最終更新日:2022/11/30

信越化学工業(株)

  • 上場企業

業種

  • 化学
  • 金属製品

基本情報

本社
東京都
資本金
1,194億1,900万円(2022年3月)
売上高
2兆744億2,800万円(2022年3月期)
従業員
連結 24,954名(2022年3月末時点)

ハイテク素材を中心に、真のエクセレントカンパニーへ~世界シェア1位の塩化ビニル樹脂と半導体シリコン、国内シェア1位シリコーンを武器に世界で戦う化学メーカー

会社紹介記事

すべての製品分野で世界No.1を目指す

信越化学は創立以来、時代が必要とする様々な素材を開発・提供してきました。
主な事業は
<1>塩化ビニル樹脂やシリコーンなどの有機・無機化学品事業
<2>半導体シリコンをはじめとする電子材料事業
<3>セルロース誘導体や合成性フェロモンなどの機能材料事業
の3つに大別することができますが、インフラ整備の必需品となっている塩化ビニル樹脂やデジタル製品の基本素材である半導体シリコンは世界トップシェアを誇っています。
また、あらゆる産業分野で高機能樹脂として幅広く利用されているシリコーンでも国内1位となっています。
それぞれの製品分野で世界No.1を目指すこと、それが信越化学の基本戦略です。

会社データ

事業内容
塩化ビニル樹脂、半導体シリコン、シリコーン樹脂、合成石英、レア・アースマグネット、セルロース誘導体、合成性フェロモン、フォトレジスト、フォトマスクブランクス、半導体封止材料、液晶ディスプレイ製造装置等の製造、販売。
本社郵便番号 100-0005
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング
本社電話番号 03-6812-2320
設立 1926年(大正15)年9月
資本金 1,194億1,900万円(2022年3月)
従業員 連結 24,954名(2022年3月末時点)
売上高 2兆744億2,800万円(2022年3月期)
業界内での強み 半導体・電子材料部品を総合的に供給し、半導体シリコンなどでは世界一。

このような先端素材のみならず、環境に優しい汎用樹脂である塩化ビニルでも世界トップ。市場を見つめ、自分達の強さを見極め、徹底的に品質や付加価値を高める堅実な経営。信越のつくる素材は、世界最高の品質であるという信頼が、産業界には浸透しています。
事業所 本社/東京
支店/大阪・名古屋・福岡
工場/新潟(上越市)、福井(越前市)、群馬(安中市)、茨城(神栖市)、福島県(西白河郡、郡山市)、大阪府(堺市)、他
研究所/シリコーン電子材料技術研究所、精密機能材料研究所、合成技術研究所、新機能材料技術研究所、磁性材料研究所、塩ビ・高分子材料研究所
財務指標 2022年3月期 (連結)
経常利益       連結 6,944億円
自己資本比率     連結 82.1%
売上高経常利益率   連結 33.5%
売上高純利益率    連結 24.1%
売上構成 2022年3月期
─────────────────────────
生活環境基盤材料 42%
電子材料 34%
機能材料 19%
加工・商事・技術サービス 5%
関連会社 信越半導体(株)、信越石英(株)、信越エンジニアリング(株)、信越ポリマー(株)、信越アステック(株)、シンテック、SEHアメリカ、SEHマレーシア、SEHヨーロッパほか
平均年齢 42.2歳(2022年3月末)
ここをチェック! 連結売上高2兆744億円、経常利益6,944億円。
安定した高収益を誇る半導体・電子材料、高機能材料のスーパーサプライヤー。
世界トップの塩化ビニル、半導体シリコンを始め、
主要事業がいずれも世界トップクラスのシェア。

日常、目に触れることの少ない素材産業では、
抜群の存在感と信頼感で高い評価を得る。
世界有数の化学会社でありながら、日本的経営のよさも残し、
社員の安心と成長も、 経営理念の軸足に置く企業。

その安定感と将来性は、国内屈指の存在。
堅実な経営・社風のもと、常に世界ナンバー1に挑戦し、それを実現し続けている。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 20.3年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 19.8時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.1日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 12名 168名 180名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 12名 21名 33名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、語学研修、特許研修、マネジメント研修など
自己啓発支援制度 制度あり
通信教育支援…会社が推奨している講座を修了された方に奨励金を支給。
資格取得支援…会社が推奨している資格を取得された方に奨励金を支給。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 72 9 81
    2021年 74 9 83
    2020年 70 9 79
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 81
    2021年 83
    2020年 79
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 1
    2020年 2

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
青山学院大学、秋田大学、岩手大学、宇都宮大学、愛媛大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、鹿児島大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、京都工芸繊維大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、国際教養大学、国際基督教大学、埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、静岡県立大学、芝浦工業大学、首都大学東京、昭和女子大学、信州大学、上智大学、聖心女子大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、電気通信大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京女子大学、東京都立大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、徳島大学、富山大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長岡技術科学大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋工業大学、新潟大学、日本女子大学、一橋大学、兵庫県立大学、広島大学、福井大学、北海道大学、三重大学、明治大学、山形大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

前年度の採用実績(人数) 2017年入社:83名
2018年入社:83名
2019年入社:84名
2020年入社:79名
2021年入社:83名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

信越化学工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
信越化学工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 信越化学工業(株)の会社概要