最終更新日:2022/11/30

日本郵船(株)

  • 上場企業

業種

  • 海運
  • 物流・倉庫

基本情報

本社
東京都
資本金
1,443億1,983万円
売上高
2兆2,807億円(連結/2022年3月期)
従業員
1,800名(陸上職1012名/海上職596名 ※2022年3月末現在)

「海・陸・空」のグローバルネットワークで、地球を舞台にモノ運びを展開しています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
日本郵船は自動車専用船世界No.1の船隊※を有し、海上輸送に加えターミナル運営や陸上付加価値サービスを世界展開しています(※日本郵船「Fact book1 2021」より)
PHOTO
船舶用LNG燃料供給事業を立ち上げ、日本における初めてのShip-to-Ship方式による船舶向けLNG燃料供給といったような、グリーンビジネスの更なる拡大を目指しています

「総合力」と広義の「技術力」で、未踏のビジネスに挑む。

「総合力」と広義の「技術力」で、未踏のビジネスに挑む。
近代日本の黎明期。日本郵船は日本を世界に拓くべく海運業を興しました。
以来135年以上の時を経て、当社は海運事業から総合物流事業へと裾野を拡げ、日本だけではなく世界の人々の暮らしを支えるモノ運び企業へと変革を遂げました。

しかし決して安泰というわけではありません。

世界の競合の中で、これからも選ばれる存在であり続けるためには、人口問題や環境問題、エネルギーシフトや国際情勢等に機敏に対応し、これまで以上に創意工夫を重ねて事業を進化させていく必要があります。

めまぐるしく変わる事業環境の中、日本郵船は海・陸・空すべての輸送網を駆使し発揮される「総合力」、永きに亘る歴史と経験に裏打ちされた広義の「技術力」を活かし、これまでにないモノ運びを提案していきます。

会社データ

事業内容
国際的な海上運送業を主とした総合物流事業および不定期船事業、一般貨物輸送事業、不動産業、客船事業、その他の事業など。
本社郵便番号 100-0005
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビル
本社電話番号 03-3284-5151
設立 1885年
資本金 1,443億1,983万円
従業員 1,800名(陸上職1012名/海上職596名 ※2022年3月末現在)
売上高 2兆2,807億円(連結/2022年3月期)
事業所 本店/東京
支店/横浜、名古屋、関西、九州(福岡)、秋田
グループ会社/関連会社 郵船ロジスティクス、郵船クルーズ、NYK Business Systems、NYKバルク・プロジェクト、MTI(Monohakobi Technology Institute)、郵船アカウンティング、日本海洋科学、八馬汽船、郵船商事、NYK Line(North America)Inc.、NYK Bulkship(Atlantic)NV、NYK Group(Europe)Ltd.など
業績 決算期      売上高   経常利益
2016年3月    22,723   601
2017年3月    19,238    10
2018年3月    21,832   280
2019年3月    18,293   △20
2020年3月    16,683   465
2021年3月    16,084  2,153
2022年3月    22,807  10,031

            (単位:億円)
            ※連結ベース
沿革
  • 1870年
    • 九十九商会設立(のちに郵便汽船三菱会社と改称)
  • 1885年
    • 郵便汽船三菱会社と共同運輸会社が合併、日本郵船会社設立
  • 1964年
    • 三菱海運(株)と合併
  • 1985年
    • 日本郵船設立より数えて100周年
  • 1991年
    • 日本ライナーシステム(株)と合併
  • 1998年
    • 昭和海運(株)と合併
  • 2020年
    • 日本郵船設立より数えて135周年

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.8年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 34.0時間
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
日本郵船グループでは、グローバルなフィールドで活躍する社員の「もっと成長したい」という意欲に応えるための教育制度「NYKビジネスカレッジ」及び「NYKマリタイムカレッジ」を運営しています。「NYKビジネスカレッジ」は、階層別研修に加え、法務、財務、問題解決といった一般的なビジネススキルから、船舶運航管理、船体構造といった海運に関する知識、さらにはマネジメント力やリーダーシップを習得するコースまで、高い専門性と広い視野を持ち、「地球を舞台に」活躍するグローバルビジネスリーダーを育成するためのプログラムです。「NYKマリタイムカレッジ」は、海上職社員を対象として、最新の教育ソフトやシミュレータを駆使した船上訓練、陸上訓練を含む世界最高水準のプログラムです。今後もグループが成長し続け社会に貢献していくために「世界で戦う力」を養うことができる教育制度を整えていきます。
自己啓発支援制度 制度あり
財務会計、法務等のビジネススキルの習得や語学力向上、資格取得等を目的とした通信講座の受講をサポートする制度を設けてます
メンター制度 制度あり

採用実績

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

全国国公私立大学、大学院、高専、海外大学

前年度の採用実績(人数) 2021年入社
陸上職事務系27名、陸上職技術系2名、海上職25名
2020年入社
陸上職事務系28名、陸上職技術系2名、海上職22名
2019年入社
陸上職事務系31名、陸上職技術系2名、海上職25名



前年度の採用実績(学部・学科) 陸上職技術系…理系

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

日本郵船(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
日本郵船(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 日本郵船(株)の会社概要