最終更新日:2022/12/1

(株)杉孝

業種

  • リース・レンタル
  • サービス(その他)

基本情報

本社
神奈川県
資本金
1億円
売上高
286億円 (2021年12月)
従業員数
748名 ※2022年4月1日現在

“1日0.4円で年商300億” このからくりを知りたい方??

会社紹介記事

PHOTO
SUGIKOの経営理念のひとつ「上質即利-質の良いものは利益に通ずる」。この考えのもと、業界内でいち早く足場の品質向上に取り組み、様々な部署を立ち上げています!
PHOTO
SUGIKOは、物やお金ではなく”人”にこだわる会社です。社内イベントなどを通して、会社全体で互いに高め合い成長していく環境がSUGIKOにはあります。

日本経済の発展を担う建設現場。SUGIKOは仮設機材レンタルのNo.1企業を目指します。

PHOTO

SUGIKOが求めるのは、お客様のために何ができるかを考え行動できる人。その姿勢は必ずお客様に評価され自分をステップアップさせます(代表取締役執行役員 杉山信夫)。

SUGIKOは“1日0.4円で約300億の年商” が生み出せる会社です。

SUGIKOは「足場」をレンタルしている会社です。
「足場」は建物を建てる、あるいは直す際に必要不可欠です。

足場は正直、1日1個レンタルするだけでは0.4円程度です。
しかし、SUGIKOはその足場レンタルという事業を通して
2019年には、300億円達成することが出来ました。
2020年以降はコロナの影響を大きく受けることもなく、一定の売り上げを保つことができています。

なぜか?...と言いますと、

東京タワーやレインボーブリッジ、発電所など、街中で目にするなくてならない建物が杉孝の実績です。街づくりはもちろん、メンテナンス、解体などあらゆるケースにおいてニーズが存在しています。コロナショックに関係なく、杉孝はインフラ基盤の構築においてもなくてはなりません。つまり、杉孝はこの足場レンタル業界のリーディングカンパニーなのです。

当社では「上質即利-質の良いものは利益に通ずる」という理念を掲げています。お客様に上質なサービス提供を行う事で、最大の満足を与える。そのサイクルの継続により信頼関係が構築され、当社の業績・利益に結びついて行く、といった考え方です。

事業所は首都圏だけでなく、中部圏や関西圏においてもシェアを拡大しています。さらにアジア市場への進出の足掛かりとして、ベトナムに現地法人を設立しました。当社は「品質」「サービス」「シェア」において、国内に留まらず海外展開にも力を入れ、世界のSUGIKOを目指します。

会社データ

事業内容
【仮設機材レンタル事業】
ゼネコン、橋梁、プラントなど様々な建設工事に、杉孝が大量に所有している足場をお貸出しして、工事が終わったら回収します。マンションや学校などの身近な現場から、スカイツリー、レインボーブリッジ、高速道路、成田空港ターミナルビルといった誰でも知っているような大型現場まで。
また、野外コンサートのステージやテレビ番組のセット等の会場作りなど。
世の中のありとあらゆる場所で杉孝の足場が採用されています。

【安全コンサルティング活動】
建設業は他の業種に比べ、多くの死亡災害が発生しています。全産業のうち建設業の死亡災害の比率は約32%と高い数値です。また、墜落・転落による死亡災害は、毎年40%以上とかなりの割合を占めています。杉孝では足場に起因する労働災害撲滅” を目指し、様々な安全活動を実施しています。実際にお客様の現場へ出向いて足場の安全な組立て方・使い方の講習・実演を行っています。
建設現場に携わる足場を扱う会社として、足場を使ってくださるお客様の「一人でも多くの命を守ること」を杉孝の社会的ミッションとし安全活動を実施しております。

PHOTO

「足場レンタル?」興味ないなと思ったあなた!実は誰もが知っている建物は杉孝が携わっています。自分の知らない業界を知れるチャンスです!

本社郵便番号 221-0056
本社所在地 横浜市神奈川区金港町1-7 横浜ダイヤビルディング14F
本社電話番号 0120-211-491/050-3539-4080
創業 1953年1月
設立 1955年2月
資本金 1億円
従業員数 748名 ※2022年4月1日現在
売上高 286億円 (2021年12月)
事業所 ◆営業所 ≪19カ所≫
神奈川県 (横浜市)
東京都 (港区・立川市)
千葉県 (市原市)
埼玉県 (さいたま市)
茨城県 (神栖市・水戸市)
静岡県 (富士市)
愛知県 (名古屋市)
大阪府 (大阪市)
宮城県 (仙台市)
福島県 (いわき市)
新潟県 (新潟市)

◆機材センター ≪21カ所≫
神奈川県 (横浜市・川崎市・厚木市・愛甲郡愛川町)
千葉県 (千葉市・市原市・富津市・佐倉市)
埼玉県 (日高市)
茨城県 (神栖市・稲敷市・猿島郡五霞町)
静岡県 (富士市)
愛知県 (半田市)
大阪府(堺市)
兵庫県 (尼崎市)
三重県 (三重郡川越町)
宮城県 (仙台市)
福島県 (いわき市・相馬郡)
新潟県 (新潟市)
平均年齢 36歳(2022年4月現在)
主な取引先 鹿島建設、大林組、清水建設、大成建設、前田建設工業、東急建設、馬淵建設、
JFEエンジニアリング、三井住友建設鉄構エンジニアリング ほか多数(敬称略・順不同)
男女比 男性:女性=6:4
関連会社 (株)杉孝グループホールディングス
(株)杉孝メトログリーン
杉孝ベトナム(有)
ナカキンリース(株)
文系理系比率 文系:理系=7:3
沿革
  • 1953年
    • 1月 杉孝商店 創業
         川崎市にて竹材加工品、足場丸太・足場板の
         販売を開始
  • 1955年
    • 2月 (有)杉孝商店 設立
  • 1972年
    • 1月 (株)杉孝 設立 足場機材のレンタルを開始
      4月 鹿島営業所、鹿島機材センターを開設
         川崎営業所を開設
  • 1978年
    • 4月 市原営業所、市原機材センターを開設
  • 1986年
    • 8月 東京営業所を開設
  • 1990年
    • 8月 栗橋機材センターを開設
  • 1993年
    • 3月 栗橋営業所(現:さいたま営業所)を開設
  • 1997年
    • 1月 名古屋営業所を開設
      3月 大川町工場を開設
  • 1998年
    • 7月 千葉機材センターを開設
  • 1999年
    • 6月 名古屋機材センターを開設
      8月 京浜機材センターを開設
  • 2002年
    • 4月 横須賀機材センターを開設
      10月 厚木機材センターを開設
  • 2003年
    • 8月 西東京営業所を開設
  • 2004年
    • 1月 都市緑化部を開設
         栗橋営業所を移転し、さいたま営業所として開設
      9月 三好機材センターを開設
      11月 鶴ヶ島機材センターを開設
  • 2005年
    • 5月 新潟機材センターを開設
      7月 設備営業所を開設
         仙台営業所、仙台機材センターを開設
         新潟営業所を開設
         双葉営業所・双葉機材センターを開設
      8月 静岡営業所を開設
  • 2007年
    • 2月 千葉営業所を開設
      8月 つくば機材センターを開設
  • 2008年
    • 5月 本社を横浜市に移転
         横浜営業所を開設
      7月 富津機材センターを開設
  • 2010年
    • 2月 四日市機材センターを開設
         富津機材センターが社団法人仮設工業会より
         機材管理モデル工場に認定
      7月 市原営業所・機材センターを移転
  • 2011年
    • 5月 四日市機材センターが社団工人仮設工業会より
         機材管理モデル工場に認定
      7月 大阪営業所を開設
      8月 富士機材センターを開設
         静岡営業所を移転
  • 2012年
    • 1月 尼崎機材センターを開設
         千葉機材センターを開設
      6月 鹿島営業所・機材センターを移転
  • 2013年
    • 10月 横浜町田機材センターを開設
  • 2015年
    • 10月 堺機材センターを開設
  • 2016年
    • 9月 いわき機材センターを開設
         いわき出張所を移転
  • 2019年
    • 1月 ナカキンリース(株) 連結子会社化
      6月 新地機材センターを開設
  • 2020年
    • 1月 ナカキンリースの仮設機材レンタル事業を吸収分割により統合 千葉営業所を東京営業所に併合し、東京第一営業所・東京第二営業所を再編
      5月 佐倉機材センターを開設
      9 月 東京第一営業所、東京第二営業所を移転
      10月 仙台営業所を移転
      11月 仙台機材センター、技術サポート部 移転
  • 2021年
    • 1月 大阪設備営業所を開設
         水戸出張所を水戸営業所に名称変更。
      10月 鶴ヶ島機材センターを移転し、坂戸西機材センターに名称変更

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 28時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 13.3%
      (98名中13名)
    • 2021年度

    現時点では女性役員はいませんが、子育てをしながら役職につく社員もおり、 役職者以外にも多くの女性が活躍しています。

社内制度

研修制度 制度あり
当社では、入社前・入社後も様々な研修を実施しております。
・内定者研修
・新入社員研修
・入社後3カ月研修
・1,2,3年次研修
・職種別研修
・役職者別研修 など
自己啓発支援制度 制度あり
自己の資質・能力向上を図れるように、教育の機会や情報を提供し、
会社がその費用を援助することにより、社員の自己啓発を促進する制度です。

◆ビジネススキルを向上するための講座 (14コース)
(例) ロジカル思考力を身につける、文章力を磨く、
 話す力を磨く、聞く力を磨く、説得・交渉力を磨く、問題発見・解決力を伸ばす、等

◆語学力を身につけるための講座 (59コース)
(例)スタート英会話、トラベル英会話、
TOEICトレーニング、グローバルビジネス講座、等

◆資格取得をめざすための講座 (3コース)
(例) 日商簿記受験対策1~3級
メンター制度 制度あり
当社独自の「親ガモ・子ガモ制度」では、年齢の近い先輩社員が仕事を教えてくれるので、互いの成長し合うことが出来る環境です。
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 3 1 4
    2021年 5 7 12
    2020年 8 5 13
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 4
    2021年 12
    2020年 13
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 1
    2020年 3

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
広島大学、横浜市立大学
<大学>
青山学院大学、岩手大学、神奈川大学、関東学院大学、九州大学、共栄大学、慶應義塾大学、國學院大學、国際基督教大学、国士舘大学、駒澤大学、首都大学東京、成城大学、専修大学、創価大学、大正大学、高千穂大学、拓殖大学、中央大学、筑波大学、帝京大学、東海大学、東京学芸大学、東京電機大学、東洋大学、日本大学、日本女子大学、日本体育大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立正大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学

前年度の採用実績(人数)      2018年 2019年 2020年
-------------------------------------------------------
大卒   34名   14名   11名
院了    ―    1名    1名
前年度の採用実績(学部・学科) 文理不問
様々な学部の方にご入社いただいております。

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)杉孝と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)杉孝を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)杉孝の会社概要