最終更新日:2022/11/30

全国酪農業協同組合連合会(全酪連)

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 農林・水産
  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
東京都
PHOTO
  • 5年目以内
  • 農学系
  • 技術・研究系

牛に惚れて、酪農家に憧れた人の話

K.M
2020年入会
日本大学
生物資源科学部 動物資源科学科
購買事業
乳牛の飼養管理、人工授精、事務

会社・仕事について

ワークスタイル
  • チームワークを活かす仕事
  • 資格・専門能力が身につく仕事
現在の仕事
  • 部署名購買事業

  • 仕事内容乳牛の飼養管理、人工授精、事務

今の仕事のやりがい

私は約2年間、酪農技術研究所のつなぎ牛舎(搾乳牛32頭、その他子牛・育成牛)で飼養管理を行っておりました。現在は常時120頭の搾乳牛を持つ、フリーストール・フリーバーン牛舎の牧場で勤務しております。この経験から牛は飼い方によってその性質や観察すべきポイントが大きく異なると感じました。その中で、今までの経験・知識を活かしつつ、日々試行錯誤を繰り返し、牛に教えてもらいながら牧場を成長させていくその過程にやりがいを感じます。


全酪連を志望した理由

大学で出会った1頭のジャージー牛に惚れ込み、山梨県の牧場へ実習に行きました。
そこでお世話になった強面の師匠の牛に対する大きな愛と、仕事をするその背中がとてもかっこよく、こんな素晴らしい方達の役に立つ仕事がしたいし、将来は自分も師匠のようなかっこいい大人になりたいと強く思いました。
この経験から就活では、「絶対に牛に関わる仕事でないと嫌!」ということを軸にしました。就職先は飼料メーカーと悩んだのですが、どの職種・配属先であっても牛に関わることができるのは全酪連しかないと思い入会しました。


学生へのメッセージ

興味が湧くものはなんでも触れてみてください。自分の世界が少しずつ広がっていくワクワク感と、新しい発見と出会う感動を沢山経験してください。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. 全国酪農業協同組合連合会(全酪連)の先輩情報