最終更新日:2022/11/30

全国酪農業協同組合連合会(全酪連)

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 農林・水産
  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
東京都
PHOTO
  • 5年目以内
  • 農学系
  • 事務・管理系

自分の仕事が生乳生産に繋がると思うとワクワクしませんか?

M.N
2020年入会
酪農学園大学
農食環境学群 循環農学類
購買事業
酪農資材品目担当(推進担当のサポート、事務業務 等)

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 最先端技術に触れる仕事
  • チームワークを活かす仕事
  • 豊富なアイディアを活かす仕事
現在の仕事
  • 部署名購買事業

  • 仕事内容酪農資材品目担当(推進担当のサポート、事務業務 等)

今の仕事のやりがい

私の業務は、ビタミン製品や酪農用品などの取引きや価格交渉、推進(営業)担当からの問い合わせや補助を行うことです。そのため、酪農家さんと直接関わることは少ないですが、推進(営業)担当を通して酪農家さんや牛のサポートをしている実感がある時にやりがいを感じます。
推進(営業)担当を通して酪農家さんの要望に応えることができ、それが乳生産や会の実績に繋がると嬉しいです。
書類やパンフレットの作成、製品情報の提供を推進(営業)担当に行い、実際に新規供給に至ると達成感が生まれ次も頑張ろうと思えます。
また、仕事でも研修でも日々勉強ができ、牛への知識が深まるので面白いです。


全酪連を志望した理由

牛が好きなので選びました!
牛に関わる仕事は色々ありますが、中でも全酪連を選んだのは酪農家を多方面からサポートができると思ったからです。牛が好きなので、日本から酪農が消えてほしくありませんし、牛にも酪農家さんにも幸せになってほしいです。幸せの定義はそれぞれですけどね…。酪農業に営農する以外に日本の酪農に貢献できる方法を考えたときに、全酪連への入会を決意しました。現在の業務は酪農家さんから少し遠いですが、この仕事も酪農に貢献できていると思うと入会して良かったなと思います。


学生へのメッセージ

私は縁あって高校の頃から牛について学ぶ機会がありましたが、入会して初めて酪農に携わる方も多いのが全酪連です。研修や勉強会もありますし、大体のことは日々の業務で身に付きますので、酪農を知らなくても問題ないと思います。逆に、配属先によっては全く異なる知識が必要なため、一から新しく学ぶことも沢山あります。私も最初の配属先は初めて聞く言葉だらけでした。これはどの会社に行ってもそうだと思います。面白そうと思ったら、畑違いでもエントリーしてみてください。
普段私たちが手にしている乳製品は、生産から流通までにどれだけの人が関わっているか、牛はどうやって乳を出しているのか…奥が深くて魅力的な世界ですよ。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. 全国酪農業協同組合連合会(全酪連)の先輩情報