   24名   30名   27名
文系職種    33名  25名  18名   -    15名
─────────────────────────────
   計    60名  54名   42名   30名   42名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

カシオ計算機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
カシオ計算機(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. カシオ計算機(株)の会社概要