最終更新日:2022/11/21

保土谷化学工業(株)【東証プライム市場上場】

  • 上場企業

業種

  • 化学
  • 薬品
  • 物流・倉庫

基本情報

本社
東京都
資本金
111億9,600万円(2022年3月31日現在)
売上高
418億7,900万円(連結)、258億3,400万円(単体)(2022年3月31日現在)
従業員
834名(連結)、466名(単体)(2022年3月31日現在)

2016年に、創立100周年を迎えた化学メーカー。有機合成技術・高分子化学技術に強み。幅広い分野で国内外のさまざまなメーカーに製品を提供。東証一部上場。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
有機合成や高分子化学のコア技術を活かし、高機能・高付加価値な製品を生み出す当社。機能性色素、機能性樹脂、基礎化学品の3つを軸に事業を展開。【写真は、南陽工場】
PHOTO
上場企業の社会的責任を果たす化学メーカーとして、環境と調和する暮らしと社会のために、保土谷化学は技術を磨き続けます。

日本屈指の化学メーカー。時代が求めるオンリーワン・ナンバーワン素材を提供します!

PHOTO

プラントを背景に【郡山工場】

当社は1916年、日本で初めて電解法苛性ソーダを製造する企業として誕生しました。以来100年にわたり化学技術の革新を続け、時代のニーズに応え、産業や医学をはじめ人々の生活に貢献する幅広い領域をカバーする製品を生み出し続けてきました。2006年からは、機能性色素分野など、各種スペシャリティ製品を中心とする事業構造への転換を図り、現在もそのさらなる強化を推進しています。当社が目指しているもの。それは「グローバル・ニッチ分野で、オンリーワン・ナンバーワンのスペシャリティ製品を創出し続ける企業」です。これにより高収益型事業を確立し、国内外のお客様に密着した効果的な展開を進めるとともに、社会に貢献する企業として環境対策にも積極的に取り組んでいます。

当社の事業領域は、機能性色素、機能性樹脂、基礎化学品を中心に、アグロサイエンス、物流関連と多岐にわたります。なかでも複写機やプリンターのトナーの必須材料であるCCA(電荷制御剤)、スマートフォンのボディや文具インキに使用するスピロン染料は、トッププラスのシェアを占めています。現在は戦略事業として有機EL材料開発に力を入れています。

これら事業を支えてきた背景にあるのは、優れた研究開発力と生産技術力です。当社には蓄積された化学技術に基づく高い研究スキルと充実した研究設備があり、これらを駆使して最先端の研究テーマに取り組み製品化を目指しています。また製品の品質と安定供給、コスト競争力の面において、当社の生産技術力は高く評価されています。こうした技術力を支えに、お客様の課題を的確に把握し、解決策を提案するだけでなく、お客様の発展を支援します。当社には、研究開発からプラントエンジニア、製造、営業、企画管理といった幅広い職種で活躍の場があります。事業のグローバル展開も進む中、国内外問わず、垣根のないコミュニケーション力を発揮できる人材を求めています。次世代事業の創出に向けてさらなる挑戦を続ける当社で、あなたの力を発揮してください。

会社データ

事業内容
●機能性色素部門:有機EL材料、イメージング材料、色素材料、食品添加物
●機能性樹脂部門:樹脂材料、建築材料、特殊化学品
●基礎化学品部門:過酸化水素及び誘導品、その他工業薬品
●アグロサイエンス部門:除草剤、殺虫剤、酸素供給剤
●物流部門:危険物倉庫・物流など

PHOTO

イメージ)有機ELパネル

郵便番号 105-0021
所在地 東京都港区東新橋一丁目9番2号 汐留住友ビル16階
TEL 03-6852-0421
設立 1916(大正5)年12月11日
資本金 111億9,600万円(2022年3月31日現在)
従業員 834名(連結)、466名(単体)(2022年3月31日現在)
売上高 418億7,900万円(連結)、258億3,400万円(単体)(2022年3月31日現在)
平均年齢 41.2歳 (2022年3月31日現在)
事業所 東京本社、大阪支店、郡山工場、横浜工場、南陽工場、南陽分工場、筑波研究所、台北駐在事務所
業績推移(連結、単体) 【連結】
 決算期   売上高   営業利益
―――――――――――――――――――
2022年3月  41,879   6,421
2021年3月  41,199   5,444 
2020年3月  37,771   2,902    (単位:百万円)



【単体】
 決算期   売上高   営業利益
―――――――――――――――――――
2022年3月  25,834   1,467
2021年3月  21,712    688
2020年3月  23,057    989    (単位:百万円)
グループ会社一覧 桂産業(株)、保土谷建材(株)、保土谷コントラクトラボ(株)、保土谷ロジスティックス(株)、保土谷UPL(株)、保土谷アグロテック(株)、HODOGAYA CHEMICAL(U.S.A.),INC.、SFC CO., LTD.、HODOGAYA CHEMICAL KOREA CO.,LTD.、保土谷(上海)貿易有限公司、HODOGAYA CHEMICAL EUROPE GmbH
沿革
  • 1915年
    • 個人事業として「程谷曹達工場」設立
      日本初の電解法苛性ソーダ 製造開始
  • 1916年
    • 「(株)程谷曹達工場」として発足
  • 1926年
    • ホスゲン 製造開始
  • 1927年
    • 染料 製造開始
  • 1939年
    • 「保土谷化学工業(株)」と社名変更
  • 1950年
    • 農薬 製造開始
  • 1963年
    • ポリウレタン原料(PTG)製造開始
  • 1966年
    • 過酸化水素 製造開始
  • 1967年
    • ニューヨーク駐在事務所 開設
      [現 HODOGAYA CHEMICAL(U.S.A.),INC.]
      日本初のウレタン防水材 製造開始
  • 1978年
    • トナー用電荷制御剤(CCA)製造開始
  • 1984年
    • 有機光導電体材料(CTM)製造開始
  • 1991年
    • 筑波研究所 開設
  • 1997年
    • 上海駐在事務所 開設
  • 2001年
    • 有機EL材料(HTM)製造開始
  • 2010年
    • 台湾・台北駐在事務所を開設
      独・デュッセルドルフ駐在事務所を開設
  • 2011年
    • HODOGAYA CHEMICAL KOREA CO.,LTD.を設立
      (韓国駐在事務所を現地法人化)
  • 2014年
    • 保土谷(上海)貿易有限公司を設立
  • 2016年
    • 創立100周年を迎える
  • 2018年
    • HODOGAYA CHEMICAL EUROPE GmbH を設立
  • 2022年
    • 東京都港区東新橋へ本社移転

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.7年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 11.6時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.7日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、技術・安全教育、階層別研修、国内・国外語学研修、テーマ別研修、WEB教育、自己啓発通信教育
自己啓発支援制度 制度あり
自己啓発通信教育制度:コース修了後に、費用の半額を会社が負担する制度。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
秋田大学、秋田県立大学、茨城大学、宇都宮大学、愛媛大学、大分大学、大阪大学、大阪府立大学、岡山理科大学、神奈川大学、金沢大学、金沢工業大学、関西学院大学、北里大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、近畿大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、静岡県立大学、芝浦工業大学、島根大学、首都大学東京、城西大学、信州大学、千葉大学、千葉工業大学、筑波大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京工業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、富山大学、長岡技術科学大学、長崎大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、新潟大学、日本大学、弘前大学、広島大学、北海道大学、明治大学、山形大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学、横浜市立大学、早稲田大学
<大学>
愛知大学、愛知学院大学、青山学院大学、秋田大学、茨城大学、宇都宮大学、愛媛大学、追手門学院大学、大分大学、大阪大学、大阪産業大学、岡山理科大学、小樽商科大学、神奈川大学、金沢工業大学、関西大学、関西学院大学、関東学院大学、北里大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、近畿大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、郡山女子大学、駒澤大学、埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、城西大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、摂南大学、専修大学、創価大学、拓殖大学、千葉大学、千葉商科大学、中央大学、筑波大学、東海大学、東京大学、東京経済大学、東京工業大学、東京工芸大学、東京農業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東北学院大学、東洋大学、徳山大学、富山大学、同志社大学、獨協大学、名古屋大学、新潟大学、日本大学、一橋大学、弘前大学、広島大学、福岡工業大学、福島大学、法政大学、星薬科大学、北海道大学、武蔵大学、室蘭工業大学、明治大学、明治学院大学、桃山学院大学、山形大学、横浜国立大学、立教大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
大原簿記学校、大原簿記公務員医療情報ビジネス専門学校津田沼校、大原簿記公務員医療福祉保育専門学校立川校、大原簿記情報ビジネス専門学校大宮校、大原簿記法律専門学校柏校

前年度の採用実績(人数)        2018年  2019年 2020年 2021年
------------------------------------------------------------
大卒以上   5名   7名   9名   8名
専門卒    2名   1名   1名   1名

取材情報

若くして商社機能の最前線を担い、グローバルに自社製品を拡販する
大きい仕事、責任ある仕事をしたい人に最適な「場」があります。
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

保土谷化学工業(株)【東証プライム市場上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
保土谷化学工業(株)【東証プライム市場上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 保土谷化学工業(株)【東証プライム市場上場】の会社概要